MHF-Z(モンスターハンターフロンティアZ)の情報などをこころなりにまとめたページです。

2015年11月18日(水)G9アップデートされました。
G9アップデート内容ページ
G9公式プレビューサイト
 ※プレビューサイトは音がでますので注意してください。

次回予告

500万人ハンター突破記念…?

※2015/11/6(土)更新
実装予定内容です。
ナンバリングは下の画像を参考に振っています。
※画像は2015/11/13(金)第4回更新時のものです。
※ナンバリングを変更しています。

G級ラヴィエンテ【G級進化武器】(10/23更新)
G級ラヴィエンテ【ストーリー】(10/31更新) 
G級ラヴィエンテ【ラヴィエンテ猛狂期】(10/31更新)
G級ラヴィエンテ【パローネキャラバン】(10/31更新)
G級ラヴィエンテ【大討伐クエスト】(11/13更新)
G級ラヴィエンテ【防具】(11/6更新)
照雷鳥トリドクレス(10/23更新)
特異個体&G級モンスター(11/6更新)
遷悠種 氷牙龍ベリオロス(11/13更新)
定期開催イベント刷新(10/31更新)
リファイン 複隠亜殖横街洪掘
リファイン◆複隠院殖狭洪掘
武具・装飾品(11/13更新)
※各↑の項目をクリックすると、記事の所に飛びます。

下のコメントはアップデート前のコメントも含まれます。

G9 プロモーションムービー ※2015/10/31更新

PVが正式公開されました。

G級ラヴィエンテの支援(?)や、ラヴィ乗りなんかが見れますね。
支援は今までクエストに出ている人からのチャットなどや、支援ネコさんのコメントを頼りに行って、
クエスト内の状況は見えませんでしたが、現場で支援という感じになるのかな?
支援組はコック装備でしたが、攻撃を受けないから防御低めでも大丈夫って意味なのか、
G級コック装備に強化できるようになるという意味なのか気になります。
それにしても、まとまった時間が取れないハンターは、厳しそうですね…。
ん?G級は人たくさんだけど、通常の方は4名で行くということが強調されていますが、
この辺が参加人数のリファインって意味なのでしょうか。
照雷鳥トリドクレスは高地ですね…マラソンしなくちゃですかね…?
それからまだ情報開示されていないモンスターが登場していますね。
  • ヒプノック希少種
  • ヴォルガノス亜種
そしてそして、第4の遷悠種が最後に登場しています。
冬っぽいモンスターは「氷牙竜(ひょうがりゅう)ベリオロス」でした。

G9 G級ラヴィエンテ プロモーションムービー ※2015/10/23更新

2015/11/18(水)にG級ラビエンテ実装と共に、G級進化武器への派生が追加です。
その他に追加される要素は、
  • G級進化武器の派生先に「玲瓏(れいろう)」が追加され「会心/無属性/リーチ極長」が特徴。
  ※穿龍棍は特殊リーチがないため、毒属性が付与されています。
   他にも特殊リーチがない武器種については確認できましたら、追記します。
  • 穿龍棍も追加され、進化武器が全12武器種になります。

強化についての表をペタリ(。・ω・。)ノ

すでに派生後の武器種を持っている人も、派生後Lv.100になれば、
別の派生先へ変更可能ですので、G級進化武器にする際にちゃんと考えて強化をしましょう。

2015/10/23時点で公開されている武器種と性能は公式ページのココ!を確認してくださいね。

※10/25(日)追記…こころTOPICSに掲載記事と同じ内容です。
◎G級進化武器の【玲瓏】派生の12武器種の画像です。
  G級進化武器の【玲瓏】派生の全12武器種の画像です。
  画像の大きさがバラバラで、かなり不格好かもしれませんがペタリ(。・ω・。)ノ

画像のサイズが大きいので折り畳み方式で掲載です。


※10/27(火)追記…こころTOPICSに掲載記事と同じ内容です。
G級進化前までの強化に必要な、「撃」についての情報をペタリ(。・ω・。)ノ

画像のサイズが大きいので折り畳み方式で掲載です。

  「撃」ですが、1回のラヴィエンテ狂暴期で貢献P100万超えると、6,000g程度はもらえるみたいです。
  この情報を換算すると、ラヴィエンテ狂暴期討伐数目安ですが…
  ■進化武器Lv100までは約43体
  ■派生後Lv100までは約242体
  ■1本の進化武器の最大強化まで約285体
  もらえる撃が前後することを考慮して、大まかな目安として約300体くらい狩ることが目標になります。
身も蓋もない書き方になってしまうかもしれませんが、ラヴィエンテ猛狂期の設定に関する情報ですね。
地下で眠っていて、久しぶりに目が覚めたら、お腹が空いて荒ぶっているラヴィさんです。
地上に姿を現し、甚大な被害が出る前に倒しに行く(ギルド指示)という感じのようです。
地形に関係するスクリーンショットが何枚か公開されています。
でっかい岩塊に巻き付いてる姿や、マグマ吹き出しはPVの中にも出ていますね。
PV内でも開示されていますが、ラヴィのモーションや、地形への影響、
体から生えている(?)鉱石などのスクリーンショットが掲載されています。
地形攻撃というか、ダメージというかが盛りだくさんな感じですね。
まずは、ラヴィエンテ猛凶期に参加する説明が書かれていますね。
これまでと同様ですので、大討伐をやったことがある人なら問題ないですね。

狩人珠第9段階強化追加

文字通り狩人珠のが「第9段階」へ強化可能になります。
強化に必要な情報です。
  • GR800〜強化可能
  • 強化費用は3000000(300万)CP
  • 7色が7047まで溜めると強化可能

追加される狩人珠スキルです。
スキル名効果
野生の目覚め「自然の達人【暑】」「自然の達人【寒】」がの効果が同時に発動する。
※同系統の狩人珠のスキルと効果は重複しません。
覚絶の猟技「武器術【中】」「KO術」の効果が同時に発動する。
※同系統の狩人珠のスキルと効果は重複しません。
瞬断の構え「武器術【中】」「刹那の守り【中】」の効果が同時に発動する。
※同系統の狩人珠のスキルと効果は重複しません。
護身術「武器術【中】」「ゆらぎの守り【中】」の効果が同時に発動する。
※同系統の狩人珠のスキルと効果は重複しません。
覚悟の構えアクション「臨戦態勢」を行うと、一定時間攻撃力の上限が少し上がる。
※秘伝書ミッションを全て解放しているハンターには効果はありません。
補翼の矛G級大討伐を支援で参加した時、バリスタで与えるダメージが上昇する。
補翼の盾G級大討伐を支援で参加した時、受けるダメージが減少する。
精鋭の錬気G級大討伐を討伐側で参加した時、時間経過によってヒートアップゲージの蓄積量が上昇する。
※支援クエストでは効果は発動しません。
複合型のスキルが入っていますが、コストはどれくらい必要になるのか…パートナースキルのコストの時にも、
バランスが悪かったのでちゃんと考えて決めて欲しいものです。
ちょっと気になるのが秘伝書ミッションを頑張った人には、恩恵がないスキルが混ざっていることですね。
なぜ、がんばった人に恩恵がない仕様にするのか、こういう部分の運営の考えが意味不明です。

開拓クエストリファイン

ついに開拓にリファインが入りますね。
開拓レア素材が手に入る、レア配置と呼ばれるマップを出すことに一時期リタイアマラソンをしたことあります。
この辺も含めてリファインがされるみたいです。
  • G級ハンターが開拓クエストに行くとレアパーツ状態(レア配置マップ)になりやすい
  • 開拓マップにG級クエストを追加
  • リザルト清算にパートナーランクポイントが追加
これまで、開拓はほとんどやっていませんでしたので、少しやってみようかなと思っています。
開拓のレベルを上げるための素材集めが非常にきつかったのが理由だったので、
その部分がリファインされるので、自分のマップを育ててみたいです。
大討伐のポイントのためではなくて、自分のマップの育成がしたいだけです。
ラヴィエンテ入門
大討伐クエストの進め方の動画のようです。
なんか最近煽り文句多い気がします。

動画を見ると、支援アイコンなどの大討伐クエストのリファインが盛り込まれてましたね。
大幅リファイン
リファインの内容は、
  • HR17〜/HR100〜の大討伐クエストを4人で開始可能
  ただしGR1〜(猛狂期)は24人(最大32人)必要です。
  ※これまでは、HR17〜は人名、HR100〜は24人が最低必要人数でした。
  • 一人での支援がしやすいように、アイテムの要求数と制限時間の変更
のようです。
うーん、G級ラヴィは結局24人なんですね…(´・ω・`)
大討伐ナビ
ハンターナビに大討伐が追加されます。
わたしは、このナビを消化することができるのでしょうか。
文字通りG級ラヴィエンテの防具です。
これまでのラヴィ防具からの派生か、G級ラヴィエンテ素材からの生産になるか分かりませんね。
装飾品化についても明記されていませんので、新スキル(↓に記載)もすぐに使えるようになるか分かりません。
ひとまず、防具の性能の画像をペタリ(。・ω・。)ノ

新スキル

不退ノ構は…わたしには扱いができなさそうなスキルです(´・ω・`)
閃転や巧撃は防具や装飾品が充実してきたらぜひぜひ組んでみたいですね。
攻撃力の上昇値がどれくらいか分かりませんが、強ければ武器性能の価値観が変わりますね。
属性値の補正値の変更、会心値の攻撃力変換などなど、ちゃんとバランスが取れるのか少し不安です。
新モンスター「照雷鳥(しょうらいちょう)トリドクレス」2015/11/25(水)に実装されます。
剛種、G級、G級特異個体が実装されますので、イナガミやポボルバルムと同じ感じですね。

峡谷…雷属性…鳥さんだけど飛竜種骨格…あれ?同じようなモンスターが?
ということでベルさんのライバル登場です。
ベルさんは初めて即死を味わったり、ベルFXグリーヴなど非常に思い入れの深いモンスターですので、
個人的には素直に新モンスターが楽しめないとういうか、なんというか微妙な心もちです。

武器についてですが、始種武器に付与されているスキルは「一閃+2」のようですね。
新スキル「纏雷(てんらい)」
文字通り「雷を纏(まと)う」ようですね。
プレビューサイトで公開されている情報をまとめると、
  • 移動、攻撃、回避を行うと「帯電ゲージ」が上昇
  • スキルが発動すると、足元に雷が発生
  • ゲージ最大時に「移動速度上昇」「モンスターに与えるダメージアップ」などの効果が付与
  • 強い攻撃を受けると、帯電ゲージがリセットされる
という、太刀の錬気ゲージや穿龍棍のコンボゲージのような蓄積型のスキルのようですね。
複合型のスキルで、発動するスキルは「など」という書かれ方をしていますので、
上記以外に付与効果があるみたいですね。
3種の特異個体とG級モンスターが実装されます。
特異個体とあるモンスターはG級は実装されないのですかね?
【特異個体】ヒプノック希少種
個人的に、原種のトリッキーな攻撃とういうか、攻撃後に転んだりする動きが好きだったりします。
ただ鳥系のモンスターというか、ヒプ系肉質固めで、体力が多いという印象が強いので、
動きは好きだけど…それ以上にイライラしそうな予感です…。
【特異個体】ヴォルガノス亜種
PVを見る限り、またまた範囲攻撃が多いですね。
これまでは、発覚して壁際にいたら勝手に上陸してくれていましたが、
陸地突進激突攻撃でドカーンって感じのモーションがあって、ヤキモキしそうです。
【G級モンスター】エスピナス亜種
PVに登場していませんので、初情報開示のモンスターです。
わたしがSR上がりたての時、HCに挑んで超返り討ちにあった記憶があります。
突進、超絶ナパーム攻撃再び…それにハンターの反応速度を超越する素早い攻撃とありますが、
武器種によっては攻撃から回避の連動や、納刀などが遅いとうことがネックになってきそうです。
これまでは、水にメチャ弱いとい肉質でしたが、G級はどうなるのでしょうかね。
ここはざっくり書きますね。
ベリオロスの攻撃に、モンスターの周囲を囲むように竜巻が発生してますね…。
またフレーム回避不可能な感じの範囲攻撃…最近こういうのばっかでやだなあ(´・ω・`)

ベリオシリーズの防具性能をペタリ(。・ω・。)ノ

作れる防具の特徴は、巧撃がついてますね。
そして遷悠防具効果は氷属性攻撃強化【大】のようですね。

武器は、イビルジョーさんの時と同じようにように全武器種ないようですね。
あるものは、大剣、片手剣、双剣、狩猟笛、ランス、穿龍棍、ライトボウガン、弓、の8武器種です。
コンシューマーの方も全武器種ないのですかね?
定期開催イベントにに、猟団に関係する要素が追加されます。
これって…定期開催イベントごとにリセットされるコンテンツですよね…?

狩人祭リファイン

入魂数に応じて「絆ポイント」が入るようになり、その絆ポイントを使って、
他の定期開催イベントを有利に進めることができるようになるようです。

絆ポイントを使った効果情報です。
イベント効果
極限征伐戦極限征伐戦でのモンスターの到達レベルを上昇させた際や、
支援条件を達成した際に獲得する実績PTが上昇する。
パローネ大航祭航路クエストクリア時に獲得できるパーティーポイントが上昇する。
天廊遠征録古宝品/天廊ネコの出現率が上昇する。
モンスター討伐時の獲得ジェムがアップする。
大討伐狩ノ宴フェイズにて獲得する貢献ポイントにボーナスが入る。
※開拓遊びの開拓度によって入手できる貢献ポイントは重複しません。

極限征伐戦リファイン

全猟団が対象で、獲得した実績PTで勝敗を競う「猟団征伐戦」が実装されます。
スクリーンショットを見ると、時間限定のコンテンツで、狩人祭のように対抗戦になるといった感じなのかな?
極限征伐戦に参加できないGR未満のハンターも、「支援条件」を達成することで、
実績PTが獲得できて、参加することが可能なようです。

正直、「競ってどうなるの?」って感じで意味が良くわかりません。
同じことを繰り返して、極限征伐戦を消化しないとG級武具が作成できないことが、
わたし的に問題だと思っているで、この仕様を追加することで、
猟団によっては変なノルマが発生して問題にならないかちと不安です。

パローネ大航祭リファイン

猟団員全員で色集めを行う、「猟団狩人珠」が実装されます。
猟団員同士でクエストに行くと、特別な依頼(どういう風に特別か不明)が発生して、
その依頼を達成することで、クエスト報酬が増加するという仕様のようです。

色集めはブーストタイムがあり、ブーストタイム発動中は効率的にポイントを獲得できるようです。

こちらも時間限定の仕様が含まれるようですね。
時間限定は、拘束時間が発生や、その時間にプレイが困難な人に対して非常に厳しいですよね。
ただでさえ、素材救済クエストの時限配信は問題視されているというのに、
運営はユーザーの声が聞こえていないのでしょうか。

天廊遠征録リファイン

「猟団調査依頼」という、猟団ごとに設定された依頼をこなすと、
タワースキルの上昇や、パートナーの武器熟練度が増加するアイテムなど、
いろいろな報酬を受け取ることが、できるようになります。
新しい依頼書は猟団ポイントをギルドに寄付することで、追加することができるようです。

猟団ポイントを使ったコンテンツは、新しく団を作った人には本当に厳しいですし、
天廊遠征録は、コンテンツを消化するのが単調かつ、時間がかかるので非常に厳しいので、
その部分に関してはリファインせずに、なんとか天廊をプレイしてもらうと画策しているように見えます。
ちょっとしたグチです…
白字で書きますので、見たくない人はスルーしてくださいね。
※スマホからだと見えてしまいますので注意してください。

わたしから見ると、リファインには全く見えないのですが…。
こういう仕様を追加されるより、魅力的なモンスターや武具を純粋に追加の方が、
わたし的には、いろいろ作って遊びたいと思えるのですがねぇ。

それに、団に関係するコンテンツばかりです…。
過疎が進んでいるのに、運営はなんでこんな感じなのでしょうか。
小さい猟団だが、思い出や思い入れがあり、継続させたい人もいると思います。
大型猟団に有利なコンテンツになりますよねこれは…。
色々有利に進めたければ、大型猟団に移ればいいじゃないという単純な思考で、
ハンターの気持ちを無視しているようにしか見えないです。

そして、また開催ごとにリセットされるのでしょうから、
これも結局、数回循環すると「また同じことの繰り返しか」ということになると思うのです。
それほどまでに、定期開催イベントについて継続させたいのか、仕様変更が困難なのか、
それは不明ですが…今のところユーザーの声は届いていないと感じます。

こういうのって、団によってはノルマなどの変な縛りができて、
余計にギスギスしそうに感じるのは私だけですか?
状態異常リファイン
今までは1アクションごとに蓄積判定を、モンスターへの攻撃1ヒットごとの蓄積判定に変更

この変更が劇物取扱皆伝スキルや変撃スキルへ、どういう影響を与えるか気になるところです。
近接武器に目が行きがちですが、状態異常ビンや弾への影響も気になりますね。
それから、剣晶はどういう感じの扱いになるのでしょうか?
剣晶はもともとモンスターへの攻撃ヒットで100%発動なので、変わらないのかな?
秘伝書育成ミッション上限解放
G級進化武器実装で武器倍率があがるのと、以前動画で発言がありましたので気になっていました。
やっぱり上限開放があるようですね。

現状の170弾から上限250弾になります。

わたし自身、少し前に170弾まで全武器種完了して安堵していや矢先にこれですよ…。
今の秘伝書育成ミッションの仕様のまま追加されるようなら、また嫌になった人が引退しそうですね(´・ω・`)
正直わたし自身も、また12武器種、後80弾を同じ仕様でと言われたら正直やる気が起きません。
これまでも、運営に「そもそも武具を作って楽しむゲームなのに、上限があることがおかしいので撤廃して欲しい」や、
「消化するのに進め方の仕様などが本当に苦痛なので仕様変更してほしい」という要望をあげてきました。
これから秘伝書育成ミッションをやらなければいけないランク帯のかたから見たら、本当に嫌になると思います。

せっかく作った武器をそのまま使えないなんて、本当に嫌な仕様ですよね。
そもそもこのゲームは、武具を作って遊ぶゲームなのに、この仕様がある事がおかしいと思っています。
通常のレべリングは自身のキャラステータスを上げることにに影響があるものですが、
なぜこのゲームは、上限を抑えるといった仕様になっているのかも理解できません。
それでも、やり込み要素というのであれば、進め方…特にモンスター討伐数の部分は再考して欲しいです。
決まった順番に、特定のモンスターに複数回いかなければいけない…弾によっては5回…本当に嫌ですね。

これを機に、何かしら秘伝書育成ミッションの進めたをリファインしてほしいです。
現状12武器種170弾まで消化した1ハンターからの切なる願いです(。- 人 -。)
武器属性値リファイン
斬れ味ゲージの色に応じて、属性値の補正が入る

現状の、斬れ味ゲージで攻撃力と会心に補正が入る仕様を、属性にも適用させるということでしょうね。
どれくらいの差がでるのかは実装後じゃないとなんとも言えないですね。
気になる部分は「斬れ味ゲージの色に応じて…」ということです。
このリファインは近接武器だけなのでしょうか…?
遠距離武器については、何もなしということなのでしょう…ね(´・ω・`)
大剣、太刀バランスリファイン
文字通り大剣と太刀のリファインですね。
◎大剣
  • 嵐の型「溜め斬り(タメ4)」の攻撃力大幅上昇
  • 各攻撃アクションの威力を上方修正
  • 横回避の利便性向上
  • 縦斬りフィニッシュ、斬り上げフィニッシュの利便性向上
現状でも、大剣は結構強いと思っていますが、更に強くなるようですね。
利便性向上とありますが、これは回避後や、フィニッシュの後に別モーションにつなげやすくなるのでしょうかね?
わたしは大剣の操作が結構苦手で、操作ミスでフィニッシュ系のモーションの後、結構硬直して被弾することが多いので、
回避系のモーションや、別の攻撃モーションにつなげやすくなると嬉しいです。

◎太刀
  • 気刃斬り3の攻撃力攻撃力大幅上昇
  • 「剣術+2」発動時、溜まる錬気ゲージ量の上昇
  • 各アクションの威力を上方修正
  • 横回避の利便性の向上
  • 気刃放出斬り時、錬気効果維持
  • 気刃放出斬りHIT時、錬気ゲージが蓄積
何度か触れたことがあるかもしれませんが、わたし自身太刀がメイン武器(この言い方が良いか不明)なのです。
現状、秘伝効果に非常に依存して、装備が非常に偏る武器種だと思っていました。
このリファインで非秘伝装備でも十分に楽しめるようにして欲しい切に願います。
剣術との相性の部分についてですが、個人的には錬気ゲージが溜まりにくいということより、
ヒットストップ時間が長く、太刀の持ち味の軽快さが無いということが問題と思っています。
錬気だけではなく、ヒットストップの部分についても見直されないとあまり意味がないかもしれませんね。
横回避の利便性向上についてもですが、スライド斬りも含まれるか気になるところです。
なんにせよ、現状もろもろ不遇な太刀ですので、少しでも楽しく遊べる武器種になってほしいです。
生産・強化素材の入手ガイド
武具の生産や強化時に素材を選択すると、
「どこで入手することが出来る素材なのかが、表示されるようになる」
というものです。

わたしも含めてPCでプレイしている人は、プレイしながらでもいろいろ調べながらできるのですが、
コンシューマー機(XBOX、PS3、PS Vita、WiiU)でプレイされている人は、
何かを調べるときに、最近はスマホなどで調べやすくはなったものの、小さい画面では調べるのは限界があるのと、
PCで調べるには、当たり前のことながらPCを起動させる必要がありますし、
コンシューマー機とPCが近くにない人もいると思いますので、そういった人への配慮なのかもですね。

ただ、少し気になることがあるのです。
新実装の武具は、新実装素材で生産、強化を行うと思うのですが、
その素材を探すことも楽しみな場合もあると思うです。
わたしも探したり、調べたりすることが結構好きですので、
最初からどこで手に入るとか分かってしまうと、その楽しみが減ってしまいます。
運営から見たら、便利になるだろうという面しか見てないでしょうね…。
入門区リファイン
入門区の配信クエストを大幅に削除して、カテゴリ分けがされるようです。
ランク上げ、金策、武器作成、防具作成、装飾品など各カテゴリ特化という感じのようです。

いくら初心者向けをどうにかしたところで、ランク上げ、必要GP、MM、色集め、希少素材集め…
先のことが見えれば見えるほど、最前線にいる人の状況に行くのは到底無理と思われて、
嫌になってしまう部分をなんとかしなければ、始めようとする人は減るだろうし、
始めたとしても人離れは収まらないと思うのですが…。
公式狩猟試験、HR突破試練リファイン
公式狩猟試験対象クエストのサブターゲットを廃止し、メインターゲットのみにリファインされます。
HR16と40の試験を廃止し、進めやすいようになるようになるようです。
HR100以降の試練受注時に、そのままクエストも受けられるようになるという部分についてですが、
試練を受注と、クエストを別に受けるという二段階な部分を、ボードで試練受注すると、
自動的に専用のクエストを受けられるようになるということですかね?
日本語って難しいですね(´・ω・`)
いつものアップデートで新実装される新武具、装飾品の情報です。
待っていた武器シリーズが実装されるみたいですヾ(。・ω・。)ノシ
新デザイン武具
定期開催イベント武器のロウシリーズで、これまで実装されていなかった武器種が実装されます。
実装されていなかった武器は、大剣、太刀、片手剣、ハンマー、狩猟笛、ランス、の6武器種です。
わたしが待っていた武器シリーズはこれだったのです。
定期開催イベントの素材は結構ありますので、性能が分かったらさっそく作ってみたいです。
(太刀は、いきなり作ってしまうかもしれまん(*´ω`*)ノ)

それから武器のマギシリーズと防具のウィルシリーズは、課金武具に見えますね。

そして、装飾品やシジルについてですが、わたしが気になったのが冷静珠Gですね。
今まで平常心スキルは一部の防具にしかついていませんでした。
そのスキルがついに装飾品で実装されますので、採取装備に幅が出てくると思います。
G9アップデートされたら、採取装備を組み直してみたいと思います。


Menu

【TOOL


歌姫タイマーの使い方



【猟団FreeDomの小道具部屋】
     リンク↓


【素敵なブロガー達のアンテナ】
     リンク↓

 MHF山小屋の写真工房

【memo


このwikiについて&こころSPEC

☆MHF-G動作マシンSPEC情報

【「 極ノ型 」操作方法】



【メニュー編集】
【TOPICS下書きページ】

【公式Twitter】


【しおじTwitter】

アクセスカウンター

アクセスカウンター
着物買取宝石買取着物買取ブランド買取サーチジュエリーファン

Wiki内検索

管理人のみ編集できます