エヴァイベの諸々の酷さが原因で黒ウィズ引退者を大量に出してしまった事。2016年7月に開催されたエヴァコラボから8月の八百万Zは黒猫のウィズにとっての暗黒時代と言えるものであった。
イベントそのものの出来の悪さ、配布クリスタルの露骨な絞り、多発する不具合*1、水増しの一途を辿る限定ガチャ、復刻イベントのリセット廃止等の余りの惨状に次々にユーザーが引退した。黒猫のウィズの凋落を招く事態までになり、更にその後には追いうちの如く八百万Zでもクソ要素を詰め込んでユーザーが嫌気を刺してしまった。
 なお、この時期はPokémon GOのリリース〜ブーム期とも重複している。

その後
 2017年2月以降、黒猫のウィズは復刻、既存素材の流用に大きくシフトする事となり、数か月にわたり徐々に徐々にプレイヤーのモチベーションを下げ続けている。結果、5月現在エヴァショックの再来を危惧する声が方々で見られ始めた。
タグ

どなたでも編集できます