エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。


前置詞「de」について


イド語はエスペラントの改良版ですので、多義的な前置詞「de」についても、改良を施しています。
「de」について、どのように改良しているのかを考えてみましょう。
エスペラントの前置詞「de」は、幅広い意味をもっているので、使い方によっては意味が曖昧になることがあります。

エスペラント日本語辞典の解説によると、次のようになります。

「de」は、行為者を示す場合と、行為の対象となるもの(客体)を示す場合があります。
たとえば、行為者を表す場合は、
Li estas amata de ĉiuj.(彼はみんなから愛されている)
次に、行為の対象(される側)となる場合は、
deklamo de poemo(詩の朗読)

この場合、「deklami poemon」(詩を朗読する)という意味となります。コンテキストからいっても、「poemo deklamas」(詩が朗読する」とはなりません。
この場合の前置詞「de」は、その後に、「deklamo」の客体(=対象=意味上の目的語)が来ます。

このことから、「amo de la infano de la patrino」という文章を考えてみると、二つの意味に取られてしまいます。
つまり「amo de 〜」の中の「〜」の部分が、行為者(主語)を示すのか、客体(目的語)を示すのかで意味が異なってきます。

1)子が母を愛する(子による母への愛)=行為者 la infano amas

2)母が子を愛する(母の子どもへの愛)=客体 amas la infanon

この混乱をなくすために、エスペラント的な解決方法は、次のようになります。
すなわち、前置詞「al」を使って、行為の対象を明確にする方法です。

1)amo de la infano al la patrino
とすれば、子が母を愛する(子が行為者=主語、母は客体=目的語)となりますし、
2)amo de la patrino al infano
では、母が子を愛する(母が行為者=主語、子が客体=目的語)になります。

これに対して、イド語は、前置詞「de」から「受け身の行為者」の意味をなくして、別の前置詞「da」を創設する方法を取っています。
すなわち、
amo da la infano
は、「子による愛」となります。
amo de la matro
とすれば、「母からの愛」ですね。

エスペラントの前置詞「de」には、「所有、所属」を表す意味もありますが、イド語前置詞「de」には「所有・所属」を表す意味はなく、新しい前置詞「di」が導入されています。
amo di la matro
とすれば、「母の持つ愛」となるでしょう。
このように考えれば、イド語の前置詞「de」から、客体を表す意味合いは消えていると見るのが妥当のようです。

前置詞「de」をめぐるエスペラントとイド語を表で比較してみましょう。
イド語エスペラント
〜から(出発点)dede
〜から(時の起点)
(客体を示す)
受け身の行為者da
所有・所属di
量的指定deda

イド語で、受け身の行為者を示す前置詞「da」を導入した結果、対象の量的指定を表す前置詞は「de」に統合されたと思われます。

「da」「 de」「 di」の使い方

デビット・マンの解説


前置詞「da」「 de」「 di」の区別や使い方についての説明を、デビット・マン(David MANN)氏が編纂したイド語辞典から引用します。
Praktikal regulo por selektar inter ta tri prepozicioni esas la sequanta:
実際にこれら三つの前置詞の中からどれを選択するのかという方法は次のとおりです。
Se la senco postulas klare l'ideo di l'agento od autoro, uzez da;
もし、その意味が行為者あるいは創作者の概念を明確に要するものならば、「da」を使いなさい。
se ol postulas klare l'ideo di deveno, o di konteno o di quanto, uzez de;
その意味が、由来の概念、包含の概念あるいは量の概念を要するものならば、「de」を使いなさい。
en cetera kazi (do en omna dubebla) uzez audace di;
その他の場合(したがって疑いのある全ての場合)には、「di」を使いなさい。
nam olca esas la maxim generala de la tri, korespondanta a la genitivo; II—33.
なぜなら、これ(「di」)は所有格に符合する、三つの最も一般的なものだからです。(供治械魁
On povas generale sequar ica regulo (por selektar inter de o di):
(「de」と「di」の中からどれを選ぶかは)、一般的に次の規則に従うことができます。
Uzez di kande la sequanta substantivo havas artiklo;
次に来る名詞が冠詞を持つ時には、「di」を使いなさい。
uzez de kande ol hava nula artiklo; (III—624).
冠詞がない時には「de」を使いなさい。(掘治僑横粥
最後の部分にある(供治械魁砲筺吻掘治僑横粥砲蓮△覆鵑蕕の書籍の引用記号だと思われますが、今のところ不明です。
ちなみに、デビット・マン(David MANN)氏https://io.wikipedia.org/wiki/David_Mann は1979年生まれの米国人で、2000年代初めころまでイド語に関する活動をしていたようですが、最近の動向は不明です。ネット検索でも、ヒットしませんね。

簡易イド語文法の解説

栗山仁さんの「簡易イド語文法」に、これらの前置詞の用法について、”簡易に”まとめられています。”灯台下暗し”でした。この「イド語文法」は、とてもよく考えられて、編集されている文法書です。もっと、研究すべきだと、反省しています。レイアウトを変えて、引用します。

da =「・・の,・・による」
(行為者)Il esas amata da omni.彼はみんなに好かれる
(作者)La poemi da Victor Hugo.ヴィクトル・ユーゴーの詩

de =「・・から」
(出発点)De ube vu adportas ico?君はこれをどこから持ってきたのですか
Me savas to de longe.私はずっと前からそれを知っている
(起源)Ta juvelo venas de mea matro.その宝石は母からのものです
(原因)Me sufras de nevralgio.私は神経痛を病んでいる
(時間)El esas malada de tri semani.彼女は3週間前から病気だ
De nun vu ne plus ekiros sen me.今からはもう私と一緒でなくても行けるでしょう
(分量)Un metro de drapo.布1メートル
Taso de kafeo.コーヒー1カップ

di =「・・の」
(属格)La libro di Petrus.ペトルスの本
Di qua esas ta domo?その家は誰のですか

ベブソンの解説

daも deも diも 後ろに来る名詞が主体であり、前に来る名詞は、その客体です。 例えば.....

amo da la matro = la matro amas ..... 母が愛している (行為者を表す)
amo de la matro = la matro donas amo a ..... 母から愛が流れている (流れの源を表す)
amo di la matro = la matro havas amo a ..... 母がその愛を所有している (所有者を表す)
pekunio di la matro = la matro havas pekunio 母が所有しているお金 (所有者を表す)

ですから、daも deも diも 後ろから前に流れる矢印です。<−−−
所が、最後の diだけは矢印を前から後ろに流す事が可能なのです。−−−>

lernado di matematiko 数学の学習 :(不明な主体)+動作(名詞)+di+客体 となっておりますね。
元に戻って....

pleado da Petrus ピーターによる演奏 <−−−
pleado de radiofono ラジオから聞こえて来る演奏 <−−−
pleado di Petrus ピーターが持っている(CD)の演奏 <−−− 
pleado di violino バイオリンの演奏 −−−> バイオリンが所有している演奏ではありません。

最後の pleado di violino バイオリンの演奏 −−−> で矢印が反転した時に、私は
pleado din violino とゆう表現をして矢印の反転を明確にしています。
din が現れたら次は主体ではなく、客体である訳です。
ベブソンの発明ですが、支持者が増えるかどうかですね。(:−P

このページへのコメント

エスペラント語にも、イド語の da に相当する pere de とゆう言い方があります。

でも、エスペラント語では簡単に出ない音が、イド語ですと、いとも簡単に出てしまうのですね。やっぱり、ストラディバリウスですからね。(:−P

Posted by Bebson HOCHFELD 2015年06月01日(月) 19:20:36

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ボーフロンの練習帳

練習帳

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます