京都検定の学習ノートです。 興味がある方は、ご自由に覗いてみてください。

第13回京都・観光文化検定試験《1級》

[4]生活・行事、伝統文化・伝統芸能について、次の問いに答えなさい。 (10問×2点=20点)
(31) 祇園祭で各山鉾町が行う神事始めを何と呼ぶか。

解答チェック


(32) 五山の送り火の「船形」の点火の合図となる鐘を鳴らしたり、西賀茂船山の山麓で住職が読経を行ったりする寺院はどこか。

解答チェック


(33) 時代祭と同じ日に、京都三大奇祭のひとつが行われる神社はどこか。

解答チェック


(34) 晩年を泉涌寺の近くで過ごしたとも伝わり、その境内に歌碑がある人物は誰か。

解答チェック


(35) 江戸時代後期に煎茶手前を創案し、その家元として公家や文人に煎茶道を流行させ、のちにその喫茶法が『喫茶弁』として出版された人物は誰か。

解答チェック


(36) 江戸時代初め、観世流宗家が江戸に移ったあと、最初に観世京屋敷の管理と諸用向きを取り仕切った観世流ワキ方福王流の家元は誰か。

解答チェック


(37) 江戸時代、宮中への参勤を主として京都で活躍した狂言の和泉流の祖で、尾張徳川家に召し抱えられた人物は誰か。

解答チェック


(38) 京のブランド産品(ブランド京野菜)で、大粒でコクと甘みが特徴の黒大豆の枝豆は何というブランド名で生産されているか。

解答チェック


(39) 鬼に強いといわれ、京町屋の小屋根に祀られる風習がある魔除けの置き物は何か。

解答チェック


(40) 織屋の丁稚と織子のいがみ合いから起きた「撞かずの鐘」伝説が残る寺院はどこか。

解答チェック



コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

第14回京都検定

実施概要

▽試験日
平成29年12月10日(
[3級]10:00〜11:30
[2級]13:30〜15:00
[1級]13:30〜15:00
※開始20分程度、注意説明あり
▽受験料(予定)
[3級]3,240円(2,600円)
[2級]4,320円(3,460円)
[1級]6,480円(5,190円)
※カッコ内は団体割引適用額
▽試験会場(予定)
◦ 京都学園大学 太秦キャンパス
◦ 同志社大学 新町キャンパス
◦ 龍谷大学 深草キャンパス
◦ 明治大学 駿河台キャンパス

出題範囲

▽歴史・史跡

京都の史跡

▽神社・寺院

京都の神社

京都の寺院

▽建築・庭園・美術

京都の建築

京都の庭園

京都の美術

▽芸術・文化

伝統工芸

伝統文化

花街

▽生活・行事

祭と行事

京料理

京菓子

京のならわし

ことばと伝統

京都の地名

▽公開テーマ問題
〔3級〕京都駅界隈
〔2級〕京都 茶の文化
〔1級〕京都の塔

Menu

〈新版〉公式テキストブック

〈増補版〉公式テキストブック

  • 価格:2,160円(税込)
  • 発売:2010年4月1日
  • A5判 336頁(カラー16頁)
  • 森谷尅久/監修
  • 京都商工会議所/編

第12回京都検定 問題と解説


  • 価格:1,512円(税込)
  • 発売:2016年6月19日
  • 19cm 255頁
  • 京都新聞出版センター/発行

管理人のみ編集できます