精霊「ノイン・ケーラ」の事。通称は「にへ」「にへにへ」。
 概ねガトリンとの関係で匿名掲示板上において非常に稀有な変遷をたどった精霊である。

ノインの変遷

初期(2014年6月〜2016年2月)

 初登場は2014年6月のDL限定。使いやすいスキルセットで大当たりだった。
 フレーバーテキストで星を操ることが語られるが、聖界所属であることはバレンタイン版まで明かされず、3500万DLのソラナ&ヒカリのストーリーにも登場しなかった。
 そんな状況にもかかわらず、2015年12月のニコ生のL化精霊決めのアンケートにエントリーされ*1、DL限定が順番にL化していたところをすっ飛ばしてL化が決定する。
 何の因果か、この初代ノインがL化したのはバレンタイン版リリースのほぼ直後だった*2

バレンタイン期(2016年2月〜4月)

 2016年バレンタインガチャはノインが中央にくる絵柄であり、大いに期待させるものであった。
 実際性能はその期待に応えるものを有していたのだが、ストーリーのふるまいでノインは一斉にユーザーのヘイトを集める事となった。
 ストーリーはノインの教育係を務めることになったヒカリが苦労しながらノインに振り回されながら、バレンタインデーでチョコレートを配るという内容である。
 が、話の軸がヒカリとソラナの百合の方にぶれてしまい、またノインの子供故に身勝手な言動、ふるまいが非常に悪目立ちをし、ノインにヘイトが集中した。(この通り、ノインがバレンタイン限定である意味がない)
 ノインのボイスもこの様な背景があってか、生意気、不愉快だと反感を買い(勝利で「にへにへ」、被弾:「にへぇ…」、戦闘不能:「やられた振りしてチョコ食べようっと」)、リーダーにするものも嫌だという声さえ出ている始末であった。
 この時点でノインは「にへ」呼ばわりされ、概ねノインの蔑称として定着した。
 この時点では性能が高い*3にも関わらず、ストーリーへのヘイトのみで「にへカス」呼ばわりされることも珍しくなかった。

 尚、バレンタインの小話は余りに不評だったせいか、聖なる空のエステレラでは3500万DLのソラナ&ヒカリの小話は復刻したにも関わらず、バレンタインの小話は復刻がなかった。

VSガトリン期(2016年4月〜11月)

 2016年3月下旬の黒猫グランプリでは強烈なヘイトを受けたせいか、中間発表時点で7位と性能票が大きく影響する投票にも関わらず意外に伸び悩む。
 とはいえ、この時点で入賞圏の4位及び5位までは混沌としておりどう転ぶかわからない状況下であった。
 その中でガトリンのファンが一斉にガトリンを推す行動に出始める。

 そして発表された最終結果、ガトリンが5位、ノインが6位という誰も驚くものとなった。つまりノインはガトリンに蹴落とされた形となった。
 ここからノインにネタ属性が大幅に加味され、ヘイトが薄れ独自の道を歩むことになる。

 掲示板上でノインとガトリンを模した互いにディスる書き込み(例「頑張って溜めたチェインを食ってやるにへ」「人気投票で転落した情けない奴がいるらしいぞば」)が度々みられる様になり、一種の風物詩となる。
 ノインは語尾ににへをつけ、ガトリンは語尾にぞばをつけるのが特徴である。他にも教育係のヒカリをひたすらにディスる書き込みも良く見られる。
 スレ立て時や流れが停滞した時にノインの画像、モザイクをいれたノインの画像、職人が一部をコラしたノインの画像が貼られ、それに対してノインが自画自賛する書き込みやグロと反応する書き込みが定着し、「にへ」は蔑称から愛称に変わっていった。

聖なる空のエステレラ期(2016年12月〜2017年1月)

 2016年12月の聖界イベント聖なる空のエステレラで登場。事前のリーク画像でも渾天儀がデカデカと書かれた背景が公開され、ガトリンを差し置いての限定化、固有イベントかと盛り上がった。

 蓋を開ければ、実際は同イベントは新キャラのクレティアを中心としたイベントであり、ノインはバレンタインから別人かと思う程の真人間化を遂げた。
 大賢者の名に相応しい考察や鋭さを垣間見せたり、いい意味での見せ場が多い。
 が、後半で敵の足止めの為に殿を買って出て、以降は物語からフェードアウト。
 ラストのお別れの場面でもハブられるという謎の不遇を受けた。魔力を使いすぎたために一週間の睡眠が必要であったと理由付けはされている。
 一応ガチャ画面ではトップでくるくるしており、助っ人ではイベント開始直後から登場していた。
 エステレラ関連の図鑑でもノインがトップである。なおノインの次はヒカリである。なえなえ〜。

 キャラとしてはバレンタインから間違いなく良化したといえるのだが、毒気が抜け、限定の性能も相まって地味な存在になった。
 本イベント後は匿名掲示板ではにへとノインを区別する傾向が見られ、ネタとしての扱いは一時鳴りを潜めた。*42017バレンタイン辺りを境に画像コラ職人が積極的に活動し存在をアピールし、一種の風物詩となっている。

 コミックマーケット91でまさかの公式グッズ化、クリアファイルとして登場、ただしグッズセットなので少々お高い。

停滞期(2017年2月〜11月)

 2017年バレンタインではヒカリの命令によりクレティアとリアラに見張られる、ソラナとヒカリからは信頼されていないみたいである。
 話中ノインの渾天儀でステラの祝祭期間中だけ月を移動させる案が出るが、ヒカリの魔法によって封印されていた。
 にへにへ〜、じゃなくてなえなえ〜だよ。なおステラの祝祭が終われば勝手に封印が解けるようになっている。
 また寝過ぎちゃってありあまっている魔力をクレティアに供給した。

 アーモンドピークのおまけカードにはバレノインのイラストが使われた。チョコまみれにしちゃうぞ〜
 その後は特に音沙汰も無く、このままフェードアウトすると思われたが、夏だ!白黒グッズフェアで水着姿として登場、新作グッズも期待される。ガトリンあっちいけ〜!!

 アイドル☆キャッツイベントや黒ウィズゴールデンアワード2017により、ライバルであるガトリンに人気で大きく突き放されてしまったノインだが、果たしてガトリンと肩を並べる存在になれるのだろうか。

 2017ゴールデンアワードのクレティアストーリーにて大賢者ノインとして登場。ステラの女神像を破壊する使命に駆られた2人をサポートする…のだが、何故か「にへ」以外の言語を一切喋らなくなっていた。むしろ「にへ語」という謎の言語が誕生している模様。

 魔法使いと黒猫のウィズ CALENDAR2018 ゴールデンアワード2017「背景美術賞」では以前公開されたイラスト以外にもノインが登場、こちらはだらっと寝ている。
 また、 2018年のカレンダーもゴールデンアワード 背景美術賞記念カレンダーとしてクレティアと表紙を飾っている。クレティアあっちいけ〜!!

聖なる空のエステレラ2期(2017年12月〜)

 聖なる空のエステレラ2で一年ぶりに登場、ヒカリに没収されたのか隠されたのか詳細不明であるが渾天儀に乗っていない。しかしストーリー内ではしっかり渾天儀を使ってヒカリとソラナを助けている。
 相変わらずにへにへ〜っとしており、にへ派なる派閥も存在する模様で、「にへ派に入る?」と誘われる。
 特設サイトで公開されているプロローグにも登場しており、いつでもにへにへ〜。
 今回はあまり表で目立つことはせず、裏で色々と暗躍していた。

キャラ性能・履歴

九天通暁 ノイン・ケーラ

 2700万記念ダウンロード限定精霊として登場。扱いやすいエンハ+見破りで重宝された。
 2016年2月にL化し、主に水光に特化した形で進化した。5T見破りは希少なスキルであり、所有する精霊も非常に少ない。
 前述したノインの性格はこの時点でテキストストーリーで骨子が出来ている。ノインの絵柄に関してこちらの方が好きという声も根強い。
 教育係のバレンタインヒカリとは属性やスキルがバッチリかみあい、非常に相性が良い。

 4000万DL記念で一部のDL記念精霊が更なる進化、ノインも含まれており2017年12月にLtoLが開放された。
 AS:5chエンハ、2色以上でさらに効果値アップが追加された。
 SS1:1Tで解答削り2つ、SS2:4Tで見破りとさらに使いやすくなっている。二枚あればエクストラ水推奨も見破り放題となってしまう。
 ヒカリあっちいけ〜と言っている場合じゃない。

恋を運ばない大賢者 ノイン

 2016年バレンタイン限定の目玉精霊として登場。
 火雷の有利な複属性、50%以上という緩い条件で威力が大幅に上がるAS、チェイン消費が難があるものの強力な多弾魔術、更に心眼持ちとアタッカーとして強力な性能を有していた。
 五式・陸式のパーツや以後のイベント等でも重宝され、デッキをしっかり組み、結晶でフォローすれば戦い抜くことが出来、アタッカーとしてはかなりの寿命を誇った。
 2017年3月のLtoLでは順当に強化され、ステータスの底上げ及びSS2にスキル反射無視が追加された。さすがにSS1が0ターン遅延になるには至らなかったが、弱めだった潜在も今風に再調整されたため、耐久力の低さもある程度改善を見ている。

星々を見渡す大賢 ノイン・ケーラ

 聖なる空のエステレラ限定版で雷単色術士。ASは解答時間依存系のノーチェイン特攻、SSは時限大魔術
 SSのダメージが適用されるまでに間隔があるため、バレンタイン版の様な分かりやすい強さはない。雷単色は特攻ASのアタッカーを多く有するが、フル覚醒なら開幕からL状態でSSの周期もかなり速いために、他と差別化した結晶を交えたトリッキーな戦術を行うことができる。
 なお、バレンタイン版にあった潜在能力の心眼と戦後回復は、よりによってエステレラ版のヒカリが所持している。
 2017年12月のLtoLではSSの周期が短縮され、潜在も他と見劣りしないものになった。また、同じく時限大魔術持ちで先にLtoLしたラギトよりも攻撃力が1800高く、ASの解答時間依存の倍率も高く設定されている。

慧眼無双の大賢者 ノイン・ケーラ

 聖なる空のエステレラ2版で雷単色術士。ASは解答時間依存系の4チェイン特攻、SSは単体の無属性大魔術
 エステレラ1とは属性が同じ、特攻であり、SSの周期が速く、敵単体への攻撃系SSであるなど類似点が数多く見られる。
 実戦では耐久が心もとないが、安定したダメージを稼ぐことができ、バレンタイン版とエステレラ1版の特徴を兼ね備えたハイブリッドと言える。
 ノインの中では唯一、プレイヤー対象のサポートスキル・サポート潜在を持たない。イラストに渾天儀が無い事と関連しているのだろうか。
タグ

どなたでも編集できます