概要

 味方全体のHP・攻撃力が変化するスペシャルスキルのこと。初登場は初音ミクコラボのステミク。それ以降様々なバリエーションで登場する。
 自分自身にのみ効果がある物は自己ステアップを参照。

 当初は強いんだが弱いんだかがコロプラ語のせいでわからなかったが*1、最終的に黒ウィズ史上最ブッ壊れスキルと結論づけられた。
 例えばATK4000の精霊をHP/ATKアップの2000まで上げた場合、AS回復10%の精霊がAS回復15%の精霊と同等となり、効果値でなく攻撃力が上がっているのでダメージもほぼ1.5倍となる。このスキル一つでダメージ軽減、エンハ、AS回復アップが付くという風に言えばわかりやすいであろうか。
 2015年の配布であるはずのキーラはHPのステアップ回復を与えられたおかげで、2017年6月頃にデスティニーズがガチャで出るまでヒーラーのトップキャラであった。

が、それも過去の話。
  • 純属性強化0ターンでHP/ATKアップ+2000とエンハンス100%、4ターンでHP/ATK+3000とエンハンス200%)、
  • 融合強化(0ターンでHP2500/ATK2000アップ)、
  • ステアップ精霊強化(回復・軽減・ステアップを1体でこなせる)
の実装により一般的なステアップ精霊は完全に産廃と化している。

2017聖夜ガチャに伴うLtoLで2016シャロンが上限値3000になり、条件さえ満たせばSS2一回で両3000までステアップ出来るように強化され、既存の精霊の中では頭一つ抜けているが、それでもなお副属性染めなどの理由がない限りは正月ストリーを使ったほうが良い。
実装当時は壊れスキルだとされていたが、インフレについていけずその後産廃スキルとなってしまうのはソシャゲの宿命である。

上限と下限

 全体ステアップはHP・攻撃力2000(ツクヨLtoLtoL以降2017年に進化した一部精霊は3000)
 純属性強化はHP・攻撃力3000
 融合強化(ガチャ産)はHP3500・攻撃力3500
 融合強化(報酬)はHP3000・攻撃力3000
 自己ステアップはHP・攻撃力6000
 ヒビキ型はHP・攻撃力3000
 HP・攻撃力ダウンの下限は1

※実際のカード表記の上限値と違う物(例:融合強化(ガチャ産)のカード表記上限値はHP3500、攻撃力3000)があるが、2018年2月現在HP/攻撃力の上限はどちらか高い方まで上がるようになっている。

分類

HP・攻撃力アップ

 最初に登場したステータスアップスキル。初実装はステミク(上限2000)。
 当時はのろいが実装されていなかったため、永続的にエンハンスと軽減をかけているような物であり、まさに壊れだった。

HPアップ・HP回復

 最大HPをアップするとともにHPを回復するスキル。
 初実装は2015年11月開催の八百万2のツクヨ。

シェリラン型(HP・攻撃力アップ・HP回復)

 HP・攻撃力がアップしてさらにHP回復するタイプ。
 マクロスコラボの永劫の超時空輪舞 シェリル&ランカから名付けられた。

HPアップ・攻撃力ダウン

 初実装はバジュラクイーン。スザク3のウシュガやクリスマス版サチも持っている。

HPアップ・攻撃力ダウン・HP回復

 初実装はグリコ3魔道杯報酬のアボカドーザ。ATK500ダウンのHP500アップだった。ATKを限界まで下げてひたすらクイズを解く縛りレイドなどが野良で開催されていた。
 その後ガチャにて0TでATK1000ダウンHP2000アップのエヴァイベ2碇シンジ型も登場している。こちらはチャージ中の複数精霊を守る等の使いどころがある。
 リアラがLtoLで0TATK500ダウンHP3000アップと調整された。

攻撃力アップ・HP回復

 初実装はルドヴィカ(3周年記念)。ASはアタッカータイプの精霊となっている。
 回復もこなせるため、そこそこの難易度でもAS回復精霊いらずで便利だった。

HPダウン・攻撃力アップ

 初実装はリエン(ウィズセレ版)。その後レイドテネブル(Abyss Code)にて報酬精霊として初登場。
ステブ(初手HPダウン攻撃力アップ)
 SS1が0TでHP2000ダウン、攻撃力2000アップ。SS2がブーストの型。全体版と単体版が存在する。
 詳細はステブを参照。
イスルギ型(初手HPダウン攻撃力アップ)
 SS2がブーストではない型。初手からHP2000ダウン、攻撃力2000アップのステアップ
 魔道杯イスルギ(覇眼戦線3)、ボブ&マドロック(アイドルωキャッツ)、みなを導く夢&反抗の夢(黄昏メアレス)が所持する。
 SS1がHP2000ダウンと攻撃力2000アップ、SS2でHP1000ダウンと攻撃力2000アップとなっており、SS1での運用が多いと思われる。

ヒビキ型(チャージ)

 8ターンチャージしてHP・攻撃力3000アップするタイプ。
 最初に登場した蒼き闘覇者 ヒビキ・マスグレイヴから名付けられた。
 なお、登場時はヒビキを助っ人にするだけで他のステアップも上限が3000になっていたが、その後サイレント修正された。

シャロン型(Lモード精霊数で威力アップ)

 Lモードの精霊数に応じてさらにHP・攻撃力が250ずつアップするタイプ。全員LならSS1回で最大1750まで上がる。
 最初に登場した2016クリスマスシャロンから名付けられた。
 2016クリスマスシャロン、グレェェートザッ派、GAアシュタルが所持する。
 2017年12月にシャロンがLtoL、Lモードの精霊数に応じてさらにHP・攻撃力が500ずつアップになり、さらにアップ上限が3000となった。

精霊強化型(毎ターン徐々にアップ)

 精霊強化とステータスアップの複合スキルがついに登場した。
 SS1で毎ターン20%回復とHP/攻撃力が250アップ、SS2は毎ターン20%回復とダメージ20%軽減とHP/攻撃力が500アップ(上限2000)
 精霊強化スキルのため、のろいで消されてもすぐにかけ直せるメリットがある。
 ちなみに三色ともガチャ産単体ステブと複属性まで一致するため、潜在能力や自傷したHP回復とHPアップはありがたい。
 2016新人王ヒビキ、2017GWズローヴァ&ルルベル、結成!袖振り合うもデスティニーズが所持する。こちらもヒビキが初の所持精霊のため、こちらがヒビキ型と呼ばれることもある。上述のヒビキ型(8Tチャージ型)とどちらを指しているかは注意したい。

 2018年2月22日にルオシーが魔改造されこの型の亜種に。1T単体チャージ後3Tしか持たないが、上限も3000まで拡大された。

ハヅキ型(純属性強化)

 デッキに単色の精霊が多いほど効果が上がり、単色デッキにすると初手からHP/攻撃力2000アップ、4T後にL化でHP/攻撃力3000アップするスキル。状況に応じてSS1とSS2を使い分けることが出来る。4Tダメージ強化も付いているがステアップが本体と思われる。
 ハヅキ(八百万神秘譚4)にて初登場、その後レッジ(黄昏メアレス)、アリス(エターナルクロノス)と1ヶ月で3色が出揃った。
 この型はデメリットが無いタイプの中ではスキルを撃てる周期が早いが、SS1の状態ではステアップの上限値も低い点は注意が必要。
 詳細は純属性強化を参照。

特殊型

 特定条件下でステアップの威力が上がるタイプはここに分類。
私だよ
 味方全体のHPと攻撃力をアップし、HP20%以下でさらにHPと攻撃力1500アップ、Lモード時はHP完全回復。
総合ミツィオラ&ルミア(覇眼戦線3)
 味方全体のHPと攻撃力をアップしHP回復、のろい状態時さらにHPと攻撃力1500アップ。エレイン(聖サタニック女学院2)でガチャにも登場。
総合カリン&レオナ
 SS1:味方全体のHPを250アップ、HP20%以下でさらに2750アップし、さらに味方全体のHPを25%回復する。
 SS2:味方全体のHPを500アップ、HP20%以下でさらに3500アップし、さらに味方全体のHPを50%回復する。
 どちらもHPアップ上限4000。ちなみに回復の効果はHP20%以下でないと現れない。

敵スキル

 敵スキルにもステータスアップが存在する。
 攻撃をアップする方は聖サタニック女学院が初出。攻撃の数値そのものが増加する味方版と異なり、ダメージ強化SSのように与ダメージが一定割合増加する。
 HPをアップする方は覇眼戦線3が初出。こちらは味方版と同様最大HPを一定値上げ、その分残りHPも増加する。
 どちらも重ね掛けが可能(上限なし)で、敵によっては効果ターンが永続の場合もあるため長期戦が厳しくなる。

余談

  • 実装時はバグで毎戦終了時にステアップ分回復した。
  • 2016年12月にサイレント修正されたが、上限値までステータスアップしていてもスキルを使用すると効果値分のHPが回復していた。…が、いつの間にか(2017/12月頃?)また回復するように戻っている。回復する仕様が正しい(?)のかもしれないが運営からの発表は特にないため不明。

どなたでも編集できます