Reference manuals of the GPhys library(http://ruby.gfd-dennou.org/products/gphys/doc/)の日本語訳です。

Gribフォーマットのデータの読み込みを補助します。

モジュール関数

is_a_Grib?(filename)

ファイルがGribファイルかどうか確かめる。
引数
  • filename (String): 確かめるファイル
返り値
  • true/false

open(file, varname)

GribファイルからGPhysコンストラクタを実行する
引数
  • file (Grib or String): 読み込むファイル。文字列の場合は、Gribファイルの名前(パス)でなければならない
  • varname (String): ファイルの中にある、Gphysオブジェクトを構築するための変数の名前
返り値
  • GPhysオブジェクト
現在のディレクトリにtempというファイルがあり、それが変数"T”を含んでいるとする。以下はファイルの中の変数を表すGPhysオブジェクトを生成する。
require "numru/gphys"
include GPhys
temp = GPhys::Grib_IO.open("temp","T")

write(file, gphys, name_dummy=nil)

GPhysオブジェクトをGribファイルへと書きこむ。GPhysオブジェクト下にある全てのデータ(座標変数など)は自己記述的に書き込まれる。
引数
  • file (Grib): 書き込むためのGribファイル。もちろん書き込み可能でなければならない
  • gphys (GPhys): 書き込むGPhysオブジェクト
  • name_dummy (nil) : このモジュールでは使用しない。他との一貫性のため
返り値
  • nil

var_names(file)

引数
  • file (Grib or String): 文字列の場合は、Gribファイルの名前(パス)でなければならない
返り値
  • 変数名 (Array): ファイルが持つ変数の名前を返す

var_names_except_coordinates(file)

var_namesと同じ。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます