債務整理(自己破産・任意整理・過払い請求)後にカードローンや車のローンが組めないという場合は個人信用情報機関(CIC・JICC・KSC)へ情報開示請求をして履歴を確認してみましょう。


信用情報開示のメリット・デメリット

メリット

信用情報の開示を行えば、事前にローン審査が通るのか、それとも落ちるのかを申し込む前に知ることができます。
情報開示を確認し、事故情報が消えていれば(ブラックから回復)、ローンやクレジットを組むことが可能です。

情報開示を求めなければ、事故情報の登録の有無は確認することができません。


デメリット

信用情報機関に情報開示をしたからといって、クレジットカードの申請、ローンの申し込み時にマイナスに影響するような事は全くありません。
そのため、開示請求をすることでのデメリットは無いといえます。

自分の信用情報を把握せずにクレジットカードの申込みや、ローンの申請等するほうがリスクがあるといえます。
信用情報の開示を事前に行っておくことで申し込む際の不安を取り除くことができるため、行っておく方が望ましいでしょう。




あなたの信用情報は本当に修正されていますか?
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます