京都検定の学習ノートです。 興味がある方は、ご自由に覗いてみてください。

第13回京都・観光文化検定試験《3級》

[2]神社・寺院に関する記述について、最も適当なものを(ア)〜(エ)から選びなさい。
(11) 上賀茂神社は朝廷や武家から信仰されたが、中でも自信の家紋が神紋に由来することから特に篤く信仰した人物は誰か。

選択肢を表示/非表示

(ア)明智光秀
(イ)織田信長
(ウ)豊臣秀吉
(エ)徳川家康

解答チェック


(12) 平安遷都にあたって王城の南に守護神として創建されたと伝わり、王朝風俗を再現する「曲水の宴」が行われる神社はどこか。

選択肢を表示/非表示

(ア)藤森神社(ふじのもりじんじゃ)
(イ)伏見稲荷大社
(ウ)城南宮
(エ)御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)

解答チェック


(13)「平安奠都千百年紀念祭」に際し京都総鎮守の社として創始され、桓武天皇と孝明天皇を祭神とする神社はどれか。

選択肢を表示/非表示

(ア)八坂神社
(イ)平安神宮
(ウ)松尾大社(まつのおたいしゃ)
(エ)下鴨神社

解答チェック


(14) 清水寺の起源である千手観音を祀る仏堂を建立した人物は誰か。

選択肢を表示/非表示

(ア)藤原冬嗣(ふじわら の ふゆつぐ)
(イ)聖徳太子
(ウ)小野妹子
(エ)坂上田村麻呂

解答チェック


(15) 現存する木造の塔として、最も高い五重の塔がある寺院はどこか。

選択肢を表示/非表示

(ア)東寺
(イ)仁和寺
(ウ)法観寺
(エ)醍醐寺

解答チェック


(16) 唐の玄宗皇帝が楊貴妃を偲んで造らせたと伝える、通称「楊貴妃観音」を祀る寺院はどこか。

選択肢を表示/非表示

(ア)妙心寺
(イ)補陀洛寺(ふだらくじ)
(ウ)萬福寺
(エ)泉涌寺(せんにゅうじ)

解答チェック


(17) 境内にある通天橋一帯が紅葉の名所として知られ、禅宗寺院の中で日本最古の三門(国宝)が寺院はどこか。

選択肢を表示/非表示

(ア)天龍寺
(イ)三千院
(ウ)東福寺
(エ)神護寺

解答チェック


(18) 応仁の乱(応仁・文明の乱)で荒廃した大徳寺を堺の豪商の援助を得て復興し、晩年を過ごした酬恩庵(京田辺市)に等身大の像があることで知られる僧は誰か。

選択肢を表示/非表示

(ア)宗峰妙超(しゅうほう みょうちょう)
(イ)一休宗純(いっきゅう そうじゅん)
(ウ)春屋妙葩(しゅんおくみょうは)
(エ)古嶽宗亘(こがく そうこう)

解答チェック


(19) 高台寺の霊屋(おたまや)に、豊臣秀吉のものとともに木像が安置される人物は誰か。

選択肢を表示/非表示

(ア)豊臣秀次
(イ)淀君
(ウ)北政所
(エ)豊臣秀頼

解答チェック


(20) 宣如が石山丈山らとともに作成した、枳殻邸(きこくてい)とも呼ばれる渉成園(しょうせいえん)を飛地境内にもつ寺院はどこか。

選択肢を表示/非表示

(ア)佛光寺
(イ)東本願寺
(ウ)建仁寺
(エ)南禅寺

解答チェック



コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

第14回京都検定

実施概要

▽試験日
平成29年12月10日(
[3級]10:00〜11:30
[2級]13:30〜15:00
[1級]13:30〜15:00
※開始20分程度、注意説明あり
▽受験料(予定)
[3級]3,240円(2,600円)
[2級]4,320円(3,460円)
[1級]6,480円(5,190円)
※カッコ内は団体割引適用額
▽試験会場(予定)
◦ 京都学園大学 太秦キャンパス
◦ 同志社大学 新町キャンパス
◦ 龍谷大学 深草キャンパス
◦ 明治大学 駿河台キャンパス

出題範囲

▽歴史・史跡

京都の史跡

▽神社・寺院

京都の神社

京都の寺院

▽建築・庭園・美術

京都の建築

京都の庭園

京都の美術

▽芸術・文化

伝統工芸

伝統文化

花街

▽生活・行事

祭と行事

京料理

京菓子

京のならわし

ことばと伝統

京都の地名

▽公開テーマ問題
〔3級〕京都駅界隈
〔2級〕京都 茶の文化
〔1級〕京都の塔

Menu

〈新版〉公式テキストブック

〈増補版〉公式テキストブック

  • 価格:2,160円(税込)
  • 発売:2010年4月1日
  • A5判 336頁(カラー16頁)
  • 森谷尅久/監修
  • 京都商工会議所/編

第12回京都検定 問題と解説


  • 価格:1,512円(税込)
  • 発売:2016年6月19日
  • 19cm 255頁
  • 京都新聞出版センター/発行

管理人のみ編集できます