//./ X;;;;;;;;;;;;;;;;/
                       ヘ\/\/ノl/l            //.//  ヘ \;l
                     ヽ\}::::::::::::::::::::::{彡_     __//.//    l /;;;l
                     _,,.-<''"´::::::::::::::::::::::/  --z-->;;;;;;/ //      l;;;;;;;;;l
                    _,ゝ-‐''"´::::::::::::::::::::::__フ ノ\;;;;;;;;;;;;;;;;;/ミミ        l\;;;l
                     ̄/::::::l:::l:l:l:::::::{-{:::::::::::フ/;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;{ ミミ---xz____   j__,,x;;l
                      l;;;;l::l.ッ llル:::lゝ<::::/;;/;;;;;;(;;;ソ/\;;;;l ミ;;;;;;;;/\;;;;;;`'-/;;;;;;;;;;l
                       {::ソ_ ___,l:::l l//;;;;;;;;;;/____ィ;;;;;;;\{ ミミ/   \/ \;;;;;;;;l
                       ゝ:;;; ヽ ソ/ /;;;;____ ( ソ;;;;;;;;;;;/ ̄ ミ ミヘ  /;;;;\  `x;;;l
                       l{; ノ ̄/;;;;〆ュ 7;;;;;;;;;;;/ll 《  ミ ミ   ̄   ̄  ̄ ─┘
                       _,,.-‐´;;;;;;;;;;l//)l;;;;;;;;;/\ll 《 ミ\ミ
                     _;。*';;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;'';;;;;;;/    ̄ヽミ  ミ\
                   ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;/ l      ミ \ミ  ノ\
/ヘ---x____            ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;/   \   ミ   \ノ  丿
ミミヘ     >-x___       /;;;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;;/     l  ミ    丿≡=/
ミミミヘ        ̄`ゝ    /;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      \ミ    { ‖ <
ミミミミヘ         >-/;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;llニニミ__    ミ    l ‖≡=l
ミミミミミヘ         /;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{    ̄ミ__  ミ \   \‖ /
ミミミミミ/       /;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;//  ̄\l       ̄==ミ   \   l‖{
ミミミミミ{      /;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;/::/        ,.x‐''"´  ミ \ }  \ 彡
ミミミミミ{    /;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;//       _,,.-'´    _,,.-ミ''"´   /彡彡
ミミミミミ\ ./;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;//     _,,. ‐'´  _,,. -‐''"´  ミミ  /
ミミミミミミ/_;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;,,.x''      _,.x"´ _,,.-‐''"´       巛≡≡≡≡≡
ミミミミミ/;;;{ ヽ_//;;;;;;;;;;;;;;/      /  ̄; ; ; `; ; ; ''x__      ノ \
ミミミ;/;;;;;;;;ゝ_ ̄  ̄  ̄    _,,.-'"/lヽ\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l  _,,. -‐''"´   ̄\
ミミ/;;;;;;;;;;;//; ̄\     __ /  /ll;;ヘ; ;\; ; ; ; ; ; _x--l --''^^゚        \
 ;;;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;‖   /   ヘl; ;ll; ;ヘ; ; ヾ ---<
;;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;ィ-l   /     /; ;ll; ; ;ヘ; ; ;ヾ; ; ; ヘ
;;;;;//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ /  ./     l; ; ; ;l; ; ; ;ヘ; ; ; ; ;\; ;ヘ

【名前】”剣聖”塚原卜伝
【タイプ】ノーマル
【特性】ごうたん… タイプ相性で自身の技が無効化されない。
【もちもの】

【技:おんがえし、みきり】 2/2


こうげき:S
ぼうぎょ:A
とくこう:E
とくぼう:C
すばやさ:B+

【アビリティ】
【役割】『神滅のエース』…       「ここぞ!」という場面の時、「等倍相性」の相手に与えるダメージが「二倍」になる。
【称号】『剣聖』…              「キリト」がトレーナーの時、中確率で相手より先に行動する。
【個体】『二の真眼』…          自身の攻撃が必中する。
【個体】『三の傷無』…           「接触技」以外でダメージを受けない。
【個体】『四の圏境』…           自身の「身を守る技」が失敗しない。
【特殊】『天上天下』…           相手の身を守る特性、アビリティを無視する。
【回避】『瞬動(真)』…           低確率で相手の技を回避する。 超高等技術。
【先制】『護身(真)』…          低確率で相手の技を無効化する。
【先制】>『決闘』…            連鎖基のアビリティが発動した時、相手を「かげふみ」状態にする。
【連携】『一網打刃』…         自身の攻撃が命中した時、相手の「控え」に小さなダメージを与える。
【連携】『連剣斬舞』…          自身の繰り出す「連続技」が常に最大回数発動する。
【 .絆 .】『魂の絆』…            低確率で一度受けたトレーナーのアビリティを再度受ける。「こんらん」「メロメロ」にならない

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます