愛と友情の3プラトン!3D対戦格闘ゲーム燃えろ!ジャスティス学園のまとめwikiです。

ティファニー

-セクシーチアリーダー-
ティファニー


(C)CAPCOM CO., LTD. 1997, 2000 ALL RIGHTS RESERVED.



概要 

チアリーディング部に所属する、カタコトな日本語を話すパシフィックHSの生徒。明るい性格であり、ロイに好意を抱いている。
回転したり飛び跳ねたりと非常に多彩な動きをし、扱うまでに少々慣れの要るキャラ。
火力は無いが手数が多く、熱血コンボのルートも多いので、トリッキーな動きで相手を翻弄することができる。
また根性カウンターも優秀で、発生11Fでリーチが長い4強Pで大抵の技に割り込むことが可能。
3弱Pからはそのまま熱血コンボルートに移行できる為、グルービースペシャルまで繋げば安定したダメージを奪える。
2強KからSABに繋げるもよし、地上で安定したダメージを取るもよし、スタン値を稼ぐもよし。
それぞれの技をしっかり把握していけば、色々な立ち回りが可能なキャラである。

  • 熱血コンボのルートが多く、全体的に手数が多い。
  • 4強Pや3弱Pといった根性カウンター手段が優秀。

  • やれることが多く、慣れるまで時間がかかる。

分類
技名
コマンド
備考
必殺技グルービーナックル236+P(タメ可)
グルービーパンチ214+P(タメ可)
エキサイティングキック214+K空中可
ビューティフルスピン623+K
グルービーホイール236+K
完全燃焼アタックグルービースペシャル236236+P
ワンダフルキック236236+K
グルービースクリュー214214+K
愛と友情のツープラトンラブ&ピースP+K
正義と勇気のスリープラトントリプルヘヴンズクロス攻撃ボタン3つ同時押し
外部リンク「ジャスティス学園 学園」

解説
立弱Pリーチそこそこの上段小パン。立弱Kとセットで牽制に使っていく。
立強P基本はコンボパーツ。ガード時は屈強Kや6強Pでフォローするといい。
立弱Kローキック。ガード時+6Fなので立弱Pからそのままセットで振れる。ヒット時は立強Pへ。
立強Kリーチ長めのハイキック。隙が大きく、ガードされても有利な屈強Kの存在もあって出番の無い技。
屈弱Pリーチ短めの下段小パン。立弱Pと違い弱Kに繋がらず、直接立強Pにしか接続できない。下段始動は屈弱Kの方が無難だろう。
屈強P両手を振り下ろす。発生が遅く隙も大きいので、使うならば立強Pの方が良い。
屈弱K下段小足。中距離での牽制に振っていけるが、この技自体の隙は大き目なので3弱Pや立弱K、屈強Kに繋いでフォローする必要がある。
屈強Kダウンしない大足。リーチがそこそこ長めで、ガード時は3Fの有利も取れる。不意に出したり、熱血コンボのヒット確認に使っていける。
J弱P下方向に判定の強い小パン。状況によって弱Kと使い分ける。
J強Pコンボパーツ。
J弱K横に判定の強い小足。飛び込みや空対空などに。
J強Kコンボパーツ。
解説
6弱Pショートアッパー。リーチが短く、ガードさせて五分だがいまいち使いにくい。
3弱Pリーチの長めなストレート。屈弱Kなどの小技を経由して熱血コンボに組み込める他、リーチを生かして根性カウンターからコンボに移行することも可能。
6強P両手でパンチを放つ。ガードさせて3F有利が取れるので、熱血コンボをガードされた時のフォローや奇襲で出してから択を仕掛けたりなど、様々な用途に使える。
4強P発生11Fと驚異の速さを誇るパンチ。リーチも悪くなく、大抵の技に対してはこれ一本で根性カウンターで返せてしまう。
3強PAB始動技。リーチが短く、発生も22FとAB始動技の中でも低水準。ティファニーの場合は3弱Pや4強Pといった高スペックな根性カウンター技もあるので、出番が殆ど無い技。
1強Pダウンを奪える下段大パン。リーチは長めだがガード時の隙が大きく、わざわざこれを振る機会もそう無いであろう。
6強K大きく踏み込んで前方向へ蹴りを突き出す。発生は遅いが、見た目に反してガード時-10Fと隙は少なめ。基本的には封印するのがいいだろう。
4強K中段判定のお尻。ダウンを奪えるが、かなり硬直が長いのでしゃがみ投げに比べると使い辛い。
3強KSAB始動技。両足を大きく開いてジャンプする。 モーションが派手だが意外と隙が少なく、空中ヒットさせた場合は更にもう一発当てることも可能。
一部しゃがみ状態のキャラにグルービースペシャルが空振りしてしまう場合や、連携重視でSABに繋ぐ時など、使いどころは多い。
J6強P叩きつけタイプのパンチ。空中根性カウンターで活躍。
J6強K空中ハイキック。SABの〆に使うことで攻め継続可能。
J2弱K弱はその場で、強はやや斜め前に両足で踏みつける。弱・強ともに連続で出せばそのまま相手を踏み続けることが可能だが、狙いどころが難しい技。
J2強K
解説
エンゼルバスト羨ましい立ち投げ。プラトン潰しのほか、6強Pをガードさせてからしゃがみ投げと二択で狙ったりするのも楽しい。
マウントパンチしゃがみ投げ。近距離での二択などに。
ジャーマンスープレックス背後投げ。あまり出番は無い。
ヘルホイール空中投げ。対空・受身狩りでお世話になる。
解説
グルービーナックル弱はその場で、強は軸移動しつつ裏拳を放つ。ボタン溜めで威力と回転数がアップし、最大溜めで吹き飛ばし属性が付く。強版の軸移動を生かして根性カウンターで使っていける。
グルービーパンチグルグルーパーンチ!その場で腕を振り回してパンチを放つ。ボタン溜めで腕を一回転させる毎に1段階ずつ、威力がアップしていく。3段階目以上で吹き飛ばし属性がつき、最大タメならガード不能効果付与。
ガード時の隙は大きいので反確、そもそも発生がかなり遅いので当たってくれるのかも怪しい。
エキサイティングキックエキサイティーンッ!地上版は一度上空に飛び上がってから、空中版はその場から急降下しつつキックする。ガードされると跳ね返ってしまうので奇襲には使いづらく、地上版はそもそも発生がかなり遅いので封印するのが良い。
空中版は相手の受身狩りを回避したりする脱出技として重宝する。
ビューティフルスピンビューティフォーッ!逆立ちしつつ上昇する蹴りを繰り出す。弱、強の違いは技の高度。使うならガードされても隙が少なめな弱版がオススメだが、そもそもあまり使う機会は無い。技後の降下中は空中技を出すことも可能。
グルービーホイールその場から前方に側転しつつ突進する。ガード時-6Fと意外と反撃は受けづらい方。しかしヒットしても威力が低いのと、相手が吹っ飛ぶので攻め継続をしづらい。
解説
グルービースペシャル4連続でグルービーナックルで相手を殴ったあと、トドメにグルービーパンチで相手を吹き飛ばす。威力が高いので地上熱血コンボの締めに活躍する。一部の小さめのキャラのしゃがみ状態には連続ヒットしないので注意。
ワンダフルキックビューティフルキック2回からのエキサイティングキック。威力はグルービースペシャルに劣るので普段は封印安定だが、前述のグルービースペシャルが空振りする状況では替わりにこちらを使用する。
グルービースクリュー前方に小さくジャンプし、ヒットするとロック技に変化する。発生が早いわけでもなく、ガードされると隙が膨大なので反撃確定。基本的には使わないほうが無難。
解説
ラブ&ピース体力回復タイプのバリア型プラトン。バリア系のプラトンの中ではダメージが低めだが、確定で入る点ではやはり重宝する。体力回復の性能も試合後半になるほど生きてくるので、腐りにくい技である。
解説
トリプルヘヴンズクロスパシフィックハイスクールのスリープラトン。パートナー二人をそれぞれ振り回しながら上昇し、ヘヴンズクロスで攻撃する。発生は並、ガード時は反撃確定とシンプルな性能。

手数の多さで相手に動きを予測されにくい立ち回りが可能。
必殺技よりも通常技で押すタイプなので、相手を翻弄させている内に倒しきってしまいたい。
そのためにも各種技の性能把握、コンボルートはしっかり押さえておきたい。

遠距離
この距離では特にやれることが無い。
最低でも中距離(屈弱K、3弱Pが届く間合い)は維持したい。

中距離
ティファニーが最も得意とする距離。
主に使う牽制技は立弱P、屈弱K、屈強K、3弱P、6強Pなど。
立弱Pはリーチが長く前進するので、同じくリーチの長い屈弱Kと上下段で使い分けていくと良い。ガード時はどちらも立弱Kでフォローすること。
3弱Pは屈弱Kからそのまま繋いでもいいが、単発でも隙が少なく、リーチも長いので差し返しや奇襲にも使える。
ヒット時はそのまま立強P>屈強Kへ繋ぎ、更に地上orSABコンボへと繋ぐ。
屈強Kはダウンしない下段攻撃なので、他の攻撃に混ぜたりフォローで繋ぐことで性能を発揮する。ガードされても+3Fと有利を取れるのも大きい。
6強Pは単発で使うよりも、各技のフォローに使う場面が多い。これもガード時はティファニー有利なので、攻め継続、もしくは一旦バックステップで身を引くのも良い。
ここで注意したいのはティファニーは弱攻撃の発生が決して早くは無いという点。近距離はそこまで得意というわけでもない。
どちらかというとリーチを生かした差し合いが得意なキャラなので、深追いはせず相手のガードが堅い場合はヒット&アウェイで距離を取るのも大事である。
後退して相手の攻撃を誘いつつ、差し返しにリーチの長い小足や3弱Pなどをぶつけていくスタイルが理想。

各種牽制技がヒットした場合はそのままコンボへ持っていくが、手数が多いので様々なパターンを狙うと良い。
  1. フルコンボ(屈強K>6強P>グルービースペシャルorワンダフルキック
  2. スタン値稼ぎ(屈強K>6強P>弱グルービーナックル)
  3. SABで攻め継続(屈強K>3強K>SAB〜J6強Kで締め)
1.はダメージ重視。相手の根性カウンターを潰した場合等もこちらで。
相手キャラによってはしゃがみ状態にグルービースペシャルが全段ヒットしないので、その場合はワンダフルキックで締めること。
2.はスタン値が地味に稼げる。また、グルービーナックル自体のガード時の隙も小さめ。
3.は空中コンボからJ6強Kで締めることで相手より先に着地できるので、受身狩りを狙える。
普通にダメージ重視でグルービースペシャルを狙うのも良いが、コンボ後の状況が仕切りなおしになってしまうので、単調になりやすい点もある。
また単純にコンボ補正の面で純粋な火力勝負も厳しいので、毎回違う手でかく乱していくと良い。

近距離
自分から近寄るキャラでも無いので、近寄られている場合の方が多い。
この距離では若干振る技が心許ないので、基本的にはバクステやバックジャンプで距離を置きたい。
相手のラッシュが苦しい場合は、発生の早い根性カウンター4強Pを使うと良い。
大抵の技にはこれ一本で返せる+吹き飛ばしで距離も離せるので、防戦の場合は狙ってみると良い。

空中戦
地上技が優秀なものが多い反面、空中は少し苦しい面がある。
そこまで飛び込みを狙うキャラでもないので、対空や空対空時に早出しのJ弱Kや空中投げを狙うくらいだろうか。
  • 4強P発生11F
    • 発生が早くリーチもそこそこ。レバー方向がそのままガード入力のため、簡単に出せる点も高材料。

  • 3弱P発生15F
    • 発生は4強Pに劣るが、リーチの長さとそのまま熱血コンボへ移行できる点が魅力。ガード時の隙も小さく、ティファニーの技の中でも重要度が高い。

  • 強グルービーナックル発生17〜47F※タメで変化)
    • 軸移動しつつ攻撃できるので、多段技や隙の大きい技に対して強い。ガード時の隙も意外と小さめ(-8F)。

  • J6強P発生11F
    • 斜め下に叩きつける。低空ガードからこれだけでも十分やっていける。

  • J6強K発生17F
    • 相手を上に打ち上げる。リーチが短いので、使うとすれば低空ガードが良い。

  • 屈弱K>3弱P>立強P>屈強K>6強P>グルービースペシャルorワンダフルキック DM70(グルービースペシャル) DM68(ワンダフルキック)
    • ティファニーの基本コンボ。ガード時は立強Pから6強Pにルートを省いたり、3強Kを混ぜたりしてフォローしていく。
    • しゃがみ状態の次のキャラにはグルービースペシャルが連続ヒットしない為、ワンダフルキックで代用する。ひなた、もも、アキラ、パワードアキラ

  • 屈弱K>3弱P>立強P>屈強K>3強K>SAB(弱K>弱P>強P>強K>J6強K) DM62
    • SABコンボ。J6強Kで締めた後は、攻め継続可能。上記のグルービースペシャルが連続ヒットしないキャラにこちらのコンボを用いるのも良い。

  • 3強P>AB(弱P>弱K>強P)×3>強K>J6強K) DM67
    • ABコンボ。3強Pよりも優秀な根性カウンター向きの技が多いティファニーには、このコンボはあまり日の目を見ない。

  • 屈弱P×2>4強P DM18 
    • 屈弱P二発からヒット確認で繋がる。トドメ用等に。

  • いただきスクープ(ラン2プラトン)>垂直ハイジャンプ>(弱K>弱P>強P>強K>J6強P) DM83
  • いただきスクープ(ラン2プラトン)>微ダッシュ〜垂直ハイジャンプ>(弱K>弱P>強P>強K>J6強K) DM84
    • ランの2プラトンからの空中コンボ。どちらも垂直ハイジャンプからの、昇りで弱Kを当てるタイミングが若干難しい。

  • 立ち投げ>ダッシュ〜空中投げ
    • 立ち投げ後は相手が空中受身を取れるので、一応攻め継続可能。

  • 6強P(相手ガード)>しゃがみ投げ
    • 6強Pで有利を取ってからのしゃがみ投げ。地味ながら中々成功しやすい。

  • 屈弱P×2>屈強K〜
    • 屈強Kがダウンしないのを利用した連携。他キャラでも可能だが、ティファニーは屈強Kで有利を取れるのでより強力。

  • J6強K(地上ヒット)>J弱K(相手ガード)>着地〜裏周り>屈弱P〜
    • ガード不能連携?(※検証中)低空根性カウンターのJ6強Kとかからなら狙えるだろうか。

  • 弱ビューティフルスピン>下降中にJ強PorJ弱K>コンボ
    • ビューティフルスピン後に技が出せるのを利用した連携。あまり使い道は無いかも。

  • 3強K>ハイジャンプ〜SAB(弱K>弱P>エキサイティングキック)>ハイジャンプ空中投げ
    • 3強KからのSABをハイジャンプで反応させづらくし、エキサイティングキックの着地から更に空中投げを狙う。
    • 割と読まれやすいので、たまに混ぜる程度で。

  • 3強K>相手後ろ受身>6強P(空振り)>3強K×1〜5>SAB
    • 3強K後にSABに移行せず、前進する6強Pをスカすと後ろ受身をした相手は前進部分に反応して後ろを向いたまま落下する。
    • 後ろを向いているのでガードができず、3強Kを連続でヒットさせることが可能(最大5ヒット)。その後は普通にSABへ。


弱パンチ
弱キック
強パンチ
強キック
パンチ同時押し
キック同時押し

通常
  • 用意は、イーデスカー?
通常
  • ユー達、負け犬デショー
  • キャッホー!ミンナ、アリガトネー!
対ロイ
  • どうロイ、ミーのこと、見直した?
  • ねぇオキテヨー、ワタシ一人でどしたらイイノヨ?

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます