iPad用 ガンマ線スペクトロメトリー・ガイガーカウンター・放射線測定器 iMetry関連情報のまとめページです。(http://imetry.wiki.fc2.comに引越します)



電源

  • 「電源」についての説明(公式ページ)
  • iPhone、iPadやAndroid端末向け等のAC-USB電源アダプタが利用可能。
    • ただし、USB2口のもので、一方にiiPadを繋いでいると大電流が必要で、供給電力が不足してノイズが乗ることがある。また、アースからノイズが乗ることもある。ノイズが乗っているかどうかは、設定画面のパルス検出しきい値メニューに簡易オシロスコープ機能が搭載されており、容易に目視確認することができる。
  • USB電源アダプタからiMetry本体に給電するには、micro B USB端子のケーブルが必要。
  • 量販店やコンビニや売っている携帯電話向け充電器も利用可能。(ただし電池切れには注意)
    • ただし、なんでも使えるわけではない。充電器によっては保護回路が働いたり(コンビニで売っていた単三電池3本式充電器)、消費電力が少ないために給電を止めてしまう(Panasonic BG-BL01)ものもある。

電源アダプタがiMetryに適合しているかの確認方法

  • まず、Apple社純正アダプタを用いてiMetryに給電してバックグラウンド線量を計測する。
  • 次にiMetryの設定画面のパルス検出パラメーター画面で、測定開始を押して、パルス検索を押し、パルス検出しないノイズと、パルスを目視確認する。
  • 次に、全く同じ環境で、使おうとしている電源アダプタで、同じバックグラウンド線量を計測し、同様にパルスとノイズのレベルを確認する。
  • どちらにおいても、有為な差がみあたらなければOKでしょう。

iMetry動作確認済みUSB電源

  • Apple純正 iPhone電源アダプタ
  • 多摩電子(ingブランド) AC-USB電源アダプター
  • 多摩電子(ingブランド) 単三乾電池×2本式USB充電器
  • 多摩電子(ingブランド) 単三乾電池×4本式USB充電器

iMetryに不適合なUSB電源

  • 多摩電子(ingブランド) 単三乾電池×3本式USB充電器(通電時の突入電流で保護回路が働くことがある。電気が入らない場合は、電池を入れ直すか、2〜3回ほどmicro B端子を挿し直すと使えます)、不便だが全く使えないわけではありません。
  • Panasonic BG-BL01(iMetryに接続後、1分前後で給電が止まる)

よくあるミス

  • iPadアプリから計測開始しようとすると「センサーが接続されていません」と出る。
    • iMetry本体とiPadをつなぐ専用ケーブルの差し間違いに注意しましょう。4極端子がiPad側、2極端子がiMetry本体です。
    • ケーブルはしっかり差し込みましょう。特にiPad側は差し込んだつもりでも、ケースやカバーのせいで奥までささっていないことがあります。
    • まれに再起動が必要なこともある。
  • 計測開始しても0cpm、0μSv/hのまま。
    • iMetry本体に電源が供給されている(緑色のLEDが点灯している)か確認しましょう。
    • 携帯充電器の保護回路が働いていることもありうるので電池を入れ直して見る。
    • 携帯充電器の電池を交換してみる。
  • 計測中に放射線量が急激に上がる。
    • 計測中にiMetryへの給電が止まった時にこの現象になります。携帯電話向け充電器の場合は電池を交換するか、ACアダプタを使います。
    • iMetry本体とiPadをつなぐ専用ケーブルが半刺さりになっている場合もある。そのときはケーブルを再差し込みします。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

iMetry: Gamma Ray Spectrometry, Photon Counter (MPPC) based Scintillation Geiger Counter, Radiation Detector System for iPad
スペクトロメトリー iMetry
iMetry fc2 wiki

管理人のみ編集できます