プロバイダの料金、解約情報などを徹底検証しまとめていきます。フレッツ光、so-net、クイック光など、様々なプロバイダをご紹介していく予定です。

DMM光なら光回線の管理が簡単でお得に利用可能

インターネットで様々なサービスを提供しているDMM.comでは、DMM光というプロバイダサービスを提供しています。利用することで、とても高品質な光回線でインターネットを楽しめる環境を作ってくれます。

DMM光の特徴とは

特徴的なのが、フレッツ光の回線を使っていることです。フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本が提供する光回線のブランドです。日本で最も有名なこの光回線をDMMが借りて、消費者に提供している形です。表向きはDMMのサービスではあるものの、光回線自体はフレッツ光そのものです。

DMM光を契約すれば、NTT東日本やNTT西日本と契約する必要がなくなります。DMMとだけのお付き合いになりますので、管理や手続き、問い合わせ先などを複数の会社に対して行うことがありません。簡潔な内容になりますから、以前のように複雑なインターネット回線の契約を行なわなくても済みます。当然ながら、料金の支払いも、相手はDMMだけです。

プロバイダサービスについて

プロバイダサービスにおいては、従来のPPPoEタイプだけでなく、v6プラスタイプの利用も選べるように変化しています。v6プラスというのは、従来のタイプよりもプロバイダとスムーズなアクセスが可能になる技術で、混雑する時間帯でも快適にインターネットを利用できる優れた点があります。下り最大1Gbpsを誇る、フレッツ光ネクストの回線能力を引き出せるのが魅力です。おすすめしたい人は、動画や電子書籍などのダウンロードによる閲覧サービスを利用したり、今までフレッツ光を使っていて夕方や夜間などに回線速度が低下する不満を持っている人、インターネットを使うときに初期設定が複雑で面倒に感じる人などが、v6プラスの利用に適しています。v6プラスを選択するには条件があったり、PPPoEタイプで出来たことが出来なくなったりするなどの注意点がありますから、メリットをよく考えて契約すると失敗を防げます。

利用料金について

基本料金ですが税抜き金額で見ていくと、DMM光のファミリータイプの定額を選べば月額4820円です。ファミリータイプの2段階定額を選ぶと月額3720円〜5420円です。マンションタイプは定額のみで月額3780円で済みます。この基本料金には光回線とプロバイダ料金が含まれています。

定額というのは、その月にどれほどインターネットを使っても基本料金の一定額を支払うだけの内容ですから、毎月たくさんインターネットを使う家庭に向いています。2段階定額とは、インターネットを使った分に応じて、料金が変動する内容です。普段あまりインターネットを使うことがない家庭であれば、2段階定額のほうが年間を通じて安くなる可能性が高くなります。3GBのデータ通信まで3720円の定額で、3GBを超えるとデータ通信量に応じて料金が高くなり、5420円に達した時点でこの金額がその月の基本料金に決まるようになっています。

今現在フレッツ光の回線を利用していて、DMM光に転用するなら基本的に工事が不要ですので、工事費が発生しません。フレッツ光を利用していない新規の立場であれば、ファミリータイプで2000円〜1万8000円、マンションタイプで2000円〜1万5000円の工事費が発生します。
オプションが充実しています。光電話は月額500円です。NTTの加入電話が月額1700円ですから、1200円も安く固定電話が使えるようになります。通話料はNTT加入電話宛やDMM光電話宛ならば3分でたったの8円しか発生しません。携帯電話への通話ならばNTTドコモ宛で60秒16円、auとソフトバンク宛が60秒17.5円です。NTT加入電話よりも圧倒的な安さで通話できるのがメリットです。

光テレビは月額660円で利用できる、映像配信サービスです。地上デジタルもBSデジタルも、専用のアンテナを設置せずに見ることができるお手軽感があります。光回線を映像用の回線終端装置に繋いで、分配器からそれぞれのテレビなどに繋ぐことで楽しめます。繋ぐ機器の数には制限などありません。

もっとお得にDMM光を利用する方法として、mobileセット割というサービスが提供されています。mobileセット割とは、DMMが提供中の格安SIMサービスのDMM mobileを同時に利用することで、毎月500円割引が適用されるものです。

DMM mobileの格安SIMは、大手携帯キャリアよりもシンプルな内容に仕上がっており、安い料金でスマートフォンやタブレットを利用できます。インターネット回線だけを利用するデータSIMプランや、音声通話付きの通話SIMプランが存在します。ライトや3GB、8GBといった容量に分かれており、それぞれ利用料金が違うものの、いずれのプランや容量を選んでも毎月500円割引が適用されますので、DMM光を契約するならついでにDMM mobileへの乗り換えも検討することをおすすめします。"

管理人のみ編集できます