響命クロスディライブは、4周年を記念して行われた新イベント。通称「クロデブ」。
 開催期間は2017年3月17日18:00から4月14日15:59(予定)まで。特設サイトはこちら

開催前
 4周年記念ニコ生でPVとともに発表。その後公開されたLong verはyoutubeの急上昇動画ランキング入りしたりもしていた。前イベント新説桃娘伝 妖爺合戦誓助剣から1か月半復刻及びリニューアル復刻、ガチャ販促紙芝居と停滞期間が非常に長く、4周年記念イベント、久しぶりのPVや特設サイト開設等もあり、ユーザーの期待は加速度的に上がっていった。

良かった点

 背景及び音楽は最近のイベントと比較しても頭1つ抜けており、非常に高い評価を得ている。

賛否両論点

ストーリー

良かった点
 本作は幻魔特区スザクシリーズ以来の未来型SFである。この手のものが好きな層には評価が高く、またストーリーも起承転結がはっきりしており、矛盾・破綻等はない。世界観もきっちりと練られており、この点も大きく評価する人が多く考察好きにはたまらない。〆に本来の意味での御三家が久々に登場したのも評価する人が多い。
悪かった点
  • SFの宿命ではあるが造語が多い上に、読み飛ばしているとついて行けなくなりやすい。開始早々専門用語が飛び交う為、この時点で置き去りにされてしまう人が出た。
  • よく比較される3周年記念イベントの黄昏メアレスと比べて日常パートがほぼなく、各キャラの掘り下げが足りておらず感情移入する前に物語が終わってしまう。
  • 特に主役のエニィの存在感は希薄。エニィの背景は物語のキーでありネタバレでもあるが、そのせいか出番が少なく精霊性能もそこまで突出したものがない故にどうにも魅力が少ないキャラとなってしまった。
  • ハードコンプ報酬の「ディライブサーバー」が人型であることについては作中で触れられておらず、追憶のレディアントに登場したスワン並みに扱いが謎である。
  • 2周年記念イベントのスザクが敵を非常に魅力的に描けていたのに対して、本作の敵はオールドワン以外のボスは単に暴れているだけでキャラの薄さが際立ってしまった。
  • 本作のシナリオを評価する層も日常パートを主とする登場人物、世界観の掘り下げ等が少ない事は概ね認めており、非難される点もほぼそれらが薄い事に集中する。

エリア型

良かった点
 エリア型の特質上、配布クリスタルが単純に多い。専用マップ背景やBGMが用意されているため、イベント(の世界観)への没入感を増すという観点では成功していると思われる。
悪かった点
 直前のおせニャん増刊号#‬21でステージが少ないエリア型であることが発表されていたが、通常のイベントよりは少し多い全6ステージしかなかった。
 4周年記念を銘打った割に、通常エリア型の聖なる空のエステレラに比べてもステージが少なくエリア型の意味に疑問が残り、ストーリーも間延びしている印象を与えてしまい、ストーリーの薄さを助長させるものになってしまった。
 「周回報酬がないため、ボスの最終進化までひたすらドロップを狙わないといけない苦痛な作業」がある点には不満の声も多い。

 エリア型にするのであればエステレラぐらいまでエリア数を増やし、中身を更に充実させるか、通常イベントにして作り込んだ方が良かったという声もある。

超高難度クエスト

最近では恒例の超高難度クエストは今回もあるが、今までと違い2人協力プレイではなくソロプレイ仕様となっている。それに関しては自分のペースでやれるから嬉しいという意見もあるが、逆に相方に助けてもらえなくてどうにもならないといった嘆く声もある。またコンティニュー不可なので手持ちがある程度揃ってない場合は本気で詰む。
ミッション「クロスディライブのボスを全て最終進化」を達成で解放されるので注意。
ボスのアナザー・ワンは2度復活し計3回の戦いとなるが、1度目の復活後はスキル反射を張られないのでバレンタインクレティアの激化大魔術の接待場と化している。サブクエストを無視するならば一応は鉄壁ループ戦法である程度安定してクリアすることが出来る構成にはなっている。
アナザー・ワン
AS:複属性エンハンス、SS:チェイン消費エンハンス。特に火闇属性のエンハンスを出来るようになっている。SS2は10チェイン消費するとは言え味方全体に350%ものエンハンスを掛ける事が出来る。

その他

上位亜種再び

 黄昏メアレスにて図鑑埋めラーを震撼させた上位亜種(のようなもの)が再び登場。
 ただし、遭遇すると確定ドロップに変更されており、倍速モードの実装による高速周回とイベント図鑑報酬が貰えるとあって前回よりはかなり改善されている。イベント図鑑で出現クエスト(ハードモードのみ)を確認可能。

キャスティング

 元子役の女優、美山加恋がメインヒロインの声優として登場。
 イベント開始前からインタビューなども行っていたが、どれほどの効果があったのかは謎。
 インタビューの内容もピンとこないユーザーが多かったようだ。

結晶

 ノーマルサブクエストコンプリートで複属性が闇の攻撃力を200アップ結晶を入手、浦賀艦隊の攻撃力を底上げ出来る。
 各種クイズを答えるミッションでブースト威力強化結晶を入手。

ガチャ

 バレンタイン程ではないが、4周年記念ガチャより上というのが大勢の評価。限定精霊の性能は相応に高い。
エニィ
 初実装の見た目とボイスだけが変わる相互進化。事前リークで性能を含めた相互進化を予想していた層がずっこけた。*1
 また、SSが新登場の詠唱大魔術であったが、ターンの違いはあるものの、ノーマル1-4クリア報酬であるラズリィ&ダズリィも所有しているため若干残念ではある。
グリット
 火/水ハツセだが、ASが強力だと判断されたのか快調型に変更された。
アライナ
 雷版Vt.ピピアだが、難易度ダウン潜在がアドヴェリ潜在に変わっている。HPがかなり低いので覚醒させる際は注意。
ミスティハイド
 SSは四周年記念ガチャのストリーと同じく50%弱体化大魔術。やはり初回10Tと遅く現環境では使いづらい。ASは回復になっている。オルタメア+覚醒アデレードデッキの新たな選択肢。
レリッシュ
 水/雷の200%(Lで300%)エンハンスの精霊強化。属性を問わないため、他属性に入れて大幅なダメージアップを狙うのもあり。
ウィジェッタ
 ふとももむちむち。雷/水アムエマだが、雷にはステップアップや異常回復が多いわりにチェンプラ所有精霊が少なく、Vt.ユッカの存在も大きいためアムエマほど惹かれない人もいるようだ。水/雷デッキに入れるという選択肢もある。

総評

 イベントそのものは特に破綻もなく全うな出来である。しかしながら、長い停滞期間から4周年記念イベントに対する期待にその内容の薄さから応える事は出来ず、特にヘビーユーザーに大きな肩透かしを食らわせてしまった感が強い。

付録 クロスディライブ用語集

 ストーリーの問題点としても挙げられているが造語が多く、公式に用語集も無いため簡単にここに列挙する。五十音順。当然ネタバレあり。
  • アセンシブ社
 ディライブ技術を開発した企業。ライセンス認証を担い、実質的に政府の役割も兼ねている。エニグマライトから酸素を生成し供給している。
  • アプライズ
 前世代のディライブ技術。生命体の物質化まで成功したが、人類の衰退とともに途絶えてしまった。アプライズを行うための装置はアプライザーという。
  • エニグマデータ
 現在の技術では解析できないディライブデータ。実際はアプライズ、レゾネイト用規格のデータ。
  • エニグマライト
 突如地上を覆いつくした結晶。ある種の光で刺激するとカオスマターを放出する。
  • オールド・ワン
 “焦前に活動を始めた組織。違法な謎のデータをディライブし、社会に混乱をもたらしている。
 1の組織にアプライザーを与えた機械生命体。人類に闘争をもたらすべく画策する。
  • カオスインヒビター
 カオスマターに干渉してディライブを阻害する装置。
  • カオスマター
 ディライブの素材となる、あらゆる元素に変換可能な万能物質。虹色に光る以外はクエス=アリアスにおける魔力とほぼ同じ性質を持つ。
  • 空間歪曲実験
 物語開始の半年前にシェルの郊外で行われた実験。失敗し施設が消し飛んだが、跡地にエニィがいた。
  • クラックハンド
 グリッドをリーダーとする組織で、オールド・ワンに対抗する治安部隊。特殊なライセンスの許可が下りることに着目したマニア達の集まりでもある。
  • シェルアーク
 生き残った人類が住む街。単にシェルとも呼ばれる。複数存在し、シェルポートと呼ばれる施設から行き来することができる。
  • ディッシュ
 空を飛ぶ変わった形の機械。アセンシブ社が酸素の供給に利用している。
  • ディライブ
 データから物質を作り出すこと。生命体は物質化できないが、ステーキなど生きていない状態であれば物質化可能。ディライブを行うための装置はディライバーという。
  • トゥループ
 フィーンドが作り出す分身。要は雑魚。
  • フィーンド
 オールド・ワンが作り出す敵性生物。オールド・ワンのデータを使用した人間が怪物と変化したものもある。
  • ライセンス
 各個人がディライブ可能なデータの許可。ライセンスが与えられていないデータは基本的にはディライブすることはできない。
  • リミテッドデータ
 一度しかディライブできないデータだが、ライセンスが無くてもディライブ可能。食べ物などの消耗品に使用される。
  • レゾネイト
 アプライズよりさらに前の世代のディライブ技術。他者と同じ気持ちを共鳴することでより強力な出力を得られる。レゾネイトを行うための装置はレゾネイター。
タグ

Menu

メニュー

(以下準備中です)
  • 略称(精霊・スキル関連)?
  • 略称(その他)?

 【メニュー編集】

どなたでも編集できます