債務整理(自己破産・任意整理・過払い請求)後にカードローンや車のローンが組めないという場合は個人信用情報機関(CIC・JICC・KSC)へ情報開示請求をして履歴を確認してみましょう。


個人信用情報とは


個人信用情報とは、金融機関や信販・クレジット会社など個人に対する与信業務を行う業者が、顧客の返済・支払い能力を判断するために利用する情報のことを言います。主にクレジットカード、ローンなどの借入契約時に利用されます。

個人信用情報として記されているのは、氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先など基本的個人情報に加え、ローンやクレジットカード等の借入状況、借入金額、借入、最終返済日等の契約状況と返済状況が記載されています。
返済状況については、延滞、代位弁済、強制回収手続、解約、完済などの細かい情報も記載されます。また、ローンやクレジットカードの申し込みの事実があったことなども記載されることになります。

つまり、信用情報は、利用者の信用力を表す唯一の情報であり、信用情報機関の会員会社である金融機関や信販・クレジット会社などが、利用者の信用力を正確に把握するための指標となるのです。




あなたの信用情報は本当に修正されていますか?
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます