プロバイダの料金、解約情報などを徹底検証しまとめていきます。フレッツ光、so-net、クイック光など、様々なプロバイダをご紹介していく予定です。

Drive光のメリットや特徴とは

1.Drive光の概要
2.定額制プランの詳細
3.通信量制プランの詳細
4.Drive光は光コラボレーションサービスがおすすめ
5.NTTフレッツ光からの転用で契約できるプラン
6.新規でDrive光と契約する場合のプラン
7.高速で快適なインターネット利用が可能

1.Drive光の概要

NTTフレッツ光と共に利用できるプロバイダとしてDrive光が人気です。他社と比較して価格が安く、サポート体制もしっかりしているのでインターネット初心者の人でも安心して契約できるプロバイダです。
価格は契約するプランによって異なります。大きく分けて2種類が存在し、それぞれ利用者のスタイルに応じたメリットがあります。一つは毎月の利用料が定められている定額制と、もう一つは利用した分だけ料金を支払う通信量制です。
定額制はインターネットは頻繁に利用する人や、自宅にWi-fiがある人にメリットがあり、通信量制は0円から始まるプランがあるため、ほとんどインターネットを使用しない人はそれだけ価格も抑えることができます。

2.定額制プランの詳細

契約できる定額制プランは主に3つあります。

・ずっとおとく割
24ヶ月利用(自動的に更新)が前提条件:戸建て月額1,100円/マンション月額880円
標準装備:クラウドメール(最大で10GB使用可、保存期間は無限)/かけつけサポート

・Drive
24ヶ月利用(自動的に更新)が前提条件:戸建て月額1,200円/マンション月額900円
標準装備:クラウドメール/かけつけサポート/ホームページ領域の利用

・Driveネクスト
36ヶ月利用(自動的に更新)が前提条件:戸建て月額1,886円/マンション月額1,696円
標準装備:クラウドメール/かけつけサポート(10%割引)/ホームページ領域の利用

3.通信量制プランの詳細

通信量制プランは1つで、0円から開始できます。

・0円スタートプラン
24ヶ月利用(自動的に更新)が前提条件:通信量によって月額料が変動
(一切使用しなければ月額0円となるが、NTTフレッツ光との契約料は必要となる)

4.Drive光は光コラボレーションサービスがおすすめ

Drive光は光回線とプロバイダのサービスが一体となっている光コラボレーションサービスとして提供されています。光コラボレーションのセットは従来までのように光回線とプロバイダの両方と契約するよりも断然お得なのです。
主にフレッツ光から光コラボレーションへ変更する転用プランと、新規で契約するプランに分かれています。こちらも前述のプロバイダ契約と同じように定額制のプランが存在します。

5.NTTフレッツ光からの転用で契約できるプラン


・スタンダードプラン
回線とプロバイダの定額制:戸建て月額4,980円/マンション月額3,980円
・シンプルプラン
回線のみ定額制:戸建て月額3,980円/マンション月額3,280円

フレッツ光から転用の場合、初期工事費は通常発生しません。ただしフレッツ光契約時に初期工事費の残債があるケースでは、そのまま引き継ぐことになりますのでご注意ください。

6.新規でDrive光と契約する場合のプラン


・スタンダードプラン
回線とプロバイダの定額制:戸建て月額4,980円/マンション月額3,980円

・シンプルプラン
回線のみ定額制:戸建て月額4,980円/マンション月額3,980円

初期工事費は共通で戸建てが18,000円、マンションが15,000円です。月額料は転用プランと同等ですが、初期工事費が発生する点が異なります。ただ工事費は他社と比較しても特別高いわけではありません。
また、転用と新規のプランは36ヶ月の継続利用が前提条件となっています。もしも更新月以外の期間で解約した際には、19,500円の契約解除料が発生してしまうのでご注意ください。

7.高速で快適なインターネット利用が可能


光コラボレーションサービスは光回線とプロバイダ料金がセットになるため、非常にお得な価格でインターネットを利用することができます。別々に契約する形だと、請求書もそれぞれ必要となるので、面倒な手順が増えてしまうデメリットがありますが、それが1本の請求書にまとまるので契約が簡単です。
一つ注意する点としては36ヶ月間の継続的な利用が前提となるため、途中で解約をしないことが重要です。しかしながらDrive光は他社と比較しても遜色のない高速回線が魅力なので、利用を開始してから不満を感じることは少ないのではないでしょうか。
上りと下りともに1Gbpsという回線速度が提供されるので、通常のインターネット利用で不便に感じることはないでしょう。
現在NTTフレッツ光を利用していて少しでも価格を抑えたい人、また普段あまりインターネットを利用しない人は光コラボレーションサービスのDrive光が最適です。契約プランが複数あり、使い方に応じて価格を最小限に抑えることが可能となっています。"

管理人のみ編集できます