SQUARE ENIXによるプロジェクト『SiSiLaLa OVERDRIVE』が放つ、iOS/Android用ゲームアプリ「拡散性ミリオンアーサー」の攻略wikiです。

お疲れ様です。
いつも編集のご協力ありがとうございます。

今後、編集者同士での連絡事項などあればこのページに集約したいと思います。
コメントではなく直接自由に編集していただいて大丈夫です。

CONTENTS

警鐘

最近多発している編集荒らしについて

とりあえずキ印書き出し
  • 無関係画像添付荒らし
    ID:alzVmaNYtg/ID:R4zZTRH0QA/ID:F2e7eIIr9w/ID:2j6r7x/sjg/ID:jFBWgARmug/ID:m8a3XF+s3g/ID:mmNoyi5kAA
    (発端はID:mmNoyi5kAAで、バルゴページへの未実装画像添付を削除された腹いせの模様。)
  • 2012年07月26日(木) 13:53:00 Modified by ID:alzVmaNYtgによるページ改竄につき復元

荒らしへの対策として

副管理人です。荒らしへの対策案として・・・。
また荒らしが頻発した場合
  • 編集権限をlivedoorID保持者のみに設定(ログインしている状態であれば当Wikiメンバーでなくても編集できます。)
上記の対策後さらに荒らしが頻発した場合
  • 編集権限を当Wikiメンバーのみにする方法(メンバー受理は申請から1日〜2日で受理されます。)
代替案や賛成・反対の意見がありましたらコメントにてお願いします。

未解決の問題提起・提案

『Fate/Zeroコラボイベント』で手に入る騎士カードの表記方法決めませんか?

とりあえず取り掛かりが遅くなると成長データ等集まりが悪くなるので、間に合わせで個別ページは作成していまが、
以下の表記方法が決まり次第統合させる方向で。
  • カードコレクションの種別は「Fate/Zero」
    これの略称を「F」にするのか、また別のものにするのか
  • レアリティは「UNKNOWN」
    これを「☆?」や「☆U」で表記するのか、また別のものにするのか
    • 一例
      【F☆U】異界型セイバー -宝具解放-
      【F☆?】異界型 遠坂 凛

コスト別早見表のフォーマットを固めたいんだけど、どういった項目を載せるべきか試行錯誤しています。

  • 詳細ページを見てから戻ると、[+]が閉じられていて面倒。
  • スキル効果が載っていると嬉しい。
  • 絵は要らない。
  • いや残しておきたい。
以前BCがカツカツの初心者の頃に欲しいと思って作ったページだけど、育ってきてBCが潤沢な今となってはコストはそれほど重要ではなく、初心者と熟達者どちらの利便性も両立したデザインが難しいと感じています。

進化合成の早見表を載せようと思うんだけど?

  • 現在作ってるものの一例
進化合成のページにこんな感じで作ろうと思ってるんだけど、そもそも需要あるかな?
私(提案者)としてはあると便利だと思う

以下4つを検討中。意見求む!
  • 同じページに[+]を作って中に入れる
    • どこかのページから戻ってきた時に[+]は閉じてしまう
    • 絵は要る?
  • 別ページを作る
    • 詳細ページに飛べば絵は見れるから、こちらにする場合絵は要らない
  • [+]も別ページも作らずに絵無しの表を進化合成のページの下部に作る
  • 需要がないから作らない


※一応進化合成の表をもとに作成しているので間違いは無いと思いますが、私(提案者)が作ったものもまだ情報不足なので、載せることが決まったら協力お願いします

情報がまとまってきたので横からですがもう一つ提案。
カード個別ページの進化合成欄もそろそろ新しい方のレシピで編集したいと思います。
嵐の因子×30000
星の因子×45000
天の因子×7500
(例:学徒型エニード)
表記としてはこんな感じでいいかなと思うんですが、旧進化合成の情報が入っているカードの場合それを残さず新しいデータで上書きしちゃってもよろしいでしょうか?
過去の記録としてはまとめて情報ログに送っているので大丈夫だと思いますので、特に異論がなければこのまま編集したいと思います。

進化合成は転生に名前が変わりました
転生の早見表を作成しました。まだまだ情報不足のため、可能な方は情報の追加及び補填をお願いします(2014/6/26)

業務連絡

コメントアウト使えるって知ってました?

カード個別ページ以外のカード画像は拡張子の前に-sを付けて自動生成されてるサムネイルの方をなるべく使ってもらえるとありがたいです。
元画像呼び出すと各画像1MBくらいあるので、iPhone等でカードコレクションのような画像がたくさんあるページを見ようとするとかなり重いです。

元画像サムネイル
c13fdecc052bf777.jpgc13fdecc052bf777-s.jpg

ひな形-カード個別ページを進化合成に対応した形で大幅に変えてみました 2014/07/20
ID:+2PzeY/bZgさんの編集をヒントに、形骸化していた成長率関連と端数の行を廃止しました。
ちょっと編集しづらくなってしまったかもしれませんがプレビューを見ながらやってもらえれば大丈夫だと思います。
従来の形式(2013年8月15日版)は復元ポイントとして残してあります。

副管理人から

当Wikiの改善・編集をしている皆様いつもお疲れ様です。
挨拶が遅れました副管理人のLebreauです。
ゴミ箱に入った記事の削除・復元依頼や編集権限のロック・解除など
特別な権限を行使する事柄は私にお伝えください。
またその他できる範囲での協力をいたしますので何かお困りでしたらお気軽にご相談ください。

<<2012.10.25.201450>>
削除依頼が来ていた為、以下のページを完全に削除いたしました。
(※削除依頼=ゴミ箱行きになった物)

<<2012.12.04.103400>>
以下のページをゴミ箱から削除しました。

※また【it1WD/AGZg】=【副管理人】になります。

成長表支援スクリプト

成長表の自動計算スクリプト書いたので、分かる人使ってけろ。
分からない人は「HP/ATK」の項目だけ埋めてけろ。
http://akiba.geocities.jp/ma_wiki_scr/ma.html

使い方

1. 編集したいカードのコストを覚えます
2. 編集画面に入ります
3. 支援スクリプトの左枠の中に ページ編集内容 をコピペします
4. 「自動計算を実行」を押し、カードコストを入力します
5. 成功したら右枠に計算結果が出るのでコピーして ページ編集内容 に貼付けます
6. プレビュー でコストなどが正しく計算されている事を確認します
7. 問題がなければ保存します

注意事項

機械的に読んでるのでフォーマット崩れてると認識出来ません。
認識出来ない行は飛ばします。実行結果に不自然な未計算の行があった場合、認識出来ずに無視した場合が多いです。
Lv.1の行を認識できないと自動計算出来ません。
コピペをミスると悲惨な事になるので、いくらページが復元可能でも操作には気をつけてください。

このページへのコメント

自分でやることやってから批判しろな
情報を提供される側だけだから、そういうことが言えるんだよ

Posted by 翠夜洸 2014年09月25日(木) 18:06:10

暗いと不平を言うよりも
進んで明かりをつけましょう

MAやってるなら画像提供くらいできるでしょ?

Posted by   2014年09月22日(月) 14:51:03

画像のせねぇなら編集やめろよ

Posted by 名無し 2014年09月21日(日) 22:19:59

勝手に進化合成と転生のページ作っちゃったけど、良かったかな?

Posted by a 2014年06月25日(水) 22:27:32

>進化合成の早見表
いいですね!
表記場所は3番目のページ下部に追記がいいと思います
あと進化の最終目標が☆7なのでツリーは一番左を☆7にするとまとまって見えるのではないかと

Posted by ikuyam_o 2014年03月22日(土) 18:08:46

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンテナンス情報

2015年3月30日(月)12:00
〜23:59頃まで

運営からお知らせ

Counter

現在の閲覧者数

Link

リンク希望の方は副管理人まで

【公式サイト】
拡散性MA公式サイト
↑言わずと知れた拡散性MAの公式サイト↑
【情報サイト】
GameCast(ゲームキャスト)
↑拡散性のタブーを記事にした有名サイト↑
【個人ブログ】

Supported by 画RSS

Twiiter


どなたでも編集できます

メンバー募集!
閉じる
副管理人から皆様へ(wikiクローズのお知らせ)
拡散性ミリオンアーサーサービス終了に伴い
こちらのwikiも同時期もしくはそれに前後する形で
クローズさせて頂きたいと思います。

今更ながらの更新とはなりますが
トップページの画像を新年仕様に変更し
私の最後の更新を終えさせてもらいます。

このwikiを利用くださった方、
そして何よりも編集者として支えて下さった方、
本当にありがとうございました。