エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

イド語詳細完全文法(ルイ・ド・ボーフロン著)を読み進めると、「エスペラントの不可侵性」を批判する内容が、所々に著されています。ザメンホフが、本当にそんなことを言っているのだろうかという疑問から、調査してみたところ、ザメンホフ自身が、「不可侵性」に直接、言及している著作を見つけました。FUNDAMENTO DE ESPERANTO(エスペラントの基礎)の序文です。確かに、「不可侵性」とはっきり、言っていますね。このことについての評価は様々あると思いますが、ここでは私見は差し控えましょう。そのことよりも、不思議なことがあります。それは、この「基礎」の「序文」について、はっきりとした日本語訳が、ネット上を、探してもどこにも見つからないということです。見つかるのは16条文法のことばかりです。「基礎」がエスペランティストの“憲法”であるならば、この「序文」こそが重要なはずですけどね。不思議だなあ。(この原文は、もちろん、エスペラントです。この頁に関しては、エスペラント→日本語)
なお、「エスペラントの基礎・序文」を手っ取り早く読みたいという方は、下記に「超訳」を用意しました。


FUNDAMENTO DE ESPERANTO(エスペラントの基礎)

Antaŭparolo(序文)

Por ke lingvo internacia povu bone kaj regule progresadi kaj por ke ĝi havu plenan certecon, ke ĝi neniam disfalos kaj ia facilanima paŝo de ĝiaj amikoj estontaj ne detruos la laborojn de ĝiaj amikoj estintaj, ― estas plej necesa antaŭ ĉio unu kondiĉo: la ekzistado de klare difinita, neniam tuŝebla kaj neniam ŝanĝebla Fundamento de la lingvo.
国際語を規則的に向上させ、また、完全な確実性を持つようにさせるためには、「国際語が決して崩壊せず、また、未来の友人たちの移り気な歩みが、未来の友人たちの事業を破壊しない」ということが、何よりも必要な唯一の条件である。(すなわち)「明確に定義され、不可侵であり、この言語の不変的な基礎が存在し続けること」ということである。
Kiam nia lingvo estos oficiale akceptita de la registaroj de la plej ĉefaj regnoj kaj tiuj ĉi registaroj per speciala leĝo garantios al Esperanto tute certan vivon kaj uzatecon kaj plenan sendanĝerecon kontraŭ ĉiuj personaj kapricoj aŭ disputoj, tiam aŭtoritata komitato, interkonsente elektita de tiuj registaroj, havos la rajton fari en la fundamento de la lingvo unu fojon por ĉiam ĉiujn deziritajn ŝanĝojn, se tiaj ŝanĝoj montriĝos necesaj; sed ĝis tiu tempo la fundamento de Esperanto devas plej severe resti absolute senŝanĝa, ĉar severa netuŝebleco de nia fundamento estas la plej grava kaŭzo de nia ĝisnuna progresado kaj la plej grava kondiĉo por nia regula kaj paca progresado estonta.
我々の言語が主要な諸国家の政府によって公式的に受け入れられ、その政府が特別な法規によりエスペラントに対して確実な生存と使用度と全ての人の気まぐれと議論に対する完全な安全性の保証を与える時、その際に権威ある委員会が、合意のもとで選ばれて、エスペラントの基礎の中で一度限り要望される変更を行う権利(もしそのような変更が必要であれば)持つであろう。しかしその時まで、エスペラントの基礎は絶対に変更せずに厳しく残されなければならない。なぜなら、我々の「基礎」の厳格な不可侵性は、現在までの我々の発展の最も重要な根拠であり、我々の規則的で平和的な未来の発展のための最も重要な条件であるからである。
Neniu persono kaj neniu societo devas havi la rajton arbitre fari en nia Fundamento iun eĉ plej malgrandan ŝanĝon!
我々の「基礎」の中で何らかの最も小さな変更さえも恣意的に行う権利は、いかなる人間にも、いかなる団体にもない!
Tiun ĉi tre gravan principon la esperantistoj volu ĉiam bone memori kaj kontraŭ la ektuŝo de tiu ĉi principo ili volu ĉiam energie batali, ĉar la momento, en kiu ni ektuŝus tiun principon, estus la komenco de nia morto.
エスペランティスト達は、この重要な原則を、常によく心に銘記してほしいし、また、この原則に触れることに対抗して、エスペランティストたちは常に精力的に戦ってほしい。なぜなら、我々がこの原則に触れてしまうその瞬間が、我々の死の始まりになるかもしれないからである。


Laŭ silenta interkonsento de ĉiuj esperantistoj jam de tre longa tempo la sekvantaj tri verkoj estas rigardataj kiel fundamento de Esperanto: 1.) La 16-regula gramatiko; 2) la « Universala Vortaro »; 3) la « Ekzercaro ».
すでに長い期間、全てのエスペランティスト達の暗黙の合意によると、次の三件の著作が「エスペラントの基礎」としてみなされている。16条の文法、普遍的単語集、N習帳。
Tiujn ĉi tri verkojn la aŭtoro de Esperanto rigardadis ĉiam kiel leĝojn por li, kaj malgraŭ oftaj tentoj kaj delogoj li neniam permesis al si (almenaŭ konscie) eĉ la plej malgrandan pekon kontraŭ tiuj ĉi leĝoj; li esperas, ke pro la bono de nia afero ankaŭ ĉiuj aliaj esperantistoj ĉiam rigardados tiujn ĉi tri verkojn kiel la solan leĝan kaj netuŝeblan fundamenton de Esperanto.
エスペラントの創始者はこの三冊の著作を常に自らの法規としてみなしてきた。頻繁な誘惑にも関わらず、創始者はこの法規に対抗する小さな違反さえも(少なくとも意識的に)自らに許容しなかった。彼は、我々の事業のために、他の全てのエスペランティストたちがこの三件の著作を、エスペラントの唯一の法規、不可侵の基礎であるとみなして欲しい、と思っている。
Por ke ia regno estu forta kaj glora kaj povu sane disvolviĝadi, estas necese, ke ĉiu regnano sciu, ke li neniam dependos de la kapricoj de tiu aŭ alia persono, sed devas obei ĉiam nur klarajn, tute difinitajn fundamentajn leĝojn de sia lando, kiuj estas egale devigaj por la regantoj kaj regatoj kaj en kiuj neniu havas la rajton fari arbitre laŭ persona bontrovo ian ŝanĝon aŭ aldonon.
国家が強く輝かしく、そして健やかに発展するためには、各々の国民が色々な人たちの気まぐれにとらわれず、常に明確で完全に定義された(統治者と非統治者にとって等しく義務的であり、人間の自由な判断によって何らかの変更や追加を恣意的に行う権利を持たない)基礎的な国の法律に従うべきである。
Tiel same por ke nia afero bone progresadu, estas necese, ke ĉiu esperantisto havu la plenan certecon, ke leĝodonanto por li ĉiam estos ne ia persono, sed ia klare difinita verko.
私たちの事業がよく進展するためには同じように、各々のエスペランティストが完全な確実性を持つことと、規則をもたらす人が任意の人間ではなく、明確に定義された著作であるということが必要なのである。
Tial, por meti finon al ĉiuj malkompreniĝoj kaj disputoj, kaj por ke ĉiu esperantisto sciu tute klare, per kio li devas en ĉio sin gvidi, la aŭtoro de Esperanto decidis nun eldoni en formo de unu libro tiujn tri verkojn, kiuj laŭ silenta interkonsento de ĉiuj esperantistoj jam de longe fariĝis fundamento por Esperanto, kaj li petas, ke la okuloj de ĉiuj esperantistoj estu ĉiam turnataj ne al li, sed al tiu ĉi libro.
従って、あらゆる誤解と議論に終止符を打つために、また各々のエスペランティストが何をもって自らの手引とするべきなのかを明確に知るために、エスペラントの創始者は、すでに以前からあらゆるエスペランティスト達の暗黙の了解によってエスペラントの基礎になってきた、これらの三件の著作を一冊の書物にして編集することを今、決定した。そして創始者が願うことは、全てのエスペランティストたちは常に、これらの著作にだけ目を向けることである。
Ĝis la tempo, kiam ia por ĉiuj aŭtoritata kaj nedisputebla institucio decidos alie, ĉio, kio troviĝas en tiu ĉi libro, devas esti rigardata kiel deviga por ĉiuj; ĉio, kio estas kontraŭ tiu ĉi libro, devas esti rigardata kiel malbona, se ĝi eĉ apartenus al la plumo de la aŭtoro de Esperanto mem.
全ての人たちの、権威があり、疑う余地のない機関が決定する時まで、この著作にあるもの全てが、全ての人にとって義務とみなさなければならない。この著作に対抗する全てのものは、たとえエスペラントの創始者自身の筆に属するものであっても、悪であるとみなすべきである。
Nur la supre nomitaj tri verkoj publikigitaj en la libro « Fundamento de Esperanto », devas esti rigardataj kiel oficialaj; ĉio alia, kion mi verkis aŭ verkos, konsilas, korektas, aprobas k. t. p., estas nur verkoj privataj, kiujn la esperantistoj ― se ili trovas tion ĉi utila por la unueco de nia afero ― povas rigardadi kiel modela, sed ne kiel deviga.
「エスペラントの基礎」の中の、上記の三件の著作だけが、公式的なものとみなされるべきである。(それ以外で)私が過去に著した著作や、未来に著す著作や、推薦したり訂正したり、承認したりするなどのすべてものは、義務的なものではなく、模範的なものとみなすべきである。


Havante la karakteron de fundamento, la tri verkoj represitaj en tiu ĉi libro devas antaŭ ĉio esti netuŝeblaj.
基礎の性格をもって、この書物の中で転載された三件の著作は何よりも先ず、不可侵であるべきである。
Tial la legantoj ne miru, ke ili trovos en la nacia traduko de diversaj vortoj en tiu ĉi libro (precipe en la angla parto) tute nekorektite tiujn samajn erarojn, kiuj sin trovis en la unua eldono de la « Universala Vortaro ».
従って、この書物の中で様々な単語の民族語の翻訳の中に(特に英語の部分に)、「普遍的な単語集」の初版で見つかったものと同様の誤謬が訂正されずにあることに驚いてはいけない。
Mi permesis al mi nur korekti la preserarojn; sed se ia vorto estis erare aŭ nelerte tradukita, mi ĝin lasis en tiu ĉi libro tute senŝanĝe; ĉar se mi volus plibonigi, tio ĉi jam estus ŝanĝo, kiu povus kaŭzi disputojn kaj kiu en verko fundamenta ne povas esti tolerata.
私は誤植を訂正することだけを容認した。しかし、任意の単語が間違っていたり、下手な翻訳があっても、全く変更せずにこの書物の中ではそのままにした。なぜなら、もし私が改善したかったならば、議論をもたらす変更であったり、基礎的著作の中で耐えられない変更であったりしたのかもしれなかったからである。

La fundamento devas resti severe netuŝebla eĉ kune kun siaj eraroj.
「基礎」は、(その中に)たとえ間違いがあったとしても、厳格に不可侵でなければならない。
La erareco en la nacia traduko de tiu aŭ alia vorto ne prezentas grandan malfeliĉon, ĉar, komparante la kuntekstan tradukon en la aliaj lingvoj, oni facile trovos la veran sencon de ĉiu vorto; sed senkompare pli grandan danĝeron prezentus la ŝanĝado de la traduko de ia vorto, ĉar, perdinte la severan netuŝeblecon, la verko perdus sian eksterordinare necesan karakteron de dogma fundamenteco, kaj, trovante en unu eldono alian tradukon ol en alia, la uzanto ne havus la certecon, ke mi morgaŭ ne faros ian alian ŝanĝon, kaj li perdus sian konfidon kaj apogon.
様々な単語の民族語翻訳の間違いは大きな不運を示すものではない。なぜなら、他の諸言語で文脈的な翻訳を比較してみると、それぞれの単語の本当の意味を見つけやすくなっているからである。しかし比較しなければ、任意の単語の翻訳の変更は、大きな危険を伴う。厳格な不可侵性を失ってしまったら、この著作は、教義的な「基礎」の優れて不可欠な性質を失うかもしれなし、変更を見つけたら、自らの信頼と根拠を失ってしまうかもしれないのだ。
Al ĉiu, kiu montros al mi ian nebonan esprimon en la Fundamenta libro, mi respondos trankvile: jes, ĝi estas eraro, sed ĝi devas resti netuŝebla, ĉar ĝi apartenas al la fundamenta dokumento, en kiu neniu havas la rajton fari ian ŝanĝon.
「基礎」書籍の中に不適切な表現があると私に教えてくれる皆様に、私は落ち着いてご返答しよう。「そうです」と。それは間違いだが、それは不可侵性のままでなければならない。なぜなら、その著作は基礎的文書に属しているからである。それには誰も変更する権利はないのである。


La « Fundamento de Esperanto » tute ne devas esti rigardata kiel la plej bona lernolibro kaj vortaro de Esperanto.
「エスペラントの基礎」は、エスペラントの最良の教科書と単語集とみなすべきではない。
Ho, ne! Kiu volas perfektiĝi en Esperanto, al tiu mi rekomendas la diversajn lernolibrojn kaj vortarojn, multe pli bonajn kaj pli vastajn, kiuj estas eldonitaj de niaj plej kompetentaj amikoj por ĉiu nacio aparte kaj el kiuj la plej gravaj estas eldonitaj tre bone kaj zorgeme, sub mia persona kontrolo kaj kunhelpo.
否、そうではない! エスペラントを習得したいと願っている人に対して、私は、我々の有能な友人たちによって各々の民族のために出版されるより良く広い様々な教科書や辞典を勧めたいのだ。最も重要なものは、それらの著作の中から、私の個人的な監査と協力の下で注意深く出版されるものである。
Sed la « Fundamento de Esperanto » devas troviĝi en la manoj de ĉiu bona esperantisto kiel konstanta gvida dokumento, por ke li bone ellernu kaj per ofta enrigardado konstante memorigadu al si, kio en nia lingvo estas oficiala kaj netuŝebla, por ke li povu ĉiam bone distingi la vortojn kaj regulojn oficialajn, kiuj devas troviĝi en ĉiuj lernoverkoj de Esperanto, de la vortoj kaj reguloj rekomendataj private, kiuj eble ne al ĉiuj esperantistoj estas konataj aŭ eble ne de ĉiuj estas aprobataj.
しかし、「エスペラントの基礎」は、不変の教導的文書としてそれぞれのエスペランティストの手元に置かれなければならない。彼らが習得できるようにし、私たちの言語おいて公式的で不可侵である文書を、常に参照することで記憶できるようにするためである。また、彼らが常に(エスペラントの全ての学習書に見出されるはずの)公式的な単語と規則を、(おそらく全てのエスペランティストには知られていないか、容認されていない)非公式的な単語と規則とを、識別できるようにするためである。
La « Fundamento de Esperanto » devas troviĝi en la manoj de ĉiu esperantisto kiel konstanta kontrolilo, kiu gardos lin de deflankiĝado de la vojo de unueco.
「エスペラントの基礎」は、統一性の道から脇道にそれることを監視する検査指標として、各々のエスペランティストの手元に置かれなければならない。


Mi diris, ke la fundamento de nia lingvo devas esti absolute netuŝebla, se eĉ ŝajnus al ni, ke tiu aŭ alia punkto estas sendube erara.
あれこれの点が明らかに間違っていると思われる時でさえも、我々の言語の「基礎」は絶対的に不可侵であるべきだと、私は言った。
Tio ĉi povus naski la penson, ke nia lingvo restos ĉiam rigida kaj neniam disvolviĝos...
これは、我々の言語は常に硬直したままで、全く普及しないとの考えから生まれたものである…。
Ho, ne! Malgraŭ la severa netuŝebleco de la fundamento, nia lingvo havos la plenan eblon ne sole konstante riĉiĝadi, sed eĉ konstante pliboniĝadi kaj perfektiĝadi; la netuŝebleco de la fundamento nur garantios al ni konstante, ke tiu perfektiĝado fariĝados ne per arbitra, interbatala kaj ruiniga rompado kaj ŝanĝado, ne per nuligado aŭ sentaŭgigado de nia ĝisnuna literaturo, sed per vojo natura, senkonfuza kaj sendanĝera.
否、そうではない! 「基礎」の厳格な不可侵性にも関わらず、我々の言語は、単独で常に豊かになるだけでなく、常に改善され完成し続けるための可能性に満ちている。「基礎」の不可侵性は、その完成が、任意的なで内部争いでの崩壊による断絶と変更ではなく、今日までの文学の無効化、不適任化でもなく、自然で混乱のない安全な道によって行われるということを、我々に対して、保証するだけなのだ。
Pli detale mi parolos pri tio ĉi en la Bulonja kongreso; nun mi diros pri tio ĉi nur kelkajn vortojn, por ke mia opinio ne ŝajnu tro paradoksa:
私は、このことについて、もっと詳細にブーローニュ大会で語った。今私は、このことについて、私の意見があまりに逆説的らしくないので、いくつかの言葉を語ろう。


1) Riĉigadi la lingvon per novaj vortoj oni povas jam nun, per konsiliĝado kun tiuj personoj, kiuj estas rigardataj kiel la plej aŭtoritataj en nia lingvo, kaj zorgante pri tio, ke ĉiuj uzu tiujn vortojn en la sama formo; sed tiuj ĉi vortoj devas esti nur rekomendataj, ne altrudataj; oni devas ilin uzadi nur en la literaturo; sed en korespondado kun personoj nekonataj estas bone ĉiam peni uzadi nur vortojn el la « Fundamento » ĉar nur pri tiaj vortoj ni povas esti certaj, ke nia adresato ilin nepre trovos en sia vortaro.
1)私たちの言語の中で最も権威あるとみなされている人たち共におこなった今までの助言を用いて、新しい単語を用いて言語を豊かにすることができる。全ての人が同じ形態でそれらの単語を使えるように配慮している。それらの単語は推薦はするが強制はすべきでない。それらは、文学においてのみ使われるべきである。しかし見知らぬ人たちとの文通では、常に「基礎」からの単語だけを使う努力することである。なぜなら、そのような単語は確実に、受取人が自分の辞書を使って必ず見つけることができるからである。
Nur iam poste, kiam la plej granda parto de la novaj vortoj estos jam tute matura, ia aŭtoritata institucio enkondukos ilin en la vortaron oficialan, kiel « Aldonon al la Fundamento »
いつの日か、新しい単語の重要なものが成熟した時に、権威ある機関が、「基礎に対する追加」として公式的辞書にそれらを導入するであろう。


2) Se ia aŭtoritata centra institucio trovos, ke tiu aŭ alia vorto aŭ regulo en nia lingvo estas tro neoportuna, ĝi ne devos forigi aŭ ŝanĝi la diritan formon, sed ĝi povos proponi formon novan, kiun ĝi rekomendos uzadi paralele kun la formo malnova.
2)ある権威ある中央機関が、我々の言語の中でさまざまな単語や規則が不都合であるとみなすならば、直接的な形態を放棄したり、変更するべきでなく、古い形態と並行して使うことを勧告する新しい形態を提案することができる。
Kun la tempo la formo nova iom post iom elpuŝos la formon malnovan, kiu fariĝos arĥaismo, kiel ni tion ĉi vidas en ĉiu natura lingvo.
それぞれの自然言語で見られるように、時間と共に次第に、新しい形(の単語や規則)は、古い形を押しのけて行くだろう。そしてそれは古語になるのだ。
Sed, prezentante parton de la fundamento, tiuj ĉi arĥaismoj neniam estos elĵetitaj, sed ĉiam estos presataj en ĉiuj lernolibroj kaj vortaroj samtempe kun la formoj novaj, kaj tiamaniere ni havos la certecon, ke eĉ ĉe la plej granda perfektiĝado la unueco de Esperanto neniam estos rompata kaj neniu verko Esperanta eĉ el la plej frua tempo iam perdos sian valoron kaj kompreneblecon por la estontaj generacioj.
しかし、「基礎」の一部を紹介すると、これらの古語は放出されることはなく、新しい形ともに、全ての教科書と辞典に常に掲載されることになり、そしてこのような方法で、最終的な完成化においてさえも、エスペラントの統一性は中断されることなく、最も早い時期からの、いかなるエスペラントの著作も、未来の世代のために、自らの価値とわかりやすさを失うことはないだろう。


Mi montris en principo, kiamaniere la severa netuŝebleco de la « Fundamento » gardos ĉiam la unuecon de nia lingvo, ne malhelpante tamen al la lingvo ne sole riĉiĝadi, sed eĉ konstante perfektiĝadi.
私が原則の中で示したことは、、豊かなるためだけではなく、恒常的に完成するためにも、我々の言語(エスペラント)を邪魔することなく、「基礎」の厳格な不可侵性よいうものが、その統一性を常にどのように守護していうのかという方法であった。
Sed en la praktiko ni (pro kaŭzoj jam multajn fojojn priparolitaj) devas kompreneble esti tre singardaj kun ĉia « perfektigado » de la lingvo: a) ni devas tion ĉi fari ne facilanime, sed nur en okazoj de efektiva neceseco; b) fari tion ĉi (post matura prijuĝado) povas ne apartaj personoj, sed nur ia centra institucio, kiu havos nedisputeblan aŭtoritatecon por la tuta esperantistaro.
しかし、実践の中では、(すでに何回も言及してきたことだが)我々はもちろん、エスペラントのあらゆる「完成」をもって、慎重であるべきだ。(すなわち、)
a)我々は軽はずみではなく、実際の必要性の場合においてのみ、そのことを行うべきだ
b)(熟考した判断の後で)これを行うことができのは、特別の人間ではなく、全エスペランチストにとって、言い争う余地のない権威をとっている中央機関だけである。


Mi finas do per la jenaj vortoj:
従って、私は次のような言葉で締めくくろう。
1. pro la unueco de nia afero ĉiu bona esperantisto devas antaŭ ĉio bone koni la fundamenton de nia lingvo;
1.我々の事業の統一性のために、すべての善良なエスペランティストは先ず、我々の言語(エスペラント)の「基礎」を知らなければならない。
2. la fundamento de nia lingvo devas resti por ĉiam netuŝebla;
2.エスペラントの「基礎」は、永遠に、不可侵のままでなければならない。
3. ĝis la tempo kiam aŭtoritata centra institucio decidos pligrandigi (neniam ŝanĝi!) la ĝisnunan fundamenton per oficialigo de novaj vortoj aŭ reguloj, ĉio bona, kio ne troviĝas en la « Fundamento de Esperanto », devas esti rigardata ne kiel deviga, sed nur kiel rekomendata.
3.権威ある中央機関が新しい語句や規則の公式化でこれまでの「基礎」を(変更ではなく)改良することを決定する時まで、「エスペラントの基礎」の中にはない全ての「良いもの」は、義務としてではなく推奨としてとらえるべきである。



 La ideoj, kiujn mi supre esprimis pri la Fundamento de Esperanto, prezentas dume nur mian privatan opinion.
私が「エスペラントの基礎」ついて上記で述べてきた考えは、私の私的な意見を仮に述べただけである。
Leĝan sankcion ili ricevos nur en tia okazo, se ili estos akceptitaj de la unua internacia kongreso de esperantistoj, al kiu tiu ĉi verko kune kun sia antaŭparolo estos prezentita.
もしそれらが、(序文も含めた)この著作が紹介される予定のエスペラント第一回国際大会で受け入れられたならば、そのような場合おいてのみ、法的是認を受け入れるであろう。

L. ZAMENHOF.
Varsovio, Julio 1905.
L.ザメンホフ

1905年7月、ワルシャワにて


エスペラントの基礎・序文(超訳)


 国際語を向上させ、また、確実なものにするための唯一の条件は、「未来の友人たちの移り気によって、エスペラントという事業を壊してはならない」ということである。そのために、不可侵かつ不変的な「基礎」が存在し続けなければならない。エスペラントが、政府によって受け入れられ、法律によって保護され、権威ある委員会が設立された時には、この「エスペラントの基礎」は変更される可能性はある。しかし、その時までは、絶対に変更してはならない。なぜなら、この「基礎」こそが、これまでのエスペラントの発展の重要な根拠であり、また、未来の発展のための重要な条件であるからである。我々の「基礎」を変更する権利は、いかなる人間にも、いかなる団体にもない! エスペランティスト達は、この重要な原則を、常によく銘記してほしい。また、この原則に触れるものと、精力的に戦ってほしい。なぜなら、この原則を変更する瞬間が、エスペラントの死の始まりになるかもしれないからである。

 エスペランティスト達の暗黙の合意によると、16条の文法、普遍的単語集、N習帳の3つの著作が「エスペラントの基礎」である。私もこの著作を常に自らの法規としてみなしてきた。頻繁な誘惑もあったが、私はこの原則に対抗するものを許容しなかった。この3つの著作を、エスペラントの唯一の法規、不可侵の基礎であるとみなして欲しい。国家というものが、輝かしく、発展するためには、その国民たちは、様々な気まぐれにとらわれず、基礎的なその国の法律に従うべきである。その法律は、統治者と非統治者にとって等しく義務的なものである。自由な判断によって変更や追加を行うことはできない。同じように、エスペラントの発展も、完全な確実性を持つために、明確に定義された「基礎」が必要なのである。従って、あらゆる誤解と議論に終止符を打つため、またエスペラントの手引とするために、私は、エスペランティストが暗黙の了解による「エスペラントの基礎」になった、これらの著作を一冊の書物にすることを決めた。私は、全てのエスペランティストたちは常に、これらの著作にだけ目を向けることを願う。疑う余地のない権威ある機関が決定する時まで、この著作にあるもの全てが、全ての人にとって義務とみなさなければならない。この著作に対抗する全てのものは、たとえ私自身の筆に属するものであっても、悪であるとみなすべきだ。「エスペラントの基礎」とは、上記の三件の著作だけが、公式的なものとみなされるべきである。私が過去に著した著作や、未来に著す著作や、推薦したり訂正したり、承認したりするなどのすべてものは、義務的なものではなく、模範的なものとみなすべきである。

 「基礎」は、何よりも先ず、不可侵であるべきである。従って、この書物の中で(特に単語の英語などに翻訳された翻訳の中に、「普遍的な単語集」の初版で見つかったものと同様の誤謬が訂正されずに残されていることに驚いてはいけない。誤植の訂正だけは容認した。しかし、単語や翻訳は、全く変更しなかった。もし私が改善すれば、議論をもたらすかもしれない。「基礎」は、その中にたとえ間違いがあったとしても、絶対に不可侵でなければならない。様々な単語の翻訳の間違いは大きなことではない。なぜなら、他の言語で文脈的に比較してみれば、単語の本当の意味を見つけやすくなっているからだ。任意の単語の翻訳を変更すれば、大きな危険を伴う。厳格な不可侵性を失ってしまったら、この著作は、教義的な「基礎」の不可欠な性質を失うかもしれない。自らの信頼と根拠を失うかもしれない。「基礎」についての著作の中に不適切な表現があると、私に教えてくれる皆に、私は落ち着いてご返答しよう。「そうです」と。たしかに、それは間違いだが、それは不可侵性のままでなければならない。なぜなら、その著作は基礎的文書に属しているからである。それには誰も変更する権利はない。

 「エスペラントの基礎」を最良の教科書と単語集とみなすべきではない。否、そうではない! エスペラントを習得したいと願っている人に対して、有能な友人たちによって出版されている教科書や辞典を勧めたいからだ。それらの著作は、私の個人的な監査と協力の下で注意深く出版されている。しかし、「エスペラントの基礎」は、(その教科書とは別に)不変の教導的文書として手元に置くべきだ。公式的で不可侵である文書を、常に参照できるようにするためである。公式的な単語や規則と、非公式的な単語と規則とを、識別できるようにするためである。「エスペラントの基礎」は、統一性の道から脇道にそれないようにするためのチェック指標なのである。

 明らかに間違っていると思われる時でさえも、「基礎」は絶対的に不可侵であるべきだと、私は言った。否、そうではない! 「基礎」の厳格な不可侵性にも関わらず、エスペラントは、常に豊かになり、常に改善される完成し続ける可能性に満ちている。「基礎」の不可侵性は、エスペラントの完成が、内部争いでの崩壊による断絶と変更によるものでもなく、また、それまでの文学の無効化したり、不適任化するものでもなく、自然で混乱のない安全な道によって行われるということを、保証するものである。私は、これらについて、ブーローニュ大会で詳細に語った。私の意見があまりに逆説的らしくないので、少し補いたい。
 1)エスペラントは、最も権威あるとみなされている人たち共に、新しい単語を用いて言語を豊かにすることができる。全ての人が同じようにそれらの単語を使えるように配慮している。それらの単語については、推薦はするが強制はすべきでない。それらは、文学においてのみ使われるべきである。しかし文通するときは、「基礎」の単語だけを使う努力すべきだ。なぜなら、そのような単語は確実に、自分の辞書を使って調べることができるからだ。いつの日か、新しい重要単語が成熟した時に、権威ある機関が、「基礎に対する追加」として公式的辞書に掲載するであろう。
 2)権威ある中央機関が、単語や規則が不都合であるとみなすならば、放棄したり、変更するのではなく、古い形態と並行して使うことを勧めたい。自然言語で見られるように、時間が経過すれば、次第に、新しい形は、古い形を押しのけて行く。そして古い形は古語になる。しかし、これらの古語は放出されることはなく、新しい形ともに、全ての教科書と辞典に常に掲載されることになる、このような方法で、最終的な完成した時でさえも、エスペラントの統一性は中断されることない。最も早い時期からの著作は、未来の世代においても、その価値を損なうことはない。

 私が原則の中で示したことは、「基礎」の厳格な不可侵性が、エスペラントの統一性を常にどのように守護していうのかという方法であった。しかし、実践の中では、慎重であるべきだ。a)我々は軽はずみに行うのではなく、実際の必要がある場合にだけ、そのことを行うべきだ。b)それをことができるのは、権威のある中央機関だけである。

 結論としては、
1.統一性のために、すべての善良なエスペランティストは先ず、「エスペラントの基礎」を知らなけれならない。
2.エスペラントの「基礎」は、永遠に、不可侵のままでなければならない。
3.権威ある中央機関が、「基礎」を(変更ではなく)改良することを決定する時まで、「エスペラントの基礎」に含まれない「良いもの」は、義務ではなく推奨としてとらえるべきである。

 私が「エスペラントの基礎」ついて上記で述べてきた考えは、私的な意見である。もしそれらが、エスペラント第一回国際大会で受け入れられたならば、公に是認されたことになる。

L.ザメンホフ

1905年7月、ワルシャワにて



ベブソンのチャチャ:

ベブソンの反発!

>「基礎」は、(その中に)たとえ間違いがあったとしても、厳格に不可侵でなければならない。
ですから、聖書(キリスト教徒にとっては旧約聖書)の中にも沢山の間違いが織り込まれておりますが、手直しができません。でも人間ですから、ワザと書き間違えている所もあります。それでもザメノフ氏の様にユダヤ人は頑固なので、比較的オリジナルに近い形で残されて来た事が比較文献学によって判明しております。キリスト教徒が伝えて来た新約聖書なんか、何回も書き写される度に大幅な加筆や削除がされて元の原本とはかなり違っている事が現代の研究で分かっております。そして幾つかあった異本は歴史の中で抹殺されて来ましたので、イエスが本当は何を語り、何を語らなかったのかが、分かり難くなっております。
仏陀の言葉も同じ様な運命に遭っているのですね。最近、とても面白い本が出ております。お暇があれば、是非お読みになって下さい。
ビジネス社 大村 大次郎著 『ブッダはダメ人間だった ~最古仏典から読み解く禁断の真実』

===== でも、やっぱり、間違いは訂正しなくてはいけませんよね? =====
間違いを直す事は、全体を破壊することではありません。ですから、ボーフロン氏のイド語文法だって間違っている所は手直ししても良いのです。でも間違っていない所を改変すると、それは破壊に繋がります。意味の無い改変を憎むのは。ザメノフ氏も正しいと思います。

感想1

ヨーロッパに行かれた方は直ぐに気付かれると思いますが、そこでの建造物は全て石で出来ております。条件が良ければ何百年、何千年と持つのですね。でもローマ人が敷いた石の道などは人々が歩き続けて磨り減って凸凹していますので、歩き辛いたらありゃしない。その点、日本の都会の道はアスファルトですから、足に心地良い。マア、耐用年数は大した事はないのですが、ショッチュウ補修したり作り変えていたりしますからね。
日本の大切な建造物である伊勢神宮は木製です。耐用年数はそう短くも無いのですが、式年遷宮と言って20年毎に建て替えてしまうのです。すると、その建築のノウハウは、代々宮大工に伝承されて行き途絶える事がないばかりか、建築のオリジナルを壊す事なく微妙に改良されて、千数百年間も時代と共に生き続けております。
イド語も木製建造物であって欲しい。時代が激しく変わって行っても、そのオリジナルを壊す事無く微妙に改善されて、時代と共に生き続けて欲しいのです。ですから、ボーフロンの設計図だって微妙に改良して行かなければ、激しく変わって行く時代の要請に付いて行けなくなってしまいますよね。石造建築物のエスペラント語、木製建築物のイド語、色々な言語で苦労して来たベブソンとしては、『勝負あった!』と思っているのですがね。(:−P

感想2

超訳素晴らしいですね。跳躍しておりますよ!

確かに、ザメノフ氏の仰っているのもモットもなのですが、ここで二律背反とゆう言葉を思い出します。何かを得ると何かを失う。両方ゲットは許して貰えない悲しさ!
彼が得たいと狙っているモノを手に入れると、同時に失うモノ、逃げてしまうモノが発生するんです。それが何かは体験して来ない人間にはチト説明が難しいので、ここでは言えません。

所で、どんな言語であっても、人間生活に十分な論理性を獲得しております。でも長い歴史の中で不要な非論理性も沢山紛れ込んでいるのです。西欧の言語の中から、それらの非論理性を完全に排除してしまったザメノフ氏はやはり大天才だと思います。でもその非論理性に幾分の味を感じていた西欧人には、エスペラントは何か味が足りない。美味しくないとゆうので、インテルリングアの様な国際語も生まれて来ました。私の様な人間にとっては、昔から慣れ親しんだ味がします。ですからインテルリングアにもかなりの追従者がおります。でも、折角、ザメノフ氏が苦労して排除した詰まらない非論理用法を又、持ち込んで来るのは少しお馬鹿さんなんですね。
ここで振り返ってみると、イド語はエスペラントの非論理性を排除した骨格を保ちながら、西欧語の味付けも感じられて、私の様な西欧語に慣れ親しんだ人間にもエスペラントで感じていた不自然さを殆ど感じずに他の西欧語と同様な色々味のある表現ができるのです。

出会った瞬間に、『非論理性の大嫌いな俺でも、エスペラントには無かった西欧語の味もする論理的な美味しい言語だな〜。』と思ったのですね。日本語しか喋らない日本人でも、イド語を勉強すると、無駄な非論理性をスルーして西欧語の醍醐味を味わえるのではと感じております。

verbum303の感想

「もちろん人は、別のモノを得るために、それと同じ価値のもの(もっと価値がある場合もあるが)を、少しの期間だけ失うのです。しかし、最初に失うことなしには、得ることはできません。もしあなたの手の中に、なにか好きなものがいっぱいあったなら、持っているものを先ずなくしてから、もっと素敵なものを受け入れることができます」
これは、クロード・ピロン(1931-2008、ベルギー人)さんの言葉で、彼の著書「Bona Lingvo」の「題4章 定義する傾向、想起する傾向」の中で述べています。ピロンさんのエスペラントに対するアプローチは、おそらくイド語のエスペラントに対するものと、真逆であり、対極に位置していると思われます。同じような言葉が、ベブソンさんから発せられたことに少し驚きました。

追加感想

クロード・ピロン氏の言葉を有難う御座います。私は彼が例として上げているフランス語もヘブル語もインドネシア語も多少なりとも勉強しましたので、彼の言いたい事は非常に良く分かりました。私も或る言語から別の言語に乗り代わる時には、色々なモノを失いながら喋っておりますので、それは気になりません。体を失わなければ、着物は失っても良いのです。ユダヤ人はそうして逃げて、命を全うして来ましたから。

>それが何かは体験して来ない人間にはチト説明が難しいので、ここでは言えません。
と言ってしまいましたが、言わざるを得ない所に追い込まれてしまいましたね。

昆虫採集を例に上げましょう。自然界で生きている昆虫は常に同じ状態ではなく色々変化して生きておりますが、蝶が甲虫(カブトムシ)になったりはしません。
蝶を一番綺麗な状態で見たいのなら、博物館で見られる様に、ホルマリンを打って、ガラス・ケースに保存すれば最高です。でも、そこには美しくも醜くも変化し続ける蝶はもう居ないのです。蝶の本質は醜くなる可能性があろうとも、『生きている』事にあるのです... エスペランチスト達に非難される事を覚悟して言えば、ザメノフ氏はエスペラントを最も美しい状態に保つ為に、ホルマリンを打ちますと言っているのですね。『どうぞ、やって下さい。でも、そこにはもう生きたエスペラントはいませんよ!』とベブソンが反論しているのですが、蟷螂の斧の様な気がしないでもありません。私は逃げる達人の武術家ですから、皆様方から非難や攻撃を受ける事は余り言いたくないのですが、言わされてしまいましたね。

追加感想その2

沢山の言語が話されているヨーロッパでも、実は殆どの人達は単言語話者であり、別の言語に出会うと万歳の状態なのです。その中でザメノフ氏のエスペラントに出会って救われている人も大勢いると思います。でもクロード・ピロン氏の言葉の様に、エスペラントでも自分の言語内容の全てを表現できる訳ではありませんから、自分の言語のある部分を捨てないとエスペラントに熟達する事はできません。こんな事は多言語話者のヨーロッパ人にとっては自明の理、言わずもがなの事なのですが、単言語話者のヨーロッパ人には優れたアドバイスになっております。
さてクロード・ピロン氏やベブソンの様に、言語間を渡り歩くのは、いつも苦労を伴い周りから見るほど簡単な事ではありません。それでもヨーロッパ人がエスペラント語やイド語を習得するのは非常に可能な事なんです。でも日本人にとって英語を含むヨーロッパの言葉に熟達する事は、自分の言語である日本語に深い理解がないと《真の意味では》不可能な事に思われます。そこで皆様方に是非読んで頂きたい本があります。

講談社選書メチエ 『日本語に主語はいらない』百年の誤謬を正す 金谷武洋 著
この金谷氏は、長年、カナダのケベック州で現地の学生にフランス語を使って日本語を教えて来られた方です。

この本を読むと御自分の言語、日本語に深い理解と愛が得られます。それからヨーロッパ語に立ち向かえば、エスペラント語やイド語以外でもヨーロッパの言葉に熟達する事がより簡単になると信じます。

日本語の秘密の一つ

金谷武洋氏は、長年、カナダのケベック州で現地の学生にフランス語を使って日本語を教えて来られた方なのですが、家庭では、カナダ人の奥様とフランス語で生活されている訳です。この本の中で国際結婚をされた蓮實重彥氏が日仏バイリンガルの自分の息子に前触れもなく突然『あなた』と呼ばれて衝撃を受けた話をされていますが、御自身の家庭では如何なのでしょうかね?

この日本語に主語がいらない事実を、脳科学の分野から追求されて書かれた本があります。
講談社選書メチエ 『日本人の脳に主語はいらない』月本洋 著
著者は東京大学工学部計数工学科卒の方です。徹底的科学的に日本人の脳を研究されております。

でもこの研究の流れは実はベブソンの若かりし大昔に東京医科歯科大学耳鼻科の角田忠信先生が書かれた
『右脳と左脳』小学館 から始まったのですね。この本は私にとっては、本当に衝撃的でした。
日本人の脳は西洋人の脳と働き方が全然違う。それは日本語の所為ですと。
そうなんです。ですから日本人は何年英語を勉強しても下手なのです。でもそれで良いのです。
だって、日本人の脳は西洋人の脳と働き方が全然違うんですから。
『ベブソンの様に西欧語と日本語の間で余計な苦労しなくても良いでしょう。』と考えていました。
でもイド語に出会ったら、苦労ぜずに日本語と西欧語の間を継げる可能性があると感じたのです。
しかも伊藤氏が突然何処からか現れて、英語で書かれた私のイド語教科書 (Ido-Skolo) を素敵な日本語で訳して下さったのですから、日本人にとっては大きなチャンスだと思っているのですがね。
この『初めてのイド語』が何処まで広がってくれるのでしょうかね?

感想3 言語の非論理性でお馬鹿にされている人類

イド語を学んでいるエスペランチストで、パキスタン在住のNadiさんとゆう方が居らっしゃいます。私からしたら天国に思える日本からワザワザ頑迷固陋な社会体制のパキスタンへ行かれた方です。何故、そんな失礼な事を言うかとゆうと.....

現在、世界中で昔から連綿と続いている頑迷固陋な体制の中で、モガき苦しんでいる人達が大勢います。マア、イスラム社会です。
他方、欧州の様なキリスト教社会も、国の人口が半減する様な恐ろしい宗教戦争を経て、近年やっと落ち着いて来た所です。
ユダヤ教だって頑迷固陋さに於いては、一寸前のキリスト教と余り変わりはありません。ハムを食べちゃいけないよとかね!
でも、ユダヤ人は遺伝的に優秀なのでしょうか、不合理に満ちたユダヤ教の圧迫の中で、何とか何とか反発して合理精神でモノを考えられる人間が何人か現れて来ましたので、ノーベル賞の20%をユダヤ人が獲得しております。それでも大概のユダヤ人は頑迷固陋であるのも事実です。

人間は詰まらない事に固執して合理的に考えられない生き物なのです。何故?何故?何故?何故?
それは脳が非合理性に満ちた言語を使って考えているからなのです。実は言語を良くしなければ、脳も良くなりません。
嘗て七つの海を制覇した大英帝国も、ロンドンを除けばショボイ田舎国だと思うのですが、当時は人材が溢れ出ていた。私は、それは全ての不合理を綴字に押し付けて、本体の文法を単純明快にして庶民にも使い易くした言語のお蔭だと思っているのです。これで綴字法も簡単明瞭なモノであったのならば、大英帝国は巨大英帝国になっていたのではないかと想像しております。エスペラントも英語文法の簡明さに刺激を受けて作られておりますからね。昔、ある先生が、形容詞や名詞が格変化するドイツ語と一切の格変化の無い英語を比較して、ドイツ語は固定ギアの自転車、英語はフリーギアの自転車であると仰っておりました。固定ギアの自転車は玄人向けの複雑な動きを楽しめるのですが、操作が難しい。フリーギアの自転車は操作が簡単で誰でも乗り熟す事ができると。その時に、私が英語やドイツ語を喋っている時の感覚として実に的確な比喩だなと感心しました。英語は確かにフリーギアの自転車なんです。自転車の運転そのモノに全然気を使わなくても、サイクリングで景色を楽しめるのですね。
http://www.bicyclefil.com/entry/2015/09/03/224916
この自転車の話をされたのは、確か、泉井 久之助(いずい ひさのすけ、1905年7月2日 - 1983年5月28日)先生が『ヨーロッパの言語』(1968年12月、岩波新書、岩波書店)の中ではなかったかと思うのですが、どなたか詳しい方が居らっしゃいましたら、御教授下さい。Parenteze (所で) 先生の『ラテン広文典』(1952年2月、白水社。2005年8月、新装復刊、白水社)は大変な名著でしたね。

不思議な事に不合理な言語を使っているのにも拘わらず、頑迷固陋な伝統に押し潰されずに、古臭くなって駄目な制度をスクラップビルドして新しい方法を作り出して社会情勢の変化に上手く適応して来た人種がいるのです。それが日本人です。日本のお隣りの韓国人も中国人も頑迷固陋な人達が多いのにね。ですから、日本人には余りイド語は必要ないかも知れませんね? 
(実は日本語も不合理に満ちている様でも、脳を活性化する或るメカニズムが組み込まれている言語なのですが、この秘密はここでは述べません。)

でも、ユダヤ教社会、キリスト教社会、イスラム教社会には、絶対に、イド語を使って欲しい。
自分達が如何に詰まらない論理に縛られて身動き取れなくなっているかに気が付いて欲しい。
伝統に縛られた頑迷固陋な体制から抜け出して欲しい。世界はもっと幸せになって欲しい。

最初、イド語教室は日本語で作る必要を感じていなかったのですが、伊藤氏に出会って、日本人だって頑迷固陋な少数派は居るのですから、大勢の日本人がイド語を学んで世界を学べは、日本人も変わるし、世界の人達もより簡単に日本人のノウハウを学んで幸せになれると、感じ始めました。
伊藤氏の日本語イド語教室をお手伝いしている理由もそこにあるのです。

言語の大天才 泉井 久之助先生と『ヨーロッパの言語』

私が40年前に読んだこの本をアマゾンで見付けましたので早速注文しました。
やはり、この本でしたね。今、読み返して見ると泉井久之助先生は言語の大天才なのだな〜と改めて思いました。ヨーロッパの言葉を幾つも喋る私でも、ヨーロッパの言語の内部構造をこんなに深く解析する事は不可能です。いや、他のヨーロッパ人でもこれ程の本を書いた人には出会った事がありません。

他にも、ヨーロッパの言語の内部構造を深く見つめて、そこから全ての無駄で余計なモノを削ぎ落としてエスペラントを作ったザメノフ氏もやはり大天才なのでしょう。しかし乍ら、とても残念な事にそれを彼は一人仕事で行ったモノですから、彼が削ぎ落とし過ぎた点がヨーロッパの言語の美味しい風味を幾分失わせているのです。(ベブソンの感想)

『ヨーロッパの言語』

そこで先ず注意していただきたいのは、言語的ヨーロッパにおいて、今の英語が持つ構造上の位置である。英語はいかにもヨーロッパで成立した生粋のヨーロッパ語のひとつにはちがいない。しかし構造的にみて古今のヨーロッパの諸言語のうち、これほど形態法の簡素化がすすんだ言語は一つもない。........

xxxxx

まとめてこの場合をたとえれば、今の英語の名詞的辞節は以前のコースター(coaster)式の自転車で行くのに似ている。それは動き出せば絶えず力を入れてペダルを踏み続ける必要がない。踏む脚をとめて表現の坂道を下れば自転車はそのまま走って、乗る人が手でブレーキをあやつりスピードの加減さえすればその人が希望する格の街路のいくつかを安全に曲がり込むことができる。
ドイツ語はこれに対して踏切式の自転車のようである。走っているかぎり乗る人の脚は常にペダルとともに回転し、希望する「格の街路」へ曲がり込むにもペダルでいちいち速度の加減をはかり、その人の脚はつねに休むいとまがない。このため、ドイツ語ばかりか、ほかの多くのヨーロッパの諸言語も、その脚の負担の軽減をはかってできるだけその自転車をコースター式に近づけ、さまざまな格の街路へ曲がり込むにも脚の代わりに「前置詞の手」を使ってそれを軽快に実現できる道を模索しながら進んで来た。

xxxxx

名詞的辞節の格にかんして踏み切り式の表現様式を持つ言語はヨーロッパにおいてはドイツ語ばかりではない。ドイツ語と同じようにゲルマン語派の中でも西ゲルマン語に属する今のオランダ語もそうであり、(ベブソンの註:今のオランダ語は泉井久之助先生時代のオランダ語よりももっと英語寄りになって簡易化されております。) またオランダ王国の東北部とその前面に散開する島々の今日のフリース語(Frieseian) もそれである。殊にその傾向が著しいのは東ヨーロッパのスラブ語派の諸言語である。たとえばそのロシア語(大ロシア語) では、上の英語における辞節の表現(the big stone) を一応 большой камень(バリショーイ・カーミニ) として再現することはできる。 しかしたといそれはできてもこの辞節はすでに主格の形であって、英語に見られるような一般的なそれではない。守旧的なロシア語は今もなお単複の数に六格の区別を保持している。従って上の英語の辞節を如何様に再現しても、結局は単複の六格のどれかにおさまるばかりで、ここにも一般格としての形はない。日本語の「その大きい石」、英語の「the big stone(s)」にそのまま該当する表現方法はそこにも存在しない。名詞的辞節はロシア語においても常にいずれかの格に属し、核的に裸の辞節というものはない。それはヨーロッパ古代の古典語においても同様であった。このあたりでは名詞的辞節はいつも踏み切り式である。

このページへのコメント

イヤイヤ、ザメノフ氏は大思想家ですよ。
言語間の争いを平定して、妥協の産物の共通項を打ち立てる。-> Esperanto
宗教観の争いを平定して、妥協の産物の共通項を打ち立てる。-> Homaranismo
実はパラドックスでもあるのですが、この妥協の産物の共通項とゆうモノは少しでもグラグラしては、妥協を支える支柱には成り得ないのですね。厳密で固定された支点の上でのみ、色々な人間たちがグラグラと動き回りながら、平衡状態を保って行く事が可能となります。

イド語は支点にはなりませんよ。だって常に微妙に動き回りながら自身の行くべき方向へ発展して行っておりますからね。マア、目を持った台風の様なモノです。興味のある人間達をイド語台風に巻き込んで行きます。私もこのイド語台風に巻き込まれて飛ばされております。支点(目)よりも、その進行方向が気になるのです。

Posted by Bebson HOCHFELD 2017年06月12日(月) 19:55:41

ベフソンさん、訂正と、コメント(チャチャ)を、ありがとうございます。ザメンホフさんは、思想家というよりも、活動家というイメージですね。際限なき論争の道よりも、理論的な間違いを一旦、棚上げしても、“エスペラント”を組織的にまとめ、維持しようという“苦悩”を読み取れます。

Posted by  verbum303 verbum303 2017年06月12日(月) 14:15:48

ウップス!
上記コメントを -> 下記コメントを
になりますね。コメントが下から上へ積み上がって行く事に気付きませんでした。

Posted by  bebson bebson 2017年06月10日(土) 20:59:54

ザメノフ氏って、やっぱりユダヤ人なんだな〜!

子供の頃から勉強ばかり強制されて、頭が良すぎる様になると、どうしても欠けてしまうモノが出て来ますね。

マア、日本人の官僚連中にも似た様な傾向が見られますが、......(:−P

Posted by Bebson HOCHFELD 2017年06月10日(土) 20:57:06

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ボーフロンの練習帳

練習帳

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます