ようこそ!これは初学者向けのロジバン講座です.

lo nanmu ku prami la .soran. ku / 男はそらを愛する。

lo se cilre


  • 一般的な名詞表現に相当する表現方法を学ぶ。
  • 述語になれる語(selbri)は{lo}{ku}で囲むことで項として使えるようになる。
  • 名前(cmene)は{la}{ku}で囲むことで項として使えるようになる。


さて、今まで項には「私、あなた、これ、それ、あれ」くらいしか出てこなかったけど、「男」とか「殺人者」とか「美人」とか「そら」とかを項にしたいときもあるよね。

むしろ、そういうときのがほとんどだよ。

というわけで、今回はその話です!

おー



前回やったように、ロジバンの中心となる語句は述語(selbri)になれる語なのです。代名詞に相当するものを除いて、項専用の単語というのはないから、述語になれる語から作ってあげるの。「selbriのsumti化」と言ったりするよ。

…なんか違和感。自然言語でいう「名詞」がロジバンには無いってことだよね?

まあ、そういうことになるかな? 見方を変えれば、述語になれる語は「名詞」をも含んでいる、とも言えそう。

抽象的でわかんないから、先進めてください。

ほいほい。で、意味はさておき、述語になれる語を{lo}と{ku}で囲んだ句が項(sumti)として使えるの。

えっと、{lo nanmu ku} とか、{lo blanu ku}とか、{lo zdani ku}って感じ?

そうそう。で、前回と関連して、{se dunda}みたいにSE類を付けたものも述語になれる語だから、{lo se dunda ku} のように{lo}と{ku}で囲んで項として使えるよ。

おおっ。わざわざあの言い回し("SE類をつけて新しい述語になれる語を作る")をしてたのはこのためだったのか。で、意味は?

その意味は、「囲んだ述語になれる語のx1に当てはまるようなもの」ってなる。

…頭が痛くなってきたぞ…。

たとえば、{nanmu}(x1 は男)を{lo}{ku}で囲んだ、{lo nanmu ku}は「nanmuのx1に当てはまるようなもの」、つまり「男」って意味。

じゃあ、{blanu}(x1は青い)なら{lo blanu ku}は…、「blanuのx1に当てはまるようなもの」…あ、「青いもの」か。

正解。よくある間違いが、{lo blanu ku}で「青」とか、{lo prami ku}で「愛」とか。「x1に当てはまるようなもの」というのを忘れないでね。

{lo prami ku} は{prami}(x1はx2を愛する)だから、「愛する者」なんだね。

さて、ここでちょっとしたクイズ。「dundaのx3に当てはまるようなもの」はどうやって表せればいいでしょう?

えっとね…。あ!わかったぞ。「dundaのx3に当てはまるようなもの」=「te dundaのx1に当てはまるようなもの」だから、{lo te dunda ku} だ。

おお冴えてるね!「x1以外のところに当てはまるようなもの」を表したいときは、SE類を使って、その部位をx1にもってきてから囲んでね。

ちょっとお絵かきしとこっと。
lo...ku述語になれる語を囲んで、「その述語のx1に当てはまるようなもの」*1意味の項(sumti)として使えるようにする





ちょっと練習してみよう。これ訳せる?

「男が走る。」
nanmux1 は男(の人)
bajrax1 は x2 (表面)を x3 (肢)・ x4 (調子)で走る

お茶のこさいさいだよ。{lo nanmu ku bajra} でしょ?

正解。もうひとつやってみよう。

「贈与者は贈り物を受取人に与える。」
dundax1はx2をx3に与える


えっと… dundaのx1,x2,x3がそれぞれ「与える人」「与えられる物」「受取人」だから…

dunda : x1はx2をx3に与える (x1に当てはまるのは「贈与者」)
se dunda : x1はx2によりx3へ与えられる (x1に当てはまるのは「贈り物」)
te dunda : x1はx2をx3から受け取る (x1に当てはまるのは「受取人」)

となって…

lo dunda ku = 贈与者
lo se dunda ku = 贈り物
lo te dunda ku = 受取人

分かった、{.i lo dunda ku dunda lo se dunda ku lo te dunda ku} でしょ?

ご名答。

よっしゃー!ちょっとテクニックいるね。

最初はちょっと戸惑うかも。でもよく使うし、すぐ慣れるよ。それよりも、SE類のおかげで使える語彙が一気に増えることに感動しない?

確かに…! {klama}を覚えたら、5単語覚えたようなもんだね!



ねえねえ。{lo}って「述語になれる語のx1に当てはまるもの」なら何でも構わないの?

というと?

例えば…ほら、{lo nanmu ku}なら「総称的な男」とか「特定の男」とか「不特定の男」とか…。

ああ、うん。{lo nanmu ku}は、それが男であるならどんなものも言い表せるよ。

なるほど。「あの男」「その男」「ある男」「男というもの」…どれも{lo nanmu ku}で言い表せるんだね。

うん。もっと言うと、「複数の男」も{lo nanmu ku}で言い表せるよ。つまり、ロジバンは単複で項(名詞)の形は変わりません

ほうほう。英語より簡単でいいね。

でしょ?だから、次の文は、何通りかの意味が考えられるよ。
  • lo nanmu ku bevri lo jubme ku / 男が机を運ぶ。
  1. 一人の男が一つの机を運ぶ。
  2. 一人の男が複数の机を運ぶ。
  3. 複数の男が一つの机を運ぶ。
  4. 複数の男が複数の机を運ぶ。
nanmux1 は男(の人)
bevrix1 は x2 (荷)を x3 (終点)に x4 (始点)から x5 (道筋)を通って運ぶ
jubmex1 は x2 (素材)・ x3 (脚/柱/台座)の机/テーブル/台

なるほどねー。「男なら何でもいい」のか。ふむふむ。



これで「男」とか「殺人者」とか「美人」とか言えるようになったね。残るは「そら」だ。

えっと、つまり「名前」だよね。なんだっけ?cmene?だっけ?

そうそう。想像つくかもしれないけど、名前(cmene)もある語で囲んでやらないと項として使えません。{la}と{ku}です。*2

la...ku名前(cmene)を囲んで、項に変える。「〜と呼ばれているもの」という意味になる

ほうほう。{la .soran. ku} で、「そらと呼ばれているもの」、つまり「そら」なのね。

そゆこと。じゃあ、「そらはこしょんを愛する。」って言ってみてよ。

{.i la .soran. ku prami la .kocon. ku} かな?

きゃーはずかしー

………。

さて。実は、{la...ku}は述語になれる語を囲むことができるのです。「(述語になれる語)と呼ばれているもの」という意味になるね。

ほうほう。確かに私の友達に「お母さん」って呼ばれてる人いる。そういうときには、…あれ、「母」ってなんていうの?

{mamta}だね。だから、その友達のことを、{la mamta ku}と言えるね。
mamtax1 は x2 の母親; x1 は母性的

実際にお母さんかどうかは知らないけど、とにかく「お母さん」って呼ばれてる人って感じなんだね。

まとめ

  • (代名詞に相当するものを除いて、)ロジバンには項専用の単語(名詞)が無いので、述語になれる語から作る。selbriのsumti化とも呼ばれる。
  • 述語になれる語を{lo}と{ku}で囲んだ句は、「(囲んだ)述語のx1に当てはまるようなもの」という意味の項として使える。
  • 「x1以外のところに当てはまるようなもの」を表したいときは、SE類を使う。
  • {lo SELBRI ku}は、それがSELBRIのx1に当てはまるならどんなものも言い表せる。それゆえ、単複で項の形は変わらない。
  • 名前(cmene)や述語になれる語を{la}{ku}で囲んだ句は、「〜と呼ばれているもの」「〜という名前のもの」という意味の項として使える。

@今回出てきた単語
lo...ku述語になれる語を囲んで、「その述語のx1に当てはまるようなもの」という意味の項(sumti)として使えるようにする
la...ku名前(cmene)を囲んで、項に変える。「〜と呼ばれているもの」という意味になる
nanmux1 は男(の人)
bajrax1 は x2 (表面)を x3 (肢)・ x4 (調子)で走る
dundax1はx2をx3に与える
bevrix1 は x2 (荷)を x3 (終点)に x4 (始点)から x5 (道筋)を通って運ぶ
jubmex1 は x2 (素材)・ x3 (脚/柱/台座)の机/テーブル/台
mamtax1 は x2 の母親; x1 は母性的

○×チェックテスト

  1. {lo prami ku}は「愛」という意味である。
  2. {lo se dunda ku}は「dundaのx2に当てはまるようなもの」という意味である。
  3. ロジバンでは単数形と複数形で語の形が変化する。
  4. 「そらは走る」と言いたいときは、cmeneをそのまま用いて、{.soran. bajra} と言えばよい。

章末問題

. 次の文を訳してみよう。
  1. 詩人は少女に花をあげる
pemcix1 は x2 (特徴)・ x3 (作者)・ x4 (読者)の詩
nixlix1 は x2 (年齢)・ x3 (基準)の少女/未成熟の女
xrulax1 は x2 (種類)の花

. 次の語を訳してみよう。
  1. 殺人者
  2. 美人
  3. 東京
  4. 話し言語
catrax1 は x2 を x3 (動作/方法)で殺す
melbix1 は x2 (審美者)にとって x3 (性質)・ x4 (審美基準)において美しい
tavlax1 (者)は x2 (者)に x3 (題目)について x4 (言語)で話す/語る

. klamaから作れる項、5つの意味をそれぞれ考えてみよう。
klamax1 は x2 (終点)に x3 (起点)から x4 (経路)を x5 (方法)で行く/来る

解答

○×チェックテスト
  1. × : {lo prami ku}は「pramiのx1に当てはまるようなもの」つまり「(何かを)愛する者」という意味。
  2. ○ : 「述語のx1以外に当てはまるようなもの」を言いたいときは、SE類を用いる。
  3. × : ロジバンには単複の違いがない(もちろん、数詞によってそれが何個あるかを明記することはできる)。
  4. × : cmeneを項として使うときは、{la}{ku}で囲わなければならない。{la .soran. ku bajra}が正しい。
章末問題
.
  1. lo te pemci ku dunda lo xrula ku lo nixli ku |
詩人は、「詩を書く人」、「詩の作者」と考えられるから、pemciのx3をx1にもってきてlo...kuで囲む。

.
  1. lo catra ku
  2. lo melbi ku
  3. la .tokion. ku
  4. lo ve tavla ku

.
lo klama ku : 行く人、来る人、往来者
lo se klama ku : 行き先
lo te klama ku : 出発地点
lo ve klama ku : 経由地点
lo xe klama ku : 行く手段、交通手段




コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます