クルイサのシークレットクエストに登場する精霊。
 入手時は火闇属性だが、水闇・雷闇に相互進化可能であり、汎用性が高いことが特徴。
 

入手法

※ネタバレ防止で折りたたんでいます。

攻略法

 実装当初はクルイサ自体が鬼畜難易度であり、その中で特定の条件を満たさないと挑戦できないというだけあって、難易度は史上最悪といわれた煉獄より来たる者を超えるとまで言われる。
 バトル数はボス戦を含めて驚異の11戦。5体クエストで雑魚でもHP100万超えは当たり前でボスのHPはなんと5000万
 聞くだけで眩暈がしてくるが、ALTERNA形式を採用しておりパネルは全て3色固定(難易度は単色相当)のためこちらの攻撃は実質4倍となっている。毎ターン4問解くことになるが、その分スキルがチャージされるのでSSも惜しみなく使うことができる。
 一部を除いたほとんどの敵がスキル反射を使用しないので遅延や激化大魔術が有効。AS3倍をいい感じに悪用すると最後のボスの5000万すら3tで倒せたり、斬撃や一閃でchをアホみたいにためて殴るという手段も比較的有用。
 また、サブクエストが「火属性のみの精霊でクリア」、「水属性のみの精霊でクリア」、「雷属性のみの精霊でクリア」というだけあって、どの属性でも難易度は変わらないので自分の持つ最高戦力で挑もう。
 道中では初回から属性反転&回復反転、HP-1万ののろいからの死亡時行動の防御貫通攻撃で即死、属性変化で不利属性に変化されると一方的に叩きのめされるなど初見殺しのオンパレード。事前に敵の行動を把握する必要がある。
 敵のHPが高いので激化などの高火力SS以外にも割合攻撃が有効。ボスに対しては割合攻撃だけで1000万を超えるダメージを出せる。
 即死コンボには起死回生、スキル反射持ちがいる場合は最優先で倒し、あとは遅延しながらSSでじわじわと削るという戦術がいいだろう。

性能

 AS:特攻連撃、SS:融合大魔術
 ステータスはお世辞にも高いとは言えないが、前述の通り相互進化で全属性に対応できるので融合大魔術を持っていなければぜひとも入手しておきたい。

結晶化

 2018/2/8実装。それぞれ3属性分作成が可能
驚天(火/水/雷)の結晶<サプラーディー>I
 HPステータスアップ効果がのろいを受けても消えなくなる。+2000していた場合、-10000ののろいを受けても-8000の致命傷で済む。
 テネブルにつけて-数値を消されないという使い方も有効。ちなみにテネブル3体によるシクレ攻略報告はある。
 この結晶は、1枚で当然ながらその精霊のみにしか効果がなく、また火属性、水属性、雷属性に対応した精霊でないと効果がないためコンプする人は、結晶用に15週以上はしなければならない。
驚天(火/水/雷)の結晶<サプラーディー>II
 それぞれ複属性が(火/水/雷)の味方全体の攻撃力とHPを100アップ

余談

  • クルイサギルドマスター(的存在)であるアヤナを最終進化させるにはこのクエストをコンプリートする必要があるが、アヤナを1番使いたいのはクルイサ攻略であるというのが意地悪な設計である。
  • 死に物狂いでクリアしたら「危うく殺されるところだった」で終わってしまうのがまた皮肉である。黒猫の人半端ない
  • 実装当時、ボスマーク付きにも関わらず条件を満たすとムニキスが効いてしまう不具合があった。
タグ

どなたでも編集できます