iOS向けの音楽アプリに関する情報についてまとめていきましょう。


By Chris Wolfe
App Storeで見る
種別モジュラー・シンセサイザー
Lite版×
オーディオコピー○ (Sonoma, Intua)
オーディオペースト○ (Sonoma, Intua)
Core MIDI
VirtualMIDI
WIST×
SoundCloud
Dropbox
Background Audio
Audiobus○ (Input, Effects, Output)
JACK×
Inter-App Audio×

まず知っておきたい事

音が出ない!何コレ?と敬遠してるあなた! 要するにCreateのSynthカテゴリにある基本の波形が、IOカテゴリにあるSpeakerに繋がっていれば
最低限の音は出ます。 しかしそれではただの発振音ですね。そこで様々なモジュールを使い、音色を作ったり、音楽的に制御したりする訳です。
ただ、まず注意しなくてはいけないのは、Jasutoの世界では、ケーブルで繋いだ信号は上から下にしか流れないという基本のルールがある、という事、繋いだモジュール同士の距離が各効果に影響する事です。例えば、Seq(シーケンサー)からSynth波形までの距離で相対的な音程に影響(デフォルト状態)、Synth波形からSpeakerまでの距離が音量に影響(デフォルト状態)します。 こういう些細な事でも反映される所が自由度の高さでもあり、敷居の高さの一因でもあったりするわけですが… 基本操作も最初は分からないでしょう。Createからモジュールを2つ選んだら、何もない所で画面をダブルタップしてそのままドラッグすると範囲選択をする事が出来るので、2つのモジュールを囲んでみましょう。2つのモジュールの名前が黒色から赤色に変わっていればOKです。
次に上部メニューeditのwireを選ぶと選択したモジュール同士が結線されます。 また、モジュール自体をダブルタップするとそのモジュールの設定画面に行けます。その画面上部のRangeは他のモジュールに影響を与える有効範囲、Radiusはそのモジュールの大きさを変えられます。
Outputsでは、他のモジュールに与える影響の程度、Synth波形ではSperkerに繋いだ場合デフォルトでは音量に作用します。配置の問題でモジュールの距離では調節出来ない時に使ったりもします。フィルターにADSR(エンベロープ)を繋いだ場合に掛かり具合を調節したりもします。
以外と気付かないのは、モジュールを繋ぐ結線もダブルタップする事で設定画面が出ることです。例えば、Synth波形を直列で繋いだ場合デフォルトではfmに繋がっておりFM変調の効果がありますが、syncやpmに繋ぎかえる事でオシレーターシンクやピッチモジュレーションの効果を得る事が出来ます。これらの事を知っていれば応用で高度な事も出来るでしょう。

クイックガイド

1
"create"メニューをタップし、これはあなたのモジュールのカテゴリのすべてが表示されます。 これは、"synth"メニューをされるタップ あなたに利用可能な発振器のすべてを示す。 下部にある"sin"ボタンをタップする、これは"sin"オシレーターを追加します 現在のシーンのカーソルは、(回転クロス)です。

2
スピーカーを作成する 今我々は我々はこれを処理し、それを送ることができるノードを追加する必要がある音源を持っていること 我々はそれを聞くことができるので、デバイスは出力。 空のシーンの場所(どこかに黒)とドラッグでタップ "sin"ノードの下に少しスペースを作るために上向きに。 二重に配置する"sin"ノードの下にタップ カーソル。 これは、次のノードが作成される場所です。 "create"メニューが閉じている場合、、それを再度開く"IO"メニューをタップし、最後に"スピーカー"ノードをタップして、それをタップします。 これは単なる"sin"ノードの下に、カーソルが"スピーカー"ノードが追加されます。 あなたがタップしてドラッグすることができます それを移動するノードが、ノードに少し部屋を与えるためにこれを行います。

3
今我々はそれを出力する発電機とどこかの両方を持っていることを、我々は、ダイレクト接続を作成する必要があります。 両者の間。 トップダウンからの信号が流れ、そのようにすると、下部のノードが"スピーカーが"であることを意味 出力。 これらのノードを配線するには、二重のどこかに上記の空きスペースをタップし、"罪"ノードの左側に、 第二タップに指を押しながらすぐ下に指をドラッグしていることを確認し、右側に "スピーカー"ノード、今あなたの指を離し、両方のノードを包含するライトグレーのボックスが表示されるはずです。 あなただけの両方のノードを選択したノードの両方が持っているので、あなたが成功した場合には、伝えることができます 赤色の名前。 両方のノードが選択された状態で、"編集"メニューをタップし、あなたはノードで実行可能ないくつかの操作を参照してくださいよ、我々 "ワイヤー"ボタンに興味を持っています。 先に行くとそれをタップすると、現在、下向きが動くのは確認してください つのノード間の配線。 その後、次のいずれかを一緒に遠く/近くにノードを持っているか、またはそれらしない場合 両方が選択されていません。 一度あなたがここで"罪"は、バックだけ純粋なシンプルな音を再生すべきノードを接続しました。 市販 "スピーカー"のエフェクトの出力レベルへの"罪"ノードの距離。 どちらかを移動してレベルを調節してみてください 離れてノード。

4
これで音が再生されていることを我々はそれの周波数を調整することができます。 "罪"ノードをダブルタップします。 各 ノードは、各種設定を制御することができるエディタを持っています。 あなたは"FM"、これという要素が表示されます。 周波数変調を意味し、オシレーターのピッチを制御する方法です。 先に行くと、"FM"の要素を保持/タップ、これは数値スライダの例です。 このスライダーを押しながら このダウンの要素は左指をドラッグすることができます/右、アップ/ダウン、それの値を調整します。 あなたはこれを従っている場合 あなたの周りに指をドラッグしながら正しく使用するには、発振器の変化のピッチが聞こえるはずです。

5
あなたのシンセを演奏する オシレーターのピッチを設定するには、数値的にはそこまであなたを取得します。 私たちがしなければならないのはミディを追加するだけです 私たちは、より伝統的な方法でシンセを演奏するためにシーンのスタイルのキーボード。 "罪"ノードの上にいくつかの領域を作成するには少しダウンしてこのドラッグシーン全体を実行するには、単にダブルタップ 上記の(新しく作成された空間で)カーソルを配置する。 その後、"IO"メニュー、"キー"ボタン、次 ;に"作成"メニューをタップします。 これはmidi'ishキーボードが追加されます "キー"という名前のシーンへのコントローラ。 "罪"ノードに"キー"ノードを配線、ワイヤーがあることを確認してください"キー"と"罪"ノード間。 一度彼らを動かすの間の接続があることを確認した それはちょうど重なる"罪"ノードそのため、"キー"ノード。 ノードの効果その値の距離を覚えて、そして我々は真のピッチをしたいので、確実にする必要があります。 "罪"ノードは、わずかに、それらを重ね合わせることでキーボードの出力のピッチの100%を受け取っていること。 "キー"ノードがあるので、今我々は接続を作ったという出力が停止しているはず、それはです 今オシレーターのピッチを制御し、我々は、どのノートを演奏されていません。 メモを再生するには、ダブル"キー"ノードをタップします。 あなたは非常にシンプルなものとはいえ、少しキーボードが表示されるはずです。 先に行くと灰色のいずれかのキーを押すと、ここで発振器は再び出力する必要があります。 したら 発振器が停止する指を削除するには、保持するために"キー"ノードを指示するトグル"保留"をタップすることができます 最後の音符が押さ。 現在のオクターブは"アップ/ダウン"ボタンをタップ制御するには、左下のでオクターブラベルが表示されます 画面には、この変更を反映。

同じメーカーによる他のアプリ

  • YUMI:synth
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!