無茶な実験室、Seesaa wiki 引っ越し版です。EBt とかフリーソフトのサポートなどやってます。その他、レビューなどなど。

ひとこと

久しぶりではありますが、EBt for Windows の新バージョンを公開します。
今回、Zaurus 時代に有ったURLメモを実装しました。これで、EBtのメモに登録したURLでブラウザを起動することが出来ます。
今まで、メモの本文にURLを書いていたりしたのですが、今後はちょっとだけURLの扱いがスマートになるかなーと思います。

あと、今回のバージョンからソースコードも公開するようにしました。
あちこちに盲腸のようなコードが埋まっていて見るに堪えないものではありますが、もし何か必要に迫られましたら参考にして下さいませ。

また、今回からBSDライセンスで公開することとしました。まぁ、基本的に今までと比べて何か変わるわけではありません。どちらかというと、より安心して使えるためにライセンスを明確にしたと思っていただければと思います。

リリースノート

Version 0.1.4-1 (2016/07/03)での修正内容は以下の通りです。
  • メモにURL情報を付与することが出来るようになりました。ツールバーの「メモ」→「URL追加」「URL削除」で、メモにURLを追加したり削除したりすることが出来ます。また、URLの右側にある「表示」ボタンを押せば、ブラウザが起動します。
  • ステータスモニターウィンドウを閉じる時に例外が発生する場合がある問題を修正しました。
  • ターゲットとなる .NET Framework のバージョンを 2.0 から 4.0 に変更しました。
  • 今まで曖昧だったライセンス条項を明示するようにしました。今回のバージョンからBSDライセンスでの公開となります。
  • 今回のバージョンから source を公開しました。ターゲットとなる Visual Studio のバージョンは Visual Studio 2012 Professional となります。

ダウンロード

インストールにあたっての注意

インストーラー版

0.1.2-1 以降からのアップデートでは、元のバージョンのアンインストールは不要です。そのままインストールしてください。
それ以前のバージョンからのアップデートは古いバージョンをアンインストールしてからインストールを行ってください。

実行ファイル版

.NET Framework 4.0 をあらかじめインストールしてください。
(最近のWindowsでは気にしなくても大丈夫です)

ソースファイル

Visual Studio 2012 Professional のソリューションとして公開しています。
他のバージョンの Visual Studio を使う場合はうまくビルド等が出来ない可能性があります。

おわりに

バグなど絶対にどこかにあるかと思います。見つけた場合は生暖かく見守っていただくか、Wikiの掲示板などで報告していただけると幸いです。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます