債務整理(自己破産・任意整理・過払い請求)後にカードローンや車のローンが組めないという場合は個人信用情報機関(CIC・JICC・KSC)へ情報開示請求をして履歴を確認してみましょう。


KSC 全国銀行個人信用情報センター




全国銀行個人信用情報センター(略称「KSC」)は、全国銀行協会(全銀協「JBA」)が運営する信用情報機関です。

全国銀行個人信用情報センターの会員は、金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農業協同組合、政府関係金融機関など)、銀行系クレジットカード会社、消費者金融専業者、保証会社などです。

KSCは、ローンやクレジットカード等に関する個人信用情報を登録し、会員に対して与信取引上の判断のための参考資料として消費者の個人信用情報を提供しています。

情報の登録期間

登録情報登録期間
取引情報
ローンやクレジットカード等の契約内容とその返済状況(入金の有無、延滞・代位弁済・強制回収手続等の事実を含む)の履歴
契約期間中および契約終了日(完済されていない場合は完済日)から5年を超えない期間
照会記録情報
会員がセンターを利用した日、ローンやクレジットカード等の申込み・契約の内容等
当該利用日から、本人開示の対象は1年を超えない期間、会員への提供は6か月を超えない期間
不渡情報
手形交換所の第1回目不渡、取引停止処分
第1回目不渡は当該発生日から6か月を超えない期間、取引停止処分は当該処分日から5年を超えない期間
官報情報
官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等
当該決定日から10年を超えない期間
本人申告情報
本人確認資料の紛失・盗難、同姓同名別人の情報がセンターに登録されており自分と間違えられるおそれがある旨等のご本人からの申告内容
登録日から5年を超えない期間






あなたの信用情報は本当に修正されていますか?





.
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます