コラボイベントとは、他社、あるいはコロプラの別のゲームと組んで作られたイベントの事である。

概要

 黒ウィズで時々行われるイベントの1つ。

 利点としてはコラボ先のものが好きな人が黒ウィズを始める事を期待できる事と、黒ウィズプレイヤーがコラボ先へ興味を持つ事でコラボ先が潤う事。
 黒ウィズ的にはコラボガチャがコラボキャラしか出ない事での図鑑埋めが捗ったり、コラボ先のものが好きな人が課金してガチャを回してくれる事など。

 欠点としてはコラボイベントが不評に終わった場合、コラボ先に対しても迷惑が掛かる事。例として、エヴァが嫌いになったというユーザーもいる。
 契約の関係と思われるが、コラボ続編が来ない限り進化ができずインフレに取り残される事が多い。更に作品によってはウィズの絵柄と全くマッチしておらず明らかに浮いているようなものも存在する。

 このほかコラボイベントの特徴にイベントパネルがある。

過去に実施されたコラボイベント

 ※下に行くほど古いイベントになっています

CCさくらコラボ

さくらと黒猫の魔法使い」も参照
 5th Anniversary5大コラボ祭最後の一つとして2018年6月15日(金) 16:00 〜 2018年7月10日(火) に開催。

ドラプロコラボ

 おせニャん#46で発表、ドラゴンプロジェクト2周年記念の協力バトルイベント。
 2018年6月4日〜2018年7月10日に「アルテアからの使者」としてプロローグ紙芝居とレイドが開催。
 ボスとしてドラプロのドラゴン3体が登場し、精霊大結晶にもなる。
 開催中の5大コラボ祭にはカウントしないと発表されている。

異界の歩き方

異界の歩き方」も参照

 イベントとは異なるがとりあえずここに掲載。ミッションと特設ページのみだが、正式に許可を取ったコラボ。開催期間は2018年4月1日。

北斗の拳コラボ

魔法 VS 北斗神拳」も参照

 レイドのみのコラボイベント。開催期間は2017年9月7日〜10月2日まで。

白黒テニス☆ドリームコラボ アイドルωキャッツ!

アイドルωキャッツ」も参照

 白猫・黒猫・白猫テニスの3タイトル同時コラボイベント。開催期間は2017年5月31日〜7月1日まで。

 なお、続編として「アイドルωキャッツ!!」(開催期間は2018年3月30日〜5月1日)があるが、これは黒猫単独のイベントである。
ただし、新キャラとして、白猫プロジェクトのルカが出張出演している。

シン・ゴジラコラボ

魔法使い 対 ゴジラ」も参照

 シン・ゴジラのBlu-rayとDVD発売記念コラボレイド。開催期間は2017/3/1〜3/31。特設サイトはこちら。
 クエス・アリアスに襲来…との事だが、こちらは戦車、カウンターチャンスは戦闘機からのミサイル、周辺は明らかにクエス・アリアスとは違った世界、と色んな意味でやりたい放題である。
 開催時間が夜(時刻は曜日依存)〜23:59となっているので一部の人が参加しづらいのが難点。
 全プレーヤーの合計獲得ポイントを数日単位で集計し、目標を達成したかどうか、何回目標を達成したかどうかでクリスタルや結晶、そして別バージョンのゴジラを配布するという新しい試みが行われた。後になるほど強力な結晶になっていることから、レイドイベント特有の後半の過疎対策と思われる。

真夏のグレート・クイズ・ウォー

真夏のグレート・クイズ・ウォー」も参照

 日テレの高校生クイズコラボ・・・のはずだが放送日にはイベントは終わっていた。また、高校生クイズで流れたCMは白猫のもので多くの黒猫民が絶望に立たされた。

星を繋ぐ精霊

 マクロスコラボ。2016年3月29日開催。
 基本的にマクロスFをモチーフとしており主人公も早乙女アルトであるが、イベント限定ガチャは高橋留美子イベントと同じように他のシリーズのキャラも登場。
 マクロスシリーズの要素である歌はBGMとして多数採用されており、ファンはもちろんのことそうでないユーザーも大いに喜んだようである。マクロスFの楽曲を中心に、CDを購入したりレンタルした人も多いとか。
 また今回もレイドイベントが開催。他にもマクロスΔ放映記念のログイン報酬も存在した。
 不満の声が非常に少ない良イベントであったが、アルトのボイス実装が遅れてしまったことで「主人公の声を聞かずにイベントを終わらせてしまった」というユーザーも少なくないであろう。

魔法世界の来訪者

コナンイベ」も参照

 名探偵コナンとのコラボ。今回はニコ生でもコナン(の着ぐるみ)や毛利蘭の髪型を再現などで盛り上がったようだ。テレビCMも作られた。
 コラボイベントでは初のエリア型イベントであり、米花町を舞台にコナンやウィズたちが活躍する。通信中のシルエットにコナンがいる等の小ネタも。
 イベント自体が初の前後編構成で、前編終了時に集めた証言から犯人を見つけるというリアル推理要素も存在した。
 なお、それまでエリア型クエストは数ヶ月の開催期間があったが、このイベントは約1ヶ月しかなかった上に双翼のロストエデンも開催中だったため、クリアできなかった人もそれなりにいた様である。

初音ミクの歌声ファンタジー

ミクイベ」も参照

 YAMAHAのボーカロイドコラボ。
 コラボイベントの中ではクエストもガチャも含めて一番好評だと思われるイベントで、第2弾を期待する人も多い。
 魔道杯でも総合のミクを求めて頑張った人も多かったようだ。
 2017年3月9日にイベントのリニューアル復刻の告知がなされ、翌日イベントが復活。ガチャキャラのLtoL、ボスのLtoL、バーニング形式の新クエストが追加された。
 ガチャも復活したが、追加されたキャラは1体のみだった。

境界のRINNEと黒猫の魔法使い

るみこイベ」も参照

 高橋留美子コラボ。
 2015年6月19日にあの先生のキャラクターがウィズに!と告知。お知らせのHTMLソースを見たらもろバレだったのは内緒。
 2015年6月22日に正式に高橋留美子コラボだと正式に発表された。

 イベントは上記の通り境界のRINNEを元としているが、ガチャではるーみっくわーるどの作品から厳選されたキャラが登場。
 このガチャから登場する殺生丸艦隊でSSとクリコンを使ってトーナメントで1位を取る事ができたが、運営からは想定外の方法だったようで一時的にBANされるという殺生丸事件が発生。
 当該ユーザーと支援者の抗議によりBANは解除されたが、その後トーナメントではコンティニューが不可能となる仕様に変更された。

勇者しょこたんと導きの猫たち

 しょこたんこと中川翔子コラボ。2015年4月22日 16:00 〜 5月15日 15:59開催。彼女が描いたキャラがガチャ及びイベントに登場。ちなみに白猫でもこれとは別のしょこたんコラボを行った。またテレビCMも作られた。
 初級のクリアとログインボーナスでそれぞれ別のしょこたんのカードが入手できる。
 専用ガチャはLまで進化する精霊とSS止まりの精霊の合計10体が単発で引けたが、とにかく激絞りでL枠が中々出なかった。

 また、しょこたんが30歳になるという事で、隠しクエスト出現条件が「初級で得られる勇者しょこたん(レベル30)を連れて超貪欲級をクリア(助っ人でも可)」という、育てきった場合は隠しクエストが出ない条件であった。
 後日これを考慮してかレベル30の勇者しょこたんが公式助っ人枠として登場した。
 他にもCD発売記念として4月28日からプレゼントクエストも実施された。

エヴァンゲリオンコラボ

エヴァイベ」も参照

 人気アニメのエヴァンゲリオンとのコラボ。
 1回目は2015年2月に「選ばれし少年と黒猫のウィズ」として開催。カヲルがシンジを立ち上がらせるためにシンジの夢の中に現実と同じ世界を作り、その中にウィズたちが迷い込んだという設定。
 通常のイベントクエスト以外にもレイドイベントも開催。レイド入り口画面もネルフ本部が再現されておりファンを喜ばせた。
 
 2回目は2016年7月14日に「幻想と歪曲の槍」として開催。これについてはエヴァイベで十分書かれているためこちらでは省略する。
 また同時期に上記「選ばれし少年と黒猫のウィズ」が復刻。ガチャのL化、報酬のL化が行われた。

セーラームーンコラボ

 2015年1月22日に「大型コラボ決定」とだけ告知。色合いと文字のフォントで推測できた人もいたらしい…。
 27日には公式でセーラームーンコラボ「SAILORMOON 2匹の黒猫」と正式に告知された。
 ガチャは初期セーラー戦士の5人が単発ガチャでのみ登場。絵柄は当時のものではなく、セーラームーンCrystalの時のもの。

 また、4ヶ月後の5月11日には「大型コラボ続編決定」とだけ告知。その翌日には「SAILORMOON ‐黒き月の侵略者‐」と正式に告知された。
 こちらはちびうさ、セーラープルートが前回のガチャに追加され復刻。
 前回のセーラームーンはガチャ版含めL化。配布版のセーラームーンは、現在も貴重な雷のダメブロ要因として使われる事がある。他のセーラー戦士は…うん。

ふなふにゃな冒険なっしー!

ふなっしーコラボ」も参照

 千葉県船橋市に済む梨の妖精である非公認マスコットキャラクター、ふなっしーとのコラボ。
 これに合わせてCMも作られた。なお白猫プロジェクトでも同時にふなっしーコラボが開催された。

 とにかくマジカルふなっしーの進化に通常レイドの精霊を最終進化させたのを素材として進化させる必要がある点が最大の難関。
 通常レイドの精霊は使うには弱く、進化させるのも面倒、マジカルふなっしー自体強くない、と微妙なレイドだった。
 レイドのふなっしーがよく動く事が最大の利点かもしれない。

白猫コラボ

 白猫プロジェクトとのコラボ。浅井Pが関わっているためか、何度か行われている。
白白コンビがやってきた!
初の白猫とのコラボ。
白猫級のクリアでアイリスが入手でき、宝箱からアイテムを3種類取得すると爆烈級が出現。これをクリアするとキャトラとコーン・ポップが入手できた。
また、2014年12月5日から24日まで黒猫と白猫それぞれ50キャラから人気投票が行われ、上位6体がそれぞれのゲームへコラボキャラとして登場する事になった。
黒ウィズ側はファム、ミカエラ、リヴェータ、ピノ、フレイ、リース。白猫側はガーネット、ミラ、アンナ、ミカン、カムイ、ハルカ。
他にもレイドイベント「異界を越えた友情の絆」が開催され、星たぬきなどが入手できた。
白猫の仲間と冒険にゃ!
白白コンビがやってきた!の投票結果を踏まえたイベント。
投票上位6位までに入ったガーネット、ミラ、アンナ、ミカン、カムイ、ハルカが登場。ガチャ版と配布版が存在する。
クエストでは上記の白猫キャラ以外にも黒ウィズキャラが何体も登場。
シド、ルチル、キリエ、パッツァはこれまでクエストで喋る事がなかったためにイメージが変わった精霊も多かったようだ。変態化したパッツァが顕著。
ガチャ版白猫キャラは後述のハッピースイーツカーニバルでL化した(使えるとは言っていない)が、配布版は特に何もなかった。クエスト復刻すらなかったのはちょっとどうなんですかね?
ハッピースイーツカーニバル
マジカルグリコクエスト」も参照

グリココラボ第3弾にして白猫コラボ第3弾。今回はエリア型となった。期間も約2ヶ月と長め。
今回の登場キャラはアンケートで決められたキャラがそれぞれのゲームへ登場する事になった。
そのガチャはシャルエッタ以外全て微妙という残念なガチャとなってしまった。(ただし局所的に活躍していたりする)
2017年2月にグリココラボが復刻したが、こちらも同じく復刻しガチャ精霊もLtoL化。当時微妙だった精霊も大幅に強化され、当時引いた人を喜ばせた。
その分配布精霊は0Tチェンプラのラヴリ、ステータスアップのアーモンドグリコと優秀な精霊が揃った。

異世界交差「エースワールド」

エースコラボ」も参照

 2014年11月開催の角川コミックスの月刊少年エース及びヤングエースとのコラボ。
 簡単に言うと漫画の世界を探検するというもの。クエストのメインはケロロ軍曹だが、一部ブラッドラッドのパップラドン・アキムも登場した。
 クリスタルガチャが存在せず、イベントで入手したポイントでガチャができたのが特徴。性能はお察し下さい。

マジカルグリコクエスト

 「マジカルグリコクエスト」「マジカルグリコクエスト」「マジカルグリコクエスト」も参照

 江崎グリコの各種お菓子とのコラボ。
 第1弾はグリコキャラのみだったが、第2弾は伊藤園と岩塚製菓のキャラがマジカルスイートDefenders報酬として登場、また常夏!お菓子でハッピー大魔道杯(グリコ魔道杯)も開催した。第2弾コラボでは黒ウィズ精霊がグリコ製品とコラボした新規カードと、グリコ製品の擬人化をしたカードが限定ガチャとして登場。雷ダメブロとして重宝するプッチンプリンを始め、優秀な精霊がいるものの初登場以来進化が増えていないため、LtoLを期待する声も多い。
 しかし2017年2月に突然グリココラボが復刻したのをきっかけにLtoLも実装。一気に最前線に立てるようになった。
 なお第3弾は白猫も巻き込んだコラボとなった。上の白猫コラボにて記述。

進撃の巨人、反撃の黒猫!

 「進撃の巨人コラボ」も参照

 2014年8月開催の大人気漫画とのコラボ。
 初のイベント精霊しか出ないガチャが登場したが、SSまで進化するのはミカサとリヴァイのみ。他はSまで進化する7体のみ。
 なお同年に1回復刻しておりガチャも復活。リヴァイとミカサが別バージョンのSSまで進化するカードとなり以前のバージョンのリヴァイとミカサは出なくなった。またSSまで進化する大当たり枠にエレンが追加された。(初級クリアで入手できるエレンとは別)
 肝心のイベントだが、屋根の上を飛んでいる背景の評判がかなり良かったが、ストーリーも専用BGMも存在しない事が欠点。
 また敵は当然巨人のみで、どう見てもほぼ全裸のキモいおっさんと戦うだけという見た目が最悪なイベントとなってしまった事は否めない。

異空間野球 黒ウィズPRIDE

野球イベ」も参照

 2014年5月20日から開催。コロプラのプロ野球カードゲーム「プロ野球PRIDE」とのコラボ。コラボといいつつプロ野球PRIDE要素はどこにもないが…。*1
 ガチャキャラのヴァランタンが如何にも悪人顔であり実は黒幕なのではないかと言われていたが、ガチャキャラなので当然そんな事はなかった。
 監督キャラのマーゴットも、チアガールのリリアもその手の人には喜ばれた。
 ラスボスのシラヌイが怒り後に6000オーバーのダメージを撃ってくる事で、蘇生持ちのアルフが輝いたイベントでもある。
 イベント問題はもちろん野球問題。浅井Pは野球好きなようで、かなり余裕だったとニコ生で言っていた。
  • その後
 なお「野球やったなら次はサッカーだろ!」という謎理論により行われたのが2014年6月の「蒼穹のストライカー」であるが、これはコラボイベントではない。ブラジルW杯に便乗しただけという声も。
 野球問題は得意と言っていた浅井Pだが、逆にサッカーは全くダメだったようだ。
 ちなみに蒼穹のストライカーの登場キャラは、黒ウィズPRIDEと異なりかなり若いキャラばかり登場する。ショタコンホイホイ。
 またストーリー展開もかなりカオスになっており、色々と話題になった。

蒼の三国志コラボダンジョン

 2013/12/11開催のコロプラの軍勢RPG「蒼の三国志」とのコラボ。
 限定ガチャも登場したが、一番強いのが三国の君主である劉備、曹操、孫権を差し置いて三国志演義に登場する美女の貂蝉である所が笑いを誘った。
 ボスは何故か劉備と義兄弟の張飛と関羽。ストーリーも何もないので不明だが、何故この2人だったのかは不明。
 蛇足だが、雑魚敵が槍兵、弓兵、騎馬兵と3種類おり、3属性2進化分まであるため、これら雑魚敵だけで18枠も埋まるのだが、ランダム要素が高いために図鑑埋めが難しい。

ファミ通文庫の魔道杯

 2013/11/8〜2013/11/11開催。魔道杯の報酬としてファミ通文庫の人気ラノベ『犬とハサミは使いよう』『覇剣の皇姫アルティーナ』『サイコメ』のキャラが登場。
 ポイント報酬の駄犬カズが2段階進化なのに4枚配布という意味不明な事になったが、全般的にピーキーな性能のキャラが揃った。
 魔道杯総合のキリヒメのL化は4月7日のニコ生でL化と予定されていたが、コラボだったためか中々来なかった…が、7月22日に無事にL化を果たした。本当に良かったね!
 蛇足だがこの魔道杯から七段が登場した。

ニコニコ生ダンジョン

 「ニコニコ生ダンジョンを攻略せよ!」も参照。

 ニコニコ生放送とのコラボ。
 なお、記念生放送はM.S.S Projectというグループがコラボダンジョンをクリアしていくというものだったが、黒ウィズプレイヤーが皆無だったためか、完全に初心者向けの生放送であった。
 クエストではニコニコ動画関係のイベント問題も登場。
 今でもニコ生記念クエストはあるが、ここで出て来るでんぱ君などはこのコラボの雑魚敵で、ドロップするので図鑑も埋まる。(782〜787)

えれくとろ☆ぱにっく

 コラボとは若干違うかもしれないがとりあえずここに掲載。
 Androidのロゴにいるロボ、通称「ドロイド君」と、これをモチーフにしたアン・D・ロイドのイベント。アンがエロいのが利点。
 何度か復刻しており、S→SS→Lと順当に進化しているが、アンがL化して以来の復刻がない。LtoLが来る事はあるのだろうか?
 なお公式イベント画集のイベントヒストリーでは9月18日となっているが、6月24日が正しい。
タグ

どなたでも編集できます