エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

(短編小説)庭の中の一角獣 NOVELO : L’Unikorno en la gardeno




Olim dum sunoza matino, viro qua sidis an sua dejuneto-tablo cesis regardar sua mixita ovi por vidar blanka unikorno kun ora korno, qua pasturas la rozi en lua gardeno.
昔、日の光あふれる朝に、朝食のテーブルに座っていた男が、庭の中でバラを食んでいた黄金の角のある白い一角獣を見るために、自分の混ぜ卵から目を離した。
La viro kuras aden la dormo-chambro ube lua spozino dormas ankore e vekigas elu.
その男は、妻がまだ寝ていた寝室へ駆け込んで、妻を起こした。
« Esas unikorno en la gardeno » il dicas. « Lu manjas rozi ».
「庭に一角獣がいるぞ。バラを食べている」と彼は言った。
El apertas ne-amikala okuli e regardas ilu.
彼女は敵意のある目を開けて、彼を見つめた。
« L’unikorno esas mitala bestio », el dicas ed el montreskas sua dorso a lu.
「一角獣って、架空の動物なのよ」と言って、夫に背を向けた。
Lore la viro decensas lente l’eskalero ed ekiras aden la gardeno.
そこで、男はゆっくりと階段を降りて、庭に出ていった。
L’unikorno esas ankore ibe, lu, nun, pasturas la tulipi.
一角獣はまだ、そこにいて、いまは、チューリップを食んでいた。
« Venez adhike, unikorno dicas la viro ed il kolias lilio e donas ol a lu.
「こっちへ、来いよ。ユニコーン」と男は言い、ユリを摘んで、一角獣に与えた。
L’unikorno manjas ol grave. Fiera e joyoza, forsan pro ke unikorno esas en sua gardeno, la viro acensas l’eskalero ed itere vekigas sua spozino.
一角獣はそれを真剣に食べた。おそらく一角獣は自分の庭にいるのだからと、得意になって、喜んだ男。男は階段を登り、再び妻を起こしに行った。
« L’unikorno », il dicas « manjis lilio ».
「ユニコーンがユリを食べたよ」と彼は言う。
Lua spozino sideskas sur la lito e regardas lu, kolde.
妻はベットに座り、夫を冷たく見つめた。
Lore el dicas « tu esas dementulo », e me sendos tu a dementerio ».
彼女は言う。「あんたは、狂人よ。精神病院に送ってやるからね」
La viro qua nulatempe prizis la vorti « dementulo » e « dementerio », e qua prizas oli mem min multe ye sunoza matino kande esas unikorno en la gardeno, reflektas dum instanto.
男は、「狂人」とか「精神病院」という言葉が好きではなかったし、庭に一角獣がいる日の光明るい朝に、それらの方が少しは好きだったので、すぐに反応した。
Il dicas « ni exploros ica afero ».
「こいつを調べてみよう」と、彼は言った。
Il marchas vers la pordo.
彼はドアの方へ歩いて行った。
« Lu havas ora korno meze di sua fronto »
「あいつは、前頭部の真ん中に黄金の角があるんだ」
lore il dicas ad el.
彼女に対して、そう言った。
Pose il retrovenas aden la gardeno por observar l’unikorno, ma l’unikorno esas departinta.
そして、彼は一角獣を探しに庭の方へ戻ったけれども、その一角獣は消えていた。
La viro sideskas inter la rozi e fine dormas.
男はバラの中に座り、やがて寝てしまった。
Quik kande la spozulo esas ekirinta la domo, la spozino staceskas e vestizas su tam rapide kam el povas.
夫が家から出て行ってすぐに、妻は立ち上がり、できるだけ早く服を着た。
El tre ecitesas ed esas stranja lumeto en elua okuli.
彼女はとても興奮しており、彼女の目の中には、奇妙な光が光っていた。
El telefonas al policeyo ed a psikiatriisto ; el dicas a li hastar ad elua domo e kunportar koakto-kamizolo.
彼女は警察署と精神科医に電話をし、自分の家に拘束衣を持って、急いでくるように、伝えた。
Kande la policani e la psikiatriisto arivas, li sideskas sur stuli e regardas el kun grand intereso.
警察官たちと精神科医が到着したから、彼らは椅子に座り、興味深く彼女を見つめた。
El raportas « mea spozulo vidis unikorno camatine ».
彼女が言うには、「今朝、私の夫が一角獣を見たのよ」と。
La policani regardas la psikiatriisto e la psikiatriisto regardas la policani.
警察官と精神科医は見つめ、精神科医は警察官を見た。
« Il dicis a me ke lu manjis lilio » elu dicas.
「夫は、一角獣がユリを食べたというの」と、彼女は言う。
La psikiatriisto regardas la policani e la policani regardas la psikiatriisto.
精神科医は警察官を見つめ、警察官は精神科医を見た。
« Il dicis a me ke lu havas ora korno en la mezo di sua fronto », el rakontas.
「彼は、一角獣にはその前頭部の真ん中に金の角があるって言ったのよ」と、彼女は語った。
Ye solena signalo dil psikiatriisto la policani saltas ek lia stuli e kaptas la muliero.
精神科医の厳かな合図で、警察官たちは、椅子から飛び上がり、その女を捕まえた。
Li havas tre mala tempo por vinkar elu, nam el facas terorigiva kombato, ma tandem li vinkas el.
彼らは彼女を捕まえるのに大変だった。彼女は恐ろしいほどの抵抗したためだったが、ついに彼女を押さえ込んだ。
Jus kande li parvestizas el per la koakto-kamizolo, la spozulo retrovenas aden la hemo.
彼らは拘束衣を彼女に着させたすぐ後に、その夫が家に戻ってきた。
« Ka vu dicis a vua spozino, ke vu vidis unikorno ? » questionas la policani.
警察官は聞いた。「あなたは奥さんに、一角獣を見たと、言ったのですか?」と。
« Komprenende no, » dicas la spozulo. « L’unikorno esas mitala bestio. »
「もちろん、いいませんよ」と、夫は言う。「一角獣は架空の動物でしょ」
« Lo esas omno quon me deziris saveskar » dicas la psikiatriisto.
「私が聞きたかったことは、そのことです」と、精神科医は言った。
« Forduktez el. Me tre regretas sioro, ma vua spozino esas tam dementa kam la dementa bovini di siorino Thatcher. »
「彼女を連れていって下さい。お気の毒ですが、あなたの奥さんは、サッチャー女史の狂った雌牛のように狂っているのですよ」
Tale li forduktas elu, dum ke el blasfemas ed ululas, e li inkluzas elu en dementerio.
このように、その妻がわめいていたけれども、彼らは連れて行き、精神病院に彼女を入れた。
Pose la spozulo vivis sempre felice.
その後に、夫はいつも幸せに暮らしたのでした。
(Segun James Thurber : The Thurber Carnival)
(ジェームス・サーバー*1「サーバー・カーニバル」より)

この文の電子書籍はここ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

ボーフロンの練習帳

練習帳

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます