Reference manuals of the GPhys library(http://ruby.gfd-dennou.org/products/gphys/doc/)の日本語訳です。

座標変換についての追加的なメソッドです。

メソッド

coordtransform( coordmapping, axes_to, *dims )

axes_toへのcoordmappingに従って座標変換する。
  • 引数
    • coordmapping (CoordMapping) : 新しい座標系と元の座標系の関係。マッピングは新しい座標から元の座標へと定義する。マッピングの階数がselfの階数よりも小さい場合、その対応を明示するためにdimsを使用しなければならない。例えば、マッピングの階数が2、selfの階数が3で、マッピングが3つのうち最初の2次元についてのものならば、dimは[0,1]でなければならない。
    • axes_to (Array of Axis) : 新しい座標系の格子。その長さはcoordmappingの階数と同じでなければならない。
    • dims (integers) : coordmappingが適用される次元の明示。self.rank!=coordmapping.rankの場合に必要(それ以外は無視される)。整数の個数はマッピングの階数と一致しなければならない。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます