「あんたたちもっと拡散しなさいよ」まとめ

何故か韓国寄りな報道をする日本のメディア

ソチ五輪前
BS日テレ『アスリートの輝石』2013.11.10
浅田選手の3年間の気の遠くなるようなスケーティングの見直しやジャンプ改造の道のりを、単なる不調として報道。バンクーバーで浅田選手が負けたのは2度のミスと表現力不足によるものだった、去年までワールド6位で低迷 (GPSロシア杯と全日本で優勝しているにもかかわらず)、表現力をアップさせるためにバレエを習って復活、と捏造・刷り込み。

浅田真央選手 戦績 は番組で伝えた順位
          ○は番組で伝えなかった順位



『Athlete Journal 』2014.1.14 元フィギュアスケーター中庭健介 の記事
浅田選手が、「ソチでは、自分のできる最高レベルの演技をするために、3Aを3回入れた構成にする」、と公言しているにもかかわらず、
「金妍児選手がノーミスでも自分がノーミスでやれば絶対に勝てるという構成にするには、やはりショートでトリプルアクセル、フリーでトリプルアクセル2本という構成は必ずいる。トリプルアクセルへのこだわりはここからきているのだろう」と。

元フィギュアスケーター中庭健介 の別記事(未確認)での言葉
「浅田が金を獲るためにキム・ヨナは必ず超えなければいけない存在。GPシリーズで3度優勝しても満足した顔をしなかったのは、出場していないキム・ヨナがどれくらいの滑りをしてくるのかを常に想定していたからでしょう。ショート・フリーでトリプルアクセルを3回入れているのはそのためです」


『岡崎真の目』での、不可解な論評
フリーレッグ(軸足でない方の脚)の抜け方が少し遅れた事で回転不足となった。浅田の次の課題はスピード感。さらにスピード豊かなコストナーやキムヨナといった選手と同じ舞台で戦うことが想定される五輪に向け、改善が必要となる。
(以上、『ぼちぼち生きてます』さまより抜粋、加筆、画像借用)

荒川静香は、テレビ出演時にスタッフが意図的にか単なる無知かでキムがザヤックルールにひっかかっているフリップを出したとき、指摘しませんでした。女子シングルフリーでは連続ジャンプは三回までです。キムの構成予定表は連続ジャンプが四回書かれていました。このような誤りは、真っ先に正すべきものではないのですか?経験者を起用する意味とはそこにあるのではないですか?
上が第一報。下が夜11時にコンビニにあったもの 城田コラム 「子供っぽく」を「初々しく」に書き換えてる。抗議が行ったから?


[ NHK ]

NHK『クローズアップ現代』「“見えない”ドーピング 最前線の攻防」 2014.1.20
オリンピックにおけるドーピング問題を扱う放送のオープニングで、浅田真央選手の映像を使用。
これをフィギュアスケートに知識のない人々が観たらどう思うだろうか? ドーピング問題というと浅田選手を想起させるような、許しがたい映像手法である。






その数日後のNHKフェイスブック




NHK『ニュースウォッチ9』フィギュアスケート ソチのライバル特集 2014.1.27
日本選手のライバルとして男子ではチャン選手、プルシェンコ選手。女子ではキムヨナとリプニツカヤ選手が紹介されるが、キムヨナにだけ「女王」の文字。プルシェンコ選手はトリノ五輪優勝、世界選手権3度の優勝。チャン選手は世界選手権3連覇中ですが「王者」等の文字はありません。





[ テレビ朝日 ]

テレ朝もキムヨナのジャンプの基礎点がコンビネーション違反で本来の数字より高いものを放送

2014年2月21日モーニングバード



グランプリシリーズの放映権を持っているテレビ朝日がスポンサーサイドに配ったモノらしい
あんたたちもっと驚きなさいよ『テレビ朝日はスポンサー集めでも「キム・ヨナのごり押し」に励んでいた』

某国の、とんでも放送

恐ろしい…
「キムヨナ選手の頭蓋骨は良い形である」という内容のものであるが、頭蓋骨模型を手前のテーブルに置き、浅田選手の画像部分に被せるという非常識な映像を放送。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

マスコミ・報道・反応

海外の反応(記事、動画etc)

メンバーのみ編集できます