新春!黒ウィズチャレンジとは、お正月キャンペーンの一環として開催されたイベント。
 開催期間は2018年1月5日〜2月7日まで。

概要

 簡単に言えば黒ウィズゴールデンチャレンジの3番煎じである。黒ウィズミュージアム開催中なのだが…。
 クロマグゼロロスエデ2メアレス2心竜天翔魔轟三鉄傑 対 地獄三十六歌仙のクエストを利用した新規イベント。
 これらは全て2人協力プレー専用の超高難易度が開催されたイベント繋がりである。

 詳細は黒ウィズゴールデンチャレンジも参照。

 今回はポイント交換で過去の2人協力プレー専用の超高難易度専用精霊の別バージョンが入手できる。
 また、スタンプ交換券を入手する事でレイドでのスタンプを入手可能。*1
新要素
 今回は全てのボスがドロップする事がある。
 これによって2人協力プレーの超高難易度でないと入手できなかったあのガーゴイルからメカガトリン Mk.IIまで全て入手できる。2人協力プレーなんかいらんかったんや…!
 それ以外のボスもドロップするので集めて最終進化させて結晶化、なども可能。

報酬精霊

 すべて100万コインで交換可能。明らかにミュージアムの精霊の方が使えるとか言わない。最大10枚まで。
 なお今回は全て流行りのせいか複色属性となっている。

天竜降臨 セト=アーリア

 火/雷龍族 AS:連撃&ガード SS:1T溜め大魔術
 1T溜めての大魔術の威力はそれなりに大きいが、初回でも7T+1、2回目以降でも10T+1とかなり遅い。

意志なき贋魔 〈オプスクルム〉

 水/火魔族 AS:複属性強化 SS:5T溜め一閃
 遂に配布された一閃持ち。リルムがおらずリュディを持っている人には嬉しいかも。

知られざる番人 グランドガーゴイル

 火/水物質 AS:ギャンブル SS:ダメブロ/ブースト
 あのガーゴイルの属性とASを大きく変え、SSを若干変えたもの。自身のみダメブロも健在。そんなものをどこで使うかは知らないが。

悪魔の台所 ムールス・ゴルジ

 水/雷魔族 AS:連撃・複属性強化 SS:残滅
 HPに不安は残るが、出が早い残滅は評価が高い。ただしスキル反射には要注意。 
 外見のラスボス臭が半端ないと好評。

ホロビィ作 メカガトリンMk.恐

 雷/水物質 AS:回復 SS:ガード
 SSがあまりにもピンポイント過ぎて使い所がかなり限られるか。
 ちなみにSSのガイコツくんとはメイフウの後ろにいるアレの事らしい。Dust to dust.

良かった点

ボスがドロップする

 上記の通り

お知らせに何が元々の物から変わっているか分かる

 今回はお知らせにちゃんと変更項目が書いてある。一度目を通しておくと対応しやすい。

悪い点

報酬精霊の性能が悪い上に価格が高い

 明らかにミュージアムよりも性能が低いのにコインの必要枚数が100万枚に増加しており、苦労して入手しても割りに合わない。
 特に一番喜びそうな初心者クラスの人にとっては1つ入手するだけでも相当大変であるが。
 ただし、上級者は第21層をクリアする事によって一度に100万枚のコインを取得出来るのでさほど大変ではない。が、その第21層は不具合が見つかり数日中止になったので、その事を知らずそれまで苦労して第21層以外でコツコツ頑張ってコイン枚数を稼いできたユーザーには無駄な努力をさせる結果となった。

開幕から致命的なバグ

 最終階である21階にて、復活後のボス画像の属性に誤りがあることが発覚。
 それも表示では水属性だが実際は火属性であるというもの。見た目では相性が良いはず(推奨属性雷)なのに、攻撃が尽く半減されこちらは大ダメージを受けるというトンデモ仕様。
 これに対して運営が急遽当該クエストの中止を発表。1月5日23:00にクエストを中止、1月9日16:00に修正され再開。
 報酬のコインが飛び抜けて多い最終階だけあって早期再開を望む声も多かったが、4日かかってしまったため泣く泣く20階を周ってコインを集めるプレイヤーも少なからずいた模様。暇猫勢恐るべし
 また、特定の環境でタスクキルを行うとボスのスキル効果が解除される不具合があり、修正の影響で中断復帰前後でボスの配置が変更されている。特に実害はないが、攻略サイトなどでは情報の修正に追われることとなった。

賛否両論点

問題形式が色々ある

 最近は4択形式しかなかったが、今回は色々な形式がある。

サブクエストが明らかに難しい箇所がある

 水属性推奨のクエストで「龍族のみ」のサブクエがあるが、余程潤沢な手持ちのユーザーでなければなかなか厳しい。またクイズ形式が穴埋めやスライドなど答えが分かっても解答時間がかかるクエストで「平均解答時間3秒以内」のサブクエも一部ユーザーから評判が悪かった。
タグ

どなたでも編集できます