エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

助動詞と準助動詞語の否定表現

イド語の否定表現の場合には通常、動詞の前に否定の副詞「ne」をつけます。しかし、助動詞が関係する限り、英語表現にはないイド語独自のニュアンスと特別なスタイルがあるので、特に注意する必要があります。
mustar無制限、無条件かつ強制的なの必要性を表現する
NE + mustar必要のないことを表す
mustar + NE強い禁止を表す
Vu NE mustas acendar alumeto, nam me povas vidar suficante bone.
あなたはマッチで火をつける必要はありません。(明るいので)十分に見ることができるからです。
Vu mustas NE acendar alumeto, nam la chambro esas/es plena de gaso.
あなたは絶対にマッチで火をつけてはいけません。部屋はガスが充満しているからです。
devar慣習的にあるいはその他の強いられるすべてのものに適用される
NE + devar義務を負っていないことを表す
devar + NE禁止を表す
Me NE devas helpar vu.
私はあなたを助ける義務はありません。
Vu devas Ne adulterar.
あなたは姦淫してはいけません。
darfar禁止の概念に対して、権利もしくは許可があることを表す
NE + darfar禁止を表す
darfar + NE〜しなくてもかまわない、という意味。許可されていることの表現
 Me NE darfas fumar hike.
私はここでタバコを吸べきではありません。
Me darfas NE asistar skolo.
私は学校を休んでもかまいません。
povar何かをするために必要な状態にある、という意味
NE + povar〜することができない
povar + NEすべきことを逃れる、回避できる
Me NE povas pagar imposturi.
私は、税金を払うことができません。
Me povas NE pagar imposturi.
私は税金を逃れることができます。
bezonar〜する必要がある
次の二つのケースがあるが、例文で意味を確認して下さい。
NE + bezonar
bezonar + NE
Ilu NE bezonis facar olu.
彼らはそれをする必要はなかった。(だから、彼はそれをしなかった)
Ilu NE bezonas facir olu.
彼はそれをする必要はなかった(彼はしたにもかかわらず)
Ilu bezonas NE facir olu.
彼はそれをすべきでなかった。遅すぎる。
audacarあえて〜する
Me NE audacas informar ilu pri la mala nuntio.
彼はその悪いニュースについてあえて彼に伝えません。
Elu audacis NE askoltar mea konsilo.
彼女は私のアドバイスをあえて無視しました。

造語法「-eg-」「-et-」

「-eg-」は、 語根語のサイズや強度を増大させる接尾辞です。
bonabonega
良いすばらしい
varmavarmega
暖かい熱い
domodomego
大邸宅
dormardormegar
眠る熟睡する
「 -et- 」は、語根語のサイズや強度を減少させる接尾辞です。
varmavarmeta
暖かいぬるい
domodometo
小屋
dormardormetar
眠るまどろむ
ridarridetar
笑うほほえむ
forkoforketo
熊手、ガーデンフォークフォーク

時間表現(2)

これまで、「何時何分」の「時」だけを学んできましたが、「分」の言い方を学びましょう。
6時5分06:05sis kloki kin
6時25分06:25sis kloki duadek e kin
6時50分06:50sis kloki kinadek
3時30分03:30tri kloki e duimo
1時15分01:15un kloko e quarimo
1時45分01:45un kloko e tri quarimi
上記の例から分かるように、分は「時」の後にそのまま追加することで、表現されます。英語のように「Minutes to the hour」(何時何分前)という表現はイド語では使われません。

「〜時半」「〜時30分」という場合、イド語では「e duimo」を使います。
For 'half past' use 'e duimo':
4時半quar kloki e duimo
5時半kin kloki e duimo
「kin kloki duimo」のように「e」をつけないと、5時30秒(=1分半)と誤解されるかもしれません。
「quarimo」(4分の1=15分)という表現を使えば、15分単位での時刻を表現できます。
6時15分sis kloki e quarimo
6時45分sis kloki e tri quarimi
2:052時5分
du kloki kin
3:403時40分
tri kloki quaradek
17:0017時
dek e sep kloki
14:4714時47分
dek e quar kloki quaradek e sep
02:002時
du kloki
09:059時5分
non kloki kin
06:156時15分
sis kloki e quarimo
06:456時45分
sis kloki e tri quarimi
10:3510時35分
dek kloki triadek e kin
06:536時53分
sis kloki kinadek e tri

疑問形容詞としての「qua」

「qua」はこれまで見てきたように、英語の「who」「which」「that」に相当します。しかし、「qua」には、もうひとつの用法があります。単数形の名詞または複数形の名詞の前に、「qua」が置かれると、その意味は英語では「what?(何の?)」「which?(どのような?)」というような疑問関係詞になります。例えば、
Qua hundo?
What dog/ Which dog?
どんな犬? / どの犬?
Qua hundi?
What dogs/ Which dogs?
どんな犬たち? / どの犬たち?

「qua」「 qui」「 quo」 のまとめ

疑問形容詞として
単数形複数形
Qua viro venas?Qua viri venas?
どんな人が来ましたか?どんな人たちが来ましたか?
疑問詞として
単数形複数形
Qua venas?Qui venas?
誰が来ましたか?誰が来ましたか?
単数 / 複数
Quo venas?
何が来ますか?
関係詞として
単数形複数形
La viro qua venasLa viri qui venas
来る男来る男たち
La treno qua irasLa treni qui iras
行く列車行く列車ら

天候

天候に関するイド語の動詞は非人称です。英語の「」は実際上、何かを言及するものではありませんし、他の単語でイド語に翻訳してはいけません。エスペラント同様に、無主語の動詞となります。
PluvasNivasFrostasVentasPruinas
pluvo(雨)nivo(雪)frosto(厳寒)vento(風)prunio(霜)
雨が降る雪が降る凍てつく風が吹いている霜が降りている
語彙
agnoskarankoreaudaravino
承認するまだ、いまだ聞く、聞こえる祖母
cayaredanko prodecidardivenar
今年に〜してくれてありがとう決める〜になる
ecepteesforcarfortunozafotografuro
除いて努力する、努める幸運な写真
gambojahospitaloinfanteto
脚、下肢すでに病院赤ん坊
invitarkozokarakuzo
招待する親愛な従兄弟
lokomortarnomoomni
場所死ぬ名前みんな
pluvarpost-kartopraktikarprezente
雨が降るはがき実践する現在
respondoseruptarsaluto
返事もし〜なら破る挨拶
Skotiatristatil nunvakance
スコットランド悲しいこれまで休暇に
venonta yaro
来年

Letro ad Amiko(友への手紙)

La 27ma di agosto
8月27日
Kara Maria
親愛なるマリアへ
Danko pro la interesanta letro e la bela post-karti quin tu sendis a me.
私宛の興味深いお手紙と美しいハガキ、ありがとう。
Me esas/es tre trista audar ke tua avino ruptis gambo kande elu esforcis klimar Blanka Monto cayare.
君のお祖母さんが今年、モンブランに登山しようとした時に骨折したと聞いて、とても悲しい。
Elu esas/es tre fortunoza ke elu ne mortis.
亡くならなかったことはとても幸運なことですね。
Me havas kuzo qua deziras divenar klimero, ma prezente ilu nur evas ok yari.
私には登山家になりたがっている従兄弟がいますが、彼は現在のところたった10才ですよ。
Ilu praktikas sur la muro en la gardeno. Til nun ilu ne falis.
庭の壁の上で練習をしています。これまで、落ちたことはありません。
Adube tu iros vakance en la venonta yaro?
来年のバカンスは、君はどこへ行くのかな?
Se tu ne ja decidis, me invitas tu a Skotia.
まだ決めてなかったら、君をスコットランドに招待します。
Ofte pluvas hike en Skotia, me agnoskas to, ma esas/es multa interesanta loki e kozi quin ni povos vidar.
ここスコットランドでは時々、雨が降るということは認めるけど、面白い場所や見るべきものがたくさんあります。
Ni certe vizitos Edinburgh.
きっと、エジンバラにも訪れます。
Tu volis vidar mea familio. Do me sendas a tu fotografuro.
君はボクの家族に会いたかったね。だから、写真を送ります。
Tu ja konocas la nomi di omni ecepte la infanteto qua nomesas Paul.
君はもう、ポールという赤ん坊を除いては、全員の名前は知っているね。
Skribez balde tua respondo. Mea saluti a tua avino e la familio.
すぐに、お返事下さいね。お祖母さんとご家族によろしく。
Tua amiko, Roger
君の友、ロジャーより
語彙
quala?renkontrarabonar
どんなもの / 人出会う予約する、購読する
revuo [RE-vwo]membrosocieto
専門雑誌構成員団体、社会
libro-listo
図書リスト
「友への手紙」に関する質問と答
01)Quala esas/es la post-karti de Maria?
マリアからのハガキはどんなものですか?
Ol esas/es interesanta.
興味深いものです。
02)Qua ruptis gambo?
誰が骨折したのですか?
Avino di Maria.
マリアのお祖母さんです。
03)Quon elu klimis?
彼女はどこに登ったのですか?
Elu klimis Blanka Monto.
モンブランに登りました。
04)Kad elu mortis?
それで彼女は死にましたか?
No, fortunoze elu ne mortis.
いいえ、幸いにも彼女は死にませんでした。
05)Qua deziras divenar klimero?
誰が登山家になりたいのですか?
Kuzo di Roger.
ロジャーの従兄弟です。
06)Quante ilu evas?
彼は何歳ですか?
Ilu evas ok yari.
彼は10歳です。
07)Sur quo ilu praktikas?
彼は何の上で練習をしますか?
Sur la muro en la gardeno.
庭の壁の上です。
08)Kad ilu falis?
彼は落ちたことがありますか?
No, til nun ilu ne falis.
いいえ、いままで、落ちたことはありません。
09)Se Maria venos a Skotia, kad elu e Roger vizitos Edinburgh?
マリアがスコットランドに来たら彼女とロジャーはエジンバラを訪問しますか?
Ho, yes.
おー、そうですね。
10)Quon Roger sendas a Maria?
ロジャーはマリアに何を送りましたか?
Fotografuro di/pri la familio di Roger.
ロジャーの家族の写真です。
11)Quale nomesas la infanteto?
その赤ん坊の名前は?
Lu nomesas Paul.
ポールです。
12)Quon Roger esperas recevar balde?
ロジャーはすぐに何を受け取りたいと思っていますか?
Respondo de Maria.
マリアからの返事です。
一般的な質問
01)Ka vu parolas Ido bone?
あなたはイド語を上手に話しますか?
Yes, nam Ido esas/es marveloze facila.
はい、そうです。イド語はびっくりするくらい簡単だからです。
02)Ka vu ofte lektas Ido?
あなたはよく、イド語を読みますか?
Yes, me prizas lektar libri en Ido.
はい、私はイド語で本を読むのが好きです。
03)Ka vu povas skribar Ido?
あなたはイド語を書くことができますか?
Komprenende yes ed anke devas me.
もちろんできますし、また書かなければなりません。
04)Ka vu skribas ad Idisti en altra landi?
あなたは別の国のイディスト(イド語の話者)に(たよりを)書きますか?
Yes, kelkatempe.
はい、ときどき書きます。
05)Ka vu renkontras altra Idisti?
あなたは他のイド語話者たちと会いますか?
No, tre rare. Nam ne esas multa Idisti.
いいえ、めったに会いません。イド語の話者はたくさんいませんからね。
06)Kad esas/es multa Ido-libri en vua domo?
あなたの家に、イド語の本はたくさん、ありますか?
No, nur kelka libri che me.
いいえ、私の家には数冊しかありません。
07)Ka vu kompros altra Ido-libri?
あなたは別のイド語の本を買いますか?
Yes, me intencas komprar oli.
はい、買うつもりです。
08)Ka vu havas libro-listo?
あなたは書籍のリストを持っていますか?
Yes, la listo de Cardiff.
はい、もっています。カーディフ*1のリストです。
09)Ka vu abonis Ido-revui?
あなたはイド語の専門誌を購読していますか?
Yes, kelka revui.
はい、何冊か購読しています。
10)Ka vu esas/es membro dil Ido-Societo?
あなたは、イド語協会の会員ですか?
Yes, membro di Franca Ido-Societo.
はい、そうです。フランスのイド語協会の会員です。

De certena lektolibro (ある読本より)

Lektajo 01(読み物01)
La jorno e la nokto. La somero e la vintro. La vorti e la frazi.
昼と夜。夏と冬。語句と文。
Un homo havas un boko e du oreli.
一人の人間は一つの口と二つの耳を持っている。
Du homi havas du boki e quar oreli.
二人の人間には、二つの口と四つの耳がある。
Un manuo havas kin fingri.
一つの手には五本の指。
Du manui havas dek fingri e povas aplaudar altri.
二つの手は10本の指をもち、他人と握手ができる。
Granda e mikra. Multa o poka.
大と小。多あるいは少。
Bela o leda. Mea amiko havas du granda domi.
美もしくは醜。私の友は二軒の大きな家を持っている。
Multa domi havas poka pekunio.
多数の家では、わずかのお金しかない。
Li havas bela flori en la gardeno.
彼らには、庭に美しい花がある。
Il havas altra laboro.
彼には別の仕事がある。
Lektajo 02(読み物02)
Ante parolar on devas pensar. Me volas lernar la linguo Ido.
考える前に人は考えなければならない。私はイド語を学びたい。
Tu venas por laborar. Adube tu volas irar? Me volas kelke promenar.
君は働くために来る。君はどこへ行きたいのか?私は少し散歩をしたい。
Singla homo havas nur un boko por parolar, ma du oreli por audar.
各々の人は話すために一つの口だけしかないが、聞くための二つの耳を持っている。
La infanti sekrete ludas dop la domo. Quon facas la genitori?
子どもたちは秘密で家の裏で遊ぶ。両親は何をしているのか?
La patro skribas plura letri e la matro lektas bela libro.
父親は何通かの手紙を書き、母親は美しい本を読む。
Lektajo 03(読み物03)
Li ne esas hike. Tu ne esas ibe. Ube ilu esas? Ni ne savas. Vi promenas ofte.
彼らはここにいない。君はそこにいない。彼はどこにいるのか? 私たちは知らない。あなた方はしばしば散歩する。
Me ne esas en la domo. Kad ilu komprenas to? No, ilu ne komprenas.
私は家の中にいない。彼はそれを理解しているのか?彼は理解してない。
Ka la infanti ploras? No, li ne ploras, kontree li ridas.
子どもたちが泣いているのか?彼らは泣いておらず、反対に笑っている。
Kad omna homi esas kontenta? No, nur tre poka homi esas kontenta.
全ての人たちは満足しているのか?いいえ、ほんの僅かな人たちしか満足していない。
Komprero: "Ica piri ne esas manjebla, li esas acerba."
買い手:「この梨は食べられたもんじゃない。これらは酸っぱい。」
Vendisto: "Yes, me savas lo, ma me ne manjas li, me vendas li."
売り手:「はい、分かっているけど、私はそれを食べない。私がそれを売っているのだから。」
"Neteso esas tre importanta. Me balnas omnayare adminime unfoye, tote indiferenta kad [lo] esas necesa o ne."
「清潔さはとても重要だ。私は一年間で少なくとも一度は、沐浴するが、それが必要なのかどうかは全くどうでもいいことだ」
Lektajo 04(読み物04)
Mea kuzino havas tri kati, elu multe amas li.
私の従姉妹は3匹のネコを飼っており、とても愛している。
Ilu ne pluse parolas kun elu.
彼は彼女とこれ以上、話さない。
Karlo havas du bela libri, lu ofte lektas oli.
カルロはキレイな本二冊を持っており、彼はしばしば、それを読んでいる。
Ka vu savas Ido? - No, ne ja (=ankore ne), ma me lernas ol.
あなたはイド語ができますか?いいえ、まだですが、学んでいます。
Viri e mulieri esas/es en la restorerio, ili drinkas vino, eli drinkas kafeo kun lakto.
(大人の)男女がレストランにいる。男らはワインを飲み、女性らはミルク入りのコーヒーを飲んでいる。
GastoPro quo en ica urbo la reda vino esas/es plu chera kam la blanka?
お客この街では、どうして白ワインよりも赤ワインのほうが安いんですか?
RestoristoKa vu opinionas ke ni recevas la farbo gratuite?
レストランの主人あんたは、私たちが、ただで着色料をもらっていると思っておいでですか?
Me ne povas dicernar vua jemeli, quankam me vidas li omnadie.
私はあなたの双子を毎日、見ているけれども、見分けられない。
Ma esas/es ya tre simpla, la una nomesaas Henriko, e la altra nomesas Alberto.
いや、実に簡単だよ。一人はヘンリーコという名前で、もう一人はアルベルトと言うんだよ。
(Ma esas/es ya tre simpla dicernar mea jjemeli, Henriko e Alberto.)
(でも、私の双子たちを見分けるのは簡単。ヘンリーコとアルベルトでしょ。)
Lektajo 05(読みの物05)--- parenti(親戚)
La vorti di la frazo.
文章の単語
Mea patro evas quaradek yari. Tua biciklo esas/es ankore nova.
私の父は40歳です。キミの自転車はまだ新しい。
Me ne havas tempo por vizitar vu che vua domo.
私は、あなたの家にあなたを訪問する時間がない。
La pordo di la domo esas/es klozita. Ni volas nun parolar pri nia linguo Ido.
家のドアが閉まっている。私たちは今、私たちのイド語について話したい。
Via genitori prestis a me parapluvo.
あなた達の両親は私に雨傘を貸してくれた。
Li sendas pekunio per la posto a lia parenti. Elu ne volas dicar olu ad ilu.
彼らは自分たちの親戚に郵便でお金を送る。彼女は彼にそのことを話したくない。
A qua apartenas ica krayono? Me ne savas a qua olu apartenas.
この鉛筆は誰のものですか?私はそれが誰のものか知らない。
Ni vidas la flori di la gardeno. Ilua bona patro esas/es ja mortinta.
私たちはその庭の花を見ている。彼の人の良き父親はすでになくなっている。
Patro: "Ka tu nun savas pro quo me batas tu?"
父「お前は、私がなぜお前を叩いているのを分かっているのか?」
"Yes", singlutas (sobs) Pauleto, "pro ke tu esas/es plu forta kam me."
「はい」とパウレートとすすり泣いている。「父さんがボクより強いからです。」

Rezumo di la Reguli pri la Puntizado(句読法の要約)

La punto (.) uzesas por separar la frazi;
ピリオド(.)は文章を分離するために使われる
komo (,) por separar la propozicioni;
コンマ(,)は、節を分離するためのもの
la punto komo (;) por separar frazi gramatikale nedependanta,ma ligita per la senco;
セミコロン(;)は、文法的に独立していない文章を分離するためのものだが、意味はつながっている
la bipunto (:) por anuncar expliko o citajo;
コロン(:)は、説明や引用であることを知らせるためのもの;
la klamo-punto (!) pozesas pos frazo klamanta;
感嘆符(!)は、感嘆文の後に置かれる;
la question-punto (?) pozesas pos propoziciono direte questionanta (ne pos propoziciono subordinita).
疑問符(?)は、直接疑問文の後に置かれる(従属節の後には置かない)
La cito-hoketi (" ") uzesas por inkluzar omna citajo.
引用符(" ")は、すべての引用を包含するために使われる
La parentezi ( ) inkluzas frazo o vorto separenda de la cetera texto;
括弧()は、他の文から分離される文や単語を包含する
La kramponi [ ] ed embracili { } havas analoga roli;
角括弧(ブランケット)[ ]と、波括弧(ブレース){ }は、類似した役割を持っている;
un embracio { juntas plura linei (dextre) ad una (sinistre).
一つの波括弧 { は、最初の括弧(左側の括弧)に対して(右側に)複数の行をつなぐ
La streketo (-) unionas la parti di vorto kompozita;
ハイフン( - )は、合成された単語の部分を統合する;
olu indikas anke la seko di vorto inter du linei.
これは、二つの系統の間に単語の切れ目も包含する
La streko (--) indikas chanjo di parolanto; olu devas sempre uzesar en dialogi.
ダッシュ(--)は、話し手の変更を示す;これは常に対話の中で使われる
On ne darfas uzar olu vice la parentezi, o vice la puntaro.
これを括弧の代わりや、ピリオド類の代わりに使ってはいけない。
La puntaro (...) indikas interrupto di la penso.
三点リーダ( ... )は、概念の中断を示します。
L'alineo indikas chanjo di temo o nova ordino di pensi.
改行は、テーマの変更もしくは概念の新しい配列を示す。
La noti (infre di la pagini) devas referesar per numeri (ne per steli, kruci, etc.)
(そのページの下方にある)注釈は、数字を用いて引用されなければならない(星印やバツ印などを用いない)

イド語の非公式的な世界

「Quo esas pasinto?」(「pasinto」って、何?)
2010年2月、ジャン・マルティニョン氏とベブソン・ホックフェルト氏との間でイド語の単語「pasinto」をめぐる論争が、ヤフー・グループ「idolerneyo」で行われました。
後日、ベブソン・ホックフェルト氏は、この論争(?)について、「Nit dos iz sheyn, vos iz sheyn, nor dos, vos es gefelt.=美しいものが美しいのではなく、人が好むものが美しいのだ。」(イーディシュ語のことわざ)という副題をつけて、Ido-Skolo上で公開しています。
要するに、イド語では、「過去」「現在」「未来」の用語をどのように表現したらいいのか、という議論ですね。
さて、その議論を見て行きましょう。

ジャン・マルティニョン氏の発言
La Eklezio di Anglia "vivas en la pasinto"
英国教会は”過去( pasinto)に生きている”
ベブソン・ホックフェルト氏の発言
La Eklezio di Anglia "vivas en la pasintESo" Quo do esas "pasanto" e "pasonto"?
英国教会は”過去(pasintESo)に生きている”。そもそも”pasanto” と”pasonto” とは何でしょうか?
ジャン・マルティニョン氏の発言
Kar amiko,
親愛なる友達へ
Kad se on uzas pasinteso, on devos anke skribar pasanteso e pasonteso ?
もし「pasinteso」を使うなら、「pasanteso」や「pasonteso」も使わなければならないのかな?
Certe pasinteso semblas esar plu logikoza unesmavide.
たしか、「pasienteso」は最初に見ると、より論理的のようにみえます。
Ma Ido esas plu naturalatra kam Espo ube existas estinteco, estanteco, estonteco (tote > logikoze).
しかしイド語は、「 estinteco」「estanteco」「estonteco」が存在するエスペラントよりも自然ですよ(論理的というよりも、完全にですが)
En Ido ni havas futuro e prezento, do cakaze esas kelke jenanta parolar pri pasinteso.
イド語には、「 futuro」と「prezento」があるので、この場合、「 pasinteso」について少し、話しにくいんですよ。
Forsan, por evitar ita litija vorto me povus uzar :
おそらく、この挑戦的な単語のため、私は(次のような単語を)使うかもしれませんよ
desfuturo, nam tale la problemo pri -eso o ne -eso ne existus.
すなわち、「desfuturo」です。なぜなら、このように「-eso」だとか「-eso」でないとかの問題は存在しないのです。
Saluti da desyunulo qua vivas en la desfuturo. JM :::-:::
「非未来=過去」(desfuturo) に生きている「非・若者=老人」(desyunulo) によって、こんにちわ。JMより。
ベブソン・ホックフェルト氏 の発言
Segun me:
私の考えではこうです。
Pasinteso : Prezento : Futuro
「Pasinteso=過去」「Prezento=現在」「Futuro=未来」
Pasinto [mort(e)] :
「Pasinto」(死んで)=行ったもの
Pasanto [passager(e`re) en transit]
「Pasanto」 (通過中の通行者)
Pasonto [voyageur(se) attendant]
「Pasonto」 (待っている旅行者)
Segun JM:
JMさんによると…
Pasinto: Prezento : Futuro ... od
「Pasinto=過去」「Prezento=現在」「Futuro=未来」…あるいは
Pasinteso : Pasanteso : Pasonteso ... od
「Pasinteso=過去」「Pasanteso=現在」「 Pasonteso=未来」…あるいは
Des'futuro : Prezento : Futuro
「Des'futuro=非・未来=過去」「 Prezento=現在」「Futuro=未来」
Mea inventuro:
(そこで)私の造語はこうです
Paseo* [pa-SE-o] : Prezento : Futuro
「Paseo=過去」「Prezento=現在」「Futuro=未来」
イド語の潜在能力
Yo Idistaro: Onu tote ne savas la potenciala povo marveloza di Ido.:-P
やあ、イド語のみなさん。人々は、イド語の驚くべき潜在能力を全く知りません(^_^;
Onu facile povas par'lernar Ido e guvernar olu nur se lu esforcas, pro ke Ido konstruktesis kom taktikoze facila armo por humana cerebro.
イド語は人間の頭脳にとって使いやすい武器に戦術的(特定の目的を達成するため)に仕上げられているので、もし努力すれば簡単にイド語を習得でき、使いこなすことができます。
Ma onu ne povas par'lernar stranjera linguo por protektar su en serioza debatado, mem se lu esas tre inteligenta.
たとえかなり知的な人間であっても、真剣勝負のディベートで自らを守れる程には外国語を習得できていません。
En la parlamento di EU du personi ya ardoroze debatadis dum ke l'altra membri preferis esar tacema audanti kam ecitata parolanti.
ヨーロッパ議会で、ふたりの人が、他の議員たちは興奮して話す人たちよりも沈黙しがちな聴衆を好んでいるにもかかわらず、意気込んで議論を続けました。
La debatado esis tante interesanta ke l'audantaro spektis la parolanti kun sudoro.
その議論は、汗を描いた演説者を聴衆が面白がって見物するほど、興味深いものでした。
Un del parolanti esas evoza Germano' e l'altru esas kelke yuna Franco.
演説者の一人は年齢のいったドイツ人であり、もうひとりは幾分若いフランス人です。
Ka li mustis debatar tra ula interpretisto? Quala linguin li uzis ibe?
彼らは通釈者を介して議論をしなければならなかったのでしょうか?ここではどの言語をつかったのでしょうか?
Ho, Lala! Ardoroze tra interpretisto? Ma li amba esis Angle-parolanti!
そうなんですか!通釈を通して白熱するなんて?しかし、彼ら二人は、英語の話者でした。
En la parlamento di EU trovesas Germana parolanti ma omna li esas anke Angle-parolanti quale la Franca diplomacisti ibe esas Angle-parolanti.
EUの議会では、ドイツ語話者もいるけれども、フランスの外交官がここでは英語の話者であるように、全員がまた英語の話者でもあるのです。
(注:この目立った例外的な二人を除くとヨーロッパ議会の議員と雖も、英語で自在に議論できる人間が少ないのですね。)
Altra exemplo del povo expresiva di Ido:
イド語が(将来)表現力を振るえる可能性のもうひとつの実例
Pluse exemple onu ne povas par'lernar la autentika Hispana, se lu ne naskas en Hispania, pro ke la natural linguo sen taktiko generale esas des'facila mem por la de'naska parolanti.
さらに例をあげれば、人はスペインに生まれなければ本当のスペイン語を習得することはできません。なぜなら、(スペイン国を代表する)自然言語であるスペイン語は(特別の教育的)戦術が無ければ、一般的に多国のスペイン語ネイティブスピーカーにとっても難しいからです。
En Bolivia pacoze kun'existas Hispane-parolanti e Kechue-parolanti.
ボリビアで、スペイン語の話者とケチュア語の話者が平和に共存しています。
Ed anke trovesas ibe kelka Hispana Hispane-parolanti qui fakte parolas la Kastilana, la maxim pura Hispana linguo.(Hispana Kastilane-parolanti)
そこには勿論、少数のカステリャーノと呼ばれる最も純粋なスペイン語の話者もいます。
La majoritato del Bolivianai nun esas Hispane-parolanti, ma ne Hispana Hispane-parolanti pro ke li povis esar ma ne esas Hispani de Hispania.
現在、ボリビアの大多数はスペイン語話者ですが、それは、昔は征服スペイン人であったかもしれませんが、現在はスペインのスペイン人ではないので(多くは混血人種なので)、スペインのスペイン語を話す人達ではありません。
民族の名称と国民の名称
一つの国家には多数の民族が共存しています。ですから、国家の名称と民族(部族)の名称との区別が当然、出てくるわけです。
イド語でも、国民名称と民族名称をめぐる論争があります。「Ido for all(みんなのイド語)」の中でも、ベブソン・ホックフェルトさんが2006年1月頃に行われた、名称問題のやりとりを記録していました。
ベブソンさんは、論敵のパルタカ・ウンテル教授に対して、「愚か者によって感情を害してはいけません(愚か者とはベブソン、私のことかも?)」とイーディッシュのことわざを引用して、論争を挑んでいます。
ベブソンさんは、ルーマニアの中の住民には、多数の民族、部族が存在することを説明しています。
Segun Bebson ....
ベブソンによると…
Exemple en Rumania kompreneble haibtas Rumaniani ma l'omna membri ne esas Rumani.
例えば、ルーマニアにはもちろんルーマニア人( Rumaniano)達が住んでいるが、全ての構成員はルーマニア族(Rumano)ではない。
Dum ke la majoritato del habitanti esas Rumani, anke trovesas ibe la minoritato del Hungari, qui ne esas Hungariani pro ke li ne habitas en Hungaria, ube anke habitas multa Cigani e Yudi, qui anke esas Hungariani.
住民の大多数がルーマニア族(Rumani)族であったとしても、そこには少数派のハンガリー族(Hungari)が存在している。(実際は)彼らはハンガリーには住んでいないのでハンガリー人(Hungariani )ではない。(しかし)ハンガリーにも多くのジプシーやユダヤ人が住んでいるが、彼らはハンガリー人(Hungariani )だ。
Segun Sro Robert CARNAGHAN ....
ロバート・カーナグハン氏によると…
En Rumania kompreneble haibtas Rumaniani ma l'omna membri ne esas -pura- Rumaniani.
ルーマニアにはもちろん、ルーマニア人( Rumaniani)が住んでいるが、すべての構成員が(純粋な)ルーマニア人ではない。
La majoritato del habitanti ibe esas indijena Rumaniani.
そこの住民の大多数は土着のルーマニア人だ。
Tamen anke trovesas ibe la minoritato del Hungariani qui ne naskis en Hungaria.
しかしまた、そこには少数のハンガリー生まれでないハンガリー人が存在している。
Anke en Hungaria habitas multa Cigani e Yudi qui ne esas pura Hungariani.
ハンガリーでも、ハンガリー人でない多くのジプシーやユダヤ人が住んでいる。
ベブソンさんのいいたいことは、一つの国家の中には多数の民族、部族が共存しており、国民名と民族部族名を区別すべきだろうということでしょう。{註}ルーマニアの英雄、ナディア・エレーナ・コマネチ(Nadia Elena Comăneci:1961年11月12日 - )はルーマニアの体操選手ですが、実は、ルーマニア内のハンガリー人です。

イタリアの民族にも話題が拡大していきます。
Segun Bebson ....
ベブソンによると…
En Italia habitas Italiani. Ma kelka de li fakte esas Albani* de Albania.
イタリアではイタリア人が住んでいる。しかし彼らの内の少数は、アルバニアから渡って来たアルバニア族だ。
Do Italiani = Itali, Padaniani, Sudal Barbari ed anke Albani* de Albania.
ゆえに、イタリア人とは、イタリア族、パダニア人(北イタリア人)、南イタリアの蛮族(北イタリア人にとって)*2とアルバニアから渡って来たアルバニア族だ。
ここで、パルタカ・ウンテル教授の発言です。
Pro quo "Italiano" e ne "Italo"...?
なぜ、「Italiano」であって「Italo」ではないのだろうか?…それは
Pro ke ca-kaze "Italiano" es lo maxim komuna ed internaciona che nia fonto-lingui, do existas nula formo kurtigita imitenda, quan Ido preferas che altra kazi.
この場合、「Italiano」が、私たちの本源の言語において最も共通し国際的なので、イド語が他の場合に好んでいる短縮し模倣すべき形態はまったく存在しないのだ。
En Iberia olim esis "Iberi", ma nun-tempe nur "Iberiani".
かつて、リベリアでは「Iberi」だったが、現在は「Iberiani」だけになっている。
すなわち、ウンテル教授は、イタリア人は「Italiano」であって、「Italo」なんて、存在しないと行っているわけです。
上記の問題的に対するベブソン・ホックフェルト氏のコメントは、次の通りです。
Semblas a me ke vu esas chel latero di Padaniani kontre sudala barbari en Italia.
私には、あなたがイタリアの南部蛮族イタリア人に対するパダーニア(北イタリア)族に属するように見えます。
Do segun vu trovesas nur Italiani ma ne Itali en Italia.
したがって、あなたの考えによれば、イタリアにはイタリア人だけがいて、イタリア族はないことになります。
Tamen me kredas ke en ula futuro apareskos vera Itali omnube en Italia mem nordal.
しかし私は、北部のイタリアにでさえも、あらゆるところで本当のイタリア族が将来、現れるであろうと、信じているのです。
おそらく、ベブソンさんは、ウンテル教授の説に対して、少数民族に対しての配慮のなさを憤慨すると同時に、イタリア国家意識をもつ「Italiano」の出現は将来の課題であろう、と喝破しているのではないでしょうか。
内輪のもめ事は内輪で処理するのか?ー民族の名称と国民の名称(その2)
ジャン−クラウド・マルティニョン氏からの次のような質問メール(2006年3月)がきました。ニューヨークで起きた同時多発テロの容疑者ザカリアス・ムサウイに関する報道をめぐる民族性についての質問です。
Kara amiko,
親愛なる友人
Me ne volas enirar la polemiko pri la lando-nomi e lia habitanti,
私は国名とその住民についての論争には入りたくはない、
ma ica omno memorigas da me,
私が記憶していることは、
ke, recente, kande esis la proceso dil teroristo islamista Zacarias Mussawi
最近、テロリストのイスラム主義者ザカリアス・ムサウイの裁判があった時
(qua partoprenis la atento WTC ye la 11ma di septembro 2001),
(彼は2001年9月11日のワールドトレードセンター 攻撃に参加した)
la informili di Francia sencese parolis pri la "Franco" Zacarias Mussawi,
フランスのマスコミは絶え間なく”フランス人”ザカリアス・ムサウイについて語ったものの、
malgre ke lua amba genitori esis Marokani,
彼の両親はふたりともモロッコ人であり、
ma il pasabis lua puereso en Francia,
しかしフランスで彼は少年時代を過ごしていたのだ。
ed ico esis suficanta por ke la DES-informili qualifikis lu kom "Franco".
そして、これは、ディス・インフォメーション(虚偽の情報)が彼に”フランス人”の資格を与えるには十分なことであった。
La aborijena Franci volis savar nulo pri la islamisto Mussawi (qua mem ne havas nomo Franca), Mussawi ipsa ne volis konsideresar kom "Franco",
もともとのフランス人たちはイスラム主義者ムサウイ(彼自身はフランス語の名前さえ持っていなかった)について知りたくもなかったし、ムサウイ自身も”フランス人”と見られたくもなかった、
nam il odias omna Franci, same kam il odias omna Ocidentani.
彼は全ての西洋人たちを憎んでいたと同じように、すべてのフランス人たちを憎んでいるのだから。
Ma la "informili" volis absolute dicar ke il esas Franca,
しかし”マスコミ”は彼はフランス人だと無条件に言いたかったのだ
malgre ke la Franci ne volas agnoskar lu kom un de li,
フランス人たちは彼らの一人としてムサウイを認めたくなかったし、
e malgre ke Mussawi refuzis absolute konsideresar kom Franco.
ムサウイもフランス人として見られることを絶対的に拒否していたにも、関わらず。
Quon pensar pri tala informili e lia koncepto pri nacionaleso ?
このようなマスコミについてと民族性についての概念について、どのように考えますか?
Questionema saluti. JM :::-:::
質問色の強いあいさつでした。JKより
このような質問に対してベブソン氏は「Il faut laver son linge sale en famille.(汚れた下着は家で洗え=内輪のもめ事は内輪で処理せよ)フランスのことわざ」という副題をつけて、返答しました。
ベブソン氏の返答
En Japonia habitas granda nombro de Korei* (qui ne esas "Koreani", pro ke li ne plus habitas en Koreia*), tre multa de qui mem havas Japona nacionaleso.
日本には多くのコリア族(彼らはコリアに住んではいないのだから”コリア人”ではない)が住んでおり、彼らの大勢が日本国籍を持っています
Ma la majoritato del Japoni ne konsideras li kom Japoni ma nur kom Japoniani qui ganabas Janpona nacionaleso, dum ke onu ne facile lin povas dicernar per mieno.
しかし、日本の多数派は彼らを日本人としては見ておらず、外見からは区別しにくいにも関わらず、日本国籍を獲得した日本国民(日本人)としてだけみなしている。
Forsan pro ke la Japoni generale ne prizas la Korei*.
おそらく日本人は一般的にコリア族を好んでいないからだろう。
Koreia* = lando di Korei*la Korea = la Korea linguo
コリア=コリア族の国コリア語
Koreiani* = la Korei* ed anke multa Chini qui en'migris aden Koreia*.
コリア国民=コリア族とコリアに渡来した多数の支那族
La Korei habitanta en Japonia ne esas Koreiani* ma autentika Japoniani.
日本に住んでいるコリア族はコリア国民ではなく正真正銘の日本人である
Sro Robert CARNAGHAN ne povas deskriptar Korei* habitanta en Japonia,
ロバート・カルナグハンは日本に住んでいるコリア族を説明できていない。
pro ke li ne esas membri di Koreia* ma autentika membri di Japonia. Ho, Lala!
彼らはコリア(国)の構成員ではなく、日本(国)の構成員であるからだ。大変だ!
Lu nek povas deskriptar "la Hungari habitanta en Rumania",
彼は「ルーマニアに住んでいるハンガリー族」も説明できない
pro ke li esas autentika Rumaniani quale atletino Sro Nadia COMANECI ma nule Hungariani.
彼らは、アスリートのナディア・コマネチさんのように正真正銘のルーマニア人である(ハンガリー人ではない)

注)「コリア」という訳語の採用について。これはイド語とは直接、関係のない日本語の用語問題です。「コリア」という用語は、日本社会ではまだ一般的ではありません。上記のイド語を日本語に翻訳している時に、あまりに複雑な日本語にしないために、苦肉の策として「コリア」という用語を選びました。
朝鮮半島をめぐる用語は、日本国内での複雑な民族問題や政治問題が絡み合い、もっとも分かりづらいものの一つとなっています。
一般的に朝鮮半島には、二つの国が存在しています(大韓民国、朝鮮人民民主主義共和国)。朝鮮半島から日本に来て定住している人たちについても、在日韓国人、在日朝鮮人との呼び方があり、話す言語も、韓国語、朝鮮語という呼び名です。
そこで、複雑な呼び名をわかりやすくしようという試みから「コリア」という名称が生まれました。まず韓国語、朝鮮語という呼び名は「コリア語」とします。「コリア語」という名称は、一部の日本の大学でも正式に使用されています。
「コリア」という用語を用いれば、国の名称も俗称として「南コリア」「北コリア」となります。民族の名称も「コリア族」となります。中国に定住する「朝鮮族」も「コリア族」となります。韓国に住み韓国国籍をもった多民族のことも、コリア人と呼ぶことが可能です。
すべての記号は誤解を招く(イーディシュのことわざ)
ふたたび、国家の名称と、国民の名称についてです。
ロバート・チャルナグハン氏より次のようなメールが、イド語のヤフーグループ「IdoCatalaOccitan」(イド語カタールニヤ語オック語)の会員に送られてきました(2006年5月)。
Kara Bebson ed omni,
ベブソンさん、および皆様!
Se on dicas ke me ne komprenas ta lingui, on esas tote justa.
お前はこの言語を理解していないじゃないか、と言うのであれば、たしかにそうでしょう。
Se on dicas ke me ne savis ke Chinia havas diversa lingui, on miskomprenis.
「中国語は様々な言語を含んでいることを、お前は知らないのかと言うならば、それは誤解です。
Homi dicas "Chiniana" parte nam on ofte lektas ke existas linguo Chiniana skribita.
「linguo Chiniana (中国人の言語)」(と書かれている)が存在するということを知っているので、一部の人々は「Chiniana」を言うのです。
Anke parte homi dicas "Chiniana", same kam on ofte dicas "Hispana" kande on aludas la linguo Kastiliana, por indikar la linguo oficala en la tota lando o maxim vaste en la lando.
また、カスタニーア語を指して「Hispana(スペイン語)」だと言うのと同様に、一部の人々は「Chiniana(中国語)」というのです。
En Ido la adjektivi esas "Tibetana" e "Walsana", e.c. (ne "Tibeta" e ne "Walsa") - simile "Nederlandana" e "Portugalana".
イド語では「Tibetana(チベット語)」や「Walsana(ウェールス語)」などは形容詞です(「Tibeta」や「Walsa」とはなりませんね)。同様に「Nederlandana」や「Portugalana」です。
Parenteze, "Angla" esas kurta formo di "Angliana", e "Skota" esas kurta formo di "Skotiana". Kordiale, Robert C.
ところで、「Angla」は「Angliana」は短縮形ですし、また「Skota」は「Skotiana」の短縮形ですよ。心を込めて。ロバート・チャルグマナンより
この質問に対して、ベブソンさん他は、次のように回答しました。
Onu povas trovar landal nomi facita per du manieri.
二つの方法で作られた国の名称があります。
1) Lando (-ia) de precipua raso: Francia, Germania, Hispania edc.
ー舁廚平夕錣らなる国家(語尾は-ia):「 Francia(フランス)」「Germania(ドイツ)」「Hispania(スペイン)」など。
2) Geografial nomo, di qua membro esas -ano di ta lando:
地理的な名称。、その国の構成員はその地理的名称の構成員(-ano)となります:
Nederlando -> Nederlandano, Nordal Amerika -> Nordal Amerikano
「Nederlando(オランダ《国名》)」→「Nederlandano(オランダ人)」、「Nordal Amerika(北アメリカ)」→「Nordal Amerikano(北アメリカ人)」
Franci -> Franc-ia : Arabi en Franc-ia esas Franci-ani ma nule Franci.
「Franci(フランス人(族)たち)」→「Franc-ia(フランス人達の国)」:「 Arabi en Franc-ia(フランスにいるアラビア人たち」は「Franci-ani(フランス国民)」ではあるが「Franci(フランス人(族))」ではありません。
USA -> USAani : USAani konsistas ek Blanki, Negri, Flavi e Reda Indiani.
「USA(アメリカ合衆国)」→「USAani(米国人)」:「USAani(合衆国国民」は白人、黒人、黄色人種、赤色インデアンから構成されています。
「Itala」なのか?それとも「Italiana」なのか?
ヨーロッパの諸民族の名称は複雑らしい。その複雑な関係を反映してなのだろうか、イド語での用語も混乱しているようにも思えます。
スペインのカタロニアに住む、ウンテル教授からの議論を見て行きましょう(ヤフーグループ「IdoCatalaOccitan」2005年10月)。
パルタカ・ウンテル教授の発言
Ta-relate, anke me preferas uzar formi quala "la Italiana" ed "Italiano" kam "la Itala" ed "Italo".
その関係で、私も「la Itala」と「Italo」と同じように、「la Italian」と「Italiano」というような形を好んで使います。
Olti semblas a me ya tote natural ed internaciona. Same kam "Valenciano", "Italiano".
それらは私から見ればまったく自然で国際的なのです。「Valenciano」や「Italiano」も同じです。

ベブソン氏のコメント
En la longega historio di Europa, Italiani esforcis genitar sua Italia ma nur recente.
ヨーロッパの長い歴史の中で、イタリア人たちは自らのイタリアを繁栄させてきましたが、それは最近のことだけではありません。
Tamen en la futuro anke li sucesos formacar Itala populo dum ke Tito tote faliis naskigar Yugoslavia pro ke jame existabas "Yugoslavi" ma trovesis nur Serbi, Kroati, Bosni, Sloveni, Albani edc. en lia kordio.
しかし将来、かれらもまたイタリア人民をうまく形成することができるでしょう。一方、「ユーゴスラビア人」が存在したことがなかったので、チトーは、「ユーゴスラビア」を誕生させることに失敗しました。しかし、かれらの核の部分には、セルビア人、クロアチア人、ボスノ人、スロベニア人、アルバニア人などがいました。
Olim Komunisti kun sua normala hipokriteso proklamis ke existas nur -ani.
かつて二枚舌の共産主義者らは「構成員」だけがすると宣言したのでした。
Tamen en Hungaria Hungari darfis esar Hungari dum ke Yudi e Cigani mustis esar nur Hungariani.
しかし、ユダヤ人とジプシーはハンガリー国民でなければならないにもかかわらず、ハンガリー人はハンガリー人かもしれなかったのです。
Multa Hungari (ne Hungariani) lojas anke en Rumania, ube la Rumani parolas la Rumana kom la Rumaniana.
多くのハンガリー人(ハンガリー国民ではなく)は、ルーマニアにも住んでいました。そこではルーマニア人がルーマニア国民の言葉のようにルーマニア語を話しているのです。
Do kande populo sucesas dominacar sua lando, li permisesas ejektar -ani quale le Franci, Germani, Hispani dum ke altra populi prenas geografial nomo + (-ani) kom sua nomo.
したがって、人民が自らの国をうまく支配権を掌握するとき、彼らは、「Franci(フランス人)」「Germani(ドイツ人)」「 Hispani()スペイン人 」のように「-ano」を使わないようにすることができます。一方、他の人民らは、自らの名称として「地理的名称 + (-ano)」をとっているのです。
Quankam en Australia nun existas nur Australiani, en la lontana futuro li forsan povus submersor su aden Australi, obliviante sia originala raseso.
オーストラリアには現在、「Australiani(オーストラリア人)」しかいないけれども、彼らは遠い将来、自らの人種の素性を忘れて、おそらく自らを「Australi(オーストラリア族)」に中に身をうずめてしまうかもしれません。

パルタカ・ウンテル教授の発言
Parenteze, me ne esas Kataluno... Quoniam me naskis che Valencia-lando, me esas Valenciano.
ところで、私は「Kataluno(カタロニア人)」ではありません…私はバレンシア国で生まれたが、私はバレンシア人ではありません。
E quoniam Valencia-lando (same kam Katalunia, Galisia, Kastilia, Aragon, Baska-lando, Andaluzia, Kanarii, edc., apartenas a Hispania, me ya naskis kom Hispaniano.
そしてヴァレンシア国は(カタロニア、ガリシア、カスティーリャ、アラゴン、バスク国、アンダルシア、カナリアスなどと同様に)スペインに所属してるので、私はまさに「Hispaniano(スペイン人(国民))」として生まれたのです。
E kaze ke existus vera difero Hispano/Hispaniano,
「 Hispano」と「Hispaniano」の本当の違いがある場合には、
me devas dicar, ke mea unesma linguo esis la Kastiliana (Hispana),
私は(次のように)言わなければなりません。(すなわち)私の第一言語は「カスティーリャ」(スペインの)です。
e ke nur multa yari pose, me rezolvis lernar da me ipsa la Valenciana, pri e per olqua nulu docabis a me til lore...
また、何年も以前に私は独学でヴァレンシア語を勉強しようと決意しました。その時まで、その言語についても、それを使って誰も私に教えてはくれなかったのですが…
De Katalunia, ube me habitas depos longa tempo...
ずいぶん以前から暮らしているカタロニアから…

ベブソンさんのコメント
Kande vu do sucesos obliviar vua Valencianeso, vu esos autentika Hispano.
あなたが自分のヴァレンシアの民族性をうまく忘れる時、あなたは正真正銘の「 Hispano(スペイン人)」になるでしょう。
Tamen Yudi jame darfis obliviar sua Yudeso, irg'ube li en'migris e lojis.
しかしユダヤ人は決して自らのユダヤ(民族)性を忘れないので、彼らはどこでも渡り歩き定住を繰り返してきました。
自信を持てば、なかば勝利したようなものだ(イーディシュのことわざ)
国家の名称と民族(部族)名称について、なかなか分かりづらい議論が続いてきましたが、最後に「リチャード・スチーブンソン氏の国家の名称」という文章を紹介しましょう。最後の部分のイド語に関する言及は、注目に値します。
Malgre ke l'omno quon Prfo Partaka UNTEL dicabas en sua IdoCatalaOccitan,
パルタカ・ウンテル教授が自らのヤフーグループ「 IdoCatalaOccitan」上で言ってきた全てのことに反して、
me pensas ke vu esas sur la justa voyo, pro ke landal nomi ed olia membri en Ido semblas a me' ula'sorta kaoso en kontrasto kun la sistemo di Espo.
私はあなたが正しいと思います。なぜなら、イド語では国家の名称とその構成員は、エスペラントの体系とは対照的にある種の混沌であるように私には見えるからです。
Exemple en Rumania kompreneble haibtas Rumaniani ma l'omna membri ne esas Rumani.
例えばルーマニアでは当然、「Rumaniani(ルーマニア人(国民))」が住んでいますが、全ての構成員は「Rumani(ルーアニア人(民族))」ではありません。
Dum ke la majoritato del habitanti esas Rumani, anke trovesas ibe la minoritato del Hungari, qui ne esas Hungariani pro ke li ne habitas en Hungaria, ube anke habitas multa Cigani e Yudi, qui anke esas Hungariani.
住民の大多数が「 Rumani人(民族)」である一方、またそこには「ハンガリー人(民族)」がいるのです。彼らはハンガリーに住んでいないので「ハンガリー人(国民)」ではありません。ハンガリーでも多くのジプシーやユダヤ人が住んでいます。彼はまた「ハンガリー人(国民)」でもあります。
-ia, -land, -istan signifikas la lando' di ula raso segun qua la lando ya prenas sua nomo, o di ulo quo simbolizas la nomo per la historial memoro.
「-ia」「-land」「-istan」は、ある人種の国を意味しています。それに従って、その国は自らの名称が付けられるのです。あるいは、歴史的な記念をもちいて、その名称を象徴させるものの国を意味するのです。
Finlando esas la lando di Finna raso, do egalesas Finnistan o Finnia, ube la minoritato del Sueda rasi anke habitas. L'amba rasi ibe esas Finniani.
フィンランドはフィン族の国ですので、「Finnistan」とか「Finnia」でも同等です。そこには少数のスエーデン族も住んでいます。その両方とも「Finniani(フィンランド人(国民))」なのです。
Afganistan esas la lando di diversa Afgana rasi, do bone nomesas Afgania.
アフガニスタン(語尾が-istan)は、様々な「Afgana rasi(アフガニスタン族)」なので、具合よく「Afgania(アフガニスタン)」と称されています。
Torkistan esas la lando di ula'sorta Turka raso, do povas ya esar Torkia.
トルキスタンは、ある種のテュルク族の国なので、「Torkia(トルキスタン)」なのです。
Nederlando esas la lando di un Germana raso, qua ne havas sua propra nomo dum ke kelke altra Germana rasi havas sua propra nomo quala Baiyerno edc.
「Nederlando(オランダ)」は、独自の名称をもっていない一つのゲルマン族の国です。だが、他の幾つかのゲルマン族は「Baiyerno」などのような独自の名称をもっています。
E ni povus donacar a li la nomo di Nedero. Do Nederia, Nederi, la Nedera.
そして私たちは、彼らに対して「Nedero」という名前を与えることができるかもしれません。ですから、「Nederia(オランダ)」「Nederi(オランダ人)」「la Nedera(オランダ語)」と言えるのです。
Ido esas vivanta linguo. Se la majoritato del Idisti adapteskos nova nomi por l'anciena ne'reguloza nomi landal, lore Ido esos plu facila por omni.
イド語は生きた言語です。もしイド語話者の大多数が、古くて不規則的な国家名称を改変し始めるならば、その時イド語は全ての人々にとってもっと簡単になるでしょう。

Bebson HOCHFELD のコメントその2:

イド語初級コースの終点までこられた日本人の方々、御苦労様でした。

私の英語版の教科書は日本人の事は全然考えてはいない教科書でしたし、元々、Ido For All の日本語版を作る意図が全く無かったのは、日本人が普通、言語の意味を深く感じてはいないからです。対して欧州庶民は言語によって高等教育を受けた支配階級から支配を受けている事を肌で感じております。先ずは Ido For All で英国庶民にイド語を勉強した他人種と情報交換をする為の道具を提供し、他人種もイド語の良い教科書を手に入れてイド語を自分達を守る為の道具として貰う。その意味では、既に Ido For All はスペイン語版やイタリア語版、更に米国英語版等がネット上で出版されております。欧州庶民に目覚めて貰う為の第一歩が Ido For All だったのです。

人類の歴史は実は民族間の殺し合いの歴史なんです。殺し合いに疲れた人類は、できるだけ殺し合いを避ける為に、代理戦争である《外交》とゆう方法を考え出しました。外交で使われる武器が実は言語なのです。言語を磨いて鋭い武器にした民族が、実際の戦闘無しに実質的な利益を手に入れる事ができる様になりました。そこで、各民族は武器である言語をナイフを研ぐ様に磨きに磨いたのです。英語やフランス語は鋭利なナイフなんです。ただそれをナイフとして使えるのは、英国やフランスのエリートだけなんですが。

日本人はその歴史で民族間の殺し合いを余りして来ませんでしたので、言語が武器であるとゆう感覚がとても薄く、鋭い武器言語を必要としませんでしたので、必死になって武器となる言語を手に入れようと努力はしません。実際に、日本人で英語等の外国語を武器として使えるまでに熟達した人に、私は殆ど出会った事がありません。しかし乍ら、現在の世界情勢では日本人も武器言語を手に入れて諸外国と外交であれ、個人間であれ、厳しい交渉をせざるを得なくなりました。さて、日本人にとって、その武器は英語でしょうか?

英語は結構複雑な武器ですので、使用方法をマスターする前に敵に倒されてしまう可能性が高いのです。できるだけシンプルで、しかも言語として鋭く、使い方をマスターするのに時間が掛からず、相手を倒す確率の高い言語があれば、それを手に入れて戦闘に臨みたいですよね。その武器がイド語であり、日本人がそれに固執すれば、相手が武器として英語を使いたくとも、日本と交渉するメリットが皆様方が想像するよりも遥かに大きい現在では、相手もイド語を武器として、日本人と交渉せざるを得なくなります。そして互いに鋭い論理を戦わせて交渉し、勝ったり負けたりする間に、次第にWinWinの関係が構築されてお互いにメリットがあり、戦闘が平和へと発展してしまう可能性が出て来ます。
エスペラントが最初から『お互いに仲良くしましょう』と言う平和の言語なら、イド語は互角の真剣勝負をする為の武器の言語です。ですから、イド語を学ぶのであれば、磨いて武器にする気概が必要とされます。この講座がそのお役に立てれば、日本語版が出て来た意義もあろうとゆうモノです。

さて、人類の頭脳戦の為に生まれた武器が言語なのですが、人類の長い歴史の中で、究極の発展をした言語は不思議な事に、人の魂を癒す力までも獲得してしまったのです。鈍(なまく) らなナイフは駄目ですが、鋭利なナイフは戦闘にも手術にも使えます。ですから言語の達人の中には戦闘を超えて、悩める人を救う事ができる人も居ます。皆様方がイド語を勉強して日本語を知らない人までも、救える人間になる可能性もあるのですね。

今回、伊藤氏が色々努力されて日本語版を作られたので、私も大変勉強になりましたし、イド語は日本人にとっても幸福の鍵になるかも知れないとの希望を持つ事ができました。伊藤氏に感謝です!
イド語を勉強して、その素晴らしい世界を体験してみて下さい。キット後戻りできなくなります。

付録:http://www.ipernity.com/blog/bebson/150682

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ボーフロンの練習帳

練習帳

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます