エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

ボーフロンの練習帳 (EXERCARO da L.de BEAUFRONT (1924))

III. Pronomi personala e posedala.(人称代名詞と所有代名詞)


Me amas me-a frati.
私は自分の兄弟たちを愛する。
Tu ne sat respektas tu-a olda patrulo [patro].
君は自分の父を十分に愛していない。
Vu esas tro severa por vu-a filii.
あなたは自分の子供たちに厳しすぎる。
Il(u) deziras trovar en la domo su-a patrino (matro) e su-a fratini.
彼は家の中で自分の母と姉妹を見つけたいと思っている。
El(u) esas tre bona por omna sua serv-ist-i.
彼女は、自分の全ての使用人にとって、とてもよい人だ。
La kavalo esas tro fatigita , ol(u) ne plus povas tir-ar la veturo.
その馬はとても疲れている、これ以上、荷車を引けない。
La afero semblas bona, ma forsan ol ne esas tala, e ni saje ag-os, se ni ne aceptos lu blind-e.
その件は良いように見えるが、おそらくそうではないので、もし私たちがそれを軽率に受け入れるならば、賢く行動するだろう。
La komenco di la voyajo es-is agreabla, ma lua fino esos forsan des-agreabla.
旅行の初めは愉快だったが、その最後には不愉快になるだろう。
El(u) ed il(u) venos kun ni-a kuzini.
彼と彼女は私たちの従姉妹たちと一緒に来るだろう。
Vu akompanos mea onklulo e lua filii, se li arivos sat frue.
私の叔父とその子供たちが早く到着するなら、あなたは彼らと一緒に行くだろう。
Pro quo vu prenas elua libri? Lekt-ez la vui [le vua] e lasez la elui [le elua].
何故、あなたは彼女の本を取ってしまうの?自分の本を読み、彼女のものは手放しなさい。
Il ne amas mea filiulo e me ne amas la ilua.
彼は私の息子をあいしていますが、私は彼の息子は愛していない。
Vua servisti ne frequentas la mei [le mea], e la mei [le mea] ne frequentas la vui [le vua].
あなたの使用人たちは私の使用人の所にしばしば訪れるけれども、私の使用にはあなたの使用人のところへは訪れない。
Pardonez a tua filiini, quale me pardonas a la mei [le mea].
私が自分の娘達を許したように、あなたは自分の娘達を許しなさい。
Il ri-trovis elua libri, ma il ne povis ritrovar la sui [le sua]
彼は彼女の本を見つけたが、自分の本は見つけることが出来なかった。
Ili departis plu fru-e kam eli, e tamen ili arivis plu tarde.
彼らは彼女たちよりも早く出発したが、しかし、彼らは遅く到着していた。
Pueruli e puerini su propoz-is por guidar me: ili postulis de me tri franki, ed eli konsentis po du franki; me do elektis eli e refuzis ili.
少年たちと少女たちは私をガイドすることを自ら提案した。少年たちは私からの3フランを要求、少女たちは2フランで同意したので、私は彼女たちを選び、少年たちを断った。
Me venos morge kun mea frati e lia amiki.
私は明日、私の兄弟とその友達らと一緒にきます。
Prenez elia manteli kun la vii [le via], nam vi retro-venos erste nokte kun eli.
彼女のマントとあなたのマントを取ってくれ。なぜならあなたは彼女らと共に夜になって先ず最初に戻ってくるからだ。
Me renkontris viri, qui duktis kavali; la viri e la bestii ne konkordis inter su e mem forte luktis, nam ili tiris addextre, dum ke oli tiris ad-sinistre; ma fine li pac-esk-is e me vidis ili ed oli irar en la sama direciono.
私は馬を引いていた男たちと出会った。その男たちと馬はギクシャクしていて、取っ組み合いをしていた。彼らは右に引くと、馬たちは左に引っ張る。しかし最後には彼らは落ち着き、彼らが同じ方向へ行くのを、私は見た。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

ボーフロンの練習帳

練習帳

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます