アイドルマスターシンデレラガールズに登場する藤原肇の情報Wikiです。

登場話一覧

劇場タイトル登場人物備考
【第42話】
寝言には要注意
藤原肇・プロデューサー2012/10/17掲載
【第93話】
ぶれいこーっ?
藤原肇・龍崎薫・片桐早苗・東郷あい・桃井あずき2013/03/28掲載
【第163話】
アイドル釣り対決!
藤原肇・松山久美子・柳清良・首藤葵2013/10/10掲載
【第164話】
アイドル料理対決!
藤原肇・松山久美子・柳清良・首藤葵・プロデューサー2013/10/11掲載
【第284話】
いつでも心にロマンを
藤原肇・プロデューサー2014/04/18掲載
【第286話】
何事も形からです!
藤原肇・安斎都2014/04/21掲載
【第401話】
名言が生まれた
藤原肇・衛藤美紗希・柳瀬美由紀2014/10/21掲載
【第462話】
雪乃のお茶会
藤原肇・相原雪乃・片桐早苗・大和亜紀・月宮雅2015/02/14掲載
【第542話】
やっぱり土が好き
藤原肇・プロデューサー2015/07/17掲載
【第601話】
新しい調査項目
藤原肇・八神マキノ・遊佐こずえ・上条春菜2015/11/05掲載
【第602話】
これがユメグリ?
藤原肇・海老原菜帆・ケイト・遊佐こずえ2015/11/07掲載
【第669話】
北欧のてるてる坊主
藤原肇・輿水幸子・大原みちる・小関麗奈2016/03/04掲載
【第674話】
音色に耳を澄ませば
藤原肇・梅木音葉・遊佐こずえ・(本田未央)・ケイト・(喜多見柚)・プロデューサー2016/03/16掲載
【第806話】
せっかくですから!
藤原肇・プロデューサー2016/11/21掲載
【拡大版第7話】
みんなで浴衣編
藤原肇・成宮由愛・メアリー=コクラン・桃井あずき・及川雫・佐城雪美
・奥山沙織・宮本フレデリカ・小早川紗枝・ナターリア・北川真尋・マルメターノおじさん(フランクルト)
※要検証 2014/07/22掲載
【アニメ13話】
※エンドカード
喜多見柚・藤原肇・村上巴・荒木比奈・関裕美・上田鈴帆・難波笑美・安部菜々・
木村夏樹・多田李衣菜・藤本里奈・大槻唯・脇山珠美・道明寺歌鈴・
水本ゆかり・中野有香・佐々木千枝・市原仁奈・松永涼・依田芳乃
2017/6/27放送

各劇場ごとの記事と登場人物のその時のカードの画像、備考の詳細情報の追加をお願いします

劇場本編


掲載日:2012年10月17日
登場人物:藤原肇・プロデューサー
関連エピソード:[夢の使者]藤原肇

・記念すべき劇場初登場回。
・突然実家に現れたプロデューサーにだらしない
 格好(Tシャツ一枚!)のままステージに上げ
 られそうになる夢を見てうなされているところ
 を家族に発見される、という展開である。
・発見した家族が誰であるかは不明だが、咄嗟に
 助けを求める人物がおじいちゃんというのが
 また肇らしい。
・普段はスカート裾の短さを気にする程真面目な
 肇のラフな格好が見られる貴重なシーン
 でもある。
・なお、実際にこの格好のままLIVEバトルに
 参加しても勝てる場合もある模様。


掲載日:2013年3月28日
登場人物:藤原肇・龍崎薫・片桐早苗・東郷あい・桃井あずき
関連エピソード:[夜桜小町]藤原肇・アイドルプロデュース 春の桜祭り編

・当時開催されていたイベントである
 『アイドルプロデュース 春の桜祭り編』の
 メンバーとの共演で、他のアイドルと劇場で
 共演するのは今回が初。
・肇が薫とお花見をしている途中、酔って
 暴走している早苗を発見。その惨状を薫の
 教育によろしくないと判断した肇が咄嗟に薫の
 目を塞いでガードするという展開である。
・今回、最年少アイドルの一人、薫(9)と絡んだ
 ことでいつもの敬語ではないくだけた口調で
 話す姿が見られた。
・この劇場で発揮されたお姉さん属性は後々の
 イベントや劇場での活躍の先駆けだったのかも
 しれない。


掲載日:2013年10月10日
登場人物:藤原肇・松山久美子・柳清良・首藤葵
関連エピソード:[憧憬の絵姿]藤原肇

・当時開催されていたイベントである
 『第3回ドリームLIVEフェスティバル』の
 メンバーとの共演。
・今後ドリフの恒例行事となるドリーム対決の
 記念すべき第一回目である。
・二チームに分かれて釣り対決をすることになり
 (肇はしれっとPと二人きり)、各々自分の強みを
 アピールするも、肇が指示した生餌(ミミズ)に
 全員たじろいでしまうという展開。
・魚のわたはともかく人間の腸が平気な清良が
 ミミズがダメというのもまたすごい話である。
・対決種目である釣りは肇の趣味の一つで、肇は
 ミミズにも平気な顔でマイペースに釣りに
 興じているのであった。


掲載日:2013年10月11日
登場人物:藤原肇・松山久美子・柳清良・首藤葵・プロデューサー
関連エピソード:[憧憬の絵姿]藤原肇
・前回同様、当時開催されていたイベントである
 『第3回ドリームLIVEフェスティバル』の
 メンバーとの共演。
・今回の対決種目の料理は葵の趣味の延長。
・今回の劇場では固有の台詞は残念ながら無し。
・しかし、貴重なエプロン姿や仲間たちと仲良く
 キャッキャッウフフしながら料理に興じる姿は
 とても良いものだ。仲良きことは美しき哉。


掲載日:2014年4月18日
登場人物:藤原肇・プロデューサー
関連エピソード:[九天の玄女]藤原肇
・高層からプロデューサーと都会の風景を眺める
 肇。都会の高層ビルを一望できるガラス張りの
 エレベーターの設計にロマンを感じていた
 ところをプロデューサーに水を差され、
 「ぷく」と頬っぺたを膨らませてへそを曲げて
 しまうという展開。
・この「ぷく」により数多のPが撃沈、現在も
 新規Pたちのハートを撃ち抜き続けている。
・Pに対して自分から子どもらしい一面を見せた
 のは今回が初めてであり、今までの大人びた
 雰囲気とのギャップがさらなる破壊力を
 生み出した。


掲載日:2014年4月21日
登場人物:藤原肇・安斎都
関連エピソード:[九天の玄女]藤原肇
・変装の勉強中…ではなく、普通に英語勉強を
 している都を見かけた肇。『形から入る』
 勉強法を実践している都だが、その様子の
 珍妙さに肇が困惑してしまうという展開。
・ちなみにこの二人、どちらも16歳である。
 
肇は大人っぽく、都はかなり幼いが…
・都がつけている『超☆風紀』の腕章、及びその
 腕章をアピールしながら高らかに叫んでいる
 台詞は冴島清美のものだと思われる。都に
 とって頭が良さそうなアイドル=清美の認識
 なのだろうか。


掲載日:2014年10月21日
登場人物:藤原肇・衛藤美紗希・柳瀬美由紀
関連エピソード:[新たな色]藤原肇
・美紗希にかわいい服をコーディネートして
 もらった肇。美紗希と一緒に女子力高い
 カフェへのお出かけしようというところで
 美由紀が実家から送られてきたカニを持参。
 美紗希の関心はカニへと向いてしまう。
 お出かけはどうするのかと肇が尋ねると、
 「カニも女子力よ!」という迷言名言が炸裂、
 二人が驚くという展開。
・肇が私服を見立ててもらうのはこれで二回目
 (一回目は東郷あい)で今回は服装の可愛らしさ
 を重視したものとなっている。それでも服に
 着られることなくバッチリ着こなしているのは
 流石。
・美紗希とはこれ以降もユニットで共演する
 など、付き合いは続いているようだ。


掲載日:2015年2月14日
登場人物:藤原肇・相原雪乃・片桐早苗・大和亜紀・月宮雅
関連エピソード[ロワイヤルスタイルNP]藤原肇
・当時開催されていたイベントである
 『(第10回)アイドルLIVEロワイヤル 
 バレンタインSP』のメンバーとの共演。
・雪乃のいきつけの店の紅茶でティータイムを
 過ごす五人。お嬢様である雪乃のいきつけの店
 というだけあり、値段もお高い模様。そこで
 自分たちもお嬢様気分で紅茶を楽しもうとした
 雅・亜季・早苗の三人であったが、雪乃と肇の
 発言で紅茶だけでなくティーセットも高級品
 であることが発覚。哀れ三人はガチガチに
 緊張し、お嬢様どころではなくなってしまう
 という展開。
・予備知識があったとはいえ、他の三人と違って
 肇は高級ティーセットに驚きこそしたものの
 固まってしまうことはなかった。家業の性質
 上、高額な品の扱いには慣れているのかも
 しれない。
・ドイツツアーや後のノルウェーアイプロ同様、
 肇の備前焼だけに留まらない器に対する
 向学心の高さが垣間見える一幕。


掲載日:2015年7月17日
登場人物:藤原肇・プロデューサー
関連エピソード[小さな息吹]藤原肇
・田舎の田んぼで田植えを泥まみれになって
 楽しむ肇。プロデューサーにも泥にまみれる
 感触を楽しんでもらおうと田植えに誘うも
 泥に足を取られてしまい、すっころんでさらに
 泥まみれになってしまうという展開。
・前回、前々回のSRとは違い都会とは真逆の田舎
 が舞台のためか、『ポワワ…』と気の抜けた
 表情や泥まみれで無邪気にはしゃぐ様子、
 転んで涙目になる様子など、肇の自然体な
 姿を多く見ることが出来る一幕となっている。
・ちなみにこの田んぼは肇の祖父の知人の物の
 ようで、祖父が地元から出ようとしない頑固者
 であることから舞台は岡山県だと思われる。


掲載日:2015年11月5日
登場人物:藤原肇・八神マキノ・遊佐こずえ・上条春菜
関連エピソード[紅葉温泉]藤原肇
・温泉でゆったりとした時間を過ごす三人。入浴時の
 眼鏡の話題になり、お風呂用はともかくシャンプー
 用の眼鏡は流石にないだろうと話す三人だが、
 その脳裏にはある人物の顔が浮かび…シャンプー用
 眼鏡の存在の可能性を否定できない三人であった。
・この劇場では、こずえの頭を洗ってあげている
 肇の姿が見られる。貴重なサービスシーン。
 おしゃべりをしながらシャンプーをこなす様は
 決してハチミツをぶっかけているわけではない。
 慣れた手つきを感じさせる。もしかしたら女子寮
 でも年少組のシャンプーをしてあげているのかも
 しれない。


掲載日:2015年11月7日
登場人物:藤原肇・海老原菜帆・ケイト・遊佐こずえ
関連エピソード:[紅葉温泉]藤原肇
・月末ガチャのR四人組での共演。
・温泉街での湯めぐりを楽しもうと意気込む四人。
 日本情緒溢れる温泉街の雰囲気に心を躍らせる
 ケイトであったが、肇たちが射的屋や食べ物屋に
 ついつい釣られてしまい…
 結果、ケイトに湯めぐりを縁日のようなものと
 勘違いされてしまうのであった。
 なお、最後に肇がおかしいぞという顔をしているが
 真っ先に脱線したのは肇である。
・前回に引き続き、今回も肇がこずえの世話を焼いて
 いて保護者がすっかり板についているようだ。
・菜帆とは二回目の月末限定ガチャR共演であり、
 肇から菜帆に言及した台詞ユニットもあるが、
 劇場で共演したのは今回が初である。


掲載日:2016年3月4日
登場人物:藤原肇・輿水幸子・大原みちる・小関麗奈
関連エピソード:[ホワイトジャーニー]藤原肇
        アイドルプロデュース きらめくオーロラ紀行
・当時開催されていたイベントである
 『アイドルプロデュース きらめくオーロラ紀行』
 のメンバーとの共演。
・オーロラ撮影が上手くいくようてるてる坊主を
 作ろうと提案する肇。撮影現場はノルウェーという
 ことで、ノルウェーの文化を混ぜようという流れに
 なり、そこでワルキューレの名を見つける。
 ワルキューレについて肇が尋ねると、あの傷ついた
 悪姫ことブリュンヒルデの名が挙がり…
 蘭子の絵がてるてる坊主のモデルとして採用され、
 撮影当日も見事晴れるのであった。
・天気のことを気にしているときにてるてる坊主
 という案がパッと浮かぶのはいかにも肇らしい。
・感性豊かな台詞の数々からPたちの間で時折厨二
 詩的キャラとして扱われる肇だが、ワルキューレ
 という単語にピンときていない辺り、蘭子たちとは
 違い神話などに特別明るいわけではないようだ。
 それでもオーロラの名前の由来についてはしっかり
 勉強してきている様子。
・ラストの感慨深げな表情は密かに人気がある。


掲載日:2016年3月16日
登場人物:藤原肇・梅木音葉・遊佐こずえ・(本田未央)・ケイト・(喜多見柚)・プロデューサー
関連エピソード:[紅葉温泉]藤原肇
・「桃園花娘リミテッドガチャ」のメンバーとの
 共演。
・プロデューサーとお土産屋にやってきた音葉が
 鈴に目をつけ、他のアイドルたちが騒いでいるのも
 意に介さず良い鈴の音を聞き分けてのけるという
 音葉の集中力と絶対音感が発揮される回である。
・今回も肇はこずえと行動しており、今回の温泉LIVE
 ではいつも一緒にいたことが窺える。こずえは
 相変わらず温泉玉子に夢中のようで、肇にしては
 珍しいずいぶん間の延びたツッコミを入れられ
 ている。
・姿は見せず台詞のみの登場だが、ガチャの面子や
 口調から未央と柚もこの場にいると思われる。


掲載日:2016年11月21日
登場人物:藤原肇・プロデューサー
関連エピソード:[クワイエット・ズィール]藤原肇
・Pと備前焼の資料館へ訪れ、庭園でお茶を
 楽しむ肇。プロデューサーのためにと祖母の形見
 である着物も着て良い雰囲気に…と思いきや、
 プロデューサーが陶芸体験コーナーのポスターに
 気づいた途端、肇の陶芸家スイッチがONに。
 先程までの淑やかさはどこへやら、目を輝かせ
 ながらプロデューサーを陶芸の世界へ引き込もう
 とするのであった。
・肇は普段はそれほど押しが強いタイプではないが、
 陶芸を広めるチャンスとなるとこの食いつき
 っぷりである。これもある意味クワイエット
 (静かな・密かな)ズィール(熱情)の名を体現して
 いるといえるかもしれない。


掲載日:2014年7月22日
登場人物:藤原肇・成宮由愛・メアリー=コクラン・桃井あずき・及川雫・佐城雪美・奥山沙織・宮本フレデリカ
     小早川紗枝・ナターリア・北川真尋・マルメターノおじさん(フランクルト)
関連エピソード:[浴衣祭り]藤原肇
・シンデレラガールズ劇場拡大版での登場。
 (現在は閲覧不可)
・浴衣祭りで共演した成宮由愛(なるみやゆめ)と
 縁日の屋台巡りをしているようで、少し見づらいが
 右上のコマでりんご飴を買っている姿も見られる。
・この二人は実はグッズでの共演が多く、ジャンルは
 異なるが『色』という言葉で繋がる組み合わせ
 でもある(肇は陶芸、由愛は絵)。
・容姿や雰囲気もどこか近いものがあり、仲の良い
 姉妹のようにも見えるかもしれない。

放送日:2017年6月27日

・シンデレラガールズ劇場のアニメ13話エンディング後のエンドカードにて
・しんげき本編に出演は叶わなかったものの、
 第6回シンデレラガールズ総選挙にて上位入賞を果たした5人のうち1人として並んでいる。
・イラストの元となったロワイヤルNPの服は股下のあるズボン、或いはキュロットスカートだが
 エンドカードではスカートにデザインが変更されている。劇場ではたまにあること
・画像はアニメキャラデザ原案の熊ジェット先生のツイートでも確認できる。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

VRでの藤原肇

メンバーのみ編集できます