戦闘の流れ

基本的な部分は実機の『ポケットモンスター』と変わりません。
下衆モンではトレーナーの『指令』・『固有アビリティ』、ポケモンの『アビリティ』を使用していくことで、
展開を有利に進めていくことになります。

戦闘準備

戦闘に出す『ポケモン』・『とくせい』・『もちもの』・『先発』・(その他)を決め、指定時間に安価を取る。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



             【アドルフ との戦闘準備を行います!】【4V4】


                         【0:00】

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

まず、上記の内容が投下されてから準備を始めます。

1.【4V4】は、お互い4体のポケモンバトルの意味です。
2.【0:00】は、この時間『ジャスト』または『この時間以降の一番近いもの』の準備を適用しますという意味です。
3.準備には『榊やる夫』のデータと、『対戦相手』のデータを確認し、『ポケモン』・『とくせい』・『もちもの』・『先発』を決めます。

例)VSアドルフ・ラインハルト戦の準備安価
.櫂吋皀△箸せいもちものい錣競泪轡
ワームマルチスケイルラムのみなし
シノアマジックガードクラボのみなし
でしゃばりいのちのたまなし
スピアーてきおうりょくこだわりハチマキなし
だ菷ゥ櫂吋皀鵐▲咼螢謄Ε肇譟璽福叱罵アビリティ
シノア斬込総長:命中なし

.櫂吋皀鵝ΑΑΑー蟷ちのポケモンの名前です。今回は4体選抜する必要があります。
△箸せい・・・   ポケモンの『とくせい』から『1つ』選択します。 詳細は『榊やる夫』の手持ちデータを参照。
もちもの・・・ ポケモンwikiの『もちもの』から『1つ』選択します。
い錣競泪轡鵝ΑΑΑ〇藩僂靴燭ぁ悗錣競泪轡鵝戞◆悒泪縫▲ス』*1がある場合は、ここで指定します。
ダ菷・・・   初めに出すポケモンを選択します。
Ε櫂吋皀鵐▲咼螢謄・・・ 『先発』がトリガーとなる『アビリティ』を持つポケモンの場合は内容を指定します。*2
Д肇譟璽福叱罵アビリティ・・・ 『先発』がトリガーとなる『固有アビリティ』を使用する場合は指定します。

※ページ内の注釈をマウスオーバーすると吹き出しで表示されます。また、クリックすることで最下部の注釈へ移動します。

4.参加している人と相談しつつ、 銑Δ泙妊如璽燭鮑鄒したら一度スレに貼り、
意見を集約して問題が無ければ安価を取りに行き、バトル準備が完了です。

※自分で『こういう準備でバトルを展開したい』という内容があれば、説明を添えておくとベターです。

戦闘表記

────────────────────────────────────────
【やる夫】 化け物エースと真っ向勝負。  ――後が無いのはやる夫も同じ――。
────────────────────────────────────────
敵陣:電皇戦鬼(『雷神のエース』/『充電結界』/『風を裂く雷迅』/【充電】/回避+1)@1

自陣:天鱗の甲龍(『必殺のエース』/『闇の腹心』)
────────────────────────────────────────
◆Tカウント「10」
●『曇天還し』(【OVER】/威力2.0倍)
タイム10mini@1



                         1.指示を出す(詳細指定) ・・・

                         2.ポケモンを交替(指定) ・・・

                         3.その他(具体的に)   ・・・亜        、10 ・・・

台詞・・・ やる夫さんが分析した内容が表示されます。重要な局面ではアドバイスになるケースも。
敵陣・・・ 左から「敵ポケモン名」括弧内は『発動しているアビリティ』『ポケモンの状態』『ステータス上昇値』『残体力』になります。詳細は『人物情報』のデータか、スレ内を参照。
自陣・・・ 左から「自ポケモン名」括弧内は『発動しているアビリティ』になります。詳細は『榊やる夫』のデータか、スレ内を参照。
Tカウント・・・ 『ターンカウント』の意味。『ターンカウント』がトリガーとなる『アビリティ』もあります。*3
『????』・・・『天候』や、トレーナーの『固有アビリティ』などが表示されます。
タイム・・・ タイムは2回。10分まで。 考えるさん?あいつはいいやつだったよ・・・
指示を出す・・・ ポケモンに対して『わざ』『アビリティ』、『ポケモン図鑑』の使用、トレーナーの『指令』を指定します。
ポケモンを交代・・・ 交代先のポケモンを指定します。『交代』がトリガーとなる『アビリティ』がある場合も明記します。
阿修梁勝紛饌療に)・・・ 自由安価。バトル中で特に使用したことはありませんが、今後はあるかも?
碓族岨間(スレ)・・・ 上記では『↓10』安価先が使われます。他には時間指定のものもあります。

5.使用するポケモンのわざを決め、安価を取ります。
状況に応じて『交代』や、ポケモン図鑑、ポケモン・トレーナーの『固有アビリティ』や『指令』*4も使用します。

例) かわせ ドラゴンクロー
例2) 攻撃指令:乙 ドラゴンクロー

後は『指示』を繰り返して、敵ポケモンを撃破していく流れになります。
現在の『指令』の残りや、ターン内の指示を見返したい場合は、wiki内の『戦闘メモ帳』を参照。

1ターンの流れ

1:ポケモンの登場
 互いのポケモンを繰り出すタイミング。(先発、及び死に出しのみここ)
 特性、アビリティなどは素のすばやさの高い順から発動、処理が行われる。
 このタイミングは【ターン間のインターバル】として扱う。

2:ターン開始時
 ターンの開始時に発動される特性、アビリティの処理が行われる。
 いずれもポケモンのすばやさ順に発動、処理が行われる。

3:ポケモンへの指示
 自身のポケモンへ行動の指示(使用する技、アビリティの指定)
 固有・専用アビリティ、指令の発動選択
 (「先行入力」を発動選択できるのはこのタイミングのみ、「任意」を先行入力として発動選択することもできる。)
 交代するポケモンの選択(交代先のポケモンが使用できるアビリティがあればここで選択)

4:ポケモンの交代
 互いのトレーナーがポケモンを交代する場合はここで交代する。
 両者が同時にポケモンを交代させた場合は【同時出し】として扱い、上記と同じ順番で処理を行う。

5:固有アビリティ・専用アビリティ、指令(六令)の発動
 互いのトレーナーが使用選択したアビリティが発動される。
 「任意」で使用できるアビリティは、相手のアビリティに対抗して発動することもできる。

6:ポケモンの行動
 互いのポケモンが行動するタイミング。
 優先度>持ち物>特性>実際の素早さ>乱数の順番でポケモンの行動順が決まる。
 「任意」で発動できるアビリティは、相手のトレーナーがアビリティを発動した時、
   もしくは相手ポケモンの行動に対抗して発動することができる。

7:ターン終了時
 場の判定⇒天候⇒じゅうりょく⇒ポケモン個別⇒トリックルームの順に行われる。
 ポケモン個別の処理はすばやさ順に一括して処理が行われる。
 (例:ポケモンAの回復⇒ポケモンAのダメージ⇒ポケモンBの回復⇒ポケモンBのダメージ)

8:ターン終了
 どちらかのポケモンが倒れている場合は1へ戻る、倒れていなければ2へ戻る。

指令・アビリティの表記

指令

『あたれ!』…        1/試/任意/味方が繰り出した技を必中させる 次ターン、反動で動けなくなる。
『たえろ!』…          1/試/任意/1ターンの間、味方ポケモン1体が相手からのダメージを必ず耐える。
『かわせ!』…         1/試/先行/1ターンの間、相手が繰り出した「物理技」を回避する。
『よけろ!』…         1/試/先行/1ターンの間、相手が繰り出した「特殊技」を回避する。

『攻撃指令:乙』…    1/試/先行/1Tの間、味方1体の「攻/特攻」を「二倍」にし、「すばやさ」を半減させる。
『突撃指令:乙』…    1/試/先行/1Tの間、味方1体の「攻/速」を「二倍」にする。次ターン行動不能になる。
『特攻指令:乙』…    1/試/先行/1Tの間、味方1体の「特攻/速」を「二倍」にする。次ターン行動不能になる。
『集中指令:乙』…    1/試/先行/1Tの間、味方1体の「命中」を「二倍」にし、「回避」を半減させる。
『防御指令:乙』…    1/試/先行/1Tの間、味方1体の「防/特防」を「二倍」にし、「すばやさ」を半減させる。
『回避指令:乙』…    1/試/先行/1Tの間、味方1体の「回避」を「二倍」にし、「防/特防」を半減させる。

上記は『四式六令』と呼ばれるトレーナーの『指令』になります。
使用回数は通常『1回』のみ。『任意』は先手・後手のどちらでも発動可能。
『先行』はポケモンへ指示する際に指定しないと使用できません。
敵トレーナーが使用してくるものには、『○○指令:甲』と呼ばれる『任意のタイミングで使用出来るタイプ』の指令もあります。

アビリティ

『生存蜂の滅多刺』…       1/試/自身の攻撃技が「急所」に当たった時、もう一度、「同じ技」を繰り出す。
『天輪の激牙』…     相手の「攻撃技」を受けた時、低確率で自身の能力値を一つランダムに上昇させる。
『死鬼の獄門』…      「攻撃技」を繰り出した時、「相手の技」で「状態異常」にならない。
『打者熊の会心』…          場に出て「2」ターン目、「接触技」が急所に当たり易くなる。(C+2)
『アビリティ』も見方は同じです。
『任意』で発動させるものや、『相手の行動』『特定の技の指定』『ターンカウント』がトリガーとなり発動するものと色々あります。

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます