レジェンド オブ モンスターズについての情報等まとめ

殺戮のミノタウロス (ノーマル) 【猛牛】殺戮のミノタウロス (ノーマル+)
820 580 戦力7984 696 戦力7
スキル:-
効果:-
スキル:-
効果:-
ラビリンスを抜け出し、シュンターの森にミノタウロスが現れた。既に興奮しきった、ミノタウロスはただ殺戮のためだけに、森を徘徊する。地上の空気が身体に合わないミノタウロスはさらに凶暴化した。狂戦士のように目を血走らせ、襲い掛かる猛牛の脅威に領主は戒厳令を敷いた。
備考
ミノタウロスは、ギリシア神話に登場する牛頭人身の怪物であり、クレタ島のミノス王の妻パーシパエの子。
その昔、クレタ島にはミノス王がいたが、彼は王位につく事が出来たお礼に、海の神ポセイドンに牡牛を捧げるという約束を果たさなかった。
その事に怒ったポセイドンに、王妃パーシパエは牡牛に恋焦がれてしまうという恐ろしい呪いをかけられ、その結果、パーシパエは牡牛の子を身篭ってしまう。
かくて生まれた人間と牛のハーフのミノタウロスであったが、成長するにしたがい乱暴になり、ミノス王の手におえなくなった。
ミノタウロスの扱いに困ったミノス王は、クノッソス宮殿の地下に迷宮を作らせ、そこにミノタウロスを閉じ込め、生贄としてアテナイから9年毎に7人の少年、7人の少女を送らせることとしたが、
3度目の生け贄に混ざったアテナイの英雄テセウスによりミノタウロスは倒される事となる。
――長い間、人々はこの話を単なる神話だと考えていたが、1900年、このクノッソス宮殿の遺構が、イギリスの考古学者アーサー・エヴァンスによって発見される事となる。
発掘されてわかったことは、宮殿の壮麗な規模もさることながら、その恐ろしい限りの複雑な構造にあった。
クノッソスの宮殿は複雑な構成の3〜4階建てで、中庭を囲むたくさんの部屋や秘密の廊下や真っ暗な回廊、いろいろな形をした小部屋、またそれをとりまく曲がりくねった通廊、階段、円柱などが複雑に入り乱れ、
一人で通り抜けられれば奇跡と思われるほどであった。
しかも、この宮殿の地下室となると、まさに迷宮としかいいようがないほどの複雑な様相を呈していたという。

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です

閉じる
編集者、情報提供者を募集中です
■情報及びSSを求めています

***外部アップローダーのSSアドレスを貼らないようお願いします。時間経過で削除されてしまいますので、該当ページへアップをお願いいたします