ようこそ!これは初学者向けのロジバン講座です.

この補習授業では、tanruを作ろうのやや発展的な内容についてやります。

えっと、少し復習していい?
  • tanruとは述なれ語に述なれ語をつけて作られる、新しい述なれ語のこと。
  • 左の述なれ語が右の述なれ語を修飾する。
  • tanruもまた述なれ語なので、tanruにまた別の述なれ語をつけることで、より大きなtanruが作れる。
  • 3語以上からなるtanruは、左から右に修飾の処理をしていく。

だったっけ?

その通り。で、この「左から右に修飾の処理をしていく」というのが少し手強いという話でした。
{blanu plise tricu}は、{blanu plise}と{tricu}からなるtanruで「[青いリンゴ]の木」という意味だったよね。

そうそう。で、それじゃあ、{blanu}と{plise tricu}からなるtanruはどう表現すればいいの?って話だったね。

そうだね。これはつまり、述なれ語の結合の順位が違うということだよね。
「[青いリンゴ]の木」では、ルール通り、{blanu}と{plise}がまず結合し、その次に、{blanu plise}と{tricu}が結合している。
でも「青い[りんごの木]」では、{plise}と{tricu}がまず結合し、その次に、{blanu}と{plise tricu}が結合している。
そう考えると、解決策は、語の結合の優先順位を変えればいいということになるね。

んー、なんとなくわかる。…かな。

まず、1つ目。{bo}は「非常に強力な接着剤」の役割をします。
boどんなものよりも優先的に、両端の述なれ語を結合させる

これを使えば、「[青いリンゴ]の木」は、{blanu plise bo tricu} とかけるよ。



おお、「ボンド」の{bo}と覚えておこう。

{blanu bo plise bo tricu}のように、{bo}で繋がれている語が連なっているときは、右の2語から処理していくの。
つまり、{blanu bo plise bo tricu} は、{blanu [plise tricu]}となって、これはさっきとおんなじだね。



うーん。{bo}は面白い解決策だと思うんだけど、いまいちしっくりこないというか…。
私としては、{blanu [plise tricu]}の[ ]みたいな、『優先括弧』的な語があると嬉しいかな。

大丈夫。そらのいう『優先括弧』みたいな語もあるよ。{ke}と{ke'e}です。
ke ... ke'eこれらの語で囲んだ部分を優先的に処理する

これを使えば、{blanu plise bo tricu}は{blanu ke plise tricu ke'e}となるね。こっちのほうが直感的かな?
ちなみに、{ke'e}は終止詞だから変なことが起こらない限り省略できるよ。*1
変なことが起こらない状況の代表は、{ke'e}がtanruの一番最後にあるとき。

{blanu ke plise tricu ke'e}の{ke'e}は省略できて、{blanu ke plise tricu}とできるってことか。

そういうこと。でも、{blanu ke melbi kerfa ke'e ninmu}の{ke'e}は省略できないよ。それは分かるよね?

うん。これを省略してしまうと、{ninmu}が{ke}の構造に取り込まれてしまうもんね。ちなみに、このtanruの意味は?

「[青い[美しい髪の]]女」だね。
kerfax1 は x2 (本体)・ x3 (箇所)の毛/髪

さて、ちょっとここで問題です。
問題
{blanu ke melbi kerfa ke'e ninmu}を{bo}を使って書き直せ。

えーっと…。{blanu melbi bo kerfa ninmu} かな?

大正解!

やったー!



最後に、「ゆるふわな」接着剤を紹介します。
co結合語無し(デフォルト)よりも弱い結合力。右側すべての語句を左側すべての語句にかける

なんじゃこりゃ?いつ使うの?

たとえば、「私は大阪から東京へ行く男だ。」という文を表す方法の1つとして使えるよ。*2

ん…「大阪から東京へ行く」は、{klama la .tokion. ku la .osakan. ku}だけど…。この句全体と{nanmu}をtanru化…?無理だ!

{co}の面白いところは、述語の後続の項がcoの右にある述なれ語のPSに入る、というところだよ。
答えをいうと、{mi nanmu co klama la .tokion. ku la .osakan. ku} となります。{nanmu}に{klama la .tokion. ku la .osakan. ku}が係っているんだ。

へー。なんか使えるような使えないような…。

実際、ここまで詳しく記述しておきながらtanruを使うことというのはあまりないかもしれないね。
tanruの意味は曖昧だから。こういうときはたいてい関係節を使うことが多いかな。一応こういうのがあるということだけ覚えておいて。

はーい。



というわけで、補習授業は終わりたいと思います。

ありがとうございます!

tanruの修飾順序を変える…『優先括弧』でくくる…その方法をきちんと覚えてtanru作成に役立ててください。

いえっさー!

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます