各仕様について

・都度追記。

アビリティ

『曇天反し』

■効果
やる夫固有アビリティ/自動
相手の能力補正、アビリティ発動数に応じて、攻撃が急所に当たり易くなる。
また、味方の「C上昇値」に応じ、相手に与えるダメージが強化される。
※1 「指令」等、トレーナー、ポケモンの任意で発動する回数制限アビリティに対しては、一つに付き「C+1」
※2 「C+1〜2」から「1.2倍」、「C+3〜4=1.5倍」 「C+5〜6=1.7倍」、「C+7〜8=1.8倍」、「C+9〜=2.0倍」
※3 「C+6」以上で、味方の攻撃が【必ず急所に当たる】。 
※4 【C+10以上の時、相手の身を守る一切のアビリティを消去する】。
■仕様
 慂瑳飴慘瓠戮蓮C+1」の扱いになります。
◆悗茲韻蹇』『かわせ!』 は 【回避アビリティなので曇天返しの範疇に含まれません。
  曇天返しは当たった場合にシステムエラーを引き起こすものです】。
【C上昇値が10以上の時、相手は『神に等しき者』が”そもそも能力欄から消失します】。
 【急所に当たるとか当たらない以前に、副次効果として相手の「身を守る(無効化系)アビリティ」が消去されてます】。
で塾魯薀鵐上昇1につきC+1、複数項目上がればそれだけCが加算される。
デ塾呂稜槊┥緇1.5倍につきC+1、複数の項目が1.5倍でもC+1のまま。どれか一つでも2.0倍になればC+2
Α愎愀繊戮Cに加算されない

ユーミルによる例


引用:【どうみても】下衆モン-42【黒幕】>>712
引用:【スパート】下衆モン-38【かけない】>>870
引用:【俺が】エレボス道場【ルールだ】>>6540

『七楽貶し』

■効果
やる夫固有アビリティ/任意
味方の攻撃が急所に当たった時、以下の効果から選択し、発動する。
 Я蠎蠅稜塾肋緇困髻嵌薪勝廚気察∩蠎蠅魘韻泙擦襦
◆Я蠎蠅稜塾肋緇困髻崔イぜ茲蝓廖∩蠎蠅魘韻泙擦襦

■仕様
味方の攻撃によって相手がひんしになった場合、怯ませる相手がいないため『七楽貶し』は発動できない。

『〜必殺』

■仕様
普通の『〜必殺』系統は「まもる」、「みきり」に反応しません。
例外:ワームの『蹂躪牙』…1/試/自動/『先手必殺』が発動した時、相手の「まもる」、「みきり」を解除して攻撃を繰り出す

引用:でっかい自由帳>>9851

『生存蜂の滅多刺』

■効果
1/試/自身の攻撃技が「急所」に当たった時、もう一度、「同じ技」を繰り出す。

■仕様
使用タイミングは任意。先攻入力は不要。発動トリガーは『こちらの攻撃が相手の急所に当たった場合』
『たえろ』と同じように、システムメッセージで使用するか安価で決定します。

引用:【祝☆】下衆モン-40【40スレ目】>>731

『無効化』『0にする』の違い

■仕様
【無効化】 → 【無効化、攻撃判定の消失】
【無効化の場合】 → 【攻撃が命中した時〜 → 発動しない、判定が存在しない為】

【0にする】 → 【ダメージ量を「0」にする、攻撃判定は存在】
【0にする】 → 【攻撃が命中した時〜 → 発動する。 判定は存在している為】

【0にする】場合は、急所に当たったという判定はは存在するため、『七楽貶し』の対象になる。
          
引用:【どうみても】下衆モン-42【黒幕】>>76-116

ダメージ量が0の場合も「攻撃技によってダメージが発生した」として扱う
(例:ダメージが0でもきあいパンチは失敗する)

引用:【俺が】エレボス道場【ルールだ】>>7014-7015

『アビリティの発動するタイミング』

『場に出たターン〜』
■仕様
場に出たターン〜  系アビリティ。
「先発出し」→【出したTに発動する】
「死に出し」→【次Tに発動する】
「任意交替」→【出したTに発動する】
「強制交替」→【発動しない】

「死に出し」はTとTの間なので、実質2T目が「場に出たターン」として扱われる、という事になりました。

例)『陽炎隠れ』…       場に出たターン、相手からの「特殊技」を無効化する。

引用:【どうみても】下衆モン-42【黒幕】>>489,496
『表記ごとの特殊処理』
アビリティの表記ごとにどのターンに効果が適用されるかをまとめたものを記す。
「死に出し」…       次ターン扱い。
「ターン終了時〜」…    次ターン扱い。 実質の次ターンとのインターバル。 
「相手を倒した時〜」…  次ターン扱い。ダブルバトルと違い相手を倒した時=ターン終了時へ移行なので次ターン扱い。
「通常交代」…       ターン内。
「攻撃成功時〜」…    ターン内。 相手を倒した場合でもターン内扱い。
「行動後〜」…       ターン内。 
同時に場に出た時の「相手が場に出た時〜」
先発&「だいばくはつ」「みちづれ」で起こる現象。
基本的に、先に出るのは「すばやさの高いほう」になります。
この時、『韋駄天』等の発動は関係ありません。 (先発ポテ自体「場に出て」発動なので素の「すばやさ」順)
・天候特性…        速度順に上書きされます。 最終的に遅いほうの天候に。
・相手が場に出た時〜… 同時出しでは発動せず。(※自陣攻撃交代、相手が交代後の対象に攻撃後交代〜などは同時ではないので適用外)
・自身が場に出た時〜… 同時出しでも発動します。 相手を対象とする効果(「いかく」、相手を「火傷」等)でも発動します。
交代時、強制交代時のアビリティ・特性の扱い
常に発動しているものや、交代中でも条件を満たしているものは発動する。
回避等の確率ポテンシャルが著しく発動しにくい。
また、【場に出た〜系の特性は任意交代・強制交代問わず発動する】
特性とは別に、【場に出た〜系の専用アビリティは「死に出し」では発動できない】
 専用について引用:【四期】下衆モン-108【Last Season】>>957,958

超過アビリティ

■仕様
【超過アビリティ】は【着弾時】に表記。

引用:【どうみても】下衆モン-42【黒幕】>>994,996

『「おいうち」効果の特殊処理』

〜蠎蠅「とんぼがえり」等の技(効果)を使ってる時に「おいうち」をすると、
 相手の「とんぼがえり」より必ず先に「おいうち」する。 優先度や素早さは関係ない。
 この時、先行入力のトレーナーのアビリティの発動処理(『かわせ!』等)は行われない。
行動後に交代する効果を使用している場合でも、行動前に「おいうち」が命中する。
「バトンタッチ」もおいうちの効果が発動する。
つ名鏝鯊綮に「おいうち」効果+「しめつける」効果がある場合。
 (※例として、「おいうち」効果のアビリティ+「マグマストーム」等)
 「通常交代」であれば交代もキャンセルする。(「しめつける」効果)

特性

あくぎゃく

■効果
自身が攻撃技を繰り出す時、場の全ての存在のタイプ相性が「さかさ」になる。
■仕様
先攻・後攻関係なく、特性「あくぎゃく」のポケモンが『攻撃技』を繰り出した際に、相性が「さかさ」になります。

引用:【ゆか】下衆モン-43【ビッチ】>>103
外部リンク:さかさバトル相性表(ニコニコ大百科)

用語

『急所』

攻撃が急所に当たった時、ダメージが1.5倍になる。
また、相手の「防御/特防」の上昇及び「ひかりのかべ」「リフレクター」の影響を無効化する。
基本的にはC+4が最大で、C+1で20%、C+2で30%、C+3で40%、C+4で50%の確率で急所に当たる。
なお、特殊な固有アビリティ(曇天返しなど)を持つ場合はC+10まで上がることもあり
その場合はC+5は50%の確率で、C+6は確定で急所に当たることになる。

『怯み』

・相手が先に行動した場合、相手が交代した場合など、行動権の無い相手に対しては「怯み」が発生しない。
(ターン終了時の追加行動、交代後に技を繰り出す等の行動権のある相手に対しても「怯み」が発生しない)
・強制交代効果と怯み効果が同時に発生した場合、強制交代が先になる。(相手の行動権が無くなるので「怯み」は発生しない)

『反動』

・怯みやダメージ等の反動を受ける技は
 自身の技が「まもる」等の技やアビリティで「無効化」された場合反動を受けない。(実機同様)
 反面、ダメージが0になった場合は反動を受ける。

引用:【俺が】エレボス道場【ルールだ】

『情報解析』

『ポケモン図鑑』に代表される、相手の情報を解析するアビリティを指す。
特性の「おみとおし」や『電姫の解析』のような「限定情報解析」は『情報解析』に含まれない。

■備考
『電姫の解析』…       相手の攻撃から身を守った時、相手の【専用アビリティ】のデータを入手する。
『ポケモン図鑑』…    1/試/トレーナーアビリティ。敵陣のポケモンのデータを解析する。

引用:【どうみても】下衆モン-42【黒幕】>>986-989

『超過』

固有アビリティ、専用アビリティ、或いは特殊な効果によって発動する現象。
相手ポケモンを倒した時、「控え」のポケモン一体に超過分のダメージを与える。
超過ダメージが通るのはエントリー順に一体のみであり、三枚抜きとかは存在しない。
また、ダメージは控えのポケモンの「タイプ相性」、「防/特防」値によって計算される。
エントリー最後列のポケモンに「超過」が発生した場合、エントリー最前列のポケモンに超過が発生する。

引用:【帰ってきた】下衆モン-55【ハナダシティ】

『「ここぞ!」という時。 』

張り詰めた場の状況を指す。自軍ポケモンの数が以下の状況になった場合、もしくはアビリティ・特性・陣形の効果により発生する。
この状況の場合にポケモンを場に出すと『エース』系統のアビリティが発動するようになる。
「6:6」=自軍が3体以下の時。
「5:5」=自軍が2体以下の時。
「4:4」=自軍が2体以下の時。
「3:3」以下=最後の1体の時。

『体力の表記』

下衆モンでは体力ゲージが表示されず、ダメージを受けた時に後どのくらい残っているか〜という目安しか表示されない。
体力の表記内容と、それぞれの意味の一例を下記に記す。

@1    …同じ攻撃をあと1回受けると倒れる(確定一発)ないしはアビリティなどで体力1などダメージが発生するだけで倒れる
@1〜2 …同じ攻撃をあと1回受けると倒れることもある(乱数一発)指令などで強化して同等以上のダメージを与えればまず落ちる
@2    …同じ攻撃を受けてもあと2回までは倒れない(確定二発)3分の1くらいしか体力が削れてないダメージ

『交代』

ポケモンの交代のこと。先発、死に出し、任意交代、強制交代、技・アビリティによる自発交代をさす。
ポケモンの登場時に発動する特性・アビリティの発動可否については『アビリティの発動するタイミング』を参照。

・任意交代…        通常の交代。「技・アビリティによる自発的な交代」は含まれない
・自身が場に出た時…  強制交代を除き自身が場に出た時。
・相手が場に出た時…  強制交代を含み相手が場に出た時。
・自身が場を離れる時… 強制交代を除き自身が場を離れる時。
・相手が場を離れる時… 強制交代を含み相手が場を離れる時。
・味方と交代した時…   =任意交代。

『状態変化』

状態変化とはこんらんやメロメロ、のろいなど、ステータスに表示されないかつポケモンを交代することで効果が消滅する、ポケモンの状態の一つ。
ここでは実機にはない状態変化について記述する。それ以外は引用元を参照。

■効果
「爆装」…       ポケモンの状態変化。「パンチ」技の威力が「二倍」になる。T経過で解除。
「装填」…      ポケモンの状態変化。「はがね」技の威力が「二倍」になる。T経過で解除。
「燃焼」…       ポケモンの状態変化。「ほのお」技の威力が「二倍」になる。T経過で解除。
「忘却」…       ポケモンの状態変化。トレーナーの『指令』、『専用アビリティ』が受けられなくなる。
「ばいがえし」…  ポケモンの状態変化。T終了時、以下の効果を起こす。
           1.T内に受けたダメージを2倍にして相手に与える。(カウンター)
           2.T内に受けた「状態変化」「状態異常」を相手に与える。(マジックミラー)
           3.T内の「能力変化」を2倍にして相手に与える。
「しめつける」…  2-5ターン続く、交替が不可になる。
           毎ターン終了時にノーマル相性の1/16ダメージを受ける(原作から変更)
「テレポート」…  ポケモンの状態変化。「おいうち」等で受けるダメージが「二倍」になる。

■発生技
「ばくそう」…     格/変/---/---/自身を「装填」状態にする。「こうげき」が一段階上がる
「そうてん」…    鋼/変/---/---/自身を「装填」状態にする。「ぼうぎょ」が一段階上がる。
「もえあがる」…   炎/変/---/---/自身を「燃焼」状態にする。「こうげき」が一段階上がる。
「みしゃぐじさま」… ダ/変/---/---/優先度+4 1Tの間、「ばいがえし」状態になる。 連続して使うと失敗しやすい(まもると同じ扱い)。
「テレポート」…   超/変/---/---/自身を「テレポート」状態にする。「かいひ」が2段階上がる。

引用:ポケモンwiki 状態変化
引用:でっぱい自由帳>>8751 (しめつける)

『状態異常』

状態異常(じょうたいいじょう)とは、ポケモンにかかり、様々な悪い効果を催す状態のこと。
一般的には、バトル中表示されるまひ、こおり、やけど、どく、ねむり、ひんしを指す。
また、状態変化(バトル中限定かつ入れ替えることで効果が消えるメロメロやこんらんなど)を同時に指すこともある。
ここでは実機にはない状態異常について記述する。それ以外は引用元を参照。

引用:ポケモンwiki 状態異常

『場の状態』

場の状態とはリフレクターやまきびしなど、ポケモンを交代させても効果が持続する状態のこと。
ここでは実機にはない場の状態について記述する。それ以外は引用元を参照。

天候:【夜】
発生:技「よいやみ」 特性「げんしょのあんこく」「よるのとばり」
影響:
場にいる「ゴースト」「あく」ポケモンが「ねむり」状態にならなくなる。
一部の技の効果が変化する。(※「シャドーダイブ」等。)
「ゴースト」「あく」技の威力が1.5倍になる。
「ソーラビーム」など「晴れ」の天候で補正を受ける技の威力が弱まる。
ウェザーボールのタイプは「ゴースト」。

天候:【霧】
発生:技「ふかいきり」 特性「きりおこし」「あかいきり」
影響:
場にいる「どく」「フェアリー」を除く全てのポケモンの命中が0.8倍になる。
「どく」「フェアリー」タイプの技の威力が1.5倍になる。
一部の技が必中になる。(※「ミストボール」等)
「あさのひざし」などの他の天候で補正を受ける技の効力が弱まる。
ウェザーボールのタイプは「どく」。

天候:【星空】
発生:技「ねがいぼし」 特性「りゅうせい」「まんてん」
影響:
場にいる全てのポケモンの命中が1.1倍になる。
「ドラゴン」「ノーマル」タイプの技の威力が1.5倍になる。
一部の技が必中になる。(※「コメットパンチ、「スターブレイカー」等)
一部の技の威力が上がる。(※「スピードスター」のみ強化率が2倍になる)
一部の技の効果量が上がる。(※「はめつのねがい」、「ねがいごと」が1.5倍に)
一部の技がタメなしになる。(※「メテオスマッシュ」、等)
「あさのひざし」などの他の天候で補正を受ける技の効力が弱まる。
ウェザーボールのタイプは「ドラゴン」。

引用:ポケモンwiki 場の状態

『種族値』

○種族値ランク見本。
───────────────────────────
S…200〜
AAA…170〜195(-〜+) AAA++…199
AA…140〜165(-〜+) AA++…169
A…110〜135(-〜+)  A++…139
B…90〜105(-〜+)   B++…109
C…60〜85(-〜+)   C++…89
D…40〜55(-〜+)   D++…59
E…1〜35(-〜+)    E++…39

例:A+=135 A111〜134 A-=110
───────────────────────────

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます