Reference manuals of the GPhys library(http://ruby.gfd-dennou.org/products/gphys/doc/)の日本語訳です。

FTPライクなGPhysディレクトリサービス(gdir_server.rbなど)のクライアントです。接続はdRubyに基づいています。

使い方

コマンドラインで
 % irb --noinspect -r numru/gphys_connect_ftp-like
としてから、サーバーのURIを打ち込む

利用可能なメソッド

全てのグラフメソッド

メソッド

ヘルプメッセージを表示する
より詳しいヘルプメッセージを表示する
ディレクトリを一覧する
lsと似ているが、長い説明的フォーマットになる
現在のディレクトリへのパスを表示する
GPhysを開く。nameは現在のディレクトリ内の変数名("lsで/"から書かないと表示される)
現在のディレクトリ内のテキストファイル(lsでそのように書くと表示される)の内容を表示する
RubyDCLを起動するため(DCL.gropn(iws)を実行する)。contourなどのGGraphモジュール関数を使う前に呼ぶ
GGraphメソッド
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます