愛と友情の3プラトン!3D対戦格闘ゲーム燃えろ!ジャスティス学園のまとめwikiです。

将馬

-爆裂スラッガー-
将馬


(C)CAPCOM CO., LTD. 1997, 2000 ALL RIGHTS RESERVED.



概要 

五輪高校野球部に所属する、熱血野球少年。
体格が小さくリーチが短いが、そのリーチを補うかのような巨大なバットを武器に戦う。
地上戦はリーチが短く隙が大きい技が多い為、空中超豪速球による牽制やリーチの長いJ6強Pを使った空中戦がメイン。
上から地上の相手の動きを封じつつ接近し、地上では大ダメージ追撃の可能な中段4強Pを筆頭に、屈弱Pで相手を固めていきたい。
反撃されても空中判定になりリスクの少ない豪快リードや、めくりの狙えるナイアガラドロップ等、変則的な立ち回りも可能。
  • 比較的スタンダードで軽快な立ち回りが可能。
  • 中段判定の地上4強Pの仰け反り時間が長く、崩しからそのままコンボに移行できる。
  • J6強Pに追尾性能があり、めくりのように使える。またリーチも長いので、空中豪速球と絡めて空中戦の牽制能力も高い。

  • 地上戦での技性能がリーチ・隙、共に全体的に低い。

分類
技名
コマンド
備考
必殺技超剛速球236+P空中可
大回転打法623+P
一本釣り打法214+P
ナイアガラドロップ214+K
豪快リード4弱K+強Kレバー入力でキャンセル可
豪快スライディング豪快リード中に弱K
豪快キック豪快リード中に強K
完全燃焼アタック分身魔球236236+P空中可
ホームラン打法214214+P
超殺人スライディング236236+K
愛と友情のツープラトングランドスラムP+K
正義と勇気のスリープラトン熱血大車輪攻撃ボタン3つ同時押し

外部リンク「ジャスティス学園 学園」

解説
立弱P近距離での固めに。リーチが短いので、使うならダッシュで間合いを詰めてから。
立強P弱Pからの繋ぎに使う。リーチは長いが発生が遅いので、基本はコンボパーツで。ヒット時は更に強P入力でSABへ移行できる。
立弱K発生は早いがガード時と空振り時の隙が大きいので、封印。
立強Kリーチは長めだがガード時不利、硬化も長めで使いにくい。
屈弱P近距離での下段始動。接近時の固めや2択に使う。
屈強Pリーチがかなり短いが発生は早めで、ガード時も間合いが離れるのでフォローに使いやすい。
屈弱K小足。起き攻め・軸移動潰しに使うが、リーチがかなり短いことだけ注意。ガードされても+7有利なので、そのまま屈強Kに繋いだりできる。
屈強Kダウンしない大足。小足から接続し、ヒット時は6強Kへコンボで繋げられる。ガード硬化差も低めなので使いやすい。
J弱Pリーチが短い下に振り下ろすパンチ。主にコンボパーツで。
J強P発生が早めなので、空対空の迎撃等に。基本は空中コンボのパーツで。
J弱K振り上げキック。範囲が広いので空中の牽制等に。
J強K下方向に判定が強く、リーチも将馬の技の中では長いほう。飛び込み時等に使える。
解説
立強P>強PSAB始動技。立強Pの後にしか出せないので、コンボ専用。
6強Pバットをスイングする。発生・リーチは悪くないが、振った後の状況がかなり悪いので使いにくい。
4強Pバットを縦に振り下ろす。中段判定の技の中でもかなり仰け反りが長く、ヒット時は弱Pを繋げられるのでコンボに移行できる。
小足やしゃがみ投げ、豪快リードなどでガードを揺さぶりつつこれを狙うのが将馬の鉄板。ガード時は反撃を食らいやすいので、使うポイントに注意。
3強PAB始動技。発生が早くリーチが長いので、根性カウンターで活躍する。
6強K左右にハイキックを二発繰り出す。主に地上熱血コンボで使用し、立強Pや屈強Kから連続ヒットするので、そのまま分身魔球へ繋げることが可能。
発生12Fと近距離での根性カウンターにも使っていける。
3強Kスライディング気味に下段のキックを放つ。これを使うくらいなら豪快リードからのスライディングで良い。
J6強P空中でバットを振る。発生・リーチ共に優れ、空中での牽制や根性カウンターにも優秀な将馬の主力技。自動で相手の向きを追尾する性質を持ち、めくりのような使い方もできる。
殺人ノック立ち投げ。対プラトン用に。
ジャンピングパイルドライバーしゃがみ投げ。近距離での屈弱Pとの2択に。
ジャーマンスープレックス背後投げ。あまり出番は無い。
地獄車空中投げ。着地後は豪快リードからスライディングでダウン追撃が届く。
解説
超剛速球飛び道具。地上版は発生が遅く隙も大きいので、使うのは主に空中版。空中版も着地後の隙は少しあるが、弾速が早いので牽制に使っていける。
相手とあまり距離が近いと反撃を食らいやすいので注意。
大回転打法バットでフルスイングし、相手を吹き飛ばす。ガード硬化差と硬化時間が大きいので使うならコンボの締めだが、地上コンボはダメージが低いのでいまいち使いづらい。
発生とリーチは優秀なので根性カウンター向き。
一本釣り打法バットを前に突き出し、相手を持ち上げて放り投げる。リーチはあるが発生遅い・ガード時不利・隙が大きいと使いどころが無い。
ナイアガラドロップ前方に大きくジャンプし、真下に踏みつける。弱より強のほうがガード硬化差が低く(-14F)、飛距離も大きいので相手との距離によってはめくりでヒットする場合もある。
着地後は反撃確定なので注意。
豪快リード盗塁のポーズを取りながら画面奥側に小さく軸移動する技。この間に追加入力で二種類の派生技に移行できる。動作中は無防備だが、レバー入力でキャンセルが可能。
豪快スライディング豪快リード中に弱K入力で下段のスライディングになる。発生が早く、リーチも長いので奇襲や起き攻めに使える。
また動作中は反撃されても空中判定で吹っ飛ぶので、AB始動技以外ではリスクも少ない。
豪快キック豪快リード中に強K入力で上段のキックを放つ。下段の派生同様、発生が早くリーチも長い。ガード時はこちらのほうが不利だが、空中判定なので大きい反撃は食らいにくい。
解説
分身魔球超剛速球を5発投げる。地上版・空中版共にコンボの締めに使っていく。将馬のメインダメージ源。空中版は発生8Fと早いので、牽制に混ぜる使い方も効果的。
ホームラン打法バットを構えてから大きくスイングする。発生が非常に遅く、隙も大きいので使い道が皆無。ヒット時は相手との距離に応じて3段階のパターンが有り、
一番ダメージが高いのは密着から少し離れた距離。DM71も出るが、どっちにしても当たらなければ意味が無い。
超殺人スライディングきりもみから体当たりしつつヘッドスライディングする。発生が早いのでコンボには組み込めるが、距離が少しでも離れていたり相手がしゃがみ状態だと連続ヒットしない。
安定性に欠けるのでいまいち使いづらい。
解説
グランドスラムメインキャラが相手を打ち上げて将馬に向かって叩きつけたあとに、フルスイングでホームラン気味に吹っ飛ばす。
始動技のリーチは短めだがヒット後はダウン確定なので、ダッシュから攻め継続が可能。
解説
熱血大車輪五輪高校のスリープラトン。リーチは短いが、ガード時-6Fなので根性カウンター以外では反撃を受けにくい。
また上方向に判定が強く、タイミングを合わせれば対空として機能する。

地上では不利な技が多く、主に空中からの牽制主体で立ち回っていくことになる。
詐欺飛びからの攻めと垂直Jからの牽制を上手く混ぜていきたい。

遠距離
強空中剛速球による牽制がメインだが、あまりそれ自体には固執せず、接近する機会を伺いたい。
この距離なら通常の剛速球に空中分身魔球を時折ぶっぱ気味に混ぜても良いかもしれない。

中距離
相手の攻撃が届かない範囲からの強空中剛速球で牽制しつつ、中距離ではJ6強Pも混ぜていく。
リーチがあるので若干多めに振り回すだけで相手はかなり近づきにくくなるので、垂直J等からバットを振り回していきたい。
またこの距離では奇襲の豪快リードも有効。反撃を喰らっても空中判定なのを利用して、下段のスライディング派生を使っていくと良い。
相手がしゃがみガードを意識するようになったらダッシュから小足としゃがみ投げor中段の4強Pによる二択を仕掛ける。
4強Pからのコンボはダメージが特に大きいので外さないようにしたい。
一度でも4強Pが通れば下段の小パン・小足が通りやすくなるので、布石としての空中牽制>豪快リードは非常に重要となってくる。

近距離
主に屈弱Kからの地上熱血コンボと、屈弱P>立弱P>立強P×2からのSABコンボを狙っていく。
将馬の小足はリーチが短いので刺し合いには使いづらく、ダッシュからの小パンの方が頻度が高くなる。
なので刺し合いには豪快リードからの下段や相手の牽制範囲外からの4強Pのほうが使いやすい。
屈弱Pは基本的にしゃがみ投げとの二択を迫り、距離が近い場合は垂直J弱K>J強Kで上から攻めるのも有効。

空中戦
基本的には遠距離からの強空中剛速球、中〜近距離でJ6強Pによる牽制がメイン。
特にJ6強Pは空対空も兼ねた接近の糸口でもあるので、積極的に使っていきたい。
相手が飛び込んできた場合は早出しのJ弱Kも機能するので、2発ヒットした場合はそのままSABで分身魔球で締めると良い。

起き攻め
地上受身やダウンからの起き上がりには、攻撃の届かない距離から豪快リードを見せていくと良い。
下段を意識させて相手が固まるようであれば4強Pからのコンボやダッシュ>屈弱Porしゃがみ投げの二択を迫り、攻めを継続していく。
  • 3強P発生15F
    • リーチ・発生に優れたAB始動技。地上では不利な技が多い分、使いやすい技。
  • J6強P発生15F
    • リーチが長く発生も早い。おあつらえ向きの性能である。

  • 屈弱K>屈強K>6強K>分身魔球or超殺人スライディング DM62(分身魔球) DM69(超殺人スライディング)
    • 下段始動の地上熱血コンボ。超殺人スライディングの方がDMは高いが、相手との距離によって連続ヒットしない場合がある上に軸もズレやすいので、基本的には分身魔球〆で良い。

  • (4強P>)立弱P>立弱Por屈弱K>立強P>立強P>SAB(弱P>弱P>強P>強K>空中分身魔球) DM74(弱P始動) DM76(屈弱K始動) DM88(4強P始動)
    • 将馬のメインコンボ。4強P始動時は小パンでも小足でもDMは同じ。
    • 分身魔球の後は着地して攻め継続が可能。

  • 3強P>AB(強P>弱P>弱P>強P>弱P>弱P>強P>強K>空中分身魔球) DM78
    • ABコンボ。相手によって若干レバーで左右の動きを調整しないと分身魔球が全段ヒットしないので注意。
    • ももが相手の場合、後半の弱P>弱P>強P>強K部分を後ろに下がりつつ入力すると分身魔球が全段ヒットしやすくなる(フルヒットでDM86)。

  • 空中投げ>豪快リード〜豪快スライディング DM34+10=44
    • 空中投げからのダウン追撃。豪快リードからスライディングの派生は最速で。

  • いただきスクープ(ラン2プラトン)>微ダッシュ直後ハイジャンプ>(弱P>弱P>強P>強K>空中分身魔球) DM97
    • ランの2プラトンからの空中コンボ。演出終了直後に少しダッシュしてからハイジャンプし、昇り気味に弱Pからコンボを入れる。少し難易度は高め。

  • 相手起き上がり>相手を飛び越えてJ6強P
    • J6強Pを出すと自動的に相手を追尾するのを利用して、めくりに使う。起き攻め時に主に使える。

  • 屈弱K>(ディレイ)屈弱K(相手ガード)>しゃがみ投げor4強P〜
    • 小足2発からの2択。ディレイで2発目を出さないと相手に当たらないので注意。


弱パンチ
弱キック
強パンチ
強キック
パンチ同時押し
キック同時押し


将馬2(アーケード版だとフリーズの可能性があるため注意)
弱パンチ
弱キック
強パンチ
強キック
パンチ同時押し
キック同時押し

通常
  • プレイボールといきますかぁ!
対夏
  • 夏には悪ぃが、ここは譲らねぇ!
通常
  • ふぅ〜危ねぇ・・・もう退場はしねぇぜぇ!
  • 見てろよ兄貴・・・オイラはやるぜ!
  • オイラが行くまで・・・待ってろよぉ!甲子園!
  • チャンスはまだある、簡単に諦めるんじゃねえよ!

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます