エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

Sufixi. (ab-ebl) 接尾辞 その1(ab-ebl)


Quale ni dicis ye « Derivado per afixi », la sufixi insertesas inter la radiko e la dezinenco, segun l'ordino en qua li aplikesas ica ad ita, se pluri uzesas.
『接辞を用いた派生』で述べたように、接尾辞は、語根と形式語尾の間に挿入される。もし複数で使われるならば、いろいろと応用される慣例に従う。
-ab-. — Sufixo exkluzive verbala, quik propozita por indikar l'anteeso, relate la tempi -is, -os, -us, exemple. Ma la Komitato dil Delegitoro ne adoptis lu pro la motivi expozita en Progreso, I, 567.
「-ab-」。動詞に限定された接尾辞で、例えば時制(過去、未来、条件法)に関係して、先行性を示すために、すみやかに提案されたが、しかし、代表団の常任委員会は、「Progreso」誌第1巻567頁で掲載された理由のため、これを採用しなかった。
Tamen ja lore dicesis : « se la sufixo ab od irg altra procedo esas vere plu facila e komoda por la maxim multa, on devos preferar ica ad ita ». La prevido realigesis e, pro to, per la decido 407 « on admisis, kom provizora probado, la uzo di la sufixo -ab por formacar la tempi antea : amabis = esis aminta, amabos = esos aminta, amabus = esus aminta » (junio 1911). Noto dicas : « On devas remarkar, ke l'Akademio ne adoptis la formo amabas » *1.
しかし当時、『接尾辞「ab」あるいは他の手順は、多数に人にとって簡単で便利であるならば、好まれるだろう』と言われていた。その予測は、決定407『接尾辞「-ab」の使用は、先行する時制を作るために、暫定的な試用として許可されたことで、実現した。すなわち「amabis」=「esis aminta」、「amabos」=「esos aminta」、「amabus」=「esus aminta」』(1911年6月)によって、達成された。注では『アカデミーは「amabas」の形は採用しなかったことを注目しなければならない』とあった。
Fine, per la decido 784 (decembro 1912), « on adoptas unanime e definitive la sufixo ab por l'antea tempi ».
最終的に、決定784(1912年12月)によって、『先行する時制のために接尾辞「ab」は満場一致で最終採用された』。
La sufixo ab inspiresis al propozinto da : amabam, amabas, e. c. Latina, en la penso, ke on povos prizentar lu kom quaza radiko di D. haben, E. have, S. haber, I. avere, F. avoir e docar : uzez ab (-abis, -abos, -abus) ube ta lingui uzas havar en tempo kompozita.
接尾辞「ab」は、「amabam」「amabas」などのラテン語による”提案“にヒントを得たものであった。また、その概念は、いわば、ドイツ語「haben」、英語「have」、スペイン語「haber」、イタリア語「avere」、フランス語「avoir」の語根として与えられているというものである。これらの諸言語が複合時制の中で「havar」を使っているので、「ab」(-abis, -abos, -abus)を使おう、というものだ。
Esas tre rekomendata ne uzar -abis ube is suficas, altradice : ube ne esas necesa indikar, ke tempo pasinta preiras altra pasinto.
「-abis」を使わないことが、推奨されているが、それは「-is」で十分であるからである。いいかえれば、過ぎ去った時間は、別の過去に先行することを示す必要はないわけだ。
Exemple, ne dicez : Me vidabis vua patrulo hiere, nam hike nula tempo pasinta preiris altra. Ma kontree dicez : me finabis mea laboro kande vu arivis, nam en ica exemplo la pasinto finabis preiris la pasinto arivis.
例えば、「Me vidabis vua patrulo hiere」(昨日、私は父を見た)と言うべきでない。なぜなら、ここでは、過去時制が、別の過去に先行してないからである。一方、次のように言うべきである、「me finabis mea laboro kande vu arivis」(あなたが到着した時、私の仕事は終わっていた)。この例では、到着した過去よりも、仕事を終えた過去が先行していたからである。
-ach-. — Ta sufixo, inspirita dal Italiana -accio, quik substitucesis ad ac propozita, kom pejorativo.
「-ach-」。この接尾辞はイタリア語の「-accio」からヒントを得たもので、軽蔑的な表現として、(すでに)提案されていた「ac」の置き換えられた。
La Komitato di la Delegitaro judikis ol plu expresiva kam ac.
代表団の常任委員会は、「ac」よりも、表現力があると判断したのだ。
Per pejorativa sufixo on expresas qualeso tre infra, nuanco di desestimo, antipatio, repugneso :
|軽蔑的接尾辞を用いて、劣悪な品性や、侮蔑、反感、嫌悪のニュアンスを表現する。|
kavalacho = kavalo di infra, di mala qualeso;
「kavalacho」=劣悪で、質の悪い馬、駄馬;
populacho = infra populo, grosiera, maledukita;
「populacho」=劣悪で、荒っぽく、教育を受けていない大衆;
belacho = di qua la beleso insipida, neexpresiva, havas nula charmo;
「belacho」=風味のない美しさのもの、なんとも表現できないもの、何の魅力もないもの;
dolcacha = di dolceso sensapora e, pri personi, di dolceso simulata;
「dolcacha」=(人の)味気のない甘さの、ものまねされた優しさの;
bravacho = falsa bravo qua simulas braveso;
「bravacho」=勇敢さを真似た偽りの勇ましさ;
paperacho = papero tote neutila, sen ul valoro, ne konservinda.
「paperacho」=全く役に立たない紙、価値のない紙、保管する価値のない紙。
Il ne kantas, ma kantachas.
「Il ne kantas, ma kantachas」(彼は歌わないが、ハミング程度ならやるよ)
Quale dormar sur ta litacho?
「Quale dormar sur ta litacho?」(どうして、そんなひどい寝床で寝るのか?)
Ico vino! ha no, certe, ma vinacho nedrinkebla.
「Ico vino! ha no, certe, ma vinacho nedrinkebla.」(このワイン!ああ、まったく、飲めた代物じゃないよ。)
Ta sufixo devas nultempe uzesar kom diminutivo. Exemple, brilacho esas falsa brilo e nule brileto = brilo febla.
この接尾辞は指小語として使うべきでない。例えば、「brilacho」とは、偽りの輝きであって、きらめきではない。弱々しい光。
Same ol devas ne uzesar pri la organi o funcioni di la bestii, ecepte se on volas expresar repugneso :
同じく、この接尾辞は、動物の器官と機能について嫌悪を表現したい場合を除き、使用が禁止される。
la bestii (quale ni) havas boko, pedi, e. c., e (quale ni) manjas, drinkas, e. c. No, me ne povas asentar, ke la hipopotamo havas boko: ol havas bokacho.
(我々のような)動物には口や足などがあり、また、食べたり、飲んだりする。いや、カバには「boko」(口)があるということに、同意できない。カバは「bokacho」(大口)をもっているのだから。
-ad-. — Ta sufixo, quik adoptita, trovesas en la Latina lingui.
「-ad-」。この接尾辞はすみやかに採用され、ラテン諸語の中にあるもの。
Ol indikas ago durolonga o kontinue plurfoya. Se per kanono o fusilo on pafas unfoye, la ago esas pafo.
これは、継続的に長期の行為、あるいは続けて複数回行われた行為を示す。もし大砲や銃を用いて一回撃つならば、その行為は「pafo」である。
Ma se on iteras plurfoye, se on duras pafar adminime kelke longe, la ago esas pafado *2.
しかし、複数回繰り返されるならば、少なくともいくらか長期に撃ち続けるならば、その行為は「pafado」である。
Dicante tre laute: Ho! me produktas klamo. Ma, se homi tre forte parolas od interdisputas sur la merkato, sur placo, li produktas klamado.
「おー!」と、大声で、私は「叫び声(klamado)」をあげる。しかし、市場や広場で、人々が強い調子で話したり、口論するなら、「ひっきりなしに叫び声(klamado)」をあげているのである。
Polko, valso, e. c., esas dansi; ma dansado esas to, quon ni altre nomizas : dansarto : dansado esas praktikata da omna populi ed en omna epoki.
ボルカ、ワルツなどはダンスだが、そのダンスは、別の言い方「dansarto」を使う。「dansado」は全ての人々、あらゆる時代に行われているものである。
Parolo esas frazo, frazeto pronuncata : il dicis a me : « vu esas idiota »; il do insultas me per ta parolo.
「parolo」は大小の文を発音したものである、:彼は私に『君は馬鹿だ』と言った。そのように言って、私を侮辱したのだ。
— Parolado esas la fakultato o la maniero parolar *3 ed anke longa uzo kontinua dil parolado : Parolado grantesis nur a la homi.
「parolado」は話す能力、話す様相(方法)ことであり、長い継続的な話の使用でもある。:その人たちだけに、長く話すことが許された。
Ne ilua diskurso hierala fatigis lu, ma lua trihora parolado kun l'advokato camatine.
その人を疲れさせたのは、昨日の彼の演説ではなくて、今朝、弁護士を伴った3時間の話であった。
On evitez misuzar o trouzar ta sufixo. Ol esas uzenda nur kande ol esas nekareebla por la senco.
この接頭辞の御用や乱用は避けるべきだ。これは、意味が不明確になる時にだけ、使うべきである。
L'ex-esperantisti devas partikulare atencar por ne riproduktar en Ido kronado (vice kronizo) ed altri analoga. Mem segun la Fundamento, « ad » indikas duro en la ago.
以前にエスペランティストだった人たちは、「kronizo」(戴冠式)の代わりに「kronado」としたりするようなことを再現しないように、特に注意しなければならない。「(エスペラントの)基礎」によれば、「ad」は行為の継続を示す。
Or certe krono ne esas ago, ma objekto, quale glaso, stulo, e. c., ed on ne darfas uzar kronado plu multe kam glasado o stulado.
ところで、「krono」(冠)は行為ではなく、「glaso」(グラス)や「stulo」(椅子)などのようなモノであり、「glasado」や「stulado」を越える「kronado」を使ってはならない。
Cetere Zamenhof ipsa konfirmis la senco di « indikas duro en la ago » per paf, danc, e ir qui certe esas verbal radiki.
さらにザメンホフ自身は、動詞的語根である「paf」「fanc」「ir」を用いて、『行為における継続を示す』意味を確認していた。
Do, mem judikante segun la defino e l'exempli donita da Zamenhof, kronado violacas la Fundamento.
従って、ザメンホフによる定義や例文によって判断したとしても、「kronado」はエスペラントの基礎の禁を犯しているのだ。
E, por ni Idisti, ol violacus nia explicita principo, ke nul radiko povas donar verbo, se ol ne esas verbala.
そして、私たちイディストにとっても、「語根が動詞的でないならば、その語根は動詞にならない」という明確な原則を犯すことになる。
Or kronado supozas kronar e kron esas ne verbal, ma nomal radiko.
「kronado」は「kronar」を想定しているものの、「kron」は動詞的な語根ではなく、一般語根である。
On anke atencez, ke « ad » unionita ad -is nule donas imperfekto.
「-is」がついた「ad」は未完了にならないことにも留意してください。
Nek is, nek os, nek us chanjas ule sua valoro tempala per uniono kun « ad » : -adis, -ados, -adus = is, os, us, quale adas = as, ma kun duro plu longa en la ago.
「is」「os」「us」でも「ad」と統合しても自らの時制的な意義を変えることはない。行為の長い継続を伴うものであるが、「adas」=「as」であると同様に、「-adis」「-ados」「-adus」=「is」「os」「us」である。
Kompreneble « ad » nultempe darfas uzesar kom vorto nedependanta. Do ne imitez ade = longe, trovebla che l'Esperantisti. Kad malade = kurte, o kad eke esas la kontreajo di ade? Pro quo ne adeco vice longeco, e ekeco vice mallongeco?
もちろん、「ad」は独立した単語としては決して使われない。したがって、エスペランティストたちの使う「ade」(= longe)を真似てはいけない。「malade」や「eke」は「ade」の反意語なのだろうか?「longeco」の代わりに「adeco」を、「mallongeco」の代わりに「ekeco」をなぜ、使うのだろか。
-ag-. — Ta radiko dil verbo agar uzesas kun vorti di instrumento por formacar verbi signifikanta : agar per...
「-age-」。動詞「agar」の語根は、「〜を用いて行為する」という意味する動詞を作るために道具の単語を伴い使われる。
Ex. : krucagar = agar per kruco (por mortigar ulu); klovagar = agar per klovi (por fixigar ulo, planko) *4; agrafagar = agar per agrafi; butonagar = agar per butoni; martelagar fero kupro, e. c.
例):「krucagar」=(誰かを殺すために)十字架を用いて行為する(虐待する);「klovagar」=(床や何かを固定するために)釘を用いて行為する(釘付けする);「agrafagar」=留め金を用いて行為する(〔フックで〕留める);「butonagar」=ボタンで行為する(ボタン付する);「martelagar fero kupro, e. c」(ハンマーで鉄や銅をたたく)
La substantivi : krucago, klovago, agrafago, butonago, martelago ne povas konfundesar a l'instrumenti : kruco, klovo, agrafo, butono, martelo.
名詞「krucago」「klovago」「agrafago」「butonago」「martelago」が、道具「kruco」「klovo」「agrafo」「butono」「martelo」と混同することはない。
Ma, se on formacus direte la verbo per l'instrumento : krucar, klovar, agrafar, butonar, martelagar, la nomo dil ago esus identa a ta dil instrumento : krucar, kruco, klovar, klovo, e. c., e to esus tam nelogikala kam nepraktikala, pro la konfundi e konfuzi qui rezultus de tala formaco *5.
しかし、道具名「krucar」「klovar」「agrafar」「butonar」「martelagar」を直接的に使って動詞を作ったならば、行為の名称は「krucar」「kruco」、「klovar」「klovo」など全く同じになり、そのような形成の結果がもたらす混同と混在のせいで、非実用的なほど非論理的でなのである。
-aj-. — Ta sufixo, quik adoptita, havas equivalanti en novlatina lingui. Ol indikas kozo facita ek ula materio o posedanta ca o ta karaktero :
「-aj-」。この接尾辞は、すみやかに採用されており、新ラテン諸語に同じ語がある。これは、ある材料からつくられたこと、それを所有していもの、その特徴を示している。
lanajo = stofo ek lano; silkajo = stofo ek silko; kotonajo = stofo ek kotono; linajo = texuro ek lino; molajo = mola parto (ex. : mola parto di frukto); grasajo (ex. : grasa parto di karno); ferajo = ulo ek fero (ex. : il vendas olda ferajo, fripi); dolcajo = ulo dolca; bitrajo = ulo bitra; bonajo = ulo bona; verajo = ulo vera; belajo = ulo bela.
「lanajo」=羊毛製の布(毛織物);「silkajo」=絹製の布(絹製品);「kotonajo」=木綿の布(綿製品);「linajo」=亜麻製の生地(亜麻布);「molajo」=柔らかい部分(例:果物の柔らかい箇所);「grasajo」=脂身(例:肉の油部分);「ferajo」=鉄器(例:「il vendas olda ferajo, fripi」(彼は古い鉄器や古着を買った);「dolcajo」=甘いもの(スイーツ);「bitrajo」=苦いもの;「bonajo」=良い物;「belajo」=美しい物。
Per extenso, e kun -al, ta sufixo uzesas por expresar la ideo : ago, parolo, procedo di...
「〜の行為、話、手順」という概念の接尾辞「-al」を使った拡張もある。
Ex. : amikalajo = ago, parolo, procedo di amiko; pueralajo = ago, parolo di puero (puerala).
例):「amikalajo」=友達の行為、話、手順(友好的な振る舞い);「pueralajo」=子供の行為、話(子供らしい振る舞い)。
Aplikata a radiko di verbo transitiva, aj indikas la objekto pasiva di la ago (tote ne la rezultajo); lore ol equivalas -ataj *6 e remplasas participo pasiva :
他動詞の語根に応用された「aj」は行為の受け身の対象を示している(成果物ではない);この時、それは「-ataj」に相当し、受動的分詞に代替でいる。
drinkajo = drink(at)ajo, kozo drinkata (aquo, biro, vino, e. c.); manjajo = manj(at)ajo, kozo manjata (karno, pano, legumi, e. c.); vidajo = vid(at)ajo, kozo vidata (peizajo, panoramo, e. c.); sendajo = send(at)ajo, kozo, kozi sendata; piktajo = (ne pikturo ma) pikt(at)ajo, to quo esas piktata (personi, kozi, e. c.); skultajo = (ne skulturo ma) skult (at)ajo, to quo esas skultata (viro, muliero); konstruktajo = (ne konstrukturo ma) konstrukt(at)ajo, to quo esas konstruktata (la petri e ligni o fero, e. c., uzata por konstruktar); kopiajo = (ne kopiuro ma) kopi(at)ajo (la texto, modelo, e. c.).
「drinkajo」=飲まれるもの、飲料(水、ビール、ワインなど);「manjajo」=食べられるもの、食料(肉、パン、野菜など);vidajo=見られる対象(風景、パノラマなど);「sendajo」=送られるもの、メッセージ;「piktajo」=(絵画ではないが)描かれるもの、対象(人間、モノなど);「skultajo」=(彫刻ではなく)彫刻されるもの、対象(男、婦人);「konstruktajo」=(建物ではないが)建築されるモノ、対象(建築するために用いる石、木材、鉄など);「kopiajo」=(転写物ではなく)複写されるモノ、対象(原文、見本など)。
Mea kopiuro esas ne tote fidinda pro ke mea kopiajo esis apene videbla *7.
「Mea kopiuro esas ne tote fidinda pro ke mea kopiajo esis apene videbla」(私のコピーは、現物がやっと見えるものだったので、まったく信頼できるものではない)
Same, kun la verbi mixita, ajo = a(ta)jo e konseque havas la senco pasiva : chanjajo = kozo chanjata, ne : kozo chanjanta *8.
同じく、動詞と共に使う「ajo」は結果的に受動的な意味をもつ。「chanjajo」=変化したものではなく、変えられたもの。
Aplikata a radiko di verbo netransitiva -aj- indikas la subjekto (necese, pro la naturo dil verbo);
自動詞的語根に応用された「-aj-」は、(必然的に、動詞の性質の)主題を示す。;
ol equivalas -(ant)aj e remplasas participo aktiva, pro ke ne existas pasivo en verbo netransitiva :
これは、「-(ant)aj」に相当しており、自動詞での能動態は存在しないので、能動分詞に代替できる。
rezultajo = rezult(ant)ajo, to quo rezultas, kozo rezultanta; eventajo = event(ant)ajo, to quo eventas, kozo eventanta (od eventinta).
「rezultajo」=帰結するもの、結果。;「eventajo」=生じるもの、生じたもの、出来事。
De longe me timis la nuna eventajo, qua esas meaopinione nur la rezultajo di lia intrigi e di vua inerteso. (Dec. 541.)
「De longe me timis la nuna eventajo, qua esas meaopinione nur la rezultajo di lia intrigi e di vua inerteso.」(ずっと以前から、私の見解であるが、彼の陰謀とあなたの無気力の結果である現在の出来事を危惧していた)(決定541)
Nultempe aj darfas uzesar kom pejorativo (vice ach), quale che l'Esperantisti *9.
「aj」は、エスペランティストが使っているように(「ach」の代わりとして)軽蔑語としては使われない。
Nultempe anke ol darfas uzesar, quale che li, vice kozo o afero.
また、モノや出来事の代わりにも、使われない。
Se ajo sola = afero, kozo, ici lasta esas neutila, e vice : « nia sankta afero » o : « mi havas multajn aferojn por fari », suficas dicar : « nia sankta ajho », « mi havas multajn ajhojn por fari ».
もし単独の「ajo」が「afero」「kozo」であるならば、役に立たない。(エスペラントでは)「nia sankta afero」(我々の聖なる事柄)、「mi havas multajn aferojn por fari」(私には為すべき多くの事柄がある)という代わりに、「nia sankta ajho」「mi havas multajn ajhojn por fari」というだけでも十分だという。
Certe la profani komprenos quik e plu bone kam en Ido : « me havas multa kozi facenda ».
確かに、門外漢たちは、イド語で「me havas multa kozi facenda」というよりも、より速く、よく理解するだろう。
-al-. — Ja Latina (en la formo -alis), la maxim internaciona de la sufixi (en la formo al, el) *10, la afixo -al- propozesis por kompletigar la listo trovata en « Etude sur la Dérivation dans la Langue internationale » *11 ed ol quik adoptesis.
「-al-」。(「-alis」という形態で)かつてのラテン語であり、(「al」「el」という形態の)接尾辞由来の最も国際的である。接辞「-al」は『Etude sur la Dérivation dans la Langue internationale』(国際言語における派生語の研究)の中にあるリストを完成するために提案されたもので、すみやかに採用された。
Lua signifiko esas : qua relatas, koncernas; qua apartenas a..., dependas de..., konvenas por... Ol juntesas a radiki nomala o verbala.
この接尾辞の意味は、「〜に関連がある」「〜に所属する」「〜に依存する」「〜に適する」である。名詞的語根あるいは動詞的語根につく。
Exempli kun radiki nomala : universala, dorsala, nazala, faciala, ventrala, brakiala *12, nacionala, normala, gramatikala, nazalo, labialo, guturalo, vertikalo, kolateralo, e. c.
名詞的語根につく例:「universala」(普遍的な)、「dorsala」(背面の)、「nazala」(鼻の)、「faciala」(顔に関する、前面の)、「ventrala」(腹部の)、「brakiala」(腕部の)、「nacionala」(国家に関する)、「normala」(標準的な)、「gramatikala」(文法上の)、「nazalo」(鼻音)、「labialo」(唇音(しんおん))、「guturalo」(喉音(こうおん))、「vertikalo」(鉛直)、「kolateralo」(付随のもの)、など。
Kun verbala radiki : experimentala, finala, komencala, administrala, baptala, mariajala, guvernala, ordinala, konfidencala, e. c.
動詞的語根につく例:「experimentala」(実験的な)、「finala」(最終的な)、「komencala」(最初の)、「administrala」(管理上の)、「baptala」(洗礼の)、「mariajala」(結婚に関する)、「guvernala」(政治の)、「ordinala」(順序の)、「konfidencala」(非公式な)、など。
La sufixo -al- darfas sustenar altra sufixi : universaleso, universaligar; socialismo, socialista, e. c.
接尾辞「-al-」は、他の接尾辞を支援できる。「universaleso」(普遍性)、「universaligar」(普遍化する);「socialismo」(社会主義)、「socialista」(社会主義者の)。
Adjektivo kun -al- ofte equivalas genitivo, to esas « di » sequata da substantivo :
「-al-」のついた形容詞は属格に相当する。つまりそれは名詞の後につく「di」である。
hundo blindala = hundo di blindo (ne hundo blinda); velo virginala = velo di virgino *13.
|「hundo blindala」=盲人の犬、盲導犬(盲目の犬ではない);「velo virginala」=乙女のベール
De to la regulo praktikala : Por savar, kad adjektivo devas esar formacata per la sufixo -al- videz kad ol equivalas « di » sequata da substantivo.
このことから、実際上の規則は、形容詞は接尾辞「-al-」を使ってつくられなければならないのかを知るために、名詞を従える「di」に相当するのかを判定しろ、ということになる。
On devas ne trouzar ta formaco, quale agas ula lingui, exemple la Germana.
この形態は、諸言語(例えばドイツ語)が振る舞うように使ってはならない。
Precipue kun la propra nomi on uzez prefere prepoziciono : la verki di Goethe e mem plu bone : la verki da Goethe (ne la Goeth-ala verki) *14.
特に固有名詞を伴う場合は、むしろ前置詞を使ったほうがよい。「la verki di Goethe」(ゲーテの著作)、また「la verki da Goethe」の方がもっとよい。(「la Goeth-ala verki」とは言わない)。
Ma on uzas -ala- por dicar : segun la maniero di, analoga a la verki da, digna de : poemi Vergiliala, Anakreonala, dramo Shakespearala, qui tote ne esas : poemi da Vergilius, e. c. *15.
しかし、「segun la maniero di」(〜の方法に従って)、「analoga a la verki da」(〜による著作に類似した〜)、「digna de」(〜に値する〜)と言うためには、「-ala-」を使う。:「poemi Vergiliala」(ウェルギリウス流の詩)、「Anakreonala」(アナクレオン風の)、「dramo Shakespearala」(シェークスピア風の戯曲)。これらは「poemi da Vergilius」(ウェルギリウスの詩)などとは言わない。
Kande l'adjektivo formacenda signifikas ne : qua relatas, qua koncernas, qua apartenas a... ma « qua esas... », lore nur la dezinenco -a sola esas uzenda :
作るべき形容詞が、「〜関係する」「〜に関わる」「〜に所属する」ではなく「〜である」という意味する時は、形式語尾「-a」だけが使われる。
letro responda = letro qua esas respondo; parolo konsolaca = parolo qua esas konsolaco; ento dea = ento qua esas deo; ruina kastelo = kastelo qua esas ruino.
「letro responda」=答えである手紙、返信;「parolo konsolaca」=慰めである言葉;「ento dea」=神である存在;「ruina kastelo」=廃墟である城。
Kande la vorto esas kompozita, ordinare on ne uzas -ala, ma nur a-
単語が造語されている時は、通常は「-ala-」ではなく「a-」だけを使う。
Ex. : omnadia, singladia, externaciona, supernaciona, internaciona, cadia, cayara, segunlega kontrelega, senaqua, senkapa, senviva, e. c.
例):「omnadia」(日々の)、「singladia」(日々の、日常の)、「externaciona」(外国の)、「supernaciona」(国を越えた)、「internaciona」(国際的な)、「cadia」(今日の)、「cayara」(今年の)、「segunlega」(法に従う〜)、「kontrelega」(法に反する〜)、「senaqua」(無水の)、「senkapa」(無頭の)、「senviva」(生命のない)
Ma povas divenar necesa uzar -ala- mem kun vorto kompozita, kande la klareso postulas lo.
しかし、明瞭性が求められるときには、造語された単語でも「-ala-」を必然的に使つこともある。
Exemple on dicos : la muskuli avanbrakiala (o : dil avanbrakio) nam muskuli avanbrakia signifikus : la muskuli qui esas avanbrakio.
例えば、「la muskuli avanbrakiala」(前腕部に関する筋肉)。なぜなら「muskuli avanbrakia」は、「前腕部である筋肉」という意味であるからだ。
-an-. — Ta sufixo, -anus en la Latina, an, ano, ain, ien en altra lingui, quik adoptesis por indikar individuo apartenanta a klaso (urbo, lando, ensemblo) homo esanta « membro di... » :
「-an-」。この接尾辞は、ラテン語の「-anus」、他の諸言語では「an」「ano」「ain」「ien」であり、「〜の成員」である人間が階層(都市、国家、全体)に所属していることを示すためにすみやかに採用された。
urbano, landano senatano, akademiano, societano, Kristano *16,samreligiano, samideano *17, samskopano, samluktano, e. c.; Kanadano, Italiano, Portugalano, Braziliano, Boliviano, e. c. (Videz ye la propra nomi en la Gramatiko.)
「urbano」(市民)、「landano」(国民)、「senatano」(上院議員)、「akademiano」(アカデミー会員)、「societano」(団体の会員)、「Kristano」(キリスト教徒)、「samreligiano」(同宗者)、「samideano」(同士)、「samskopano」(同じ目標を持つ者)、「samluktano」(同じレスラー)。;「Kanadano」(カナダ人)。「Italiano」(イタリア人)、「Portugalano」(ポルトガル人)、「Braziliano」(ブラジル人)、「Boliviano」(ボリビア人)など。(文法の固有名詞のこうを参照せよ)
En la realeso (e segun Progreso, III, 93) -an definesas plu juste per : qua apartenas ad ula domeno (lando, socio, e. c.).
実際上(また「Pregreso」誌第3巻93頁によると)、「-an」は、ある範囲(国、社会など)に所属するものを用いて正しく、定義される。
On do darfas ne restriktar olu a homi, ma uzar lu anke por kozi.
従って、それは人間に限定されず、事物にも使ってもよい。
Co explikas, ke ni parolas pri Amerikana planti od animali, pri Chiniana od Italiana linguo, e. c.
これは、アメリカ(人)の植物、動物について、中国人の言語あるいはイタリア人の言語などについて語っていることを、説明するものである。
Nam la sufixo -an- ne indikas esence personi, quankam pro lua senco, ol aplikesas precipue a personi.
なぜなら、この接尾辞「-an-」は、その意味から特に人間に適用されているにも関わらず、本質的に人間を指すものではない。
Advere on darfus dicar Amerikala, Chiniala, e. c., ma lore ta vorti ne plus esus analoga a Franca, Angla, e. c., quin on uzas egale por personi e por kozi.
確かに、「Amerikala」「Chiniala」などと言ってもいいが、その語句は、もはや(人間や物事にも同じように使われている)「Franca」「Angla」に、類似してはいない。
-ar-. — Ta sufixo, heredita de Esperanto, soldesas a nomal radiko por indikar kolektajo, ensemblo di la kozi o personi nomata dal radiko.
「-ar-」。この接尾辞は、エスペラントから受け継いだもので、語根によって名付けられた物事、人間の集合体、全体を示すために名詞的語根に付けられる。
Ex. : formularo = kolektajo, ensemblo de formuli; vortaro = kolektajo, ensemblo de vorti *18.
例):「formularo」=決まり文句の集合、全体。慣用句集;「vortaro」=単語の集合、全体。辞書。
On devas gardar su kontre l'ambiguaji qui povas naskar de la neprecizeso di ta sufixo.
その接尾辞の不正確性から生じる曖昧性に対して、用心しなければならない。
Generale ol indikas la maxim extensita kolektajo :
通常、この接尾辞は最大に拡張された集合を示している。
homaro = la ensemblo di omna homi, e ne irga grupo o societo de homi;
「homaro」=全ての人間の全体、人類、人間のグループや社会ではない。
vortaro = la ensemblo dil vorti di linguo, e ne ica od ita grupo de vorti, vortolisto o mem lexiko;
「vortaro」=言語の語句の全体であって、あれやこれの単語、言語学者、辞書のブループではない。
navaro esas l'ensemblo di omna navi (militala o komercala) quin posedas naciono, e ne eskadro, floto, e. c.;
「navaro」とは、国が所有している全ての船(軍船や商船)の全体、総体。だが、「eskadro」(艦隊)「floto」(船隊)などではない。
militistaro = l'ensemblo di omna militisti di lando, e ne armeo, regimento, kompanio, e. c.
|「militistaro」=国の全ての軍人たちの総体。「armeo」(軍隊)、「regimento」(連隊)、「kompanio」(班)ではない。」
Ex. : L'unesma armeo di nia militistaro nun komandesas dal ex-komandanto dil duesma.
例):「L'unesma armeo di nia militistaro nun komandesas dal ex-komandanto dil duesma」(我軍の第1隊は現在、第2隊の前司令官によって指揮されている)
— Nia navaro havas tri floti.
「Nia navaro havas tri floti」(我々の全総船隊には3つの船隊がある)
— La vortaro Franca, Germana, od Angla trovesas komplete en preske nula vortolibro o lexiko. On do atencez en singla kazo uzar la justa vorto.
「La vortaro Franca, Germana, od Angla trovesas komplete en preske nula vortolibro o lexiko. On do atencez en singla kazo uzar la justa vorto」(フランス、ドイツ、英国の語彙はどんな単語集、辞書の中には完全には見つからない。したがって、正しい語を使うためには夫々の場合、留意すべきである)
En altra kazi, la senco restas nepreciza; exemple la senco di arboraro povas variar de arborgrupo til foresto. Esas do preferinda, segun quante on povas, uzar la specal vorti : foresto, bosko, bosketo.
その他の場合、意味が漠然としていることもある。例えば、「arboraro」の意味は、「arborgrupo」(林)から「foresto」(森)まで多様であリ得る。したがって、できるだけ、特別の語彙を使うのが望ましい。「foresto」(森)、「bosko」(林)、「bosketo」(木立、茂み)
Kompreneble on ne uzas aro aparte, kom radiko, ma : ensemblo, kolektajo, amaso, bando, trupo, serio, e. c., segun la kazi.
もちろん、語根として、個別に「aro」は使われない。しかし、「ensemblo」(全体(的効果))、「kolektajo」(収集物)、「amaso」(群れ)、「bando」(隊)、「trupo」(一座)、「serio」(一組)などは、場合による。
-ari-. — Ta sufixo, Latina origine e novlatina, adoptesis dal Akademio, en junio 1913, per la decido 1143.
「-ari-」。この接尾辞は、本来はラテン語、新ラテン語系であり、1913年6月に決定1143にてアカデミーによって採用された。
Fakte la decido remplasigis la unionuro di du sufixi (aj, ul) *19, komprenebla pos reflekto ma ne evidenta.
実際、この決定は、二つの接尾辞「aj」「ul」の結合体と置き換えていたが、もちろん、熟考の後には、不明確になった。
Ol indikas « persono a qua ula ago esas direktata od ula kozo esas destinata » *20 :
この接尾辞は、『行為が指図されたり、物事が予定されたりする人間』を示している。
depozario, legacario, sendario *21, konfidencario, donacario, koncesionario, adjudikario, konfesario *22, e. c.
「depozario」(受託者)、「legacario」(相続人)、「sendario」(受取人)、「konfidencario」(親友)、「donacario」(受取人)、「koncesionario」(特権受益者)、「adjudikario」(受賞者)、「konfesario」(告白を聞く人、聴罪司祭)
= qua recevas depozo, legaco, sendo, konfidenco, donaco, koncesiono, adjudiko, konfeso, la homo atingata da ica agi, e fakte dal depozajo, legacajo, sendajo, e. c.
(上記の人は以下の)行為を受ける人である。「depozo」(預り金)、「legaco」(遺贈)、「sendo」(送付)、「konfidenco」(打ち明け話)、「donaco」(贈与)、「koncesiono」(特権)、「adjudiko」(表彰)、「konfeso」(告白)。この行為によって、実際に、「depozajo」(預り金)、「legacajo」(遺贈物)、「sendajo」(伝言)などによって獲得する人。
-atr-. — Ta sufixo, quik adoptita, trovesas en la Franca (-atre) ed en l'Italiana (-astro : verdastro, biancastro).
「-atr-」。この接尾辞は、すみやかに採用されたもので、フランス語(-atre)とイタリア語(-astro:「verdastro」(病弱)、「biancastro」(白っぽい))の中にある。
Ol juntesas a nomala radiki por formacar adjektivi signifikanta : di la naturo di..., afina ad..., kelke simila a...
この接尾辞は、「〜の性質の」「〜に類似した」「〜にいくらか似た」という意味する形容詞を作るために、名詞的語根に付ける。
Ex. : sponjatra fungo, ligno. Materio rezinoza, o plu juste rezinatra. Ta stono ne esas silexa ma nur silexatra. On vendis a vu ta texuro kom lana, on trompis vu : ol esas lanatra.
例:「sponjatra fungo, ligno」(海綿状のきのこ、木質)。「Materio rezinoza」(樹脂の多い材料)、もっと正しく言うと「rezinatra」(樹脂状の)」という。「On vendis a vu ta texuro kom lana, on trompis vu : ol esas lanatra」(人が羊毛製だとその布地をあなたに売った。その人はあなたを騙したのだ。それは、「lanatra」(それは羊毛に似たもの、紡毛である)
Saporo dolcatra (kelke, ma ne precize dolca); homo dolcacha (homo ne dolca vere, ma qua simulas doceso, por disimular sua nedolceso).
「Saporo dolcatra」(いくらか甘い、正確に甘いわけではない);「homo dolcacha」(本当は優しい人ではないが、自らが優ししくないこことを隠し、優しいふりをする人間。
Quale on vidas per la komparo di ta du exempli, -atr tote ne havas la senco pejorativa; ica apartenas nur a la sufixo - ach.
この二つの例文を比較してみると、「-atr-」は軽蔑的な意味を全く持っていない。(後者は)接尾辞「-ach」に属する。
Kun radiko indikanta koloro, -atr- expresas koloro afina ad olta quan enuncas la radiko : redatra, blankatra, bluatra, verdatra, di koloro afina a redeso, blueso, verdeso.
色を示す語根を伴うと、「-atr-」はその語根が公表するものに類似する色を表す。「redatra」(赤みを帯びた)、「blankatra」(白味を帯びた)、「bluatra」(青みを帯びた)、「verdatra」(緑のような色を帯びた)、これらは赤、(白)、青、緑に類似した色のことである。
Per la diminutivo et on nur diminutas la koloro ed expresas altra nuanco dil ideo : on afirmas certeso pri la koloro (quon on ne agas per -atr-) ma on afirmas anke olua extrema febleso.
指小語「et」を用いると、その色(の度合い)を減らし、その概念の別のニュアンスを表現する。:(「-atr-」を使わないで示す)その色についての確実性を肯定するが、そのか弱さもまた肯定している。
En la vorti teknikala, ta sufixo darfas esar remplasata, segun la kazi, da la radiki -form, -simil, o dal sufixo teknikala -oid : metaloido, elipsoido konkoido, konoido, helicoido, e. c.
技術的な単語において、この接尾辞は、語根「-form」や「-simil」あるいは技術的接尾辞「-oid」によって置き換えられる場合もある。
-e-. — Ta sufixo korespondas a at (en rosata L.), a at (en rosato I.), a ad (en atigrado S.), a é (en rosé, tigré F.).
「-e-」。この接尾辞は(ラテン語の「rosata」の中の)「at」、(イタリア語の「rosato」の中の)「at」、(スペイン語の「atigrado」の中の)「ad」、(フランス語の「rosé」「tigré」の中の)「é」に符合する。
Ol adoptesis per la decido 758 kun ica signifiko : qua havas la koloro od aspekto di...
この接尾辞は、「〜の色、外形を持つ」という意味を持つもので、決定758をもって採用された。
Ex. : rozea = rozkolora; violea = violkolora; kastanea = kastankolora; oranjea = oranjokolora, cindrea, orea, arjentea, kuprea, plombea; tigrea, zebrea felo; cindreo, sangeo. Per ta sufixo ni sparas centi de tedanta vorti kompozita per -kolor(a) *23.
例):「rozea」=バラ色の;「violea」=紫色の;「kastanea」=栗色の;「oranjea」=オレンジ色の;「cindrea」=灰色の;「orea」(金色の)、「arjentea」(銀色の)、「kuprea」(銅色の)、「plombea」(鉛色の)、「tigrea」(寅模様の)、「zebrea felo」(シマウマ模様の革)、「cindreo」(灰色)、「sangeo」(血の色)。この接尾辞を使えば、「-kolor(a)」と組み合わせた数百の退屈な単語を節約する。
-ebl-. — Ta sufixo, internaciona en la formi abile, able, ibile, ible venas de la Latina abilis, ibilis.
「-ebl-」。この接尾辞は、ラテン語の「abilis」「ibilis」からの由来の形態「abile」「able」「ibile」「ible」で国際的なものである。
Ol signifikas : qua povas esar ...ata : facebla, kredebla, lektebla, videbla = qua povas esar facata, kredata, lektata, vidata.
この接尾辞は、「〜され得る」を意味する。「facebla」(実現可能な)、「kredebla」(信じられる)、「lektebla」(読みやすい)、「videbla」(見やすい)。
Do lu havas senco nature pasiva, quo explikas ke lua komplemento sempre postulas da : videbla da omni, kredebla da nulu.
したがって、これは当然、(常に補語が「da」を要求する)受動的な意味を持つ。「videbla da omni」(みんなが見ることができる)、「kredebla da nulu」(誰も信じることが出来ない)
La linguo Angla inspiris (per la fonetismo) la formo -ebl, meza inter -abl e -ibl.
英語は、(表音主義で)「-abl」と「-ibl」の中間的な形態「-ebl」を着想した。
L'adjektivi quin ta sufixo formacas darfas esar substantivigata nemediate : trompeblo = homo trompebla; manjebli = nutrivi (F. comestibles) kozi manjebla; kombusteblo = materio (ligno, karbono) qui povas esar kombustata.
接尾辞が作る形容詞は、直接的に名詞化し得る。:「trompeblo」=「homo trompebla」(騙される人);「manjebli」=「nutrivi (「comestibles」仏語) kozi manjebla」(食料品);「kombusteblo」=燃やされる材木や炭(燃料)
Kun -eso ta sufixo expresas la qualeso abstraktita : videbleso, kredebleso, e kun ajo lu donas substantivi konkreta : videblaji, kredeblajo.
この接尾辞は「-eso」を伴うと、抽象化された性質を表す。:「videbleso」(可視性)、「kredebleso」(信頼性)。また「ajo」を伴うと、具体的な名詞になる。:「videblaji」(可視できるもの)、「kredeblajo」(信じられるもの)。
Ne konfundez ta sufixo, indikanta nur posibleso, a la sufixo -end- indikanta obligo o musto, ed a - ind- indikanta merito. Ex. : omna kozi dicebla ne esas dicenda, nek dicinda.
可能性だけを示している、この接尾辞を、義務や必要性を示している接尾辞「-end-」や、価値を示している接尾辞「-ind-」と、混同してはいけない。 例):「omna kozi dicebla ne esas dicenda, nek dicinda」(発言され得る全てのことは、言うべきでもなく、言う価値もない)
La sufixo -ebl- ne darfas uzesar kom radiko o plu juste vorto izolita. Uzez do nur posibla (qua povas eventar o facesar) e posible (en maniero posibla) *24.
接尾辞「-ebl-」は、語根や独立した単語としては使われることはない。したがって、「posibla」(可能な)、「posible」(おそらく、たぶん)だけを使いなさい。
Posiblo = to quo esas posibla : Kad vu forsan opinionus ke la homo povus transirar la limiti dil posiblo? *25(25).
「posiblo」=可能なこと。:「Kad vu forsan opinionus ke la homo povus transirar la limiti dil posiblo?」(人間は可能性の限界を越えることができるというのはおそらく、あなたの意見ですか?)

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

ボーフロンの練習帳

練習帳

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます