このWikiは「ミリオンアーサー アルカナブラッド」の攻略Wikiです。



CV:長妻樹里



通常技

5A 

その場で肘打ち
リーチが短かめでしゃがみが低い相手だとスカる事がある

5AA

炎属性の腹パン
ガード時もjc可能

5AAA

無属性の連続蹴り
ガードされても有利?

5AAAA

2C初段と同モーションだが当たってもダウンしない
ここまで通常技判定

5AAAAA

A背撃と同モーション
ヒット時因子ゲージがかなり増える
必殺技扱いのためコスト2以上の騎士か超必殺技でキャンセル可能

2A 

5Aよりリーチが短いが、発生が速いので暴れに使える

5B 

ミドルキック
足元の判定が薄く、けん制に使える
先端ヒットでもB背撃・ブレイジングハンズ・絶対王剣が繋がるので要ヒット確認

2B 

下段の中足
リーチが短く、置き技には不適当

5C 

炎属性の振り下ろし
見た目よりもリーチが短く、ヒット時でもjc不可
5B先端ヒットからだと繋がらない事が多い
しゃがみ食らい時は5Dが連続ヒットする

2C 

2ヒットする炎属性の足払い
ダウン属性の下段技で、5C>2C>5Cといったチェーンが可能
初段・二段目共に必殺技等でキャンセル可能

6C 

ジャンプ攻撃無敵の引っ掻き
空中ガード不能なので対空に使える
横のリーチが皆無なので拾いには少々使いにくい

5D 

炎属性の打開 
裏側にも攻撃判定有り
地上ヒット時はよろけを誘発、空中ヒット時は壁バウンドを起こす

2D 

ガンフレイム
当然炎属性
チェーンの〆に出して固め直し等も可能だが、2C>2Dとやった場合はガーキャン前転から反撃を受けるので注意

JA 

発生の早い肘打ち
空対空に使える

JB 

鋭いジャンプキック
判定自体は微妙

JC 

炎属性の振り下ろし
低空ヒット時は5Dが繋がる

JD 

両手を構えて目の前を爆破する
判定・発生共に優秀で空中戦の要
撃った後は空中行動を使っていなければ再行動可能なので、JD>空中ダッシュJDや空中バックステップからJCで追ってきた相手を迎撃等も可能

地上投げ

相手を掴んだまま引き摺って壁に叩き付ける
叩き付け部分を因子覚醒でキャンセルすることで追撃可能
 

空中投げ

相手を掴んだまま空中を移動し壁に叩き付ける
地上投げ同様叩き付けた瞬間に因子覚醒でキャンセル可能だが、間合いが離れる為JDや空中劫炎で拾う必要がある

必殺技

背撃(はいげき)(236+AorBorC)

無属性の鉄山靠 A版は短くC版は長い。B版はその中間
いずれをヒットさせてもダウンは取れない。
C版はガードさせて有利。

灼炎(しゃくえん)(背撃中に236+AorBorC)

炎属性の崩拳。背撃から連続ヒットする。
ダウンを取りたい場合はサポートや因子覚醒による追撃必須

劫炎(ごうえん)(623+AorBorC(空中可))

炎属性の昇竜拳
A版は発生が早く上半身無敵で、4ヒット以下ならば拾える
B版は長めの無敵があるも、発生が遅いため詐欺られやすい
又低姿勢の技に当たらない為、対空以外で使う場合は注意

破炎(はえん)(63214+D)

初段が相手のガードクラッシュを誘発する打撃投げ
2段目が炎属性で超必殺技やコスト2以上の騎士でキャンセル可能
投げ判定ではない為、相手の前転を吸えず又補正も厳しい

超必殺技 ※ゲージ100%消費

龍炎双掌・赤蒼火焔(ブレイジングハンズ)(236+攻撃ボタン2つ同時押し)

炎属性の振り下ろし二回から相手を掴んで爆殺する
最終段がロック技の為、コスト3の騎士以外では追撃不可
無敵時間等はなし

鳥炎双掌・魔楼朱陣(マジックタレット)(623+攻撃ボタン2つ同時押し)

垂直に上昇し、頂点部分で大量の弾幕を放つ
炎属性
長い無敵時間を持ち、判定も大きく切り返しに使えるが、ガードされると弾が出る前に反撃を受ける
画面端付近の場合弾がフルヒットして威力が大幅に増える

絶対王剣(ミリオンエクスカリバー) ※ゲージ200%消費

双龍双掌:天魔滅却(ワールドブレイザウト)(214+攻撃ボタン2つ同時押し)

一瞬で端まで届く突進技で、ヒット時は相手をロックして引き摺り回した後爆破する
突進中無敵で、相手の飛び道具やサポートを見てから当てる事が可能

コンボ

単体コンボ

・5A>5A>5A>5A>5A
因子ゲージ回収用
・5B>5C>B背撃>B灼炎>ブレイジングハンズ
5Bヒット時の追撃
先端ヒット時は5Cを省くこと
・(相手しゃがみ食らい)5B>5C>5D>ダッシュ2A>5B>6C>jc>JB>JC>JD
しゃがみ食らいの相手には5CやA連4段目から5Dが繋がり、その後追撃が可能
・6C>jc>JB>JC>JD
地対空の6C後のコンボ
JD後は空中ダッシュJCでその場起きの相手に重なる
・(画面中央〜画面端付近)地上投げ>因子覚醒>ダッシュ5A>A劫炎>5A>6C>jc>JB>JC>JD
ダッシュ5A以降は画面端密着で破炎が当たった場合の追撃にもなる
・破炎>ブレイジングハンズ
破炎後は相当ディレイを掛ければ絶対王剣も繋がる……が、シビアなので忘れていい

騎士:エヴェイン

・~5C>エヴェイン>AAAAA(>ブレイジングハンズ)
炎属性からエヴェインを当て、さらにコンボを伸ばす。始動は5Cの他に、連鎖乱撃4段目や5Dからでも可。
また、端背負い時にこのコンボに行く機会があった際には、エヴェイン後攻撃回避を挟むことで逆に、相手に端を背負わせることができる。
・~JD>エヴェイン>空ダC>着地6C…
伝家の宝刀JDからの追撃レシピ。
JDヒット時の相手との位置関係で、その後エヴェインが繋がったり繋がらなかったりするがそこはご愛敬。
着地6Cからは単体コンボと同様に〆てOK

騎士:傭兵

・~B灼炎>傭兵>ダッシュ6C>JB>JC>JD
B灼炎からの追撃レシピ
ゲージ効率はそこまでよくないが、横押しの距離が長いのと、B灼炎からダウンがとれるという点で、傭兵採用時は出番がなくもない。
端ならダッシュ6Cの代わりに低ダC>マジックタレットなんてことも。1.4倍タレット。
・(画面端で)AA>2C(1)>5C>A劫炎>傭兵>空ダC>マジックタレット
Aからとりあえずダメージ取りたいときに。1.7倍タレット。
それまでの補正がきつかったり面倒な時は連鎖乱撃4段>A劫炎…でもそれなりに減る。その場合は1.5倍タレット。
(画面端で)破炎>ダッシュ6C>5D>2C(1)>5C>A劫炎>傭兵>空ダC>マジックタレット
破炎始動、100ゲージで9000↑ダメージとなかなかの効率。
破炎は前転で抜けられてしまうため、相手がガードor投げ抜けをすると読めたときに使うといい。
・地上投げ>因子覚醒>AAAA>A劫炎>傭兵>空ダBC>マジックタレット
200ゲージ、2コスト使用。傭兵辺りで画面端に近くないと以降が繋がらない。
念願の2倍タレット。投げからアホみたいに減る。なんの補正もない場合は1万↑+スリップダメージ。
A連時点で画面端に到達した場合はA劫炎の前に2Dを挟むことでダメージが200くらい上がる。

騎士:ファルサリア

・5A>5A>5A>5A>5A>5A>ファルサリア>絶対王剣
画面位置を問わず入る。お手軽。

騎士:エヴェイン・スカアハ

・(画面中央〜端付近)5A>5A>5A>5A>エヴェイン>スカアハ>微ダッシュマジックタレット>空中ダッシュJB>JC>5C>5D>5A>5A>5A>5A>5A>マジックタレット
・(画面中央〜端付近、相手しゃがみ食らい)5A>5A>5A>5A>5D>エヴェイン>スカアハ>微ダッシュマジックタレット>空中ダッシュJB>JC>マジックタレット
・(画面中央〜端付近)地上投げ>因子覚醒>5C>エヴェイン>スカアハ>微ダッシュマジックタレット>空中ダッシュJB>JC>5C>5D>5A>5A>5A>5A>5A>マジックタレット
言わずと知れたkuboコンボ。減る
・JD>エヴェイン>スカアハ>ダッシュマジックタレット>空中ダッシュJB>JC>マジックタレット
空対空のJDヒットから追撃。エヴェインはディレイを掛けた方が繋がりやすい

騎士:エヴェイン・傭兵

・~C>エヴェイン>(5D)>ダッシュ2C(1)>5C>A劫炎>傭兵>空ダC>マジックタレット
1.7倍タレット。(しゃがみ喰らい時は1.6倍)
相手を中央から少し端寄りにした辺りから出来るコンボ。
相手しゃがみ喰らいで、エヴェイン前に5Dを挟んだ場合は、その後5Dを当てると相手が受け身をとれてしまうので注意。
・JD>エヴェイン>空ダC>着地B劫炎1hit>傭兵>空ダC(ここで端到達)>マジックタレット
1.5倍タレット。
傭兵を加えることでJDからのリターンをさらに高められる。端に到達していないと空ダC以降が繋がらないので注意。

騎士:ベイリン・ファルサリア

・空中ダッシュJC>5A>5A>2C(1)>A劫炎>ベイリン>空中ダッシュJC>6C>マジックタレット>ファルサリア

立ち回り

基本はJDブンブン、隙を見て空中ダッシュJCから触りにいく

サポート考察

キャラ対策

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

攻略

どなたでも編集できます