「あんたたちもっと拡散しなさいよ」まとめ

偏向報道が横行する中、疑問を呈するメディアも現れている

キム・ヨナ 「怪しすぎる高得点」の裏カラクリを徹底調査(1)アサヒ芸能1/14発売(1/23号)より
キム・ヨナ 「怪しすぎる高得点」の裏カラクリを徹底調査(2)2014年1月21日
キム・ヨナ 「怪しすぎる高得点」の裏カラクリを徹底調査(3)2014年1月22日
東スポ 回転不足のなぜ (2014年12月7日)


東スポ 1面の見出し(2014年12月6日)
東スポ ヨナ 世界中からついに猛批判 (2010年3月31日)
東スポ キムヨナお手つきしても高得点 (2013年12月07日)
デイリースポーツ 分かりやすい採点方法を目指してほしい (2013年12月12日)
週刊新潮 高得点の理由が見えない「キム・ヨナ」のアンダーザテーブル (2013年1月31日)

J-CASTテレビウォッチ「負け採点」の疑問指摘しない解説者の愚 (2010年4月1日)
トリノワールド 解説者への駄目だし


生島淳氏(スポーツジャーナリスト) ラジオでキムヨナを語る
バンクーバー五輪前のキム陣営の戦略がよくわかります

ノーミスできるのはチャレンジしてないからとおっしゃっています


韓国メディアにチクリ?

産経新聞 暴走を始めた韓国フィギュア報道 (2014年1月13日)

ISUのルール123条4項、「抗議の制限」についてふれた記事 (3ページ目)

真央、ライバルのイメージ戦略に勝て!(2014年2月10日)
<デイリースポーツ>http://www.daily.co.jp/opinion-d/2014/02/10/000669...
バンクーバー五輪では浅田とキム・ヨナの得点差が23.06点とあまりに開いたが、異議は申し立てられない。ISUのルール123条4項で、通常「抗議の制限」と呼ば れるものがある。フ ィギュアで抗議が認められるのは「数値計算上の誤り」、いわば足し算などの計算ミスのみで、「要素の認定や技のレベル認定の誤り」は人為的ミスであ って「数値計算上の誤り」ではないため で、選手やコーチが疑問を呈する道がない。 現状では指をくわえているしかない。
ISU『抗議の制限』ページへ
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

マスコミ・報道・反応

海外の反応(記事、動画etc)

メンバーのみ編集できます