債務整理(自己破産・任意整理・過払い請求)後にカードローンや車のローンが組めないという場合は個人信用情報機関(CIC・JICC・KSC)へ情報開示請求をして履歴を確認してみましょう。


自分で信用情報を取り寄せる方法


信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)として登録されているかどうかは、個人信用情報を開示することで分かります。
個人信用情報は、個人で取り寄せることも可能です。

また、債務整理や過払い金返還請求をする場合などに、どのような業者から借入れをしていたのか、残高はどのくらい残っているのか、契約条件の再確認をしたいという場合にも、この信用情報を利用することで知ることが出来ます。

信用情報機関には、株式会社日本信用情報機構(JICC)株式会社シーアイシー(CIC)全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つがあり、銀行系金融機関からの借金に関する場合であればKSCに、サラ金やローン会社であればJICC、クレジットカードであればCICに開示請求をすることになります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)の本人開示

JICCは、加盟会員である消費者金融会社やクレジット会社などの登録された信用情報を一元管理しており、開示請求をすることで自身のローンやクレジットなどの契約内容や支払状況等に関する情報を確認することができます。
JICCでは、本人および代理人による信用情報の開示手続きを携帯電話・スマートフォン、郵送、窓口で行っています。


詳しい信用情報の開示方法については、
JICCの開示方法を参照下さい。

株式会社シーアイシー(CIC)の情報開示請求

CICでは、加盟しているクレジット会社等(会員会社)との契約の内容や支払い状況等の信用情報を開示しています。
情報開示方法は、パソコンからインターネット開示、郵送開示、窓口開示が行えます。これらの方法いずれかを行うことで信用情報機関にどのように登録されているかを確認することができます。


詳しい信用情報の開示方法については、
CIC (株)シー・アイ・シーの開示方法を参照下さい。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)の情報開示

全国銀行個人信用情報センター(KSC)に加盟している金融機関からの借り入れ等の内容や支払状況などを確認ができます。
登録情報の開示は、本人および法定代理人、任意代理人によりセンターへの郵送申込みでのみ受け付けています。


詳しい信用情報の開示方法については、
全国銀行個人信用情報センターの開示方法を参照下さい。



あなたの信用情報は本当に修正されていますか?
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます