概要

 ガチャで登場したスキルがイベントや魔道杯の報酬として配布されると、ほとんどの場合効果値が下がっていたりや発動ターンが増えている。
 これを劣化版と呼ぶことが多い。

 劣化版と言っても、ガチャと棲み分けが出来ていたり、本当に劣化していたりと千差万別である。

劣化版の例

純属性強化

 ガチャは初回HP/ATK2000アップ、配布は初回HP/ATK1000アップと差別化されている。
 ただしASがエンハガードと回復で棲み分けが出来ている。

純属性強化(リーダー前提)

 純属性強化でもリーダー前提のものがあり、単色デッキでも先頭に置かないと効果値が大幅に下がってしまう。

融合強化

 ガチャは初回HP2000/ATK2500アップ、配布はHP1000/ATK2000アップと差別化されている。
 ただしASがエンハと回復で棲み分けが出来ている。

蓄積大魔術・邪

 ガチャは初回0T効果値最大7000で発動可能であるが、配布は初回5T効果値最大3000とかなり劣化している。
 しかし、コンサート魔道杯覇級のようにスキチャと闇ダメージアップの反動で接待もあった。

AS倍率強化

 ガチャはASがHP消費攻撃、配布はASが回復となっている。
 さらに配布は効果値は同じだが5Tチャージ必須と気軽に使えない仕様にされた。

一閃斬撃

 ガチャは単色がチェイン攻撃で複色は連撃、配布は複属性攻撃強化とASが差別化されている。
 さらに配布は5Tチャージ必須となっている。
タグ

どなたでも編集できます