エスペラントの修正版として開発された人口言語、国際補助語です。

以下の記事は、カナダの学生「ジル・フィリップ・モリン」が公開グループ「Ido」に投稿したものです。
イド語発展期に生まれた語彙が、草創期から存在していた語彙とダブっているのは、必要ないと主張しています。
ジル・フィリップは、原点回帰を志向しているのでしょうか?

この寄稿文もおもしろいのですが、それに寄せられたコメントも興味深いものです。波紋を起こしています。

Pro quo me refuzas la Ido pos Dyer.(Dyer後のイド語を拒否する理由)

Yen mea motivi pro quo me judikas, ke la reformeti pos Dyer (1924) esas nekoheranta e neutila.
Dyer(1924)後の小改変は首尾一貫せず、不便だと判断した理由は次の通りだ。
Ta chanji neutile desfaciligis mea lernesko di Ido e me esperas, ke la lernonti ne esos misinformata quale me.
この変化はイド語の学習開始を不便で困難なものにしたので、これから学習する人たちは私のように誤った情報を受けないように希望したい。
-AB-
La Idisti ante 1947 povis expresar omna tempi sen bezonar la finalo « -abas ». Ni ne bezonas ol, quale lo explikas la Kompleta Gramatiko detaloza (parto Sufixi, noto 1a).
1947年以前のイド語話者らは語尾「-ab-」の必要なしにすべての時制を説明することができた。それがKGDを説明しているように、我々には必要ない。(接尾辞、注1a)
ABISO
Ni ja havas « abismo », do « abiso » esas simple neutila.
すでに「abismo」という単語があるのだから、「abiso」は単純に役に立たない。
ABSTRAKTA
Ni ja havas « abstraktar », do «abstrakt-ita ». Ta vorto venas de la verbo Latina « abstrahere », do ol esas inherante verbo.
すでに「abstraktar」(抽象する)があるので、「abstrakt-ita」(抽象化された)でいい。この語は、ラテン語「abstrahere」から由来するものなので、生来的に動詞なのである。
La propozo « abstrakta » venas de la vorto Latina « abstractus », qua esas simple la participo pasinta di « abstrahere ».
提案語「abstrakta」は、ラテン語「abstractus」に由来する。このラテン語は、「abstrahere」の過去分詞にすぎない。
Pro to, la verbo superesas l’adjektivo; e « abstraktar » e « abstrakt-ita » esas justa etimologiale.
ゆえに、この動詞は、形容詞の上位にある。「 abstraktar」も「abstrakt-ita」も、語源学的に正しい。
ALKALDO
Ni ja havas « alkado ». Ta vorto venas del Araba « al-qadi ». La « L » esas neutila e nekorekta de vid-punto etimologial.
すでに「alkado」がある。この語はアラブ語「al-qadi」に由来する。この「l」は不要で、語源学的に間違いである。
ARTILERIO
Ni ja havas « artilrio ».
すでに「artilrio」がある。
Ta vorto venas de la (Olda) Franca « artillerie » en qua on ne pronuncas la unesma « E ».
この語は、古フランス語「artillerie」に由来する。この語の最初の「e」は発音しないのである。
Ni sequez la altra vorto Franca « cavallerie », en qua anke on ne ponuncas la unesma « E », e qua esas « kavalrio » en Ido.
他のフランス語「cavallerie」に倣うべき。これも、最初の「e」は発音しないので、イド語では「kavalrio」である。
Konseque, ni uzez « artilrio » pro kohero fonetikal ed etimologial.
したがって、 音声学的および語源学的な一貫性から、「artilrio」を使うべき。
AUSPICIO
Ni ja havas « auspico ».
すでに、「auspico」(前兆)がある。
Ta vorto venas de la Latina « auspicium ».
この語は、ラテン語「auspicium」に由来する。
La kustumo di la pioniri esis rempasigar la finalo Latina « ium » per la finalo « o » en Ido.
パイオニアたちの慣例は、ラテン語語尾「ium」を、イド語語尾「o」を用いて、置き換えることだった。
To esas pro quo « chromium » divenis « kromo », pro quo « delicium » divenis « delico », pro quo « delirium » divenis « deliro », pro quo « endocardium » divenis « endokardo », pro quo « equilibrium » divenis « equilibro », pro quo « magnesium » divenis « magnezo », pro quo « prothallium » divenis « protalo », pro quo « rubidium » divenis « rubido », pro quo « ruthenium » divenis « ruteno », pro quo « taedium » divenis « tedo », pro quo « tellurium » divenis « teluro », pro quo « titanium » divenis « titano », pro quo « trapezium » divenis « trapezo », pro quo « uranium » divenis « urano », pro quo « vanadium » divenis « vanado », pro quo « yitterbium » divenis « yiterbo », pro quo « yttrium » divenis « yitro », e. c..

(上記の文を表にした)
ラテン語イド語意味
chromiumkromo【化】クローム
deliciumdelico歓喜
deliriumdeliro精神錯乱
endocardiumendokardo【解】心内膜
equilibriumequilibroバランス
magnesiummagnezo【化】マグネシウム
prothalliumprotalo前葉体
rubidiumrubidoルビジウム
rutheniumrutenoルテニウム
taediumtedo倦怠
telluriumteluroテルル
titaniumtitanoチタン
trapeziumtrapezo台形、ぶらんこ
uraniumuranoウラニウム
vanadiumvanadoバナジウム
yitterbiumyiterboイッテルビウム
yttriumyitroイトリウム
To esas metodo da Zamenhof quan la pioniri konservis.
これは、パイオニアたちが受け継いだ、ザメンホフの方法論である。
Esas partikulara kazi en qua « ium » divenas « io », ma « auspicium », « delicium » e « dubium » ne esas partikulara kazi. Nur « auspico » esas do justa.
「ium」が「io」になる特別な事例もあるが、「auspicium」「delicium」「dubium」は特殊例ではない。「auspico」だけは、正しい。
AVIONO
Ni ja havas « aeroplano », qua esas tote internaciona e tote bona.
すでに「aeroplano」がある。これは国際的であり、良いものだ。
CERTENA
To ofras nulo utila quan « ula » ne povas expresar.
これは役に立たないものだ。すでに「ula」がある。*1
DELICIO
Ni ja havas « delico », qua venas de la Latina « delicium ». Videz la expliko en AUSPICIO. Nur « delico » esas justa.
すでに「delico」がある。これはラテン語「delicium」に由来する。「auspicio」の説明を見よ。「delico」だけは正しい。
DICIONARIO
Ni ja havas « vort-aro » e « vorto-libro », e la pioniri nultempe adoptis ta vorto mem se li uzis ta koncepto tre ofte. Pro quo ni bezonus ol nun?
すでに「vort-aro」や「vorto-libro」がある。それに、パイオニアたちが頻繁にこの概念を使った時でさえ、この語を採用しなかった。なぜいま、この語が必要なのか?
DINOSAURO
Ni ja havas « dinosaurio », qua venas de la Latina « Dinosauria » e de « saurio » en Ido.
すでに「dinosaurio」がある。これはラテン語「Dinosauria」とイド語「saurio」に由来する。
Segun la kustumo di la pioniri, la finalo Latina « ia » divenas « io » en Ido.
パイオニアの慣例によれば、ラテン語の語尾「ia」が、イド語では「io」になる。
To esas pro quo « abulia » divenis « abulio », pro quo « aktinia » divenis « aktinio », pro quo « ambrosia » divenis « ambrozio », « amnesia » divenis « amnezio », pro quo « anaemia » divenis « anemio », pro quo « analgesia » divenis « analgezio », pro quo « aphasia » divenis « afazio », pro quo « ataxia » divenis « ataxio », e.c.
(上記の文を表にした)
ラテン語イド語意味
abuliaabulio意志欠乏
aktinia*2aktinioいそぎんちゃく類
ambrosiaambrozio【ギリシャ神話】アンブロシア(神々の食べ物)
amnesiaamnezio健忘症
anaemiaanemio貧血
analgesiaanalgezio痛覚脱失
aphasiaafazio失語症
ataxiaataxio運動失調
Konseque, « dinosaurio » esas tote korekta.
したがって、「dinosaurio」は全く正しい。
DOLARO
Ta monet-uno ne esas en la metrala sistemo; videz en la Kompleta Gramatiko detaloza, parto Propra Nomi, artiklo 18.
この貨幣単位はメートル法の中にない。詳細完全文法の中の「固有名詞」記事18を参照せよ。
DUBITO
Ni ja havas « dubo ».
すでに「dubo」がある。
Stando-verbi tala kam « delirar », « equilibrar », « jornar », « pacar », e. c., venas de stando-nomi: « deliro », « equilibro », « jorno », « paco », e. c..
「delirar」「equilibrar」「jornar」「pacar」などのような状態動詞は、「deliro」「equilibro」「jorno」「paco」などの状態名詞に由来している。
Por plusa detali, videz en la Kompleta Gramatiko detaloza, parto Nemediata Derivado, 1a noto.
詳細については、詳細完全文法の、「直接的な派生」(1a注)を参照せよ。
« Dubito » esas nekorekta nam ol venas de la verbo « dubitare » qua derivesas de la stando-vorto « dubium » e ne de la stando-vorto « dubium » ipsa.
「dubito」は、(状態語「dumium」自体からではなく)状態語「dubium」から派生した動詞「dubitare」に由来するので正しくない。
Sualatere, « dubo » esas tote justa.
自らに関して、「dudo」は正しい。
EMO
Ni ja havas « skopo ».
すでに「skopo」(目的、ゴール)がある。
EMPLASTRO
La antea defini di « plastro » e di « gipso » esas tote korekta.
「plastro」(膏剤)と「gipso」(ギプス)の前の定義が正しい。
GENITORI
Ni ja havas « genit-inti », qua havas la sam origino etimologial e la sama senco logikala.
すでに「genit-inti」がある。それは、語源学的にも同じだし、論理的に意味も同じだ。
Ultre to, « ge-patri » tote respektas la metodo di la pioniri en qua on uzas la maskula vorto Latina kom origino di la genroneutra vorto en Ido.
なお、「ge-patri」はパイオニアたちの方法を尊重している。その方法論では、イド語の性的中性の起源として、ラテン語の男性格の語をつかっていたのである。
: « avo » de « avus », « onklo » de « avunculus », « filio » de « filius », « frato » de « frater », « patro » de « pater », e.c..
ラテン語イド語意味
avusavo祖父母
avunculusonklo叔父または叔母
filiusfilio息子または娘
fraterfrato兄弟または姉妹
paterpatro父または母
HOLA
Ol nultempe esis sinonimo di « saluto »…
これは、「saluto」の同義語ではない。
HODIE
Ni ja havas « ca-die », qua signifikas lo sama kam « hodie » segun la Kompleta Gramatiko detaloza.
すでに、「ca-die」がある。これは、詳細完全文法によると、「hodie」と同じ意味である。
« Ho- » kom sufixo esas anke neutila, nam ol havas la sama senco kam « ca- ».
接頭辞としての「ho-」は、「ca-」と同じ意味なので、役に立たない。
MILIETO
Ni ja havas « milyeto », qua venas de la Franca « millet ».
すでに「milyeto」がある。これは、フランス語「millet」に由来する。
La pioniri transkribis ta Franca « ill » fonetikale : « ily ». Konseque, ni havas anke « malyoto » de « maillot ».
パイオニアたちは、フランス語の「ill」を音声学的に「ily」と転記した。したがって、「maillot」から「malyoto」も由来している。
En la sama metodo, la Franca « gn » divenis « ny » en Ido : « konyako », « onyono », « ponyeto », « vinyeto », e.c..
同様に、フランス語の「gn」は、イド語では「ny」になる。「konyako」「onyono」「ponyeto」「vinyeto」など。
Stranje, nulu remplasigis « malyoto » per « malioto »…
奇妙なことに、だれも「malioto」を用いて「malyoto」に置き換えなかった。
PLASTRO
La antea defini di « plastro » e di « gipso » esas tote korekta.
「plastro」と「gipso」の定義は、まったく正しい。
RET-SITUO
Unesme, Dyer nultempe skribas « t-s » nam ol esas evitinda pro konflikto kun « c », do : « reto-situo ».
まず第一に、ディエルは「c」との混同をさけるために「t-s」を決して使わなかった。であるから「reto-situo」とすべき。
Duesme, « situo » esas ago ma la Angla « site » esas kozo.
第二に、「situo」は行為であるが、英語の「site」は、物事である。
Konseque, la korekta traduko esas « reto-loko » plu juste kam « reto-situo ».
従って、正しい翻訳は「reto-situo」よりも、「reto-loko」の方がより正確である。
SEKRETARIATO
Nu, ni ja havas « sekretari-erio » e « sekretari-eyo » (quale « komisari-eyo », qua ne esas « komisariato »)…
すでに「sekretari-erio」と「sekretari-eyo」がある(「komisari-eyo」と同じ。これは「komisariato」ではない)
TANDEM
Ni ja havas « fine », quale uzata en la Kompleta Gramatiko detaloza e konsilata da Dyer.
すでに「fine」がある。詳細完全文法の中で使われているように。またディエルも奨励している。

「Dyer後のイド語を拒否する理由」へのコメント


Jean Martignon
Omnakaze, la Idisti uzas Ido segun lia propra deziri.
すべての場合、イド語話者らは自分自身の要望に従ってイド語を使っています。
Do vua kritiki hike havas poka chanci egardesar.
ですから、ここでのあなたの批判は、考慮される機会はありますよ。
Esas evidenta ke vu es fresha Idisto venante de Esperanto.
あなたがエスペラントからやって来た新鮮なイディストであることは明らかです。
Me konsilas a vu, tamen, okupesar pri literaturo (per apta tradukuri) ed helpar per vua artikli e konsili la revuo PROGRESO, olqua esas la vetrino dil Idomovado e dil Idolinguo.
しかし、あなたに、適切な翻訳を用いた文学についての素養、イド語運動とイド語の見本となっている「プログレーソ」誌をあなたの記事や助言で支援することをおすすめしたい。
Vua hikea remarki esus tre utila en ca revuo, nam quankam me facas (rare) kelka noviguri, me esas fundamentale stabilisto.
私はいくつかの革新を行ってきたけれども根本的に保守主義者であるので、ここでのあなたの所見は、この雑誌の中で、とても役立つかもしれません。
La Idisti tre bezonas ke ulu inteligenta e savoza quale vu esas dicez a li vua saja paroli, nam esas sat multa foluli en l'Idomovado, qui volas facar irgakuste reformi abrakadabranta e diskutar senfine pri oli.
イディストらは、あなたのような知的で賢い人が自分たちに利発な物言いを話してくれることを必要としているのです。というのはイド語運動において、多くの無謀な連中がいるからです。彼らは、アブラカタブラという呪文を言うような改革や終わりなき議論をしたいと思っているのです。
Me esus tre kontenta se altra persono skribus la sama kozi kam me, olim.
私は、かつて私と同じことを書いていた人間がいたら、満足してしたかもしれません。
Esus tre interesanta vidar la respondi.
返答を見るのがとても楽しみです。
Me avertas vu ke kelka personi povus havar histeriika reakti.
何人かの人間がヒステリックな反応を見せるかもしれないと、警告しておきます。
Gilles-Philippe Morin
Me nultempe lernis Esperanto. Pro quo vu kredas to?
ボクはエスペラントを学んだことがありません。なぜそう思ったのかな?
Jean Martignon
Pro ke vu esas stabilisto e ke la Esperantisti esas ferma stabilisti.
あなたが安定主義者であり、エスペランティストたちは確固な安定主義者であるからです。
Gilles-Philippe Morin
Me ne konkordas kun vu pri la stabilismo dil Esperantisti.
エスペラントの安定主義については、あなたとは意見が違います。
Multa Esperantisti uzas la “x-sistemo” vice la “h-sistemo”, li chanjis ula vorti (“glikozo” divenis “glukozo”), li adoptis vorti de Ido (“hospitalo” inter altri) ed uli mem kreis maskula sufixo quale en Ido (-ich).
多くのエスペランティストは、hシステムの代わりに、Xシステムを使っています。彼らはある単語(「glikozo」が「glukozo」になった)を変えたり、イド語からの単語を受け入れたり(「hospitalo」)、イド語のような男性接尾辞だを作った人もいます。
Yes, esas ula “Fundamentistoj” en la socio di Esperanto, ma reale li esas nur kelka personi meze di reformista kaoso.
そうですね。エスペラント社会には、「根本主義者たち」がいますが、実際のところ、かれらは改革主義者のカオスの中では、わずかしかいません。
Jean Martignon
Kad me povus publikigar vua mesajo che la forumo Idista ICO ?
イディストのフォーラム「IDO」で、あなたのメッセージを公開してもいいですか?
Gilles-Philippe Morin
Yes! Certe. Danko!
もちろん、いいですよ。ありがとう。
Jean Martignon
Danko e me joyas.
ありがとう、うれしいですね。
Jean Martignon
Nun ico esas facita laboro. Me vartas kun kuriozeso la reakti.
いま、これがその作業です。好奇心をもって、その反応を待っているところですよ。
Gilles-Philippe Morin
Me jus vidis vua mesajo en IDO-CATALÀ-OCCITAN. Me anke vartas!
「IDO-CATALÀ-OCCITAN」の中で、あなたのメッセージを見つけました。私も待っています。


Bebson Hochfeld
Vu darfas uzar vua vorti dum ke altri darfas uzar sua vorti tam longe kam la bazal gramatiko povas restar stabila, ka No?
基本文法が安定を保っている限り、他の人達が自分の好きな単語を使っても良い様に、あなたが自分の好きな単語を使うのは構いませんよう。(Dyer前であろうが後であろうが)
Gilles-Philippe Morin
La sufixo « -abas », la vorti « certena », « dolaro », « dubito », « hodie » e « genitori » kontredicas la Kompleta Gramatiko, qua esas nia « bazal gramatiko »… Ni ne bezonas dialekti, ni bezonas uneso.
接尾辞「-abas」、単語「certena」「dolaro」「dubito」「hodie」「genitori」は、我らの基本文法「完全文法」と矛盾してます。私達には、方言は必要ありません。必要なのは最初のものです。
Gilles-Philippe Morin
Pluse, ti ne esas « mea » vorti. Ti esas la vorti di la Pioniri qui kreis nia linguo.
付け加えるなら、これは「私の」語句ではないのです。これらは、我が言語を作ったパイオニアたちの語句です。
Bebson Hochfeld
Ho Lala! Me ne opinionas ke la "tota" Kompleta Gramatiko esas la bazal gramatiko di Ido. Dormitat Homerus.....
おやおや。私は「まったく」完全文法がイド語の基本文法だとは思っていないのですがね。弘法も筆の誤り…(と言うじゃないですか)
Bebson Hochfeld
Qua esas dialekto dil'Angla, la USAana od la Britaniana?
英語の方言って、米国英語の方ですか、英国英語の方ですか?どちらですか?
ベブソンのチャチャ:言語の中でどちらが方言かを決めるのはナカナカ難しいのですよ。
Gilles-Philippe Morin
Do quo esas « vua » bazal gramatiko di Ido? Me ne komprenas vua questiono pri l’Angla.
それじゃ「あなたの」イド語の基本文法とはなんですか? それに、英語のあなたの意見は、理解できませんが。


Bebson Hochfeld
Onu povas trovar multa diferanta vorti en l'Angla di Britania ed USA dum ke l' amaba landani povas bone komprenar su reciproke.
両国の国民が相互理解しているけれども、英国英語と米語英語では多くの異なった単語を使っております。
Gilles-Philippe Morin
To diferas, nam exemple la vorto « patrulo » esas « father » en la du lingui, dum ke ula Idisti komplete chanjis la senco di « patro »! Ka tale on vere povas protektar internaciona interkompreno?
それは違います。例えば、イディストたちは「patro」という意味を完全に変えているけれども、「patrulo(父親)」は、2つの言語(米語とブリティシュ)では「father」です。本当に国際理解を守ろうとしているのでしょうか?
Bebson Hochfeld
Segun me, patrulo esas "masculine father".
私が思うに、「patrulo」は「男性の父」です。
Do patrino esas "feminin father", ka No?
したがって「patrino」は「女性の父」でしょ。
William Johnsson
Do, "avulo" signifikus "masculine grandfather", "onklulo" signifikus "masculine uncle", "filiulo" signifikus "mascunline son", "nevulo" signifikus "masculine nephew", "infanto" signifikus "masculine infant", e.c. pro ke la Latina vorto originala por omni esis maskula.
ですから、「avulo」は「男性の祖父」を意味し、「onklulo」は「男性の叔父」、「filiulo」は「男性の息子」、「nevulo」は「男性の甥」、「infanto」は「男性の子ども」を意味するのです。なぜらな、すべてのラテン語の本来の語句は「男性格」なのですから。
Se on volas chanjar patro, on devas chanjar omni, ne nur un.
もし、「patro」を変えたいなら、それひとつではすまないんです。すべてを変えなくてはならないんですよ。
Gilles-Philippe Morin
Bebson Hochfeld « Segun vu », yes, ma ne segun la pioniri e segun la « bazal gramatiko » di Ido.
ベブソンさん、「あなたが思う」はいいんですよ。ただ、パイオニオアたちが思うのでもなく、イド語の「基本文法」によるものでもないんですよ。
Quale William Johnsson lo demontris tre bone (danko), e quale me lo mencionis en mea expliko (sub GENITORI), omna vorti maskula qui venas de la Latina divenis genroneutra.
ウィリアム・ジョンソンがこれをよく説明してくれたように(感謝)、私はそれを自分なりに(「genitori」)で説明しました。ラテン語由来のすべての男性名詞は、中性格になったのです。
La nura ecepto esis « viro », ed en 1925 (Beaufront) la vorti « oficiro », « generalo », « notario » e « sacerdoto » esis konsiderata kom exkluzive maskulta, ma to chanjas… Konseque, « patro » povas esar tam muliero kam viro.
唯一の例外は「viro」です。1925年(ボーフロンは)、単語「ficiro」「generalo」「notario」「sacerdoto」は、もっぱら男性とみなされていましたが、それは変えられています…。したがって、「patro」は「viro」と同じく「muliero」かもしれません。


Bebson Hochfeld
William Johnsson :Ka vu savas ke en la Portugala onu uzas "avo" kun diferanta acenti por amba avulo ed avino? Ka vu vere lernis la Latina?
ウィリアム・ジョンソンへ・ポルトガル語では、「avulo」「avino」のために、アクセントの異なった「avo」と使いますけど、知ってますか?貴方は本当にラテン語を習ったのでしょうか?
ベブソンのチャチャ:ラテン語語根の av は共通性なのです。しかし patr は明らかに男性なんですね。ここの所がラテン語を習ったと言っている西欧人にも良く理解できていない人が多いんですよ。
William Johnsson
No, me ne parolas Portugalana.
いいえ、知りません。ボクはポルトガル語を話さないので。
E me ne esas "experto" di Latina. Ma me ya studiis Latina, e me volas parlernor ol uldie.
それに、私はラテン語の「専門家」ではありません。でもラテン語は勉強していましたし、いつか、習得したいと思っています。
Me anke uzis plura vortari Latina por mea explori.
説明のために複数のラテン語の単語を使いました。
"avo" venis de Latina "avus" ("us" divenas "o" en Ido), e segun omna vortari esas sole maskula ("avulo").
「avo」はラテン語「avus」由来です(「us」はイド語では「o」になります)。すべての辞書によると、男性格だけです。
La Latina vorto por "avino" esas "avia" (qua divenus "avio" en Ido.)
「abino」に相当するラテン語の単語は、「avia」です(イド語では「avio」になるかも)。
Nu la Portugalana vorto "avô", segun mea exploro, venis de "avus", kande "avó" ne.
ところで、ポルトガル語の「avô」は、調べたところ、「avus」由来です。「avó」はないですね。
"avó" venis de "avia". To esas l’expliko di pro quo esas acento diferanta.
「avó」は「avia」から由来します。それは、異なるアクセントの理由の説明です。
“filio” venis de “filius”. La vorto femina esas “filia” (on povas reklamacar ke “filio” venis de “filia”, ma to ne esas vereso segun la logiko di Ido.)
「filio」は、「filius」由来です。この女性格は「filia」です。(「filio」は「filia」由来だとクレームをつけることができますが、しかし、これはイド語の論理によると真ではありません。
“onklo” venis de “avunculus”. La femina vorto esas “matertera”.
「onklo」は、「avunculus」由来です。その女性格は「matertera」。
“avunculus” signifikas speciva “patrinal onklulo”.
「avunculus」は、特定できる「父方の叔父」という意味。
Anke existas “patruus” (patrulal onklulo) ed “amita” (patrulal onklino).
また「patruus」(父方の叔父)や「amita」(父方のおば)もあります。
“nevo” venis de “napos” (tra Franciana neveu).
「nevo」(甥)は(フランス語の「neveu」経由で)「napos」由来です。
Ta vorto, “nepos”, esas maskula e femina, ma ol ya uzesis plu multa por “nevulo” kam “nevino”, e pro to divenis la vorto “neptis” qua nur signifikas “nevino”.
この単語「nepos」は、男性格であり女性格ですが、これはすでに「nevino」よりも「nevulo」として多く使われています。というのは、「nevino」という意味だけの「neptis」という単語から由来するからです。

Bebson Hochfeld
Patro ne povas esar tam muliero kam viro.
「patro」は、「viro」と「muliero」と同じではありません。
Pro ke patrino esas femina patro en la lezbiana familio dum ke matrulo esas maskula matro en la homeosexuala familio, ka No?.
「patrino」は、レスビアンの家庭で女性の「父」です。一方で「matrulo」は、ホモの家庭では、男性の「母」ですね。
Gilles-Philippe Morin
No. En familio homeosexuala, esas du patri: sive du patruli, sive du patrini (o matri).
違います。ホモの家庭では、二人の父がいます。二人の父であったり、二人の母であったり…
Matro ne esas genroneutra, nam ol ne venas de maskula vorto Latina.
「matro」は、中性格ではありません。なぜなら、それはラテン語の男性格単語由来ではないからです。
Ol esas nur femina. Konseque, « matrulo » e « matrino » havas nula senco logikal. Ultre to, on povas expresar vua ideo per « patrulatra matro », « matratra patrulo », e. c..
これは女性格だけ。したがって、「matrulo」と「matrino」は論理的に意味をなしません。それ以外にも「patrulatra matro」「matratra patrulo」を用いたあなたの考えを説明できます。
Bebson Hochfeld
Ho ve! « patrulatra matro », « matratra patrulo », e. c.. esas tro longa. Onun tedas dicar oli. Me preferas mea vorti kurta kam la vua tro logikoza.
ああ!「patrulatra matro」「matratra patrulo」って、長すぎる。うんざりさせちゃうよ。私は、あなたの論理的な語句よりも、短い自分の語句の方がいいね。
Gilles-Philippe Morin
Vua ideo ipsa esas tedanta.
あなたの考え自体がうんざりだ。
On ne bezonas dicar, kad patrulo esas matratra o kad matro esas patratra.
「patrulo」が母の様相している、だとか「matro」が父様相であるとか、言う必要がない。
Vu havas tro libera linguo-expresado, ma tro strikta opiniono pri vivosenco.
あなたはとても自由な言語表現をもっているが、生き物の意味については厳格な見解を持っている。
En Ido, du patrini (o matri) esas du mulieri, e du patruli esas du viri. Simpla. Logikoza. Kurta. To esas quale Ido funcionas.
イド語では、二人の母は二人の成人女性であり、二人の父は二人の男である。単純だし。論理的だし、短い。これはイド語として機能している。
Gilles-Philippe Morin
Ka, segun vua “logiko”, unpatra familio havas un “gepatro” o “gematro”?
あなたの「論理」によれば、シングル・ファーザー家庭には、一人の「gepatro」「gematro」がいるのですか?
ベブソンのチャチャ:共通性の単語に接頭辞ge- を付加すると、両方の性を含む単語になるのですが、予め性が固定されている言葉には接頭辞ge- を付加する事はできません。こんな事も知らない人と論争するのは避けたいですよね。


Hans Stuifbergen
On povas bone expresar su per Ido-ante-Dyer-ala.
Dyer以前のイド語を用いてうまく説明されている。
Tamen, me kredas l'expresebleso nuancoza di Ido, exakte pro ta vorti quin ofras la dicionarii di Dyer.
だけど、私は、イド語のニュアンス豊かな表現能力は、Dyerの辞書が提供した単語によるものだと、思っています。
Gilles-Philippe Morin
Me dubas, kad vu komprenas mea opiniono… Me tote nule kritikas la Ido di Dyer.
あなたがボクの意見を理解しているか、疑わしいですね。ボクは決して、ディエルのイド語を批判してはいないんです。
Fakte, me kredas, ke ol esas la maxim bona e la maxim justa.
実際、ディエルのイド語は最高だし、正しいと思っているのです。
Tamen, mea listo kritikas la vorti ed elementi quin Idisti—forsan influita da Occidental—chanjis pos la publikigo di la vortari da Dyer.
しかし、私のリストはディエールの辞書の公開後、(おそらく、オクシデンタルに影響を受けた)イディストたちが変えた単語と要素を批判したものなのです。
Jean Martignon
Gilles Philippe Morin.- Vu esas justa, la adepti di Occidental esis infiltrita en la rangi dil Idisti e von Wahl deziris kaptar la tota Idistaro.
ジル・フィリップ・モーリン。君は正しいよ。オクシデンタルの信奉者らはイディストの列の中で影響を受けて、ヴォン・ワヒはすべてのイド語を攻略したいと望んだ。
Il fine, faliis, ma il tre febligis l'Idistaro. Sen la adepti di Occidental e von Wahl, Ido standus multe plu bone cadie.
彼はついに落ちたが、しかし彼はイド語を弱めてしまった。オクシデンタルの信奉者たちとヴォン・ワヒがいなければ、今日、イド語はもっと良くなっていたかもしれない。
Gilles-Philippe Morin
Ya! To esas quon me deskovris kande me exploris kurioze la vortaro da Edgar de Wahl: “delicie”, “dubitar” e “hodie” ne esas Idista vorti.
本当ですね! 私がエドガー・デ・ワヒによる辞書を調べていた時、発見したことです。「delicie」「dubitar」「hodie」は、イド語の単語ではないんです。
Li esas vorti de Occidental.
それらは、オクシデンタルの単語なんですよ。
To esas trista—partikulare kande on komprenas, ke plura Idisti uzas la vorti dil olima enemiko di nia linguo, ke ta enemiko febligis nia linguo, e ke ta Idisti uzas ta vorti fiere!
複数のイディストが昔の敵の単語を使い、その敵が我らの言語を弱体化させ、そのイディストらが得意になってその単語を使う、なんてことがわかったら、これは大いに憂鬱なことだ。


Bebson Hochfeld
Men ne influas Occidental nek Intellingua pro ke me tote ne konocas oli.
私はそれらを全く知らないので、私はオクシデンタルやインテルリングアの影響を受けていません。
Me konocas nur Ido ed anke Espo.
私はイド語とエスペラントしか知りません。
Ma me odias la vorto "patrino" qua esas tro artifical.
しかし、あまりに人工的すぎる「patrino」という単語は嫌だ。
Me amas la vorto "matro" qua sonas tre naturale por me.
私にとって自然に聞こえる「matro」が好きだ。
Patrino for'irez kun Espo ad'irgube ma ne ad'en Idia!
「patrino」はエスペラント共にイド語界ではなく、どこか遠くへ出て行ってくれ!
Gilles-Philippe Morin
« Tro artifical »? Hola! Bonvenez en Ido, la linguo qua havas artificala genro-sistemo.
「とても人工的するぎる」って?。おやおや。人工的な性・体系を持つ言語、イド語を歓迎しましょうね。
Naturala? No! To ne esas la skopo di la genro-sistemo, e to nultempe esis lua skopo.
自然ですって? 違う! これは、性・体系の目的ではありません。それに、目的でもなかったはずですよ。
Yen citajo da tre respektinda pioniro di Ido, sioro Louis de Beaufront:
イド語の尊敬すべきパイオニア、ルイ・デ・ボーフロン氏の言葉を引用しましょう。
« Semblas a ni, ke ta sistemo sustenesas da la raciono, e ke ol havas la merito esar tam logikala e simpla kam praktikala. »
「これは理性によって支えられた体系であり、実践的であると同じく論理的であり簡易性である利点をもっていると、我々には思える」
— Kompleta Gramatiko detaloza, sub Genro e Maskulismo.
「性とマスキュリズムの下の詳細完全文法」より
Kad me lektas la vorto « naturala »? Kad me? No! Kad vu? Me ne savas, ma me esperas ke ne…
私が「naturala」という語句を読んだのか? 私が? 違う! あなたが? 私は知らないが、そうでないと私は思いたいのだのが…。
La pioniri di Ido nultempe kritikis la feminalo-sistemo di Esperanto.
イド語のパイオニアたちは、エスペラントの女性格体系を決して批判したことがありませんでした。
Fakte li prizis ol, nam li kopiis ol en Ido.
実際、彼らは、それをイド語に維持しているので、高く評価していたのです。
La nura kozo quon li desprizis esis la maskulalo-sistemo.
彼らが軽視したのは、男性格体系の方でした。
Li desprizis la maskulismo di Esperanto.
彼らはエスペラントの男性格体系を軽んじたのです。
To esas pro quo la maskula vorti divenis genroneutra, e to esas pro quo on adjuntis la sufixo « -ul- » por la maskula genro.
それが、男性格の単語は性的に中性になった理由であり、男性格の接尾辞「-ul-」を追加した理由なのです。
Pri ta nova sistemo, la pioniri konsideris ol kom « racional », « logikal » e « praktikal ».
その新しい体系について、パイオニアたちは、「理性的な」「論理的な」「実践的な」と考えていました。
Kad anke « natural »? No! Fakte, yen citaji qui demonstras ke la pioniri refuzis « patro » exkluzive maskula:
それがまた「自然だ」と? 違う! 実際、パイオニアたちがもっぱら男性格の「patro」を拒絶していたことを示す文があります。
« (14) Decido 1209, konsequo dil decidi 1089 e 1090. (Progreso, VII, 65 e VI, 212.)
「(14)決定事項1209、決定事項1089と1090の帰結。(「Progreso」誌惨65頁、佐212頁)
— Ti qui prizus la duo : patro, matro (kun exkluzo di patrino) mustas agnoskar, ke se patro esus nur maskula, on ne povus nek darfus dicar gepatri. E same pri frato, kuzo, onklo e. c. »
ー一対であることを評価する:「patro」「matro」(「patrino」の除外)は、もし「patro」が男性格だけであるなら、「gepatri」と言うこともできず、言う可能性もない、ということを認めなければならない。「frato」「kuzo」「onklo」なども同じ」
— Kompleta Gramatiko detaloza, sub Prefixi.
詳細完全文法、接尾辞の項目で。
« (4) Ni bone remarkez, ke en ica frazo : « La hundo esas la amiko di la homo », nek hundo, nek amiko, nek homo implikas la sexuo, mem en la Franca.
(4)よく留意しよう。「La hundo esas la amiko di la homo」(その犬は、その人の友達だ)の中では、「hundo」「amiko」「homo」も性を意味していない。フランス語でさえも。
Ni remarkez anke, en la Franca, ta stranja fakto : enfant ne implikas sexuo, e père esas maskula, adminime en la singularo!
また留意すべし。フランス語では、この奇妙な事実を。「enfant」は性を含意していない。「père」は男性格、少なくとも単数形では。
Nam, en la pluralo, ol kontenas mem la matri, quale homme kontenas la homini : nos pères nous ont appris (nia patri docis ad ni) : l'homme est mortel (la homo esas mortiva). — La Madyara, plu logikoza, donas nula genro a père (patro) nek a frère (frato). »
なぜなら、複数形では、それは「matri」さえも含む。「homme」が「homini」を含んでいるように。「nos pères nous ont appris」(父祖たちは我々に教えた)、「l'homme est mortel」(人間は死ぬもの)、ーもっと論理的なハンガリー語は、父親、兄弟にも性の格はない。
— Kompleta Gramatiko detaloza, sub Genro e Maskulismo.
ー詳細完全文法、「性とマスキュリズム」の項目
« On atencez ico : se patro, frato e. c. esus maskula (homuli), ge-patri e. c. esus absurdajo, nam on ne povas unionar la du sexui, kande existas nur una. »
「このことを留意すべき。もし、「patro」「frato」などが男性なら、「ge-patri」などは不合理である、なぜなら、ひとつしか存在ない時、2つの性を統合できないからだ」
— Kompleta Gramatiko detaloza, sub Genro e Maskulismo.
ー詳細完全文房、「性とマスキュリズム」
Fine, cesez konsiderar omna Esperantisti quale monstri, nam multa kreinti ipsa di nia linguo olim esis Esperantisti! Multa idei e sistemi di Ido venas de Esperanto, e sen Zamenhof, Ido ne existus.
最後に、すべてのエスペランティストを怪獣のようにみなすことはやめて下さい。我々の言語の多くの創作者たち自身はかつてはエスペランティストであったのです! イド語の多くの考え方や体系はエスペラントから来ているのであり、ザメンホフがいなければ、イド語も存在しなかったでしょう。


Bebson Hochfeld
Me dubas ke Espisti havus natural sentimento humana.
エスペランティスト達が人間の自然な感情(patrino の様な単語に違和感を感じる)を持っているか疑いますね。
Gilles-Philippe Morin
?

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

イド語界ウオッチ

イド語詳細完全文法

KGD(日本語訳)

ボーフロンの練習帳

練習帳

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます