エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

簡易イド語文法(その3)

名詞 Substantivo

1) 形態
名詞の単数は oで終わる複数は語尾を i に代える。
ただし,o, i で終わるものがすべて名詞というわけではない。
単数複数
pomopomi
hanohani
pueropueri
2) 性
文法上の性はない。 生物的な性は接尾辞で示す。
男性女性
puero 少年または少女puerulo 少年puerino 少女
hano ニワトリhanulo 雄鶏hanino 雌鳥
いくつかの名詞、例えば viro (男) の様なモノは本来の男性、muliero (婦人) の様なモノは本来の女性、他の大概の生物名詞は通性になる。*1
3) 格変化
目的語が動詞に先行するする場合には n をつける。
目的語が動詞の後にくるときには主格そのままを使う。
La libron me kompris.わたしはその本を買った。
Me kompris la libro.

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

ボーフロンの練習帳

練習帳

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます