京都検定の学習ノートです。 興味がある方は、ご自由に覗いてみてください。

第13回京都・観光文化検定試験《1級》

[6]京都の神社・寺院にある石に関する次の表について、(   )に当てはまる最も適当な語句を記入しなさい。 (5問×2点=10点)
石がある神社・寺院石の名前・通称石にまつわる御利益・いわれ・伝説
月読神社( 1 )神功皇后が出産の際、この石で腹を撫でて安産したと伝わることから、
通称「安産石」と呼ばれている。
( 2 )影向石紀州熊野から三羽の鳥が飛んで来て、石になったと伝わることから、
三石(みついし)とも呼ばれ、末社の熊野社の御神体となっている。
( 3 )月下氷人石門前の石碑の片側に「さがす方」、その反対側には「教ゆる方」、
正面には「迷子みちしるべ」と彫ってあり、伝言版のように利用されていた
ことがうかがわれる。同様の石は、北野天満宮や八坂神社にも残る。
西雲院紫雲石法然がこの石の上で念仏を唱えたところ、紫雲光明が発するのを見たという。
本山である( 4 )の山号「紫雲山」はこの伝説に由来する。
知恩院瓜生石この場所に( 5 )が降臨して、一夜のうちに売りが生えて実った伝説がある。
また、この石の下には二条城へ続く、抜け道の出入り口とも言われている。

(1) 月読神社にある石は(   )と呼ばれる。神功皇后が出産の際、この石で腹を撫でて安産したと伝わることから、通称「安産石」とも呼ばれている。

解答チェック


(2) (   )にある「影向石(ようごういし)」は三個の神石で、別名「三石(みついし)」とも呼ばれている。末社の熊野社の御神体となっている。

解答チェック


(3) (   )にある「月下氷人石(げっかひょうじんせき)」は伝言版のように利用されていた。同様の石は、北野天満宮や八坂神社にも残る。

解答チェック


(4) 西雲院にある紫雲石(しうんせき)は法然がこの石の上で念仏を唱えたところ、紫雲光明が発するのを見たという。本山である(   )の山号「紫雲山」はこの伝説に由来する。

解答チェック


(5) 知恩院にある瓜生石(うりゅうせき)はこの場所に(   )が降臨して、一夜のうちに売りが生えて実った伝説がある。また、この石の下には二条城へ続く、抜け道の出入り口とも言われている。

解答チェック



コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

第14回京都検定

実施概要

▽試験日
平成29年12月10日(
[3級]10:00〜11:30
[2級]13:30〜15:00
[1級]13:30〜15:00
※開始20分程度、注意説明あり
▽受験料(予定)
[3級]3,240円(2,600円)
[2級]4,320円(3,460円)
[1級]6,480円(5,190円)
※カッコ内は団体割引適用額
▽試験会場(予定)
◦ 京都学園大学 太秦キャンパス
◦ 同志社大学 新町キャンパス
◦ 龍谷大学 深草キャンパス
◦ 明治大学 駿河台キャンパス

出題範囲

▽歴史・史跡

京都の史跡

▽神社・寺院

京都の神社

京都の寺院

▽建築・庭園・美術

京都の建築

京都の庭園

京都の美術

▽芸術・文化

伝統工芸

伝統文化

花街

▽生活・行事

祭と行事

京料理

京菓子

京のならわし

ことばと伝統

京都の地名

▽公開テーマ問題
〔3級〕京都駅界隈
〔2級〕京都 茶の文化
〔1級〕京都の塔

Menu

〈新版〉公式テキストブック

〈増補版〉公式テキストブック

  • 価格:2,160円(税込)
  • 発売:2010年4月1日
  • A5判 336頁(カラー16頁)
  • 森谷尅久/監修
  • 京都商工会議所/編

第12回京都検定 問題と解説


  • 価格:1,512円(税込)
  • 発売:2016年6月19日
  • 19cm 255頁
  • 京都新聞出版センター/発行

管理人のみ編集できます