プロバイダの料金、解約情報などを徹底検証しまとめていきます。フレッツ光、so-net、クイック光など、様々なプロバイダをご紹介していく予定です。

DTIのサービスでインターネットが快適になる

DTIは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが提供するサービスの名称です。インターネットサービスプロバイダの事業で、光回線や格安SIMなどのインターネットを利用する際の便利なサービスを多数提供してくれています。積極的にキャンペーンを提供していますし、ニーズに合った内容を揃えていますので、このサービスを利用すればストレスのない快適なインターネット生活を送れるのがメリットです。

DTIの人気サービス

人気のサービスとしてDTI SIMがあります。格安SIM自体は他社も様々なサービスを打ち出していますが、このプロバイダでは業界でも最安値の水準で提供していますので、スマートフォンなどのモバイル通信の料金を限りなく安くしたい人にとっては相性が良いといえます。
選べるプランは3種類です。データ通信だけを利用するデータプランと、SMSが使えるデータSMSプラン、データ通信と音声通話を利用できる音声プランが用意されています。これらのプランに対応できる容量が、段階的に決まっています。ライトユーザー向けの1GBから、ヘビーユーザー向けの20GBまで、そして毎月の容量を気にせずに使えるネットつかい放題が存在します。

全て税抜での価格ですが、月額料金がデータプランだと1GBで600円、3GBは業界最安の840円です。ネットつかい放題なら2200円でインターネットを楽しめます。データSMSプランだと1GBで750円、3GBは業界最安の990円、ネットつかい放題が2350円です。音声プランを選択すると、1GBが1200円で3GBが1490円です。ネットつかい放題が2900円になります。3つのプランともに、10GBの料金が2017年5月17日の時点で業界最安を誇っていますので、インターネットをよく利用する人ならDTI SIMを選ぶのがお得だといえます。

その他優待

基本的な3つのプラン以外に、YouTubeとTwitterが見放題になるプランが用意されています。通常であれば、これらのサービスを利用するとデータ容量をたくさん使うようになりますが、見放題のプランに契約すれば、容量の上限を気にせずに楽しめます。特に動画は容量をたくさん使いますので、YouTubeが見放題になるのは多くの人にとってメリットがあるといえます。普通の見放題が7GBの容量で月額2430円、ルーターセットならば同じ容量で月額3696円です。見放題のプランにはSMSと音声通話のサービスは付いていませんので、その点を理解してから申し込むのがポイントです。

音声プランの通話料は従量制が基本で、国内通話だと30秒で20円かかります。ある程度電話をかける機会があるのなら、でんわかけ放題のオプションを利用するのが便利です。5分以内の通話であれば、課金されない便利なオプションです。でんわかけ放題の利用料金は月額780円ですので、普段の電話をかける頻度や時間などを考えて、契約の判断をするのがおすすめです。他にも便利なオプションが提供されています。

DTIのお試しプラン

お試しプランが用意されているのが、DTIが他社の格安SIMとは違う部分です。でんわ定額プランと、半年お試しプランの2種類が提供されています。実際に利用してみて、本当にDTI SIMが使いやすいのか調べるために、格安料金で使える便利なプランになります。でんわ定額プランは3GBの容量で5分間の国内通話がかけ放題になる内容がセットになって、通常であれば月額2270円になるのを半年間に限り、月額1480円の格安料金で利用できます。半年お試しプランはデータプランとデータSMSプランが対象になるサービスで、3GBの容量で半年間実質無料で利用できる、とてもお得な内容です。

モバイル通信ではなく、自宅の固定回線でインターネットを楽しみたいなら、DTI光が利用できます。NTT東日本やNTT西日本が提供する、フレッツ光の回線を利用したインターネット接続サービスです。プロバイダの役割も持っていますから、光回線とプロバイダをまとめてDTI光だけと契約すればよい仕組みになっています。フレッツ光側で契約する必要がない手間の少なさが便利です。

利用料金は全て税抜価格で、一戸建て用のファミリータイプが月額4800円です。マンションタイプが月額3600円です。光回線とプロバイダ料金がセットでこの価格ですから、別々に契約していた頃よりも安くなる可能性を秘めています。使う回線はフレッツ光のものですので、高速回線で高品質なのがメリットです。また、DTI光の優れた部分として縛りのない契約が可能なのがあげられます。他社の光回線サービスだと、2年や3年間の契約をする代わりに料金を安くするのが一般的です。途中で解約すれば高い違約金が発生しますが、DTI光には長期にわたる契約の仕組みがありませんから、違約金が発生しない、自由度の高いインターネット回線を利用可能です。

管理人のみ編集できます