直前に発動した味方スキルを発動するスペシャルスキル。初実装はシール(ウィズセレ)。
 攻撃スキルをコピーした際は、コピー元の属性・効果値となるので属性が異なっていても問題はない。
 ただし、攻撃力はコピー先の精霊を参照するので効果値が同じでも威力に差が出る。また、激化大魔術などのスキルをコピーしてもコピー元の発動回数は引き継がれない。最大火力を発揮するにはコピー元と同じ回数発動する必要がある。
 なお、スキルコピーを持つ精霊はSS1とSS2が同じ(スキルが溜まる=L化)である場合が多い。
 前述の通り、コピー対象は直前のスキルなのでSSを連発する際は順番に注意しよう。

 初回発動までが遅く(早くて7t)再使用までまたフルにスキルを溜めなおさなければいけないため、あまり使い勝手は良くない。
 レイドでは複数デッキにいれることで攻撃スキルをコピーしてSSを連発して倒す周回部屋が作られ活躍の機会を得たが、通常のクエストで優先して入ることは少ないと思われる。
 
 その後、セカンドファスト持ちのスキルコピー精霊の登場で評価が一変。
 こちらは発動までが長いが、一度発動すればその後は2t周期で発動ができるようになる。
 ASが回復でありながらHP・攻撃共に高水準であり、攻撃スキルを扱うにも十分なステータスを持つため非常に汎用性が高い。
 2017年12月現在では、メイフウ(魔轟)、セリーヌ(エタクロ)、配布ではオオミコシガミ(八百万4)、ピピア(黒ウィズミュージアム)が所持している。

 特に激化大魔術と相性が良く、2人協力において激化のコピー&チャージで高難度ボスがあっさり沈むほど強力なコンボが組まれていた。GAアルドベリク型の激化に関しては本来16t周期の高倍率を2tおきに打ててしまうため、こちらはもはやオリジナルを食ってしまっているレベル。ダブルスキル?知らんな
 メイフウ事件で弱体化されたが、それでも十分協力。
タグ

どなたでも編集できます