「あんたたちもっと拡散しなさいよ」まとめ

他選手との比較

世界選手権2011

  • ショートプログラム アリッサ・シズニー(アメリカ)とのレイバックスピン(ビールマンスピン)比較
アリッサ・シズニーはスピンに大変定評のある選手です
アリッサ・シズニー(2分29秒頃〜)キムヨナ(1分43秒頃〜)


二人ともレベル4を獲得し、このレイバックスピンの基礎点(もともと技に与えられた点数)は2.70点です。
そこにGOE(出来栄え点)が加算され最終的な点数となります。

シズニーのスピンは柔軟性もあり、最後まで回転速度が早く、素晴らしいスピンです。
一方、キムヨナはビールマンポジションに入ると回転速度が落ち、姿勢も不安定に。
しかし最終的な得点を見てみると…

アリッサ・シズニー 基礎点2.70+GOE(出来栄え点)1.21=合計3.91

キムヨナ      基礎点2.70+GOE(出来栄え点)1.29=合計3.99

0.08点キムヨナの方が上回ってます。
本当に妥当な点数なのでしょうか?

たかが0.08点と思われるかもしれませんが、
このようにそれぞれの技でコツコツと点数を積み重ねていく競技なのです。
選手は0.01点でも多くもらえるように工夫や努力をしています。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

マスコミ・報道・反応

海外の反応(記事、動画etc)

メンバーのみ編集できます