エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

対格の語尾 -n : Leono esas bestio


ご存じのように、「ライオンは動物である(a lion is an animal)」ですが、必ずしも「動物がライオンである」必要はありません。
しかし、何故でしょうか?
英語のbe動詞は、「〜に所属する」とか「あるグループの構成員である」というような意味があるからです。
ですから、「ライオンは動物の範疇に属する」のであって、「動物はライオンの範疇に属する」ことはありません。
Leono apartenas a bestio (tigro, elefanto, gorilo, leono, kato, hundo....)
ライオンは動物に属する(ライオン、象、ゴリラ、ライオン、ネコ、犬など)
Leono esas bestio ma bestio ne necese esas leono, nam 'esar' ne egalesas '='.
ライオンは動物だが、動物は必ずしもライオンとは限らない。なぜなら「esar」は「=」と同等ではないからだ。

あなたが、誰かに「ライオンは動物である(だが、魚ではない)」という時には、イド語で「Ye animalo esas leono」もしくは、「Animalon esas leono.」のどちらも使えます。

英語での二つの名詞をつなげる(例:x is/becomes y)動詞としての「be」や「become」においては、主語と補語を区別することが重要になります。ですから、イド語では前置詞「ye」あるいは語尾「-n」が必要の場合、補語を示すのです。
これは、補語が主語の前に置かれる場合に、使われます。
Quon (=Ye quo) divenas hano?
ニワトリは何になりますか?
この場合、「Quo」は補語になり、「hano」が主語です。
Lu divenas rostajo o vek-horlojo.
それは、焼き鳥になったり目覚まし(時計)になります。
しかし、次の場合は、
Quo divenas hano?
何がニワトリになりますか?
「Quo」が主語で、「hano」が補語です。
Ovo divenas hano.
卵がニワトリになります。
しかしながら、主語と補語の間に明確な区別がないならば、「esar」で、このようなことは起こりません。
例えば、定義を問う場合、
Quo esas/es leono?
ライオンとは何ですか?
しかし、分類についての質問は、
Quon (Ye quo) esas/es leono?
ライオンは何(の種類)ですか?
すなわち、ライオンはネコ科であり、食肉動物…など、となります。
しかし、これらの記述は逆にはできません。
つまり、「ライオンは食肉動物だ」けれども、「食肉動物はライオンだ」とは必ずしも言えません。
このような場合の「補語は主語よりも広義の意味がある」のです。
すなわち、食肉動物の範疇がライオンを含むように、補語が主語を含みます。

もうひとつクイズを出しましょう。
Quon esas vu?
とは、どういう意味でしょうか?
「qoun」が補語であり「vu」が主語ですから、Quon > Vuとなり、
Me esas studento e samtempe anke yunulo.
私は、学生であり同時に若者でもある。
この質問は、「quon」(学生、若者)が「vu」あなたを包含するという意味です。
Quo esis vu?
とは、どういう意味でしょうか?
「qou」が主語であり「vu」が補語になります。ですから、
Lore ociemo esis me, ma nun laboremo esas me
そのときは私は怠け者だったが、今は仕事好きです。
この質問は、「vu」(あなた)は「ociemo(怠け者)」「laboremo(仕事好き)」から成り立っていることを意味します。
(個人の性質とか性格なので、もともと「あなた」の中に包含されているものですね。)

「esas」が「属する」という意味ではなく、実際に「等しい」を意味する時は、
かなり明確にする必要はなく、単純に「Quo esas vu?」ということも可能です。(「quon」の代わりに「quo」を使ってもいい)
Quo esas vu?
Quo =< vu?*1
Me esas studento.
私は学生です。
最後のクイズです。
Ico esas pro ke me amoras tu.
これは、あなたを愛しているためです。
Ico esas [kauzo] pro ke me amoras tu.
これは、あなたを愛している(理由)です。
Ico esas kauzo pro ke me amoras tu.
これは、私があなたを愛している理由です。
Ica kauzo esas kauzo pro ke me amoras tu.
この理由は、私があなたを愛している理由です。
(背景にある論理構造)は、
leono esas bestio.
ライオンは、動物です。

すなわち、訳文としては、
「この理由は私があなたを愛している多くの理由に属している」

「これが、私があなたを愛している理由の一つである」
となります。

それでは次の文章はどうなるでしょうか?
Icon esas pro ke me amoras tu.
私があなたを愛している(すべての)理由が、このことに属している。
Icon esas [kauzi] pro ke me amoras tu.
Icon esas kauzi pro ke me amoras tu.
私があなたを愛している理由は、これに属している
Ica kauzon esas kauzi pro ke me amoras tu.
私があなたを愛している理由は、この理由に属している。
(背景にある論理構造)は、
bestio esas leono, tigro..
動物の中にはライオンやトラなどがいる

すなわち訳文としては、
「私があなたを愛している全ての理由は、この理由に属している」

「これが、私があなたを愛しているまさしくその理由である」
逸話 Anekdoto:-- rakontita da Bebson HOCHFELD
En antiqua India ed en ula vilajo vivis quar blindi ma tre erudita.
古代インドである村に、目が見えないがとても博学な4人の盲人が暮らしていた。
Ye ula dio a la vilajo venis unesmafoye elefanto e li renkontris l'elefanto.
ある日、その村に象が初めてやって来た、彼らはその象と出くわした。
Omnu de li quik tusheskis l'elefanto nam pro brulanta kuriozeso.
彼らのそれぞれが燃える好奇心のため、象に触り始めた。
La unesma blindo tushis la rostro di l'elefanto e balde dicis:
一番目の盲人は象の鼻を触って、すぐに言った:
Elefanto similesas a klariono (military bugle).
「象は、軍隊ラッパに似ているようだ」
La duesma blindo ma tushis la korpo di l'elefanto ed interruptis:
二番目の盲人は象の胴体に触って、(話を)遮った:
No! No! Elefanto mustas esar la granda muro di edifico.
ちがう、ちがう! 象というのは、建物の大きな壁に違いないぞ。
La triesma blindo ya tushis gambo (leg) di l'elefanto e klamis:
三番目の盲人は、象の脚を触ると叫んだ:
No! No! No! Elefanto povas esar kolono di domo.
いや、いや、いや! 象は家の円柱かもしれないぞ。
La quaresma blindo hazarde tushis la kaudo (tail) e mokante dicis:
四番目の盲人は、たまたましっぽをさわわると、嘲りながら言った:
Vi stulti! Elefanto nur esas kordo (rope) ordinara.
君らは馬鹿だなあ! 象はありふれたロープにすぎないよ。
Ye la nexta dio senkauze vizitis la vilajon kirurgo di "Ayurveda*2"
次の日、”アーユル・ベーダ”の外科医がその村をたまたま訪れて、
e fortunoze sucesis apertar l'okuli di la quaresma blindo....
幸運にも四番目の盲人の目を開けることに成功したのだった…
E lu astonate dicis pos regardir l'elefanto per sua propra okuli:
すると、彼は自分の目で象を見た後、驚いて言った:
Icon esas elefanto.
「象って、これなんだ。」

kuriozeso 好奇心
edifico 大きな建物

前置詞

それぞれの前置詞は、はっきりと定義された意味を持っており、(国際語の全ての単語のように)その意味が明確に要求されている時のみ使われなければなりません。
(この項では、英語話者のための注意喚起が行われているようです。すなわち英語の前置詞は多義的なので、その意味をはっきりさせて、イド語に翻訳すべきだとの見解です)
Me kompris olu de ilu.
私は彼からそれを買った。
イギリス英語では「I bought it of him」と「of」という前置詞を使うが、アメリカ英語では「from」を使って「I bought it from him」となるという。イド語では前置詞「de」を使うが、これは英語に逐語訳すると「off」になります。
Ilu sekis su per sua kultelo.
彼は自分のナイフで自分自身を切った。
これは英語では「He cut himself with his knife.」となり、「with」が「〜を用いて」という意味で使われています。

しかし、イド語の前置詞「ye」は意味不定であり、他の前置詞が使えない場合に使われるだけです。
Ye la duesma (di) marto
5月2日に
Ilu kaptis la kavalo ye la kolo per lazo.
彼は首に投げ縄をかけて馬を捕まえた。
Me doloras ye la kapo.
私は頭痛がする。

接続詞

接続詞は、論理的に必要とされる、いかなる法と時制にも伴って使われます。
(この項は、従属接続詞によってつくられる副詞節ついて言及しています)
(a)Se vu esus malada,
もしあなたが病気であったなら(実際は病気でない)
条件節(事実に反する仮定)
(b)Se vu esos malada,
もしあなたが病気ならば(病気になる可能性がある)
条件節(ありうる可能性)
(c)Imperez ke ilu venez.
彼に来るように命じなさい。
ke節の中の命令形は、主節の主語の意向・命令をしめす(この場合は「vu」が「ilu」に命令する*3
(d)Restez til ke ilu venos.
彼が来るまでとどまりなさい。
「til ke」が接続詞となる。「〜するまで」
(e)Kande ilu departos, dicez ad ilu ...
彼が出発する時、彼に〜と言いなさい。
kande節の中は未来形。「〜する時」
(f)Segun ke me esos fatigita o ne, me iros kun vu.
私が疲れるかどうかによって、私はあなたと一緒に行くでしょう。
segun-ke節。「〜にしたがって、〜しだいで」
(g)Preparez chambro pro la kazo se ilu venus.
彼が来るといけないので、部屋を準備しなさい。
「pro la kazo se」が接続詞をつくっている。「〜するかもしれないので」「〜するといけないので)」
(h)En la kazo ke ilu venos, enduktez ilu.
彼が来たら、案内しなさい(中に通しなさい)
「en ka kazo ke」で接続詞。「〜する場合は」「〜するといけないので)」

接続詞はしばしば、「ke」を伴った前置詞からつくられます。
前置詞接続詞意味
propro ke〜の故に、なぜなら(原因)(理由)
porpor ke〜のために(目的)(対象)
dumdum ke〜の間に(時間)
deposdepos ke〜以来、〜の時からずっと
tiltil ke〜まで(ずっと)

(「ke」の伴わない)前置詞は名詞、代名詞、不定詞の前につきますが、接続詞は文の前につきます。
Depos mea mariajo
私の結婚の時から
Depos ke me esis mariajata,
私が結婚した時から、

接辞 pre-, prim-, retro-, re-, -iv-, -ebl-, -ari-

pre-「あらかじめ」「…以前の」「…の前部にある」の意
predicar(予言する、予報する) preavo(曽祖父) [比較:posnepoto(ひまご)] predatizar(日時が前である.)
prim-「原始」を意味する
primavi(祖先)
retro-「逆行」を意味する
retrovenar(戻ってくる) retroirar(もどる) retrosendar(送り返す)
ri-「再度」を意味する
ridicar(繰り返して言う) ripolisar(磨ぎなおす)

「retro」は副詞として使われます。接辞「ri-」に対応する副詞は「itere」(再び)です。
-iv-「することのできる」を意味する*4
instruktiva(教訓的な) responsiva(責任がある) sugestiva(示唆的な)
-ebl-「できる」を意味する。
kredebla(信じられる) lektebla(読みやすい) nesondebla(計り知れない)
-ari-動詞の間接目的語(与格)を示す。受領する。
legacario(遺産相続人)
会話
Ka vu prizas voyajado?
旅行は好きですか?
Me rare voyajas.
私はめったに旅行はしないよ。
Olu esas tro kustoza.
それは(値段が)高すぎるよ。
Ne tam multe kam olim.*5
|以前ほどでもない|
Ka vu tale opinionas, vere?
あなたはそんなことを思っているの、本当?
Segun mea experienco.
私の経験によると。
Ka vu vizitis Francia o Germania?
あなたはフランスか、ドイツに行ったことがありますか?
No, me ne savas la Franca nek la Germana.
いいえ、私はフランス語もドイツ語も知りません。
Li esas tante desfacile aquirebla.
彼らは習得できにくい。
Espereble, omnu balde lernos Ido.
みなさんがすぐにでもイド語を学ばれんことを。*6
朝食の場にて YE DEJUNETO
MatroSanne, kande esos la Ido-konfero? En agosto?
サネ!イド語会議はいつあるの?8月だっけ?
SanneNo, en julio. Ye la 21ma.
サネ違うわよ。7月よ。12日だわ。
MatroEd ube tu dicis ke olu eventos?
それで、開催されるのは、どこだと言っていたけ?
SanneEn Groningen. En la nova universitato.
サネフローニンゲンよ*7。新しい大学でよ。
MatroKa tu intencas asistar?
出席するつもりなの?
SanneYes ya. La konfero en Elsnigk lasta-yare esis bonega.E ca-yare me esperas rividar omna mea amiki.
サネそうよ!昨年のエスルニクク*8の会議は、とても素晴らしかったわ。それに今年、友達みんなと再会したいわ。
MatroKa ta yunulo de Suisia asistos ca-yare? Quale ilu nomesas? Erich, ka ne?
あのスイスの若者は今年も出席するのかしら?名前はなんだっけ?エーリッヒじゃ、なかった?
SanneMe ne esas certa. Me skribis ad il, ma til nun ilu ne respondis.
サネよくわからないわ。彼に手紙を書いたけど、今まで返事がなかったし。
SanneMa me savas ke Jean e Marie-Claire de Francia asistos.
サネでも、フランスのジャンとマリ・クレールは出席するわよ。
SanneE Andreas de Suedia. Qua kloko esas? Me ne deziras perdar la autobuso.
サネそれに、スエーデンのアンドレアスよ。 何時かしら?バスに乗り遅れたくないのよ。
MatroEsas sep kloki e duimo. Tu havas sat multa tempo.Tu levis tu plu frue hodie.
7時半よ。十分時間はあるわよ。今日は早く起きたでしょ。
SanneMe sempre levas me frue! - specale nun ke la vetero esas plu varma e la jorni plu sunoza.
サネ私、いつも早く起きていてよ! 天候は暖かいし、昼にはもっと日が出るだろうし、格別ね。
MatroQuale tua chefo standas?
あんたの上司は元気かしら?
SanneSioro Brink? Ilu ne esis en la kontoro hiere.
サネブリンク氏のこと? 昨日は事務所にいなかったわ。
SanneIlu iris ad ula kunveno ulaloke kun la nova sekretariino.
サネ彼は新しい秘書さんと一緒にどこかの会合に行ったのよ。
SanneUbe ilu obtenis el, me ne savas. Elu savas nulo. Ed elu esas tam ociema.
サネ彼がどこで彼女を獲得したのか、私は知らない。彼女は何も知らないのよ。のろまなのよ。
SanneMe facas la vera laboro. Avan il, elu tragas*9* quaze inocenta mieno.
サネ私は本当の仕事をしているのよ。彼の前では、彼女はまるで無邪気な顔つきを装ってるの。
SanneEd elua min kam decanta vesti....
サネそれに服もあまりよくないし…
MatroSanne, la autobuso!
サネ!バスだわ!
イタリア語の教科書より(その7) De lernolibro Italiana:-07
Pro quo vu redeskas?*10
あなたは何故、赤くなっているの?
Ka vu shamas esar laudata?
褒められて恥ずかしいのですか?
Me ne opinionas esir tro rekompensata.
私は十分に報われたとは思っていません。
Ni ne esperis esar tante kordiale aceptata da lia bofratulo.
私たちは彼らの義理の兄弟からそのように心から受け入れられるとは望んでいなかった。
Li pensos pri to, kande ilu esabos admisata hike.
彼らはそれについて、彼がここでいつ認められているのかと、考えるだろう。
La kavali esas lojigata en la kavaleyo e la mutoni en la mutoneyo.
馬は馬小屋に入れられ、ヒツジは羊小屋に入れられている。
Li ne esas respektinda e, konseque, ne aminda.
彼らは尊敬される価値もないし、したがって、愛される価値もない。
La paravento ne esabus lacerata, se vu pozabus olu altraloke.
風除け(フロントガラス)は、別のところへ置いていたならば、ズダズダにされなかったかもしれない。
Omna cirkuleri ja esabis disdonata.
全部の回覧状はすでに配布されつつあったのだった。
Questionite, la exkapitano*11 respondis to ad elu konfidence e mi-voce.
質問されたので、元船長は内緒でしかも小声で彼女にそのことを答えた。
Singlu deziras esar amata.
各々の人は愛されたいと欲している。
Vu esos lojigata che mea bomatro.
あなたは私の義理の母の家に住まされるだろう。
La legacario*12 ne ja esas konocata.
遺産相続人はまだ分かっていない。
イタリアの教科書より(その8) De lernolibro Italiana:- 08
Dum ke li abandonesis da omni, mea bo-matro (mother-in-law) sokursis (comes to the aid of when in danger) li en lia abandoneso.
彼らがすべての人に見捨てられたけれども、私の義理の母が彼らが危険な時に彼らを援助した。
On dicas ke to predicesis (was predictedd) da nia pre-onklino (great aunt).
それは私たちの大叔母が予言したという噂だ。
Tam longe kam la tero duros, ta fakto sempre ridicesos por honorizar lua memoreso.
地球が長く続く限り、その事実はその記憶を常に褒め称えるために語り継がれるだろう。
De ilu tala miskompreni astonas nin*13pro lua granda instrukteso.
彼から発生するその様な誤解は、彼の偉大な教養を考えると、驚きモノだね*14
Lore nia genitori laudesis, kontre ke lii nun blamesas.
私たちの両親は彼らがいま咎められていることとは逆に、その当時は賞賛されていた。
=(私たちの両親は、今は責められているけれども、当時は褒められていた)
La konvinkeso produktita en me da vua arrgumenti efektigis mea konverteso.
あなたの議論によって、私が納得したことは、私自身の転向に影響を与えた。
=(私の中で生まれた納得は、私の転向に影響を与えた)
Vi ne ludos, pueri, til ke ca leciono essabos parlernata.
少年少女達よ、君たちは、この授業を習得してしまうまでは、遊んではいけません。
Depos ke ta domo konstruktesis hike, luaa arkitekto ocidesis.
その家がここに建設されてから、その設計者は殺害された。
Kad ico astonas vu?
あなたはこのことでびっくりしましたか?
Da qua ico pozesis adsur la tablo?
誰がこれをテーブルの上に置きましたか?
Ta floro ne esas rozea ma violea.
その花はバラ色ではなく紫色だ。
Quon esos o quon divenos tal autoritato?
そのような権力者は誰であり、あるいは誰がなるのだろう?

イド語の非公式的な世界


最初の部分にある「La Evangelio da Tomas(トマスによる福音書)」は、すでに「イド語中級講座 第15課+」で掲載しています。そのため、省略します。ここを参考にして下さい。→トマスの福音書

ここからは、その続きになるようです。
Omnu bezonas sua vesto. Vua diplomi od irga vesti?
誰でも自らの衣服は必要です。何らかの(立派な)服でなければ、あなたの学位とか?
Kara Sro Marteno LAVALEA: Ube esas vu, en vua diplomi od irga vesti?
マルティーノ・ラバレアさん、あなたは何らかの(立派な)服かもしくは自分の(立派な)学位を持って、どこにいるのでしょうか?
Camatine me askoltis radie*15 ula doktoro pri psikologio qua asertis ke malgre omna sua diplomi, omna sua savo, il ne komprenis quo es amo, adube il iras e multa altra interesanta questioni.
今朝、ラジオで、ある心理学の博士の主張を聞きました。彼は、自らの(立派な)学位や知識があるにも拘わらず、愛とは何か、自分はどこに行くのかとか、その他沢山の(人生上の)興味深い疑問に回答が見つからないというのです。
Il komence uzis drogi e pose meditis por kontaktar sua propra loki di paco e amo interne di su ipsa.
彼は、自分自身の内面での平安と愛の居場所を見つけるために、最初は麻薬を用いたり、その後は瞑想をしたりしました。
Sro Maurice MAETERLINCK ja rakontis* "ube la blua-ucelo vere habitas".
モーリス・メーテルリンク氏は、「どこに青い鳥が本当に住んでいのか」という話をしました。
Me nulamaniere esas kontre diplomi, rango, pekunio, titulo edc., nam oli es extraordinare* forta armi en socijunglo, nam nuda pugni ma es tro vundebla.
私は決して学位、身分、金銭、肩書などに反対しているのではありません。なぜなら、それらは社会のジャングルの中で途轍もなく強靭な武器であるからです。裸の拳は傷つきやすいのですから。
La problemo nur esas qua/qui uzas tala armi.
問題は、だれがそのような武器を使うのかだけなのです。
Kultelo akuta mem por infanti?
鋭いナイフは、まさか、子供たちのためなのですか?
Karabino por yuna Israela terorig-pupei kun la kapo totplenigita per palio?
カービン銃は(オズの魔法使いの藁人形の様に)頭に一杯藁が詰まった若いイスラエルの案山子人形のため?
(BYT *16 esas tote kontre la fol pafado din pueri Palestina per "Uzi"-karabino)
(ベブソン・ホックフェルトは、UZIカービン銃を使ったパレスチナの子供達への愚かな銃撃には全面的に反対である)
Kelkatempe diplomi esas tro pezoza por ula skizofreniiko, do lu uzas drogi.
ある種の精神分裂症患者には学歴免状は、暫くは重すぎるので、(自分を守る為に)彼は麻薬を使うのです。
Selektez ARMO vua, qua vere fitas ad ANMO vua; ma nek al kapo nek al korpo.
己の魂にピッタリの自分の武器を選びなさい。自分の頭や体に合った武器ではなく。
Se ulu naskas kom Yudo, lu balde kredeskas ke Yudaismo esus la maxim justa vesto por protektar su de omna danjeri tam longe kam (ke) lu fidus ad olu.
人がユダヤ人として生まれたなら、彼がユダヤ教を信じるている限り、ユダヤ教が全ての危険から自らを守るためには、最も適した衣装なのだとやがて考え始めます。
Ed anke balde lu oblivias quo/qua lu vere esas, nam lu es lore mikra parto de Yudaismo, e pluse kreskas e yurizesas sen puniso pafar pueri Palestina.
ですから、彼は自分が何者なのかをやがて忘れてしまうのです。なぜなら、彼はその時、ユダヤ教の小さな一部であるためです。そして彼はパレスチナの子供達を射撃することを呵責もなく信じこまされ、正当化させられるのです。
Olim "kelka" Germani kredis ke Naziismo es la maxim splendida vesto sur la mondo.
かつて”幾ばくかの”ドイツ人達は、ナチズムが世界の中で最も素晴らしい衣装だと信じていました。
Do anke li pafadis senkoncience pueri Yuda en la ghetto di Warschau.
従って彼等もまたワルシャワのゲットーでユダヤ人の子どもたちを射殺し続けたのです。|
La homo chanjas sua karaktero segun sua vesto quale preske kameleono pro ke lu facile oblivias la skopo di sua existo:
人は、自らの存在の目的を忘れてしまう為に、カメレオンのように自らの衣装に従って自らの性格を変えるのです。
Quo/qua lu esas sen irga vesto?
衣装が無ければ、彼は何者なのでしょうか?
Quo chanjas quo? Ka vu chanjas vua vesto?
何が何を変えるでしょうか?あなたが自分の衣装を変えるのでしょうか?
Kad o forsan la vesto chanjas vu?
それとも、衣装があなたを変えるのでしょうか?
Selektez VESTO vua, qua vere fitas a vua ANMO;
あなたの魂にぴったりと合う自分の衣装を選びなさい。
ma nek al kapo nek al korpo.
頭に対するものでも、体に対するものでもなく(魂に合うもの)です。
Capisci*17? Hahaha, Hun!*18 (^_^)!
分かりましたね?ハハハ、オスッ!
Nasreddin-hodjo (ナスレッディン・ホジャ)
Kara Sro Marteno LAVALEA: Quale onu pensas ube vu esas; en vua vesto?
マルティーノ・ラバレアさん、人はあなたが自分の服を着てどこにいるのかを、どのように考えているのでしょうか?
Me persone opinionas ke multa qualesi ligas spirital homi ye profundeso, malgre difereti religial.
宗教が違っていても、精神的人間ならば、多くの特質が彼等を深いところで結びついていると、私は個人的に考えています。
Fakte, aparteno a sama religio tote ne garantias uneso:
(反対に)事実として、同じ宗教へ属していても、それが同じ考え方/感じ方を保証している訳では全然ありません。
la ocideri di Gandhi e di Martin Luther King ya esis samreligiani.
ガンディーとマルティン・ルター・キングの殺人者は、同じ宗教の信者でした。
Me inklinas pensar ke, ciele, Gandhi e King vivas perfekte harmonie.
でも天国では(宗教の違っている)ガンディーとキングは(互いに)完全に仲良く生きていると考えたくなります。
En la cielo vivar perfekte harmonie kun Mahatma Gandhi por eterne? HoLala!
(エッ!)天国でマハトマ・ガンディーと一緒に完全に調和して永遠に生きること?そりゃ、大変だ!
Se lo esus tale, me ne volus habitar ibe, mem se tre hazarde me darfus, nam vivar sen diskuto e disputo inter tedanta personi quala Gandhi riocidus me.
もしそうならば、私はそこには住みたくない。たまたまそうなったとしても、ガンディーのような退屈な人たちの間で議論も口論もないような生活は(私には退屈で退屈で)(天国でも)また死んでしまうかもしれないからです。
Ye un dio Nasreddin-hodjo iris a granda dineo-festino.
ある日、ナスレッディン・ホジャ*19が大きな祝賀晩餐会に行きました。
Ilu meris anciena vesto e kande ilu arivis ed eniris la chambro, nulu regardis ilu e nulu invitis ilu a sideyo che tablo.
彼が古い服を着て部屋の中へ入っていった時、だれも彼を見ようとはしなかったし、テーブルの席に案内もしなかった。
Do ilu rapide retro'iris a la hemo e des'metis la olda vesto e lore metis la maxim pompoza vesto hodjala e rivenis a la festino.
そこで、彼は急いで家に戻って、古い服を脱いで、もっとも派手でホジャ(尊敬される身分)らしい服を着て、祝賀晩餐会へ戻りました。
La hosto quik staceskis e venis a la hodjo* por salutar ilu per "salam".
晩餐会の)主人はすぐに立ち上がって、”サラーム*20”をもって挨拶するために、ホジャのところにやって来ました。
Ilu prenis la manuo di la hodjo* e guidis ilu a la maxim bona tablo, e sidigis ilu aden bona stulo ed ofris ad ilu la maxim bona disho.
彼はホジャの手を取って最も良いテーブルへと案内し、すばらしい椅子に彼を座らせ、もっとも良い皿を提供しました。
Nasreddin tamen des'metis la vesto e pozis olu aden la disho e dicis:
しかしナスレッディンは自分の服を脱ぎ、それを皿の上に置き、(服に対して)言いました。
"Tu manjez! Tu manjez ica delicoza disho."
「(服に対して)お前が食べろ!この美味しい料理を食べるんだ」
 
L'altra gasti tre surprizesis e klamis:
他の客達は大変驚いて、叫びました。
"Quon la hodjo facas nun?"
「ホジャは一体、何をしているのか?」
Nasreddin ne klamis ma kalme respondis a la hom'amaso...
ナスレッディンは、落ち着いて大衆に向かって答えたのでした…
"Me imperis a mea vesto manjar ica chera disho.
「私は、自分の服に対して、この高価な皿を食べろと命じたのです。
Kande me meris anciena vesto, omni ignoris me.
私が古い服を着て来た時には、みんなが私を無視した。
Do me retro'iris a la hemo e ri'venis en la hodjala* vesto.
そこで、私は家に戻って、ホジャらしい服を着て戻ったのです。
Ed onu nun ofrabas a me la maxim bona sideyo e disho.
すると、私は最も良い席と皿を提供されたのです。
Semblas ke vi donis oli ne a me ipsa ma a mea vesto, ka No?"
おそらく、君たちは、それらを私ではなく、私の服に与えたらしい、そうではないのか?」

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ボーフロンの練習帳

練習帳

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます