Reference manuals of the GPhys library(http://ruby.gfd-dennou.org/products/gphys/doc/)の日本語訳です。

名称
gpcut : GPhys変数を取り出し、切り取り、間引く
説明
gpcutはGPhys変数を取り出し、切り取り、間引くコマンドラインツールです。
使い方
% gpcut [options] path@varname[,dimname=pos1[:pos2[:thinning_intv]][,dimname=...]]
オプション
-h, --help
本メッセージを出力
-m dim, --mean dim
次元軸にそった平均化(任意)
-o file, --output file
出力ファイル名(任意)。初期値は'gphys.nc'
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます